無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 九州大学図書館でトークショー | トップページ | タケノコ?若竹?メンマ? »

2023/05/09

草原の資源

疲れたときは、この雄大な大草原を眺めて癒されるのよ……。

20230508_152513

黄色い花が何なのか、牧野富太郎ばりに観察すればよかったのだが。

5_20230509204701 6_20230509204701

草原は、人の力で刈り取りをしないと維持できない。こうして、オギだかススキだかも刈り取ってまとめると、何やら風情のある景観を作り出す。牧場か、と見間違える。こんなところが我が家から20分の距離にあるのだよ。有り難い。

すごい田舎って? いえ、大都会である。ただし1200年ほど遡れば。そう、平城宮跡である。なんたって首都だ。よ~く見ると、大極殿なども見える。

約130ヘクタールもの草原(実際は、その3分の2ぐらいに草が生えている)が維持されるには、どれほどの労力がいるのだろうか、と考えてしまう。この草は、再利用されることなく、焼却処分されるというのだが、なんとかならないか。外来雑草も混ざっているから、ほかの地域に堆肥などにしたらマズいという判断もあるそうだが。

4_20230509204701 

だけど、見て癒されるのが、もっとも大きな資源だったりして。草の香りがたまらん。

« 九州大学図書館でトークショー | トップページ | タケノコ?若竹?メンマ? »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州大学図書館でトークショー | トップページ | タケノコ?若竹?メンマ? »

April 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先