無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« G空間情報のオープンデータ化! | トップページ | 桜はいずこ »

2024/04/08

庭の雑草の正体

さすが春である。庭に雑草が繁りだした。ただ可愛い花を咲かせるものも多い。

3_20240408161801 2_20240408161801 1_20240408161901

みなさん、名前はわかるだろうか。

まずヒメオドリコソウ。次にムスカリ。そしてハナニラ。これらの共通点は……そう、全部外来種であること。順にヨーロッパ原産に南西アジア原産、アルゼンチン原産だ。そして園芸品種化していることだろう。こんなの植えた記憶はないのに、勝手に生えてきた。ほかにもスミレの類も咲いているが、スミレはどれが在来種でどれが外来種か区別がつかない。なおハナニラは、食用の花ニラとは別種。こちらは毒がある。美しいだけでなく、非常に繁殖力がある。

よく見ると、庭から出て街路樹の根元とか、ちょっとした石垣などにも咲いている。また季節は違うのでまだ花は咲いていないが、あきらかな外来種も目立つ。

もはや根付いたと言えるので、駆除は無理だろう。園芸品種も折り込み済みの生態系が出来上がっていくのだろうな。

« G空間情報のオープンデータ化! | トップページ | 桜はいずこ »

生駒山中・身近な自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« G空間情報のオープンデータ化! | トップページ | 桜はいずこ »

May 2024
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と筆者の関連リンク先