無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 今どきの高校生と入試 | トップページ | 「サザエさん」4コマ漫画の 吹き出しコンテスト受賞作 »

2023/08/08

外資が日本の森を?再び

このところ宮崎県で700へクタールの森が買われたが、その会社の社長が中国人とかで話題になっている。

即、外国人(とくに中国人)に日本の森が奪われた、という反応だ。

「魅力ある山じゃない」何のために?都城で‶桁違い”規模の面積の山林買収 外資系企業の目的は

Img_b59317e29867d6b6b3ee4b86816050703049記事より

ややこしいのは、この買収が、即「外資が森を」とは言えないことだ。実際、林野庁の外資買収統計には入っていない。単に社長の国籍だけなのか、あるいはバックに別の資本関係があるのか複雑で、「ステルス買収」となっている。この会社は太陽光発電を扱うらしいから、この森林買収もメガソーラーをここに作るつもりではないかという予測もあるが、今のところ何の動きもない。地形的にも、あまり適地には見えない。

それにしても、宮崎県は、“盗伐のメッカ”で、盗伐被害面積はおそらく700ヘクタールを超えているだろうに、なかなか世間の反応は弱い。またメガソーラーで100ヘクタール単位で森林を買収し皆伐するケースもある。放置林とか再造林放棄とかも何十、何百ヘクタール単位だ。しかし、あまり注目されない。
いっそ、中国人に盗伐してもらう(^^;)というのはどうだろう。容疑者を中国籍だ、と煽るだけでもいいかもしれない。世論は盛り上がり、盗伐摘発に熱心になるかもよ。(-_-)コラッ

ともあれ、買った人物・会社に中国がらみだとわかると、頭を沸騰させる人がそれなりの割合でいる。以前は水源目当てと言ったものだが、今度は太陽光目当てと騒ぐのだろうか。

ちなみに私の意見としては、森林の所有に関して、なんらかの規制というか義務を課すべきだとは思う。ただ外資、外国人というだけで規制するのは法的に問題があるし、定義が混乱する。日本生まれの外国籍ならどうかとか、資本割合が49%ならどうする、とか。やはり全森林所有者に関しての義務を設けるべきだ。

森林の管理放棄していると認定されたら、森林経営管理法で半強制的に自治体の管理下に置くことはできる。ならば、無断伐採や施業内容をチェックして防災上を理由に施業停止命令を出して、事実上の管理権限を取り上げるようにできるのではないか。もちろん日本人でも

重要なのは、国籍とか法的にどうかではなく、森林が破壊されていないかどうか、ではないのか。EUは、EUDR(EU森林減少フリー製品に関する規則) という森林破壊防止規定を作った。合法・非合法ではなく、森林破壊をしていないか、という視点でチェックして持続性に欠けていたら原則購買禁止になる。日本も、同じような規定をつくれないか。そうした覚悟を示してほしい。

« 今どきの高校生と入試 | トップページ | 「サザエさん」4コマ漫画の 吹き出しコンテスト受賞作 »

政策・行政関係」カテゴリの記事

コメント

私も同意見です。日本は森林(山)に関して、あまりにも寛容すぎます。もっと法整備が必要かと思います。  盗伐にしても、盗伐され泣寝入りしている被害者より、盗伐を行った業者の方に肩入れしている県もあるように…

盗伐をあまり取り締まったら、林業振興ができない、と(言外に)いう人もいますね。官庁も、被害者より加害者(盗伐業者)に肩入れしているのが見え見えです。
外資・外国人には敏感なのに、自国民には冷たい。
こういう人を、本当の売国奴というんじゃないですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今どきの高校生と入試 | トップページ | 「サザエさん」4コマ漫画の 吹き出しコンテスト受賞作 »

December 2023
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と筆者の関連リンク先