無料ブログはココログ

森と林業の本

« 超絶技巧展 | トップページ | 変わる常識~『罠猟師一代』を読む »

2023/07/30

池の新参者

またもや我が家の池に新たな生物を発見。

20230729-080739

枯れた睡蓮の葉の上に、何やら乗っかっているものが。これって、巻き貝。今までいただろうか。少なくても私は確認していない。

20230729-080916

見たところタニシに思えるが、この手の種名はまったく自信がない。どうやって入ってきたかもわからない。鳥が足にくっつけて飛んできたのか、あるいは大昔に池に入れたタニシが生き長らえていたのか。この池は、少なくても40年の歴史がある。

最近はトンボがよく産卵もしているし、そのうちヤゴが繁殖するかもしれない。すると金魚は食われないか? あるいはタニシかもしれない二枚貝に何かミョーな虫が寄生しないか。ホタルの幼虫はカワニナを食べるが、タニシとカワニナの違いがわからない(^^;)。

ともあれ、我が家もネイチャーボジティブ(生物多様性増加)に貢献しているようである。

 

 

« 超絶技巧展 | トップページ | 変わる常識~『罠猟師一代』を読む »

生駒山中・身近な自然」カテゴリの記事

コメント

サカマキガイかモノアラガイではないでしょうか。
逆巻きの名のごとくサカマキガイなら左巻きです

正確なこときはわかりませんが、フツーにタニシだろう、ということになりました(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 超絶技巧展 | トップページ | 変わる常識~『罠猟師一代』を読む »

May 2024
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先