無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2021/05/03

隠れ仕事シリーズ③目黒駅前の探索

これまでも触れてきたが、土倉龍次郎について調べている。土倉庄三郎の次男である。

その足跡を追うと、なかなかの引っ越し魔であることがわかる。川上村から幼年時代に京都に移って同志社に通ったのはよいとして、そこからいきなり台湾に渡る。(その前に川上村にはもどっているが。)若くして台湾にわたって事業を立ち上げるのだが、本家の危機に台湾の事業を処分して帰国する。そして住んだのが東京だ。

東京のどこに住んだのか。最初は大磯(神奈川県か)で療養したようだが、その後は転々としている。それらを追跡しているのだが、なかなか全容はつかめない。同志社名簿などから住所を探ると、芝公園四号-四という住所が出てくるが、これは現在のどこだろうか。公園内ではあるまい。このままの番地で検索すると、東京タワー近隣になるが……。御成門駅の前で運動公園があるらしい。
次に大崎町上大崎に移っている。ここが長かったようだ。そこは小川も流れていた広大な土地で、温室をいくつも建てて、という。

というわけで、上大崎がどこか探したら、なんと目黒駅の真ん前ではないか。

そこで当時の地図を探すと、1917年の東京府の地図があった。この年は大正6年であり、庄三郎が亡くなっている。ちょうど龍次郎が上大崎に住んでいた頃だ。

1917

目黒駅のすぐ側に広い野原が描かれている。ここか。ここに龍次郎邸があったのか。広い。もし今も所有していたら、どれほどの財産になっただろうか (@_@)。その後、操車場になったとか、さらにバスターミナル?都電の駅?になったとか聞く。ちなみに現在は、Brillia Towers 目黒 サウスレジデンスというタワーマンションが建っているよう。超高級マンション&ショッピングセンターらしい。

いまさら当時の痕跡もないだろうが、付近を歩いてみたいと思っていたらコロナ禍で東京に行けなくなった。

その後、林業試験場の近くに移っている。これは現在の「林試の森公園」の近くということだから、ここも閑静な住宅街だよなあ。はっきりした住所がわからないのだが、目黒不動尊もある。

なお臨死の森、じゃない林試の森には以前足を運んでいる。その点については、以前、龍次郎も紹介しながらこんなことを書いていたなあ。

目黒の龍次郎

次に目黒を訪れたら、土倉邸跡地のタワーマンションで食事をしてみたい。(一人では寂しいか。。。)

 

2021/04/10

今晩のBSプレミアムは……

ご報告。

昨日お知らせした、BSプレミアムの「吉野の桜」番組だが、直前になってメール連絡が来た。「土倉庄三郎の部分はカットになりました」……。尺が長くなりすぎて、苦渋の決断だったようです(-_-;)。
代わりに「土倉庄三郎で別番組で取り上げられないか検討しています」とのこと。いやあ、お愛想ですね(^^;)。

もし、1年後ぐらいにNHKのドキュメンタリーなどで土倉翁が登場することになったら、土倉翁に興味が持つ人も増えるだろう。きっと本が売れるに違いない。それまでに『樹喜王 土倉庄三郎』改訂版を、いやまったく新しい土倉翁の伝記を書いて出版しておくべきだね、うん。(誰に言っているんだ。)

ちなみに、このメールを読んだのは、川上村の土倉翁の銅像の前だったというのは、なかなかのタイミングでしょ\(^o^)/。

Dsc07558
銅像の前に花壇が作られておりました。


ちなみに、なぜ私が川上村に行っていたかというと、新型林業用ダンプの発表会があったから。奥山の急峻な作業道を走らせるお披露目もあったのだが、それについては改めて別に報告しよう。

この場には多くの人が参加して、その中には本郷浩二林野庁長官もいた。

実は、先日6日の奈良県フォレスターアカデミー開校式にも呼ばれていたのだが、こちらは近畿中国森林管理局局長のメッセージ代読であった。その4日後に同じ吉野に足を運んでくださったわけである。

「アカデミーは代読でしたが、こちらは参加されたんですね」と声をかけると、「そりゃ、当然でしょう」とのお返事(笑)。

それがどういう意味かは皆さんで推測してください。式典より山の現場の方が楽しいか。(ちなみに平日は、国会対応などもあって出張しづらいものです。)

Dsc07502

現場からは、以上でした<(_ _)>。

 

 

2021/04/09

BSプレミアムで「土倉庄三郎」の講談

明日の告知。

明日10日の午後7時からNHK・BSプレミアム(と、BS4K)で、「生中継!一目千本 吉野の桜」を行う。2時間の長尺番組だ。

生中継!一目千本 吉野の桜

4月10日(土)[BSプレミアム][BS4K]後7:00

3万本の山桜が咲き誇り、一目千本(ひとめせんぼん)とたたえられる「吉野の桜」。麓から駆け上がるように山全体が桜色に染まる様はまさに日本の極上美、圧巻!だ。吉野の桜は1300年前、桜を御神木とする山岳信仰と深く結びつき、人の手で植樹され、大切に守られてきた。圧倒的な迫力の風景美をたっぷりと味わう。ゲストは桜をこよなく愛する竹下景子、トラウデン直美。押尾コータローのギター演奏が満開の桜に華を添える。

この中で、旭堂南海による講談が行われ、そこで土倉庄三郎を取り上げる予定だ。内容は、主に吉野山の桜を全部買い占め……いや、伐採から守った男(^o^)。ぜひ、ご覧ください。

それにしても、急に土倉庄三郎のプチ・ブームが来ている。ラジオに週刊現代(こちらは、10行ぐらい載っただけ)と続いた。そしてテレビだ。

私は、写真提供で協力しているが、私の名前は出さない。写真と言っても、私のものではなく、取材を通してあちらこちらから提供されたものだからだ。私はデータとして預かっているだけ。それでは土倉家の誰から? と問われたのだが、いっぱいいて、出所がわからない(^^;)。だいたい複製されて所有者も多岐にわたるので、下手に名前を出すのは難しい。

041dsc07146

たとえば、この肖像画。私も原典を探ったら、川上村図書館に飾られていたものだった。元は川上村第一小学校の玄関の正面に飾れていたそうだ。この製作は、庄三郎がなくなった1917年に、地域の人が寄付で40円集めて、大宇陀の松岡正雄という画家に頼んで描いてもらったものだという。大滝には10日間逗留して、完成したのはその年の10月29日。亡くなってから約3カ月後だった。

……とまあ、そんな逸話を発見して伝えたが、それが番組でどう使うかはお任せ。「川上村所蔵」とクレジットが入るだけかなぁ。

ともあれ、土倉庄三郎付いている。今回はテレビだから、影響力はあるだろう。ちなみに本の紹介はない(-_-;)よ。

一応、報告しておくと、今日も何件か『樹喜王 土倉庄三郎』の注文が入り、現時点で17冊になったか。なかには、ネット環境がないので、と懇意の書店に頼んで注文してくださった方もいる。町の書店もすごいと思う。書籍コードなしの本の取り寄せに協力するんですぜ。(手数料はもらうだろうけど。)ラジオの威力、おそるべし。

2021/04/04

「吉野山の桜買占め大作戦」語ります

突然だが、明日の朝のラジオに出演することになった。

朝日放送「おはようパーソナリティ道場洋三です」という番組で、関西では老舗である。もう45年放送しているとか……。一人のパーソナリティが同じ番組をこれほど続けるのは珍しいと思う。

で、私は何で呼ばれるかというと、「吉野山の桜」の話である。今が盛り(今日の雨でどれほと散るか……)だが、これが明治初年に買い占められたことがある、という“事件”を紹介することになった。

ま、買い占めというと怒られる(^^;)か。吉野山の桜を全部伐って薪にしてしまおうという動きに、土倉庄三郎が待ったをかけて、買い取ったというのだ。正確に何年だったとかはわからない。文書もなく、あくまで口承というか、語り継がれた話である。ただ庄三郎も、晩年子どもや孫たちに「吉野山の桜は、私が全部買い取った」と話していたそうである。

詳しくはラジオで話す。多分出演は午前8時過ぎからである。関西圏しか聞けないだろうし、どうしても気になる方は『森と近代日本を動かした男 山林王・土倉庄三郎の生涯』か『樹喜王 土倉庄三郎』をお読みください。

ただ、何も桜を守るためだけではなく、林業家としては買い取ってからスギやヒノキを植えて林業をやるという選択肢もあったはずだと思う。当時は、そちらの方が現実的(明治維新で観光は廃れていた)で、利益を出したかもしれない。ビジネスと文化をきっちり分ける先見性と炯眼があったのだろう。

それにしても、当時ちゃんと証文つくっていたら、今頃吉野山の土地を全部握れたのに(⌒ー⌒)。観光客の人数分だけロイヤリティを取ったら、たいした金になりますぜ。そんなこと、庄三郎は望んでいなかっただろうけど。

さっかくだから、吉野山の桜の写真を。

Photo_20210404155801

もっとも、吉野山の桜も、今は問題を抱えている。健康な状態ではないのだ。

21_20210404155801

これは夏の写真だが、あちこちヤドリギをつけているし、天狗巣病に犯されているのだ。まあ、いろいろ手は打っているが、完全によくするまでにはなっていないようだ。またコロナ禍で観光が壊滅的だ。明治維新に次ぐ危機かもしれない。かといって、庄三郎のようにポンとお金を出してくれる人もいない。今後、吉野山の桜を自慢し続けるのは並大抵じゃないよ。

2021/03/26

土倉翁磨崖碑の展望台

川上村大滝には、土倉庄三郎を顕彰する磨崖碑があるのだが、これまでは駐車場もなく、わりと見るには苦労した。

そこで今年度(土倉翁生誕180年)の事業として、展望台が整備されている。これまでガソリンスタンドがあったところが廃業して放置されていたので、そこから磨崖碑を眺められるようにしたのだ。

Dsc07391

駐車スペースを確保するとともに、高い壁を外して、磨き丸太の手すり。う~ん、なぜ磨き丸太なのかといえば、余っていたから(^o^)という声もありましたが。なかなか見通しがよくなって、磨崖碑だけでなく、真下の大滝の瀬もよく見えるようになった。

Dsc07394

こんな標識もある。肝心の磨崖碑は、また苔がついて文字の色落ちしてきたから見えにくくなっているのだが。誰か、吾と思わんものは、壁によじ登って(下ってもいいが)、磨崖碑清掃に挑戦してくれたまえ。

整備はこれで終了ということではないだろうが、川上村を訪れる機会があれば、新しいここで磨崖碑の見学も加えよう。これまでにない角度から眺められるという点でも新鮮だ。
なお、この岩壁のある(吉野川)流れの下流・東ノ川に入ると、対岸にはサクラが満開。吉野の隠れたサクラの名所である。(吉野山は、ヤマザクラなので、咲くのはまだこれから。)

 

Dsc07387

2021/02/27

渋沢栄一と「木を使うもの」の義務

遅れて始まったNHK大河ドラマ『青天を衝け』も、明日で3回目。正直、私はイマイチだと思っているが……(笑)。
なんか、初っぱなから引きつけるような魅力が描かれていないんだな。話が農民の渋沢と、将軍になろうとしている徳川慶喜の2本立てになっていて、焦点がぼやけているような気がする。

まあ、今後両者が発展し合一してからに期待したいところだ。それに、もう一つ。渋沢栄一は、日本の「資本主義の父」である点にも。封建主義を抜け出したばかりの日本にとって、万民が平等に力を競い合える資本主義は希望だったはずだ。それがねじ曲がっていく過程も見えるのだが……そこに彼の著書「論語と算盤」が登場するわけである。だから渋沢は、日本の「福祉事業の父」でもある。

近年は資本主義がブームみたいとところがある。『人新世の「資本論」』もベストセラー入りしつつあるが、そもそもマルクスの「資本論」は、何も共産主義の教科書ではなく、資本主義批判が基本だった。この本も、行き詰まった資本主義をいかに乗り越えるかという点から共同体コモンの復活を唱えているように思うが、それこそ「論語」の部分だろう。現在の資本主義が過去の封建主義に近くなってきている中、希望のイデオロギーは何か。

資本主義の父と資本主義批判の書がどう並び立つか。

とまあ、のっけから脱線しているが、渋沢栄一は、もう一つ、日本の「製紙の父」でもある。今に続く王子製紙を設立しているのだ。そこでは「木を使うものは木を植える義務がある」という思想を著している。実際、現在の王子ホールディングスは19万ヘクタールもの社有林を持つ、日本一の山主(第2が日本製紙の9万ヘクタール)なのも、その系譜を引き継いでいるからだろう。

果たして、現代の「木を使うもの」は、「木を植える義務」を果たしているだろうか。

1_20210227212501 7_20210227213101

東京・飛鳥山の紙の博物館。その隣には渋沢史料館もある。

6_20210227212601

渋沢栄一の本人の筆と思われるのだが……。

実は、渋沢と土倉庄三郎は昵懇の仲だったようで、度々両者は会っている。そこで多少とも渋沢の史料の中に土倉庄三郎が登場しないかと調べたことがあるのだが……残念ながら見つからなかった。膨大な量に負けてしまった面もあるが。

まあ、そんな目で「青天を衝け」を見たら、(多少は)面白くなるかな?

 

2021/02/03

19世紀、台湾の山岳地帯ははげ山だった

帝国日本の近代林学と森林植物帯」(執筆者は、米家泰作氏と竹本太郎氏)。という論文に目を通した。具体的には日本が台湾を領有して行った山岳調査の記録をひもといたものである。

登場するのは、斎藤音作と本多静六。二人は同い年で東京山林学校で学んだ日本最初の林学者だ。斎藤は官僚に、本多は研究者の道を歩んだが、日本が台湾を領有した直後に、斎藤は現地の署長として赴任。そこへ本多も調査だ、と押しかけている。

で、1896年11月、当時のモリソン山、その後の新高山、今の玉山への登山を試みる。もしかしたら世界初の登頂になるかもしれない……と。実際に日本では、わりと新高山を最初に登ったのを本多静六とする説が流布している。(もっともその直前9月に登った長野義虎や10月の鳥居龍蔵、森丑之助……といった面々がいるのだが、それは別の話。)
ただ、これを読んでいると、なんと本多はベースキャンプで発熱して休養をとり、山頂アタックには参加していないと書いてあるではないか! それなら斎藤はともかく、本多は登頂者でさえない。ええ加減だ。

そんなことより、私が気に留めたのは、記録には先住民(いわゆる高砂族)の集落の上は茅ばかりで、木がないとあることだ。その後、高地に登っても疎林と草原しかない。先住民が火入れをしていることも聞き取っている。焼き畑であり、シカなどの獲物を取るために見通しをよくするためだった。かなり上まで登って、ようやくスギやヒノキ、トウヒ、ツガなどの巨木林が登場する。

しかし、その頃までの台湾は清国支配だったとはいうものの、山岳地帯と先住民社会は放置状態であり、中国人が開発して木を伐ったということではない。植生が荒れていたのは先住民によるのだろう。

なんだか未踏の大森林を進んで未踏の山に登ったイメージがあったが、あまり森林はなかったらしい。そして森林限界を超えて岩の山に入って山頂にたどりつく。なかなか面白い記録だ。

日本だって当時はそうなのだが、山といえばはげ山なのだ。江戸時代から山の木は過剰に採取され、明治に入って一基に収奪が進んだ。木材を得るためというより燃料として伐採が進んだのだ。近代化とともに開発が進んで森林がなくなったのではなく、生活のためだったようである。

ちなみに土倉龍次郎の台湾写真を発掘した際に、山の写真は意外と草原が多かった。龍次郎が台湾に渡ったのは1895年であるから、斎藤・本多とほぼ同じ。

Photo_20210203204501

この写真には、阿里山ソーロガナ頂と記載がある。阿里山と言えば大森林と思いがちだが、このとおりはげ山が写っている。

歴史的な森林破壊の流れを再認識すべきだろう。森は近代化直前に破壊され、近代化と経済発展によって回復する、という仮説が台湾でも立てられそうである。

 

2020/10/09

板垣退助の洋行費と、土倉庄三郎

先日の「英雄たちの選択」(NHKBSプレミアム)では、板垣退助と自由民権運動を取り上げていた。

私的には自由民権運動から秩父事件までの流れは、わりと興味のある部分なのだが、問題はなぜ自由党が瓦解し運動も挫折したのか、という点だ。番組では、板垣退助がヨーロッパ視察、いわゆる洋行に出てしまったことを指摘している。この洋行は、政府側が仕掛けて、費用も政府が出していたと言われ、「明治最大の疑獄」扱いとなり、それによって民心が離れるとともに一部が過激化したとされる。

20201007_203308 20201007_203302

なぜ板垣は政府の金と知りながら受け取ったのか……と番組では展開する。MCの磯田道史は、「板垣は、自分はまだ政府の一員という意識が抜けられなかったのだろう」と言う。それは違う。

なぜなら洋行費は、土倉庄三郎が出したからだ。政府の金ではなかった。

そもそも運動に飽きた後藤象二郎が、政府にこの陰謀(板垣を洋行に行かせて、運動をつぶす)を働きかけるのだが、そこで政府は三井銀行に2万円出させている。それを蜂須賀子爵を経由して後藤が受け取った。しかし、板垣のところにその金は渡っていないのである。おそらく後藤が着服したとされる。

また板垣も、政敵から金を受け取るわけにはいかないことぐらいわかっている。そこで土倉翁に出資を求めた。

その証拠の5000円と3000円の領収書が見つかっている。残りの1万2000円の領収書は行方不明なのだが、もしかしたら証書なしで寄付したのかもしれない。

面白いのは、庄三郎自身の手による寄付の記録だ。私の発掘( ̄^ ̄)。

2_20201009163901

赤字のところに、板垣伯洋行費用として1万円と記されている。あれ、2万円じゃなくて1万円だったの?
しかし、土倉家内では2万円渡したと伝わっている。次男龍治郎の嫁リエが直接聞き正した記録があるのだ。

……ここの詳しいところは謎だ。ただ、上記の寄付目録は、板垣洋行費の出所を語る際に欠かせない発見で論文にしたっておかしくないのだが、いまだに学者の誰も借りたいと言ってこない(笑)。

先の「吉野山の桜」といい、今年は何かと土倉庄三郎の逸話の裏側が浮かび上がりつつあるのだが……庄三郎生誕180年である2020年も暮れていく。

 

 

2020/10/03

土倉庄三郎の「吉野の桜」

吉野の金峰山寺に行ってきた。東大寺の大仏殿に次ぐ大きさの木造建築とされる蔵王堂で有名だ。

かつて金峰山寺と言えば、吉野山全域から大峰山まで広大な面積を寺領として抱えていた。今は、蔵王堂周辺と、大峰山の山頂を含む一部になってしまったが……。ただ、広い境内の各所に桜は植えられていたようである。
さて、そこで聞いた話。

Dsc05922 山伏もマスク姿。

明治初年時、廃仏毀釈で廃寺となった際に、桜を伐って売り払う計画があった。それを押しとどめたのが土倉庄三郎。大阪の商人に売った500円に加えて500円を渡して、これで桜を守れ、受け取った代金は返せ……と言った逸話が伝わる。だから、吉野の桜は実は土倉家のモンだと言うのだが……。

本日、聞いたのはちょっと違っていた。

たしかに庄三郎から500円を受け取ったのだが、すでに村人は桜を伐ってしまっていたというのだ。今で言う中千本、上千本の桜は伐ってしまい、下千本(千本と書いてちもと、と読むらしい)だけしか残っていなかったと。。。。

おい、それじゃ騙したことになる(笑)。先に受け取った500円を大阪の木材商に返したのかどうか怪しい。もっとも、庄三郎はしょっちゅう吉野山に通っていたらしいから、そんなことは百も承知なのかもしれない。今となっては笑い話である。

なお日露戦争後に、今の中千本(中腹)に傷痍軍人らによって植えられ、さらに昭和になって上千本(尾根)にも植えられたというから、意外と現在見ている桜の歴史は浅い。下千本はともかく、吉野全山が桜に埋もれている……という形容が成り立つのは戦後なのかもしれない。ちなみに戦後は奥千本が植えられている。

Dsc05947

蔵王堂。やはり大きい。それにゴツゴツしていて、木材の地を感じる。建設年代は、現在の大仏殿(江戸時代)より前。おそらく豊臣秀吉の寄進らしい。

 

2020/09/02

伊能嘉矩と後藤新平の台湾森林

岩手行の中で見てきたのは、河童に天狗、あるいはおもちゃ美術館だけではない。隠された収穫を。

訪れた遠野市立博物館は、市立のわりに規模も内容も充実しているが、扱うのは遠野物語の怪異や妖怪だけではなかった。

たまたま、これまでの刊行物の一覧を見ていたら「伊能嘉矩」文献が並んでいたのだ。伊能嘉矩(いのう・かのり)は、人類学者でとくに台湾の先住民族の研究で知られているが、実は遠野出身だったのだ。そして、帰国後は遠野の研究にも携わっていて、柳田國男とも懇意な関係だ。

伊能は、1895年の日本の台湾領有直後に渡り、全土を渉猟して多くの少数民族の集落に分け入って調査している。膨大な文献もあるのだ。
私は、台湾に同時期に渡った土倉龍治郎の足跡を調べているが、残念ながら彼自身の行動記録は非常に少ない。何も記録をつけなかったらしい。しかし、全土、それも山岳地帯を隅々まで歩いたとされる。しかしどんな風景を見たのか、どんな人物にあったのか、どんな体験をしたのか、まったくわからないのではつまらない。そこで同じく台湾の僻地に分け入った人の記録から当時の台湾山岳地帯がどんな状況だったのか類推していこうと思っている。そして目をつけたのが、伊能嘉矩森丑之助などである。彼らはほぼ同じ時期に台湾に渡り、山岳地帯に住む先住民族たちに会っている。とくに伊能の記録は詳細に残されているから貴重だ。その伊能嘉矩が遠野出身だったとは。
実際、遠野市は台湾大学と交流して、幾度もセミナーを開いているらしい。

Img001_20200902165701

その一つ、この文献を購入。2017年が生誕150年だったらしい。ちなみに龍治郎は、今年が生誕150年だ。ということは、年齢的には3つしか違わないわけか。この二人、おそらく出会い、交流していたはずなのだが、今のところ証拠は見つかっていない。どこかに資料が眠っているのではないか。伊能は、自宅の離れに「台湾館」を設けて収集した資料を展示していたというが……。

残念ながら遠野市図書館の郷土資料室は、コロナ禍のため閉鎖されていて、伊能文献を確認することができなかったのが残念だ。


ところで岩手から帰宅して、少しリラックスしようとブックオフに入って本を眺めている(これが、私の娯楽 笑)と、「後藤新平 日本の羅針盤となった男」(山岡淳一郎著 草思社刊)を発見。こんな本が出ていたのか。

Photo_20200902165702

後藤新平が、台湾総督府の民政長官として辣腕を奮ったことはよく知られている。実は、彼も岩手出身だった。そして、伊能嘉矩と昵懇だったようである。ちなみに後藤と土倉龍治郎もお互いよく知っている。後藤が龍治郎の事務所に来た記録は残されている。
本の方は、まだちゃんと読んでいないが、パラパラとめくると「笑いと涙の阿里山踏査」という項目があった。後藤が阿里山に登ったとは知らなかった。そしてその一行には伊能嘉矩も含まれているのだ。とにかく10日間ほど山中を踏査したそうである。「笑いと涙」のエピソードはともかく、そこにこんな描写がある。

「ヒノキの巨樹を筆頭に、ざっと見積もって針葉樹7万6000本、広葉樹37万5000本,毎年相当量を伐採しても80年分の需要を充たし、5億円の価値があると見積もられた」。

この本数は、どんな推定をしたのだろう。まあ、いい加減と思うが。そんな巨樹を80年で伐り尽くしたらアカンがな、とは思うが、当時は無尽蔵のイメージがあったのだろう。明治時代の5億円だから、現在の1兆円ぐらいの感覚だろうか。

ちなみに、後藤新平の一行の写真が、上記「伊能嘉矩」文献に載っていた。

Photo_20200902165701

実は、10月に再び台湾へ渡る予定だったのだが、台湾は日本のコロナ禍事情を見て、日本人観光客の解禁を取り消した。おかげで、行けなくなった。せめて、こうした文献を読んで過ごすかなあ。

 

より以前の記事一覧

July 2021
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森と筆者の関連リンク先