無料ブログはココログ

本の紹介

生駒山中

2019/04/20

幻となった未踏峰……

私が家の裏山をよく歩いていることは幾度も記してきた。そして、道のないところに分け入るのが好みであることも。

今回も、いくつかある沢沿いの山道から逸れてみた。その奥にある尾根まで登ってみようという魂胆である。これまで尾根やら谷やら全部詰めてきたつもりだが、その一角は入っていない気がする……。実は2本の山道にはさまれた狭いエリアで、それゆえ見過ごしていたのかもしれない。ある意味穴場だ。そんなところにこそ見知らぬ景色が見られるのではないか、と期待する。

道から逸れること10メートル20メートル。それだけで道は見えなくなり、なにやら深山幽谷の世界に入り込んだ気持ちに浸れる。それなりにブッシュをかき分けて行くと、意外や一つの尾根だけでなく数本の尾根が折り重なっていた。当然、その間に谷があり、細かな襞のような微地形が見られるのだ。なんだか秘密基地になりそうな気分。

不意に平たい土地に出た。しかも立木が少ない。地面は少しぬかるんでいる。そしてイノシシの足跡もある。ここに水がたまって沼ができていたのだろうか。だから樹木は生えづらかったのかもしれない。そしてその奥にはスギが林立していた。

1_6

10本近くが密集している。結構太く育っているが、これは植えたものだろうか。人工林的な規則正しさがないから、たまたま飛んできた種子が芽吹いたのか。いやいや、もしかしてこの麓の植林の際に余った苗を放置して生えたのかもしれない。この辺りも植林する予定が途中で変更になったのか、とか想像している。

さて、いよいよ高い尾根に這い登る。狭い尾根だが、そこからより高い方へ進む。そうすれば、この地域のもっとも高い峰に行き当たるはず。ささやかな未踏峰(笑)を制覇しようという魂胆である。もちろん生駒山にほとんど木が生えていない時代もあったのだから、過去に誰かが登っているだろうが、道がないのだから近年は誰も訪れていないだろう。もしかして戦後50年ぐらいは人跡未踏?

尾根は木々があまり繁らないから進みやすい。ただこれが峰か、と思わせてすぐ奥により高い部分があるから厳密にもっとも高い峰を確認するのは注意がいる。偽ピークにご用心。

 

2_7

たどり着いた! ここが一番高い。未踏峰のピークだ……あれ?

なんで、木にビニールがくくられてあるのよ……。ビニール袋があるということは、間違いなく人が来たことがあることを意味する。しかもビニール袋となると、そんなに古くないだろう。

で、ビニール袋をよく見てみた。菓子パンの袋のよう。しかも、賞味期限が書かれてある。なんと2017年7月!たった2年前!

これでは未踏峰と言えませんなあ(泣)。同じようにここにたどり着いた奴がいた。それも比較的最近。ここで菓子パンを食ったのか。そしてゴミを木の枝に結びつけるなんて。。。

せっかくの妄想が醒めてしまったではないか。

 

 

2019/04/14

ミズバショウの咲く頃

生駒山の湿原は、私にとって定点観測地。

このほど、いよいよお花シーズンとなってきた。

3_3

ミズバショウも咲きだしている。

で、つき口先に浮かんだのが、、、

♪ 夏が来れば思い出す
♪ 遥かな尾瀬、遠い空
♪ 霧の中に浮かび来る
♪ やさしい影野の小路
♪ ミズバショウも咲いているよ

小学校の頃に習った歌はおぼえているものである。が、ここで疑問。夏が来れば思い出す? 
つまり初夏にミズバショウは咲くように思っていた。だいたい6月から7月のイメージ。だが、生駒山では3月から4月なのである。早春から春本番とでもいうべき季節の花だ。

調べてみたら、尾瀬でも咲くのは5月末だとか。どうやら作詞した江間章子が幼少の頃に住んでいた岩手北西部の記憶だったらしい。

ちなみに生駒山の湿原のあるところは標高400メートルくらい。この辺りの4月の気候は、岩手の初夏ということか。

なお、リュウキンカも咲いていた。こちらも5月~7月の花とあるが、今が盛りです。

2_6

リュウキンカとミズバショウは同じ場所で群生するそうである。

 

 

 

 

2019/04/13

山の中のエンジン音の正体

生駒山系のむろいけ園地は、森林散策するのにもっとも愛用しているところ。しっかり森林だし、遊歩道が多岐にわたっているので、その日の気分でコースを選べるし、水辺もあって水音が心地よいし。

で、ちょっと奥に足を進めると、静かな森の中に鳥の声が響く……はずが、爆音が響いてきた。エンジン音だ。ちょいと気持ち悪い。

最初は公園関係者がチェンソーで何かを伐採しているのかと思ったが、音のなり方からバイクのエンジンだと想像する。園内でバイク? いや、まてよと、頭の中で周辺地図を広げる。まったく進入ルートは違うのだが、この近隣にモトクロスバイク場があったはずだ。そこの音が響くのだろうか。それにしても、響きすぎ。すぐ近くに聞こえる。

で、見当をつけて山の中を進む。この尾根の向こうじゃないか……と思って尾根に登るが、その向こうは深い谷だった……。

が、見つけたのである。

Dsc01544

谷の向こうの、もう一つ向こうの尾根。途中の森は荒れているが……。
あそこだ、と目をつけてカメラを望遠にシフトし、構えて持つ。

Dsc01541 見えた!

Dsc01542 ほら! 

Dsc01543 バイクにまたがっている。

直線距離にして数百mかなあ。がが、音はよく響く。山の中は意外なほど、音の伝達力がある。
それにしてもここから覗かれているとは思うまい(⌒ー⌒)。

 

2019/04/09

2019年タケノコ争奪戦

暖冬かと思えば寒い春になったり……今年のタケノコの出はどんなものか、タナカ山林に見に行った。

実は、昨秋の台風で林内は荒れている。ナラ枯れも含めて、枝や梢が折れたり、幹ごとへし折れた木が多くあり、見るも無残。が、おかげで侵入者は減ったから、タケノコ泥棒はあまり出ないと見込んでいるのだが……。

194-3

194-1

やられておりました……。しっかり掘られている。これはイノシシだろうか。その割には破片が落ちていないが(イノシシは皮など食べ残しを散らかすことが多い)。掘り方も、イノシシの鼻面ては掘りにくい地下茎の下を掘っている。とすると、人だろうか。。。

今年もタケノコは取れないかなあ。。。と思って昨年の4月欄をチェックしたら、イノシシに荒らされたことに嘆きながら、しっかりタケノコを彫っているではないか(笑)。

これからしばらくはタケノコ争奪戦である。

2019/03/22

春は遭難とともに

三寒四温。温かくなったり寒気がぶり返したり。
   
とはいえ、春だ。このところ、ほぼ毎日山を歩いている。一つは運動のため。もう一つはやはり森の観察のため。
ルートは日々変えているが、今回選んだのは生駒山系の北端部「ほしだ園地」である。とはいえ、正規の表ルートから行くのもシャク?なので、裏ルートからめざす。なんと霊園の奥から園地へ入る道があるのだ。 
  
ところが、そこで発見。
  
20190320_145536_1

 

 

侵入禁止って……。入りたくなるじゃないか(^^;)。
  
当然、この道を選ぶ。進み出すと、どうも方向違い。尾根沿いに進むが、なんだか火葬場にゴルフ場が見えてきた。
しかも道は荒れている。昨秋の台風の被害がそのままだ。
  
20190320_145622_1 20190320_150018_1
  
倒木だらけ。ま、これぐらいなら乗り越えられる。獣が通れるなら人も通れるという主義なんで、これぐらいは突破しなければならない。しかし、この道は今は使われているのか?
まずいのはいつまで進んでも園地と合流しないことだ。園地内も細い道がいっぱい走っているから、どこかで合流できると睨んでいたのだが……むしろ園地とは一線を画しているのかもしれない。
このまま進むと、まったく違う地域に行ってしまいそう。いや、すでに行ってしまっているのか。今はどこにいるのか。方向感覚が狂ってくる。こーゆーのを遭難というのだろうか? しかし、今来た道をもどるのはシャクだ。とりあえずススメススメ。

 

 

かなり進んだとき、谷側の奥になんとなく道らしきものが見えた。あれは園内の道ではないか? いや渓谷か。そこまで藪を突破して進むか? しかし、落差は10メートル以上ありそう。藪も濃い。渓谷だったら渡れるのか。
それは危険でしょう。崖を落ちたら大怪我、生命にもかかわる。無理はしない。安全第一。我が森歩きの鉄則である。

 

 

パスして、さらに進んだ。
  
できるかぎり脳内地図にしたがって、園地方向に進む。今度は、もっと近いところに道らしきものが見えた。落差5メートル。これならいいか(^^;)。
いざとなれば飛べばよい。安全は飛んでから考える。それぐらいでないと森歩きはできないよ。 
というわけで急斜面を突破して下りると、予想通りトレイルがあった。
道は細いがしっかりしている。これで遭難終わり。
  
しばらく進んで、出会ったのが、吊り橋であった。 
  
20190320_142250_1
  
星のブランコ」と名付けられた生駒山系最大の吊り橋……て、ほかに吊り橋があるのかどうかは知らない。ただ橋長280メートル、高さ50メートルと全国レベルでも長大な吊り橋である。
ともあれ、春は遭難して始まるのだ。

 

 

2019/02/03

謎の倒木

昨年の台風は多くの倒木を生み出した。とはいえ、もう半年以上。さすがに片づけはほとんど終わった……と言いたいところだが、生駒山中にはまだまだ残っている。

 
一応車も通れる道なんだけど、いまだにこんな状態なところもある。
 
1
 
この周辺にもかなり多くの倒木はあるが、これは道をまたいでいるのが特徴……というか、このままでいいのか? まあ、下を通り抜けられなくはない。ハイキングなら問題ない。バイクも通れるだろう。車は……通れなくもないか(笑)。
私は台風直後に通って、途中で道が崩れていたのでバックでものすごい距離を後戻りした経験がある(泣)。しかし、その時はこんな倒木はなかったから、その後に倒れたのだろう。台風・強風は幾度かあったし。 
 
が、まてよ。この写真をよく見てほしい。なんかヘン。
 
倒木の上に電線が通っているのだ。それも高さの違う2段に5、6本の電線がある。
 
これ、木が倒れる際にどうしたのだろう。電線を伐らずに倒れるなんてありえんだろう。S字カーブを描きながら、電線の間をくぐり抜けたのか? 
 
5
 
いくら眺めても、理解できない。この木が立っていたら絶対に電線に届く高さだったはず。倒れてから動いた形成もなし。まだ太い根っこは残っているし、電線に絡まずに倒れる方法はない。
ただ一つの可能性は、倒木を放置して切れた電線を後でつないだ場合かな。通電を優先して倒木処理を後回しにした。で、そのまま放置した(忘れた)……。
 
あり得ないことではないが、なんかヘン(笑)。
 
 

2019/02/01

浮島を発見

生駒山は、歩くと何か新しいものが見つかる。

今回は、山中にあるため池の中に、浮島を発見した。
 
Photo
 
わかるだろうか。池の中に枯れ草を繁らせた小さな島があることを。
 
これは浮島なのである。
 
なぜわかるかって?
 
だって説明板が立っていたから(笑)。多分、じっと見ていたら風などで動くところを見られるのだろう。
 
浮島とは、枯れた水草やミズゴケなどの遺骸が重なって浮いているもの。その上にまた別の植物が生えたりする。大きいものは樹木も生えるし、人が歩けるところもある。
 
ま、写真のものは極めて小さいけど、水底から離れているのだろう。
 
通じいうは水が冷たくて腐りにくい高層湿原などに誕生するものだけど、ここは「生駒山スゴイ!」と言っておこう。

2019/01/12

樹穴の正体は

生駒山を歩いて目についたスギの木。

 
1
 
うむむ。
 
2
 
中は、わりと深くて広がっているようにも見える。
 
これの正体はなんだろう?
 
キツツキか? こんなに縦に列をつくって5つも開けるだろうか。
しかも位置的には、地表から1,5メートルぐらいで、巣穴としては不適切だろう。
 
まさか人ではあるまいな。 
誰か、この分野に詳しい人はいないだろうか。
 

2018/12/22

枯れ木を食ったのは誰だ?

タナカ山林の話なのだが、皆伐した際に倒した太いコナラがある。 

 
それは時とともに朽ちていたのだが、先日見たら、ちょっとヘンな様子。
 
1812_3
 
どうも、自然に朽ちたのではなく、誰かがつつき回した印象。といっても人間ではないと思える。何か道具を使ったようには見えないから。伐ってから4年ぐらい経って初めての現象である。
 
となると……生駒山でそんな動物と言ったら、イノシシぐらいしかいないはずだ。普及した木を荒らす理由はなんだろうか。木そのものを食べるとは思えないので、腐った木質部に美味しい芋虫でも住んでいるのか? 
 
 
もう一つ、面白い造形。
 
1812_2
 
2種類の細い樹木の幹が重なっているところに別の蔓植物が巻きついたらしい。なんか強烈に締め上げて2本を束ねているうえ、蔓自体も幹に食い込んでいる。
 
伐り落としてやろうかと思ったが、なんだかカワイソウになって? そのままにした。でも、そのうち枯れるよなあ。
 

2018/12/19

シンボルツリーよ!

我がタナカ山林の半分を皆伐したのは、2014年の1月から3月にかけて。

 
ブッシュ状態だった山林だが、その中低木を伐採する際に、真ん中に幾本かの大木を残した。のっぺりした草原にしてしまうのではなく、シンボルツリー的な大木があれば見栄えもいいから、というつもりだった。もちろん、そこから種子(ドングリ)が落ちたら更新にも役立つかもしれないし。
 
樹種は、コナラとアベマキだと思う。
 
そのうちのアベマキにカシノナガキクイムシのものと思われるフラス(木屑)が出だしたのは翌年か。しかし葉はまだ生い茂っていたし、頑張って生き長らえたかな、とホッとした。
 
1512_4  15年12月。
 
1612_6  16年12月。
 
181_4  18年1月。
 
あれれ、急速に枯れてきた……。そして。
 
182  18年12月。
 
今年の台風で枝がみんな折れて落ちてしまったよ……。
ま、枯れているのだから仕方ないけどね。ただ、落ちた枝もかなり太いのが周りをなぎ倒している。とくにせっせと植えたアジサイを。
 
それを除く作業に従事する。ただチェンソーを使わなくなったので、手鋸で頑張る。太さ10センチ級の枝を短く切断して、移動させないといけない。枯れ木だから伐りやすくはあるのだが、やはり疲れますわ。
 
でも、冬の間に笹などを切り取り、伸びてきた若木のうち残す木と除く木の選別をしようと思う。……とそう考えている時に思いついた。なんで林業の下刈りは、熱い盛りの6月~8月にするんだろうね。冬の間にしたら楽なのに(笑)。
 
 
 

より以前の記事一覧

April 2019
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と林業と田舎