無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« ナラシカに癒される | トップページ | 『盗伐 林業現場からの警鐘』見本、手元に! »

2024/03/21

コロナ禍対策でスギを使う…

先日訪れた、奈良県の某山村。まあ、知る人が見たらすぐわかるが…(^_^) 。

役場の建物は、鉄筋コンクリートだった。吉野杉に囲まれているのに残念。災害時の司令塔だから頑丈につくらないといけないのはわかるが、せめて外装を木にすればよいのに……と感じてしまった。

役場の中に入ると、このようなものを見た。

20240319-130855 20240319-143055

役場の窓口に設置された木の囲い。なかなかオシャレな雰囲気である。当然ながら?吉野杉を使っているので、かなり高くついたんじゃないかなあ…と思って見ていたのだが、聞くところによると、「コロナ禍対策予算でつくりました」とのこと。

なるほど、窓口にはアクリル板が張られているよ。たしかにコロナ禍対策だ(笑)。ついでに吉野林業の宣伝も兼ねただけ。圧縮材を使って椅子やテーブルまでつくっている。

ま、まあ、ギリギリ許せるのではないか(^^;)。

ちなみにコロナ予算と呼ばれるものは、令和2年だけで77兆円に達した異次元さ。ワクチンから生活費の支給、飲食店や企業への貸し付けまで多岐にわたる。

ただ村には製材所はない。そのため岐阜の会社と提携したのだそう。それもありかな、と思いつつ、ちょっぴり残念な気持ちになる。

 

« ナラシカに癒される | トップページ | 『盗伐 林業現場からの警鐘』見本、手元に! »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナラシカに癒される | トップページ | 『盗伐 林業現場からの警鐘』見本、手元に! »

May 2024
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先