無料ブログはココログ

森と林業の本

« Y!ニュースに「森は雨を遮断して洪水を…」を執筆した後の裏事情 | トップページ | テーマは二転三転 »

2023/07/21

セミの棲む庭

朝の庭巡回。そこで発見したのがこれ。

20230721_191104

セミの脱け殻である。ほかにもいくつか。

ようするに我が庭で幼虫期を過ごしたセミがいたわけだ。種類によるが数年間を地中で過ごし、晴れて変態を果たしたことになる。でも、何日生きるのか。

別におかしくはない。だが、なんか、感動するなあ。こちらが知らない間、産卵して幼虫と蛹の時期を地中で過ごしたのか。

これまで脱け殻を発見したことがないから、もしや初見参? でも、成虫のセミはどこへ行ったか。たまにけたたましい鳴き声を聞くけれど。

今年の庭は、ゴーヤが鈴なりで、ほかキュウリにトマト、とうがらし。ピーマンもなった。青ジソは生えずぎ。アジサイにアサガオと花もよく咲く。昨年の反省から、あまり植えなかったのだが。

池にテグスを張ったら、金魚も無事でよく泳ぐ。ただクモの巣が張って、庭を歩くと体にクモの巣がまとわりつく。

これが日常の庭の生態系である。




« Y!ニュースに「森は雨を遮断して洪水を…」を執筆した後の裏事情 | トップページ | テーマは二転三転 »

生駒山中・身近な自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Y!ニュースに「森は雨を遮断して洪水を…」を執筆した後の裏事情 | トップページ | テーマは二転三転 »

May 2024
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先