無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 混交林の前にタラの芽! | トップページ | 国産サカキに能登を思い浮かべる »

2024/02/02

丹生川上神社上社の切株断面

川上村にある丹生川上神社神社。正確には、「元官幣大社 龍神総本宮 丹生川上神社上社」と記す。

天武天皇の白鳳四年(675)に、ご神宣により建立奉祀されたと伝えらる由緒正しき神社で、平安中期には、朝廷における最高格の社格となる「二十二社」の一つに数えられていたという。ところが、応仁の乱(1467)の後は衰微し、社地の所在も不詳となってしまった。

明治になって、その場所を探す試みが行われて、最有力なのが、この川上村の祭祀跡。その後、東吉野村や下市町にも候補があって、結局は官幣大社として下市町を下社(明治4年)、川上村を上社(明治29年)、東吉野村を中社(大正11年)と定められた。この三社は、今三社巡りなどを催しているが……。

長い前置きになったが、上社に詣でてきた。

2_20240202170401

実は、大滝ダムがつくられた際、本来の上社の場所は水没することになり、高台に移された。だから、この社殿は歴史が浅い。30年程度か。しかし、近づくと、トンデモナイ吉野杉の銘木で建てられていることがわかって、これは一見の価値ありだ。

12_20240202170501

旧社を見下ろす。ダム湖(大滝竜神湖)の底だけど。

8_20240202170601

注目してほしいのは、本殿の木材だけでなく、その傍らに置かれた切株断面。これ、旧社に生えていた大木の一つから伐り出したものだ。移転の際に、境内の来は全部伐ったはずだ。これは直径1・5メートルくらいかなあ。樹齢600年と記されている。

実は、私はダムが建設する前の旧社に幾度か寄せてもらっていて、大木群を目にしている。ただ、もっとも太い木は、その頃にはすでに伐られていた。もしかしたら、水没より前に折れるかしたのかもしれない。その切株に寝転がったら、私の体がすっぽり収まった記憶がある。つまり、直径2メートルぐらいあったのではないか。樹齢は800年ぐらいあるとしたら、当然、天然木だろう。

今、その姿を見られたら、とどうしても思ってしまう。

6_20240202171201

旧社からは平安時代の祭祀遺跡が見つかっており、それが今の上社に復元されていた。

 

 

« 混交林の前にタラの芽! | トップページ | 国産サカキに能登を思い浮かべる »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 混交林の前にタラの芽! | トップページ | 国産サカキに能登を思い浮かべる »

April 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先