無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 予期せぬ収穫物 | トップページ | 智頭の森林鉄道跡はいま »

2023/11/05

薪ストーブと乾し柿

智頭町で泊まった農家民宿。

すでに薪ストーブに火が入っていた。昼間は暑い!んだけどねえ。昼は夏。でも夜と朝は晩秋である。

20231105_102851

で、驚いたのは、ストーブの上の吹き抜けに吊るし柿があったこと。近所の人も皮を剥いた柿を縄でくくって持ってきた。ここに吊るしてくれというわけだ。

20231105_102834

外に干すと、川が近いこともあって乾きが遅いうえカビが生えやすいそう。薪ストーブの上が一番らしい。

我が家の柿も吊るしてみるかなあ。でも、我が柿は甘柿である。むしろ薪ストーブの効用かも。ちょっと燻製ぽくなるかも(笑)。

※この薪ストーブから部屋に煙は洩れていません。

« 予期せぬ収穫物 | トップページ | 智頭の森林鉄道跡はいま »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 予期せぬ収穫物 | トップページ | 智頭の森林鉄道跡はいま »

February 2024
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

森と筆者の関連リンク先