無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« ロビン・フッドは木を伐ったか | トップページ | 大和八木の書店で見つけた本 »

2023/09/30

林相が変わった?

久しぶりに生駒山の我が森へ。夏の間は、とにかく暑いのと虫が多いので行きにくい。行くときは完全武装的な姿にならないといけないが、今回はちょっとした用事があって済ませるつもりだったので、サンダル履き(^_^;)。

ところが、車から降りて森に入ったところ、何か違和感が。森の様子が違う。

夏の間に木々は枝葉を繁らせている……はずが、なんだか隙間が多いような。林相が変わった印象がある。ミョーな気がしつつ、目的の場所に行く。そこで、回収するものがあったのだが。あらら。

20230929_14280220230929_142821

なんと側にあった大木が倒れている。以前からナラ枯れにあっている様子はあったが……。見ると、中はスカスカではないか。
夏の暑さ(乾燥)と、台風などの風雨の嵐でやられたように見える。

倒れているのはこの木だけだが、よくよく見ると、森全体の精力が落ちたよう。

一方で、参ったのは蜘蛛の巣と蚊だ。そりゃ、すごいのよ。蜘蛛の巣は覚悟していたが、蚊はちょっと無防備だった。森に入るのは5分か10分くらいだったから油断していた。あっと言う間に10カ所くらい刺される。焦って車の中に逃げ込むと、扉を開けた際に1、2匹入り込んだ(> <;)

扉を開けて追い出そうとしたら、もっと入ってきそう。おかげで車内で蚊を追いかけて奮闘しなければならなくなる。

そういや、庭の盆栽のマツが枯れた。おそらく50年くらい経つ盆栽だが、庭の植え込みの間にあるので、あまり気にしなかったのだ。だが、今年の夏には負けた模様。もっとしっかり水やりなどをやっておけばよかった。

何かと酷暑の代償を感じる。まだ今日も昼間は30度超えのようだし。

« ロビン・フッドは木を伐ったか | トップページ | 大和八木の書店で見つけた本 »

生駒山中・身近な自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロビン・フッドは木を伐ったか | トップページ | 大和八木の書店で見つけた本 »

April 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先