無料ブログはココログ

森と林業の本

« EUの森林破壊規制と盗伐市場 | トップページ | 環境省が出すのは「環境白書」ではなかった! »

2023/07/03

リンゴジャム顛末記

庭のリンゴの木が実を鈴なりにつけている。

20230620-114324

今年はリンゴの果実として収穫せずに様子を見ようかな、と思っていたが、あまりに数が多く、枝が垂れ下がり始めた。これでは木自体にもよろしくないだろうと、いくつかの実付きの枝を切り落とす。

20230703_074044

かなりの実の数だ。直径は2~3センチ程度だが、20以上もある。これを捨てるには惜しい。

20230703_074717

とはいえ、今食べてもマズいのは間違いないので、何か調理しようと考える。リンゴのコンポートにしようかな、と思い検索してみると、皮をむいて芯を抜いて……とある。こんな小さな実をそんな面倒なことやってられるかい! とそのまま煮込むことにした。さすがに丸のままでは無理があったので半分に割り、煮込むと溶けだす。このままジャムにするか、と砂糖とシークワーサー汁を添加。ぐつぐつ煮込む。皮も溶けてしまった。

おお、ちゃんとジャムになったぞ。味見をしてみると、甘酸っぱくてよろしい。

が。芯は残ったのである。それも種子までできていて、口の中でガサガサする。これではジャムとして使うのも厄介だ。

仕方ないので裏ごしすることにした。ドロドロのリンゴジャムを目の細かな金網を通して濾す。こりゃ大変だ。しかもアチコチ飛び散るし、食器もカトラリーも流しもドロドロ。後片付けで泣かされる。これほと手間がかかるなら、最初から皮むきと芯を抜いておけばよかった……。

ようやく半分以下の量になったリンゴジャム。

20230703_192102_20230703203601

うむ。口当たりもよろしい。甘さ控えめ酸っぱさ少し。立派なリンゴジャム……いや、これは餡だ。リンゴ餡だよ。。。。いきなり和風になってしまった。

まだリンゴの実はかなりあるので、また未熟な実を剪定しなくてはならないだろうが、使い道しっかり考えてからやろ。

そういやキュウリにトマト、ゴーヤ、ピーマンも稔りだした。

 

« EUの森林破壊規制と盗伐市場 | トップページ | 環境省が出すのは「環境白書」ではなかった! »

生駒山中・身近な自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EUの森林破壊規制と盗伐市場 | トップページ | 環境省が出すのは「環境白書」ではなかった! »

May 2024
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先