無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 道なき道に道を見つける | トップページ | ニューギニアで噴火したウラウン火山を訪ねた記憶 »

2023/11/19

「切り株の上の生態系」の遷移

不定期に登場させている「切り株の上の生態系」シリーズ。

ようするに伐採された木の切り株の上に、新たな生命の息吹を見つけるネタなのだが、せっかく芽生えても、それが将来的にどうなるのかはわからなかった。一時的に草木の芽吹きがあっても、それがどこまで生長するか、別の種類に移り変わっていくのではないか。

今回、感動的?な事例を見つけた。某寺の境内である。

ここには直径2メートル級の切り株が何本もある。台風で連鎖的に倒れた跡とのことだが、そこで見てしまった。

 

20231119-124247

これが通常の「切り株の上の生態系」。スギの種子が落ちたのだろう、切り株の腐りかけた部分に根を下ろして芽吹いていた。

ところが、少し離れて振り向いて、こんな切り株を見つけた。

20231119-124555

ん? このスギの根元が太すぎる……て、これは切り株では? あわてて近づくと。

20231119-124613

お見事である。スギの切り株の上に発芽したスギが十分に生長していた。切り株は1・5メートル級で、その中に根を下ろした若いスギも、直径60センチ級。樹齢なら80年ぐらいは経っているのではないか。

ここまで育って世代交代したのなら、「切り株上生態系」も満貫であろう。

 

« 道なき道に道を見つける | トップページ | ニューギニアで噴火したウラウン火山を訪ねた記憶 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道なき道に道を見つける | トップページ | ニューギニアで噴火したウラウン火山を訪ねた記憶 »

February 2024
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

森と筆者の関連リンク先