無料ブログはココログ

森と林業の本

« 北海道新聞に『盗伐』インタビュー | トップページ | 杣塾のオンライン講座で土倉庄三郎を »

2024/06/12

石のスキマに深く根を下ろす

最近は、比較的平城宮跡公園をよく散歩している。平坦で歩きやすいこともあるが、さまざまな見どころがあることが魅力。

当然ながら歴史的な面からは発掘遺跡あり、土器・木簡など資料あり、古代木造建築復原物あり、ついでに遣唐使船まである。

一方で130ヘクタールものだだっ広い草原があり、オギ・ススキ原や野草の宝庫で、そこに昆虫など虫類も、水路には淡水昆虫あり、空には鳥が群をなす。古代史、考古学、建築学、動植物、地質まで幅広いのである。

今回は、こんな植物を紹介。

20240608-163031

これ、何の植物かわからない。赤い葉は幼葉なのかどうか。検索しても、ケイトウだとかタコノアシ、ツメレンゲ……とバラバラの似た植物が出てくる。ただ、私が気になったのは、生えている場所が、土砂でもなく砂利でもない、まるで敷きつめた砕石のようなところ。肝心の地面までは深くあるんじゃないか、どこから生えているのか? と気になったから。

そこで掘る、のではなく石を少しずつどけて、生え際を確認してみた。

20240608-163101

しれ。細い根が伸びている。これ、根を切っていない。石をどけただけで、まだ深く伸びている。茎は意外と短く、根が伸びたらしい。石の上に種子が落ちて、ひたすら土壌のあるところまで根を伸ばしたのだろうか。

海浜植物ぽいが、名前がわからない。

« 北海道新聞に『盗伐』インタビュー | トップページ | 杣塾のオンライン講座で土倉庄三郎を »

生駒山中・身近な自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道新聞に『盗伐』インタビュー | トップページ | 杣塾のオンライン講座で土倉庄三郎を »

July 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と筆者の関連リンク先