無料ブログはココログ

本の紹介

森から見た「スイス」

2015/12/20

スイスの高付加価値戦略を支える仕掛け

私は、数年前にスイス林業の視察に参加させていただいたほか、地元奈良がスイス人フォレスターを招いた研修を実施するなどしたおかげで、そこそこスイス林業について触れることができた。
 
そこで関心を持ったのは、スイス林業が高付加価値戦略を取っていることだった。つまり量ではなく質の木材生産だ。それは奈良県の吉野林業と通じるところもあり、大いに参考になるのだが、同時にスイスの林業はそれなりに黒字基調で展開しているのに、吉野林業は息も絶え絶え……という差も感じざるを得ない。
 
しかも、スイスは仰天するほどの高物価国家だ。商品も高ければ賃金も高い。感覚的には、日本の2倍3倍だ。だが、回りをEU諸国に取り囲まれ、陸上を通じて人や物資の流通は盛んだ。EUには加盟していないものの、何も鎖国しているわけではない。
特別な関税もない模様で、ようするに安い商品が、隣国から流れ込んでくる。国境付近の住民は、隣国に買い物に出るのは日常茶飯だろう。
木材だって例外ではない。それなのに、安い外国産にシェアを奪われず、経済が維持できるのか。そして生産者にとって理想とも言える開発と生産を続けられるのか。。。
 
なぜか? その疑問はずっとこびりついていた。
 
その理由を探ると、まず育林過程のコストダウンだろう。植林しない天然更新もその中に含まれるが、収穫(伐採)イコール育林という形態も重要だ。
さらに高品質の木材を、高付加価値商品に加工していることもある。「スイス・クオリティ」という言葉まであって、利益率が高いのだ。私が見たのは、木製サッシや家具だったが、高い品を買える国民がいる。また海外へも売れる。
そして、1本の木材から様々な商品を生み出して利益を出す「複業」体制。製材だけでなく集成材化、建築とも連携して、さらに樹皮や端材は肥料や燃料に、という「大林業化」を進めていた。
 
だが、それでも完全には納得できない。グローバル化の流れに、その程度の努力で乗り切れると、私は思わない。人は、易きに、安きに流れるものだ。
 
いくら国民性と言っても、絶対に大多数が安い商品に流れるはずだ。とくに昨今の木材価格では、林家(たいてい農業兼業)に十分な収益を与えない。それなのに……謎だ。
 
 
さて、たまたまスイスの農業事情を知る機会があった。
 
スイスと言えば、精密機械や金融産業が有名だが、実は農業国でもある。
農業も、EUから安い農作物が流入すれば、苦しいはずだ。しかし、有機無農薬栽培が非常に進んでおり、しかも地元産の愛好傾向が強いという。高くてもよいものを、という価値観が国民にも浸透しているらしい。
 
 
2  スイスのスーパーマーケット。
 
 
が、もっと端的に農家が高付加価値農業に挑戦できる理由を見つけた。
 
スイスの農林水産業の生産高は、国内総生産(GDP)の0,77%に過ぎないが、農業予算は連邦予算の約6%に当たる約37億スイスフラン(2013年・約4520億円)に上るのだ。そして、この予算のうち約8割が、農家への直接支払いなのである。
 
そう、農家へのデカップリング、直接支払いの所得保証制度で農家の生活を支えているのである。とくに有機農業のほか、景観維持や生物多様性の保護といった条件を満たす農家には、支払いが加算されるそうだ。
そして農家の多くが森林を所有しているから、農業収入(直接支払い分)も含めて森林経営ができる。
 
生活が保証されているから、「理想的な」農林業を展開できるわけか。食えなくなる心配がなければ、リスクのあるチャレンジもしやすくなる。100年後の森づくりを語れるはずだ。
 
莫大な補助金を支出するという点では、日本も同じ。……ただし、日本のような農作物(の価格)保護や労働対価でないところが大きな差となる。あくまで農林家の生活最低保証なのだ。 
 
日本の補助金は、決められた枠をはみ出したチャレンジを許さないシステム設計だ。そして所得保障どころか1回の失敗で人生を失いかねない負債を被る社会である。これではリスクのある挑戦などできなくなる。さらに所得格差を増大させる政策が取られている。
 
しかし、恒産なくして恒心なし、である。生活が安定しないと、ぶれない心で理想を追えない。森づくりという時間のかかる作業には、結果を求めない所得保証もありではないか。
 
 
ちょうどフィンランドでは、ベーシック・インカムを実施を検討することがニュースになっている。これは、何も福祉国家だからではない。
全国民一人一人の最低限の生活を保証する金額を出すことで、理想の人生に一歩でも踏み出すことができる社会をつくろうというのかもしれない。……国民の生活を安定させることで、社会不安が起こりにくくなり、治安コストが減る。さらに起業家が増えて、成功者が多額の税金を納める……といった 好循環を狙っているのだろう。

2015/07/07

スイス・フォレスター研修の県報告

先に、主にYahoo!ニュースの方で紹介した、奈良県で行われたスイス・フォレスターによる森林管理者研修。

その報告が奈良県のホームページにアップされていた。なかなかツボを押さえているから、興味のある人は目を通すとよい。ちなみに「ツボ」とは、スイス林業の「技術」ではない。考え方だ。
 
 
報告はこれで終わりではなく、内容は今後も随時更新していくそうだ。
 
 
 
この研修に参加された人は、ブログやフェイスブックなどでかなり情報発信しているので、そちらも合わせて目を通すとより全体像が見えてくるのではないかと思う。
ちなみに私の書いたのは研修報告ではなく、研修を通じて私が感じた日本の林業の問題点である。
 
それに対して、さまざまな反応があったことを私も確認している。概ね(私の見立てに対して)好意的に捉えていただいているが、なかには揶揄するものもあった。
 
それを読んで感じたのは、研修内容を詳しく把握した上ではなく、外国を参考にするのが嫌いか、スイスが嫌いか、スイスの林業が嫌いか、フォレスターのロルフ・シュトリッカー氏に恨みを抱いているか、とにかく私の意見を否定したい思いがある、と感じさせられましたよ。
 
やだねえ。もっと素直に学ぶ気持ちを持てばよいのに。個人的な感情を垂れ流すのは、人間としての器が小さいというか、●○の穴が小さいというか( ̄ー ̄)。
 
 
私自身、ロルフの語った内容が全部参考になると思ったわけではない。
 
たとえば、もっとも時間を割いていた「育成木施業」は、私は日本の林業地に合わないと思う。できないわけではない。吉野の永代木施業や伊勢神宮の宮域林の「将来木施業」は成功している。
ただ、この方法で高品質材を生産できる森にするには、長期的な森をみる目と見守る手間が必要になる。それを日本の多くの林業地で行うのは無理というか、現状に合わなさすぎる。
天然更新も同じ。できなくはないが、日本には向いていない。
 
ただ、私は放棄人工林や放置雑木林を、多少とも健全な森に変えていく手法に使うとよいのではないか、と感じた。
もともと荒れているわけだから、育成木施業が失敗しても影響が少ないだろうし、低コストに行えるからである。何も考えずに間伐するよりよい森になるではないか。(現実に、この手の森では、生態系を考えずに下層植生だけを刈り取るような整理伐や、機械的な列状間伐、そして皆伐が行われがちだ。)
その意味では、(セミプロ級の)森林ボランティアとか、森林公園を手がけることのある造園業者が学んでもよいような気がする。
 
 
 
もちろん、これも私の見立てだから、正しいかどうかわからない。
 
ようは、技術を学ぶ前の心構えを学ぶべきだろう。まず受け入れて、咀嚼して、取り入れるべきなのはどれか、合わないのはどれかと判断する……。
 
この報告を読み返して、そんな「振り返り」をしてみたい。

2015/06/27

Yahoo!ニュース「スイスに学ぶ……(後編)」を書いた裏側

Yahoo!ニュースに「スイスに学ぶ、日本の林業に欠けているもの(後編) 」を書きました。

 
今度は、座学編。
 
とはいえ、お読みいただいたらわかるとおり、前回と同じく研修内容を紹介しているわけではない。それは、また別のブログなり奈良県の報告書に期待してほしい。
ようするに、研修に立ち会って、私が感じたこと、連想したことを取り上げている。
 
で、今回は、ドラッカーを連想した。
 
ロルフ氏の話は、非常に具体的で技術や方法を述べる一方で、ものすごく哲学的な言葉が端々に登場する。技術に関しては、スイス(中央ヨーロッパ)と日本は違うのだから、そのまま応用するのは難しいと思う点が多々あった。しかし、森林経営に関する哲学というか理念的な面は、日本でも十分応用が効く……というか、普遍的なものである。だから学ぶべき点が多い。いや、森林経営というより、マネジメント全般かもしれない。
 
だから、ドラッカーの言葉を思い出すのだ。
 
「人は、最大の資産である。」
 
ゆめゆめ忘れるなかれ。

2015/06/23

Yahoo!ニュース「スイスに学ぶ……」を書いた裏側

Yahoo!ニュースに「スイスに学ぶ、日本の林業に欠けているもの(前編) 」を書きました。

 
前編と付けたからには、後編が必要なのだが……(笑)。
 
ただ、それを書いても、今回のスイス・フォレスターによる研修から学べることのほんの一部になるだろう。おそらく研修の全容は報告書がまとめられるはずなので、(奈良県の林業家は)それをチェックしていただきたい。
 
Yahoo!ニュースに関しては、森林・林業白書に関して林野庁をこっぴどく叩いたが、今回も思いのタケをぶつけた。
その代わり?奈良県を結構持ち上げたようになってしまったv(^0^)。
 
ま、奈良県は始まったばかりだからね。ヨイショして今後の展開に期待をつなぎたい。
せっかく森林環境税を費やして行った研修なのだから、ちゃんと県民に還元してもらねわないと。その還元の仕方は、もちろんより良き森をつくることである。その手段として林業を立て直すことである。それが達成されて、初めて奈良県民は(森林環境税を)納めてよかった、と思えるのだから。
 
何も大げさなことを唱えているのではない。直接民主制のスイスにおけるフォレスターは、担当地区の住民を満足させなければ首になるという。奈良県も同じシステムにしてほしい。
 

2015/06/20

スイス人フォレスターがめざすもの

すでにテレビニュースにもなったが、現在奈良県にスイス人フォレスターが来ている。
 
 
これは、奈良県が実施した欧州型森林管理者研修のため。
 
その内容に関しては別の機会にして、今日は肝心のスイス人フォレスターのロルフ・シュトリッカー氏を私がアテンドした。
 
そこで案内したのが、橿原市昆虫館。なったって、ロルフは、無類の蝶マニアだから。
 
2_062
昆虫館のドームの中には、今1100頭以上の蝶々が飛んでいる。なかには石垣島から運んだ珍しい種類も多く、マニア垂涎の地なのである。
 
……想定通り、ロルフもテンション上がってチョーはしゃぎ(⌒ー⌒)。写真を撮りまくる。
 
ここの蝶は人に慣れていて、簡単に人にも止まる。(まあ、私には止まらなかったんだけどね……。)
 
2_048
同行したロルフの娘の腕にも蝶がいっぱい止まった。
 
さらにオオムラサキの飼育室にも入れてもらったし、野外で蝶観察もできた。幸い、昆虫館には昆虫マニアが集まっており、彼らに声をかけたら、すぐに濃いマニアックな情報を教えてくれるのだ。
あの山の、林の縁のあそこには、○○○△△△シジミがいるよ、とか。出るのは何時ごろだとか、希少種のアレがいっぱいいる穴場とか……。
なんと、オオムラサキを3000頭も飼育している人もいるらしい。
 
こんな話に触れたら、興奮状態になる(笑)。いや、私はてんで昆虫には興味ないんだけどね……。
 
最後は、これで決まりかな?
 
2_073 奥さんと。

2013/05/01

「スイス林業連盟からの報告」

気がつけば、連休の狭間。世間は、また仕事にもどっているのでしょうか。そんなときこそ、私はさぼらなければ(⌒ー⌒)。

昨年の今頃、スイスの林業視察が決まってバタバタと準備していたはず。

もう1年か……と感慨にふけるところ、ポロリと出てきた切り取り記事には、「スイス林業連盟からの報告」というタイトルが……。

どうやら森林組合関係の雑誌?らしいのだが、第2回「森林認証制度研究セミナー」を開催して、その中にスイスから招いた連盟の理事らが行った事例報告の記録らしい。その内容は、「スイスにおける林業教育」になっている。期日は、平成14年10月である。つまり、10年以上前!

いや、まあ、なんと。昨年の視察のテーマでは「スイスの林業教育」の部分がたくさんあったのだが、その10年前の記録を私は保持していたことになる。これを読んでから出かけていたら実りも少しは増えただろうに、まったく記憶になかった。知らなんだ(^^;)。


Dsc_0437










今読み返すと、なるほど~と感心するということは、昨年何を見聞していたんだ、ということにもなるね。。。記事に登場する「リュスの教育の場所」とは、我々も訪れた「リースのフォレスター学校」のことだろう。

それはともかく、最後に「個人的な将来展望」が興味深かった。

連盟から見ると、スイスで行われている職業教育は、林業の経済性という面をあまりに軽視している、と述べているのだ。外国との競争もあり、合理的な生産という面も必要ではないか、という。

実は、私も視察における今だに溶けぬ疑問として、あれほど丁寧な施業や細かな法律や取り決めの中で林業を行って、しかも人件費が高いスイスで、どうやって採算を合わせているのだろう、という点があった。(補助金もなし!)
基本的には、木材商品を高値で売るという理屈なのだが、安い外国の商品と比べて太刀打ちできるのが不思議であった。

私の訪問時より10年前の記録ではあるが、やはり現場では葛藤があるのね。

もっとも最後には、林業の経営者の主体的な努力が必要で、林業事業体にもっと自由裁量の余地を与えろ、と結ばれている。

この点は、現在の日本の林業経営者および行政関係者にそのまま投げかけたい。

2012/08/17

グリンデルワルト博物館

今日は、暑くて何も考えられません。

こんなところでお茶を濁す(~_~;)。

7









スイスのグリンデルワルト郷土博物館にあった昔の製材風景。

実は、この博物館には昔のノコギリや水車を使った製材所の模型など、林業関係の展示がたくさんあった。この観光地&登山基地として知られる町も、かつては林業の町だったんだね。

14

2012/08/13

氷河で一休み

お盆休みだし、暑いし……。

こんな写真で涼んでください。

ユングフラウの氷河地帯。ちゃんと見学するイスがある。もちろん、木製。

4

2012/08/02

今こそ、お雇い外国林業人を

スイスの製材複合施設を訪れたときのこと。

案内してくださった工場の人が、雑談で日本の森林について聞かれた。向こうにとっては、日本は工業国であり、あわよくばスイスの木材および木材商品を輸入してくれると思ったようだ。

ところが答は、森林率は7割に迫り、使い切れぬほどの樹木が育っていることだった。すると彼らの反応は「おお、宝の山を抱えているのか!」

なんたって、スイスの森林率は30%前後だ。しかも十分な木材生産が成されているとは言えない。本当は夏でも冬でも安定して木材を出してほしいのに、全然出てこない……のだから。

だが、日本の林業の苦境を聞くと、「なぜ?」である。スイスにも日本と同じような産業構造の変化はあったが、構造改革して現在にいたっているのに、日本ではどうして旧態依然なのか

誰も応えないので、仕方なしに私が「補助金が出たからだ」と応えた。「苦しいときに補助金で支えたから、改革しなくてもよくなった」。

こう言うと、納得してくれた(笑)。



  

ところで、明治政府は、江戸時代からの産業構造を早く脱却するために、外国人を多く雇った。いわゆるお雇い外国人である。有名なところては、「少年よ、大志を抱け」のクラーク博士とか、砂防に尽くしたデ・レーケ、温泉博士として知られるベルツ、そのほか軍人とか、牧師で教育者は数多い。

実は林業界にも幾人かのお雇い外国人がいる。マイル。グラスマン。ホフマン。。。。

現在も、林業改革をしようと、多くの外国人フォレスターが招聘されている。が、所詮は数カ月しか滞在していないんだよね。そして全国を回って、その場で日本の林業現場を見ては「アドバイス」をする。

しかし、山の環境も歴史も違うのに、そんなその場限りでいいのか?

実は、主にドイツ式とやらのフォレスターに「アドバイス」されて、憤激している人はたくさんいる。私のところにもチクリ・メールが来る(^^;)。そりゃそうだ。欧米の経験をそのまま日本に適応するな、と言いたくもなるだろう。

こんな短期間ではなく(それも半端ではない経費をかけて)のではなく、はっきり1年2年と日本(できれば同じ地域)に滞在させて、がっつり日本の森林、日本の自然環境、日本の林業の歴史を学んでから、アドバイスさせたらどうだ。そして、技術ではなく、思想を教えてもらうべきだろう。研修受けるのは、現場の人ばかりではなく、トップの為政者・行政者・経営者であるべきだ。そして、その思想に基づいて、新しい日本式の林業を模索すべきではないのか……。

なんでも現場、現場というのではなく、林業の根幹を貫く思想を学び、それを日本の現場に融合させていくのが為政者・経営者の役割だろう。そうしたら、経済状況から林業が苦境にあったとき、安易な補助金投入なんて手段は取らなかったのてはないか。

なんか、改革方法を現場に丸投げ(それも欧米フォレスター任せ)するのは、仕事から逃げているような気がする。

2012/07/31

エメンタールのもう一つの顔

せっかくだから、ものすごくマニアックな話題を。

森林は、水を増やすか消費するか……この問題は、古今東西で科学者を悩ませてきた話題である。つまり、森林があると、水の総量を増やすのか、それとも生きものである草木が水を消費して減らすのか。

ときに森林土壌の保水力が論じられ、さらに森林が空気中の水分を捕捉するのではないか、という説も唱えられた。また森林が土壌から吸い上げた水を蒸散させることで、空気中の水分が増えて雲が発生する、というケースも考えられた。

そのほか、森と水の関係は、常に論議を呼んでいたわけだが、それらの関係を明らかにするためには、流域の降水量と流出する水量を厳密に計測しなければならない。また森林の有無による差も計らないといけない。

そこで流域全体で、降水量と流出量の計測を行う世界初の実験が行われた。それがスイスのエメンタールである。1900年のことだという。

エメンタールで択伐施業が開始される数年前だ。常にこの森は、世界の森林科学・林学の先端を担っていたのだね。

その結果は、もちろん現在に至るまで引き継がれている。日本の技術者も、この実験に看過されて、帰国後日本の各地で流域全体を使った実験を行っている。1906年からだ。日本の林学研究も、この頃は世界に遅れを取らぬスピードだった。

3


エメンタールの森の中の林道。

よく見ると、路面が左に少し傾斜している。降水を分散して流すための工夫だそう。いろいろな試みがこの森では成されている。



     

4


ついでにドーデモな写真を。

森の中にある小屋。キャンプなどに使うらしい。
が、よく見ると窓に人影が写っている……。

でも、中には誰もいなかったのだよ。。。。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎