無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 林相が変わった? | トップページ | 木材自給率、頭打ちの局面 »

2023/10/01

大和八木の書店で見つけた本

大和八木奈良県橿原市の中心地で、吉野や飛鳥の入り口に当たる。
その駅前の近鉄百貨店にあるジュンク堂書店を覗く。たいして広くもないのだが。

20230930_161942

しっかりあるではないか(^^)v 平積みだ。さすが地元。

そういや、このフロア、「やぎもくひろば」と名付けられた吉野材満載のコーナーであった。

20230930_164329

ところで、私が気になったのは、拙著のとなりの本。

近畿のとある場所について』。なんとも不思議なタイトル。著者の名が背筋とは? なにより初っぱなに「見つけてくださってありがとうこざいます」とある。たしかに、自分の本を見つけたついで、ではあるが、見つけた(笑)。

パラパラとめくると、どうも怪談というか、オカルト系の不思議なエピソード集のようであるが、一方で小説ぼくもあり。なんとなく場所は奈良が関係しているぽい。

さらに隣には『奈良今昔物語』。古今名作の並ばん、じゃない奈良版パロディ本も並んでいる(^^;)。この3冊が平積みなんだな。

ただ時間がなかったので、購入を先延ばしに。でも、気になる。こんな本づくりもあるんだな、という点で参考になるかも。

« 林相が変わった? | トップページ | 木材自給率、頭打ちの局面 »

書評・番組評・反響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 林相が変わった? | トップページ | 木材自給率、頭打ちの局面 »

April 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先