無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 古代出雲神殿! | トップページ | 生駒山は野生動物の楽園? »

2023/12/02

たたら製鉄の木炭

島根県、とくに出雲地方はたたら製鉄で栄えた土地である。

たたらとは、簡単に言えば砂鉄を木炭と一緒に燃やして鉄分を抽出し玉鋼(たまはがね)をつくる方法だが……。

驚いたのは、そこで使う木炭。和鋼博物館に陳列されていたのを見て、仰天した。

Dsc03579

ほとんど丸太。

Dsc03581

太さ20センチは十分超えて、25センチに届くかもしれない丸太をそのまま木炭にしていた。

これを焼けたこともすごい。木炭といえば、せいぜい10センチ以下の小振りな木からつくると思ったが、甘かったぜ。
これを3昼夜燃やし続けるのだから大量に使う(1回に12トンともいう)。ざっと1ヘクタールの木を使うそうだ。

加えて砂鉄も山を崩して磁鉄鉱を集めるのだから、環境には相当な負担となっただろう。もっとも、現在の製鉄の環境負荷が少ないとも言えないが。

 

« 古代出雲神殿! | トップページ | 生駒山は野生動物の楽園? »

森林活用(茶・蜂蜜・山菜…樹木葬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古代出雲神殿! | トップページ | 生駒山は野生動物の楽園? »

February 2024
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

森と筆者の関連リンク先