無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« B材は銘木 | トップページ | 目利きと感情。「最期の声~ドキュメント災害関連死」に思う »

2024/01/12

箸墓古墳の本当の形

年末だが、箸墓古墳に行ってきた。卑弥呼の墓との噂?もある、巨大な前方後円墳である。

2_20240112211901 3_20240112212001

完全に森だった(笑)。かなりの大木が繁っている。森の中に分け入りたい欲望がムクムク。しかし、宮内庁管轄なんだよなあ。

でも、こんな森が古代よりずっとあったと思ってはいけない。

実は、宮内庁が発表した明治9年(1878年)に撮影したという写真をネットで見つけた。

9_20240112212801

なんと木がない。しかも4段構造の墳丘や。後円部に築かれた直径45m高さ5mの円壇が写っているのである。しかも前方部は、開墾された跡があって、形状が少し変わっているという。そういや堀のように見えた池は、農業用水用ため池だった。

なんだ、今の形が昔からあったわけではなかった。それどころか、人が入って畑を作っていたらしい。そして明治20年代に植樹されて、立入禁止になったのである。今の森は、樹齢で言えば140年ぐらい?

« B材は銘木 | トップページ | 目利きと感情。「最期の声~ドキュメント災害関連死」に思う »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« B材は銘木 | トップページ | 目利きと感情。「最期の声~ドキュメント災害関連死」に思う »

May 2024
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先