無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 雲海がもっとも見えるポイント | トップページ | 「木造疲れ」と腐る建築 »

2024/02/15

伝統建築物さまざま

本日は、奈良の宇陀を訪れたのだが、その旧市街は重要伝統的建造物群の指定を受けた町並み。

そこで目にした商店。

20240215-112946こちらは和菓子屋。

格子戸に屋根着き看板。

20240215-114035旅館だった建物の二階部分。

この明り取りの障子?に斜めに入った桟がいいね、であった。

ところで、先日は高野山を訪れたことは書いたが、そこで見かけた商店の表構え。

2_20240215171801

ちょっと寺っぽい(笑)。

宇陀の松山通りは城下町だったが、高野山は門前町である。そうしたことが店構えにも影響するのかな。

じっくり見ると、新しい発見がいろいろある古民家が多い。

« 雲海がもっとも見えるポイント | トップページ | 「木造疲れ」と腐る建築 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

こう言った木造住宅が地震被害で倒壊するのだが・・・                                     大工職人は耐震構造の解析も出来ないので経験だけで作っているので「能登半島地震の被害での倒壊で多数の人が亡くなっている」のだが、その倒壊原因を示して作った大工や工務店を取り調べても良いのだが、しないだろうし出来ないだろうな・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雲海がもっとも見えるポイント | トップページ | 「木造疲れ」と腐る建築 »

April 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先