無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 「ブラタモリ」吉野編に映る不都合な真実 | トップページ | 【林業写真遺産】筏場の風景 »

2023/06/18

大阪丸ビル大樹化計画の幻

大阪に丸ビルと呼ばれるビルがある。その名の通り丸い形で、大阪のランドマークにもなっている。それが解体されることになったそうだ。

20230616_152731

高さは124mある。複合ビルで、ショッピング街からレストラン、クリニック、ホテルまで入っている。竣工は、1976年で、大阪の超高層ビルの先駆けだろう。ただ建設から50年近くも経ったので、もはや老朽化が進んでいる。ランドマークと書いたが、回りのビルは、みんな丸ビルより高いため、埋もれてしまっている。だから建て替えは仕方ないのかもしれない。(鉄筋コンクリートの建築物が50年も持たないというのは、どうかと思いはする。)

ところで、このニュースに接して私が最初に思い出したのは、「丸ビル大樹化計画」である。

これは2012年末に発表されたもので、建築家の安藤忠雄氏の提案で始まった壁面緑化である。丸ビルの丸い壁面にツタを這わせようというものだ。13年1月に第一期工事が行われ、1~3階までの約30mが緑化された。ツタなど7500本を植樹したのだ。

今後、ツタが伸びていくのを待ち、ビルの最上階まで伸ばそうというわけ。ツタは年に2~3mは生長するそうだが、最上階まで届くのは80年くらいかかるだろうとれた。実際、地上階から124mまでツタが伸びられるかという問題もあり、おそらく途中でまた別のプランターを設置するつもりだったのかもしれない。

この点、私は、本ブログで「そんなにビルのコンクリートの方が長持ちしないと思うが……(^^;)。」と記している。

ところが、近くで観察すると、植えつけられたものの半分くらいは、まだ造花?人造ツタ、プラスチック製だったのだ。

 

2_202306181416012013年1月撮影。

フェイクじゃないか。

と言いたくなるが、どちらにしても、ビルは解体されるのである( ̄^ ̄)。

全然、継続するつもりはなかったのだ。人工ツタだって、どこまで伸ばしたのか。途中で投げ出していた気がする。

さて解体工事後、2025年関西万博のバスの発着場、待機場となり、新ビルは2030年春の完成を目指す。今度も円筒形なのかどうかはわからない。

« 「ブラタモリ」吉野編に映る不都合な真実 | トップページ | 【林業写真遺産】筏場の風景 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ブラタモリ」吉野編に映る不都合な真実 | トップページ | 【林業写真遺産】筏場の風景 »

April 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先