無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« ササもどきの正体 | トップページ | アメリカのクマ対応マニュアル »

2023/10/19

森林現況2022を見る

林野庁が、こんな統計を発表していた。

「森林資源の現況」について  

リンク先を見てもらえればよいのたが。

2022_20231019164401

面積は、ほぼ変わっていない。蓄積は、55億6000万立方メートル。前回調査時(2017年)は、52億4000万立方メートルだったから、あきらかに増えている。ただし、人工林が大半のようだ。天然林は、太る余地は少ない。

Photo_20231019164401

この齢級別の蓄積を見ても、増えたのは人工林。このまま太らせれば、長伐期になるのに。

若干面白いと思ったのは、面積で伐採跡地を「その他」に入れていること。以前、別の統計で「伐採跡地も(再造林するから)森林に含む」というただし書きを読んだ記憶がある。今回は分けてくれた。
その面積が138万ヘクタール。ここには未立木地や竹林も含むので、伐採跡地がどれだけなのかわからない(ここをちゃんと示してくれたら親切なのに)が、どう考えても過半は超えているだろう。70~100万ヘクタールぐらいと考えてよいか。また植えていても樹齢3年くらいまでなら、生態系は伐採跡地と同じ扱いをしてもよいと思うが。。。

ともあれ、こんな統計からいろいろ考えてみてもいいんじゃないか。

 

« ササもどきの正体 | トップページ | アメリカのクマ対応マニュアル »

政策・行政関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ササもどきの正体 | トップページ | アメリカのクマ対応マニュアル »

February 2024
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

森と筆者の関連リンク先