無料ブログはココログ

森と林業の本

« 盗伐~読者からの手紙 | トップページ | 「王子の森」はどこにある »

2024/06/16

書棚の配列の妙

ジュンク堂書店難波店を覗いてきた。もちろん森林棚をチェックする。

20240612-1_20240616210001

20240612-2

ここだけでなく隣も森林林業棚で、そこには『虚構の森』などもあるのだが……この棚の平積みに『山林王』と『絶望の林業』と『盗伐 林業現場からの警鐘』が並んでいるのは嬉しい。その上には『フィンランド 虚像の森』もある。さらに上には『森は怪しいワンダーランド』も。。。

平積みの真ん中に『樹盗』があるのだが、そのポップに「盗伐横行」の文字。これが隣の『盗伐 林業現場からの警鐘』と重なっていて、どちらのポップか迷わせるところがよろしい(^^;)。

ちなみに拙著のアメリカの盗伐事情を示した5章2節「北米で狙われる巨木林」は、多分に『樹盗』の情報を使わせてもらっているが、その後半の木質ペレットのための原生林皆伐事情については、上部の『マザーツリー』の世界である。こちらの事情については、改めて記したいと思っている。(が、執筆に難渋。。。)

この棚の本は、所有している本が多い。このところ、金回りがいいのかなんだか、高価な本の衝動買いが続いている。それでも、読めばいいのだが、積ん読にならないようにしなくては。

 

※なお、本日は、山陽新聞(岡山)に共同通信の書評が掲載された模様。

1718539986045

 

 

 

« 盗伐~読者からの手紙 | トップページ | 「王子の森」はどこにある »

書評・番組評・反響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 盗伐~読者からの手紙 | トップページ | 「王子の森」はどこにある »

July 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と筆者の関連リンク先