無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 柿プリンづくり | トップページ | 薪ストーブと乾し柿 »

2023/11/04

予期せぬ収穫物

本日は智頭。その様子はまた別の機会にして、昨夜の続き。庭にはまだまだ収穫物がある。

夏がいつ終わったのかわからないままほうちしていた庭の一角の畑。そこを掘り起こして土の天地返しをしていると、意外な収穫物が現れた。

20231102_131340

ジャガイモである。別に作付けしていない。少なくても、ここ2年は。それ以前に、父が植えた可能性は……少ない。父はサツマイモを植えていたはずだ。となると、私が? そういや芽の出た小さなジャガイモを庭に投げ捨てたような気がする。可能性はある(笑)。

それがいつのまにやら生長していたのか。ジャガイモの葉が畑に育っていた記憶にないのだが、トマトはあったから(トマトも野生化していたのだった)その葉と混ざっていたのかも。トマトとジャガイモの葉は似ているからね。どちらもナス科ナス属だし。(その雑種をポマトという。)

雑草の中にトマト

そこで周辺を気をつけて掘ってみると、続々と小さなジャガイモが見つかった。

20231102_132711

すでみ目が出たものもある。それは残して来年育ってもらうかとも思ったが、この際全部収穫。来年は本気で作つけるかな。

簡単にレンジで茹でて、塩だけで食べてみたら美味い。油で揚げてもいける。ちゃんと料理に使えそうだ。

庭の野生化計画、なかなかよろしい進展ではないか。

« 柿プリンづくり | トップページ | 薪ストーブと乾し柿 »

生駒山中・身近な自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柿プリンづくり | トップページ | 薪ストーブと乾し柿 »

February 2024
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

森と筆者の関連リンク先