無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 庭で果実三昧 | トップページ | 木育カレッジにも出演 »

2023/10/08

智頭で「森のえんたく」開催

告知してくれと言われつつすっぽかしていたが、もう開催まで1カ月切っていた。あわてて紹介(^^;)。

11月4日に、鳥取県智頭町で「森のえんたく」と名付けたパネルディスカッションが開かれる。私も呼ばれているのであった。

Photo_20231008163001

「森のえんたく in 鳥取県智頭町 〜いまこそ忖度無しに日本の森林の未来を語ろう〜」【2023.11.04】

「森のえんたく」とは

それぞれの立場・役職など関係なく、自由に忖度なく森のことを語る"円"卓会議のコンセプトで行うイベントです。
また、森林に関心がある様々な人たちの縁を繋げるという"縁"卓会議という意味合いも含まれています。

日程:2023年11月4日(土)
時間:開演14:30
(開場14:00)
料金:無料(※懇親会ご参加の方は2,000円)
場所:智頭町総合センター 1F大集会室
   
鳥取県八頭郡智頭町智頭2076-2
お問い合わせ:クレコ・ラボ智頭研究所
Tel:070-6524-5390 mail:creco.chizu@gmail.com


私は、『絶望の林業』の著者として呼ばれるみたいだが、あえて絶望を語る気にならない、というか林業の絶望を話し出したら止まらない(^^;)ので、ここはあえて「希望の林業へのパラダイム転換」という演題で話す。

ま、日本の林業が本当にパラダイム転換できるかどうかは疑わしいが、世界の潮流は変わっているのだよ、今どき皆伐再造林施業なんて前世紀の遺物だよ、木材使って脱炭素?笑わせるんじねえ。また乗り遅れるつもり? と挑発する予定だ( ̄ー ̄)ニヤ。

智頭林業には、記録に残る中でもっとも古い植林木「慶長杉」があることで知られる。私も幾度か訪れているが、400年、500年も前から木を植える林業を始めた先進地だからこそ、時代の先端を捉えてほしい。

どんなパラダイム転換が可能か。え?慶長杉を伐れって!?

3_20231008164601

 

« 庭で果実三昧 | トップページ | 木育カレッジにも出演 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

いつも、ブログ拝見させて頂いております。
ご教示頂きたい件があるのですが、よろしくお願いします。
10数年前、熊崎実先生が主張されていた「切り捨て間伐は、メタンを発生させる最悪の管理手法だ。」という見解に同意されている研究者は、現在いらっしゃるのでしょうか。
ご存じでしたらご教示頂けないでしょうか。
ぶしつけな質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

まったく知りませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭で果実三昧 | トップページ | 木育カレッジにも出演 »

April 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先