無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2022/12/25

山中の廃屋に住みたい?

久しぶりに生駒山を歩く。全然、時間が取れないと言いつつ、ま、何かを放置したら空き時間ができる(^^;)。

私は、できるだけマイナールートを探して歩くのだが、その廃道寸前の道を進んでいると出くわしたもの。

2_20221225172401

廃屋なんだが、その大きさが気になる。おそらく4畳半といったところだ。地盤がえぐれて完全に傾き崩れかけている。中を覗くと、内装もはがれて崩れかけているが、多少の家具が残され、一応は以前人が住んだ形跡がある。今は道も崩れかけているが、建築時は車も入れる道だったんだろうな。

生駒山には、こんな小さな廃屋が各所にある。ミニ開発?別荘づくりが流行った時代があったらしい。リゾート列島とか言われたバブルの頃かな。もちろん、開発も建築も違法だろうが。。。こんな小さな部屋一つの別荘でどうするのか。キッチンもなさそうだ。水はどうしていたのだろう。もちろんトイレもない(別棟にあったが、壊れたのかもしれない)。

悲惨な乱開発の痕、と言えるだろう。

ただ、私自身はこんな別荘がほしいな、と思わぬでもない。思い切り小さな、カプセルホテル的なこもり小屋。かの蝦夷地探検家の松浦武四郎は、晩年「一畳敷」書斎をつくった。一畳の広さしかない書斎で、そこで読み書きしつつ寝ることもできる庵なのである。しかもその材料は、各地の文化財の寺社の端材をもらってつくったのだが……。

1_20221225215301

これが一畳敷(レプリカ)。本物は国際基督教大学構内にあるそう。

私も、そこまで狭くなくてよいから、狭い小屋別荘がほしい。電気は引きたいが、水もガスもいらない。たまに、こんな山の奥にこもると楽しくはないか。あるいはお客さんが来たら、自宅よりこっちに招きたい。隠遁気分が味わえるのではないか。

実は、山林を買わないかという声がかかっている。そこも元別荘地なのだが、ほぼ山林にもどってしまったところだ。別荘地として売り出したが、誰も手を出さなかった模様。そこに、こんな小屋を建てるのもよいかもしれない。

 

2022/12/21

メガソーラー記者会見

本日は、奈良県庁で平群町メガソーラー問題の記者会見が行われた。

7_20221221162001

内容的には、私が先日の県担当者の面談状況で伝えたものを簡潔に紹介したもの。

『絶望の奈良県庁』は書けるか

・申請書類が全部そろっていないのに受理したこと。
・そろっていない書類の中に重要な「河川協議」があって、内容に「計算ミス」(虚偽?)が見つかったこと。
・住民説明会が正常な形で開かれていないこと。
・森林審議会が開かれて通れば、もう認可されてしまうこと。

ちょっと数字などが並んで、しかも砂防工学なども関わる話になるので、最初のうちは記者の頭の上に???が飛び交っている様子だったのだが、次第に整理されて問題点がつかめてきたようだ。おそらく、何カ所か奈良、もしくは関西版のニュースになるだろう(とは期待する)。

果たして、どれほどのマスコミが報道してくれるかが重要なわけだが、実は会見中の昼のニュースの時間に、毎日放送が次のようなニュースが流れた。これは、事前取材によるものだが、今回指摘の問題点の一つでもある。計算ミスといっても、限りなく偽装に近い。実は、ほかにもデカい「計算ミス」が見つかっているのだが、そちらは今回までに間に合わず、改めて公表することになるのだろう。

住民1000人提訴のメガソーラーで『町が計算ミス』豪雨の場合に川氾濫3か所→21か所 

おそらく、今後いくつかの局と新聞が記事にしてくれるだろう。また会見をした住民とは別の住民らから、知事に手紙が届けられたそうだ。

さあて。年の瀬も押し迫ってきた。

来年はどうなる? どうする?

 

 

2022/12/17

『絶望の奈良県庁』は書けるか

Twitterで奈良県メガソーラー問題について連投しました。まとめ。なお字数制限などで書けなかった部分をプラス蛇足も。

-------------------------

奈良県平群町のメガソーラー問題。住民と県の面談が行われると聞いたので、私は「見学」に行ってきた。部外者の私は「参加」ではなく、あくまでオブザーバー的に聞くだけである。その時点では、取材とも言えない、両者の雰囲気を知っておこうという気持ちだった。話し合いは2~3時間ぐらいかな。終わればどこに飲みに行くかな、という呑気な気分だった。だが、まさか。結果的に昼の2時から深夜12時超えまで。10時間以上も続き、仰天の風景を目にすることになる。

県側の出席者は、水循環・森林・景観環境部次長と、森と人の共生推進課の森林保全係。なぜ長引いたのか。とにかく県側が塩対応だったことに尽きる。だいたい問いかけに対して無言なのだ。文書も出さない。それでは意見交換にさえならないではないか。疑問に対してだけでなく、矛盾や明らかな法令違反の指摘に対しても無言。そして今までどおり進めるの一辺倒。これでは打ち切れない。

そもそもメガソーラー建設は、1年半前に計画に不備があったとして知事が工事を差し止めた。

奈良県が止めたメガソーラー計画の現場から見えてきたもの

それが今年9月に、急に再開のための計画変更申請が出された。おかしい。何も改善されていないのに……という内容の問題もさることながら、最大の仰天は、業者の申請書類がまともにそろっていないこと。それでも受理した? 審議を進めている? 書類一式が揃わなければ受理しないのはイロハのイ。これで、お役所の仕事か?

とくに仰天の中でも問題なのは、必要な排水に関する「河川協議」の書類がないこと。河川管理者(県や平群町)と業者は、事前に協議して林地から流れだす水の量などを点検する。その内容を知りたいと市民団体側が情報開示請求をすると、10月時点まで存在しないことがわかる。その点を問いただすと「今はある」という。では、いつ添付されたのか。ところが日付を教えない。だいたい9月時点ではなかったのに、なぜ受理したのか。もはやこの時点で県は違反していることになる。書類がないのに1カ月間審査していたのか。そもそも本当に協議は行われたのか。

また工事で分水嶺を変更することも林地開発では違反行為。ところが6haの林地の地形改変で、そこに降る水の流下方向を変えている。これ、かなりヤバい。分水嶺は変えてはならないのは国の指針でも基本だ。川の下流の流量が変化してしまうからである。それは水利権にも関わる。だが、地元農家などの水利権者の了解も取り付けていないようだ。歴史的に水利権は、簡単に動かせるものではない。

さらにびっくりなのは、平群町に出された河川の流速の計算式(3年確率降雨)が間違っていた。集水域の面積はヘクタールなのに平方キロメートルで計算していたのだ。計算をやり直した結果、8割の地点で流速がオーバーしNGとなる。秒速6~8メートルで流れる地点もある。これは土石流の速度を上回る。河川は住宅地の中も流れるのだから、水害が危惧されるが、その点を指摘しても県側は無言。

住民説明会も開いていない。説明会開催は審査条件でもある。だが県は、業者側の開いた(住民のほとんどに告知せず?)という主張を鵜呑みにしている。また業者側に出した質問に対する回答も出ていない。ほかにも細かな問題点は山ほどあるが、県担当者はとにかく塩対応と無言を貫き通す。知事の意見を聞いてくれという最後のお願いも拒否。

私は、いったん工事を止めた知事が心変わりして推進しているのかと疑っていたが、どうも知事には伝えずに動いているように感じた。知事は記者会見で、住民説明会は県が主導して開かせると発言していた。ところが、県は業者に働きかけていないのだ。つまり知事の指示も無視しているわけだ。ちなみに林地開発の手続き的には、23日開催の森林審議会が過ぎれば事実上の審査は終わる。では審議会で開発を認められないと委員が言えば止まるかと言えば、そんな権限はないという。通過儀礼なのだ。びっくり。

びっくりしすぎて、気軽な「見学」気分が吹っ飛んだ。もともと私は県はメガソーラー開発に消極的で、業者が申請してきたから仕方なく受けているのかと思っていた。だが、今回の「見学」では、県側担当者には何がなんでも通すという意志を感じ取れた。よほどの政治的利権的な圧力?がかかっているのか。しかし、説明できない点については無言を貫き、それ以外では他人事発言が相次いだ。

とくに耳に残るのは課員の「~じゃないですかぁ~」だ。(業者ができるというんだから)「それでいいんじゃないですかぁ~」。(書類がそろっていなくても)「最後に揃えばいいんじゃないですかぁ~」(水害の恐れも)「調整池つくればいいんじゃないですかぁ~」とへらへら笑いながらいう。自分がこの部署に就く前の交渉経緯は「私は知らない」。次長も、自分が申請書類を受け取ったんじゃないから「(書類が足りないのは)知らなかった」。当事者意識が全然ない。では誰が受け取ったのかと聞いたら無言。

私はというと、ひたすら聞くだけで、10時間座っているのも辛かった。まあ、口を開いたら爆発しかねないけど(笑)。いや、実はつい口を開いてしまったところがある。最後に「住民説明会を開いてくれと住民が言っていることを知事に伝えてくれ」といった時も無言が続いたので、「なんなら私が伝えましょうか」と言ってしまったのだ。部外者の私にそんなことされたら面目丸つぶれだから、それは困る、私から伝える……と返事しないかなと思ったのだ。それで終わらせようよ(だって10時間だよ!)という心理もあったのだが、やはり無言だった。私の方は無言でいることに疲れていたのだが、次長は無言でも疲れないらしい。結果的に「明日、上司(部長)と相談します」だったが、翌朝、速攻で知事には伝えないと連絡してきたそうだ。


私は、県と住民の話し合いとは、カンカンガクガクの議論をするか、意外と和やかな雰囲気なのか……と想像しつつの「見学」だったが、まったく違った。役人はとにかく言質を取られないことが最大の対応で、形だけの手続きを進めるのが結論なのだ。だから証拠の残る文書による見解は出さない。業者への指導も口頭で文書にしないという。公務における文書主義の真っ向からの否定だろう。また林野庁や環境省などの見解も示された(住民代表は、わざわざ霞が関まで行って、平群町案件に対する見解を聞き取ってきたそうである。)が、無視する覚悟のようだ。中央官庁もなめられている。すごいね、知事も国の見解も無視して進める事業。

ちなみに森と人の共生推進課は、私にとってもっとも関係の深い県の部署である。森林の新条例(新たな森林環境管理制度)づくりの際に私は委員として関わったから、課員には知り合いも多いし、飲み歩いたこともある。そして奈良県の森林のより良き未来を語り合ったのである。意見が違っても、最終的な結論が私の考え方と違うようになっても、それはそれ。納得してきた。

だが、今回の件は、内容以前の県の対応の問題、姿勢の問題だ。私も戦闘モードに入るよ。

思いついた。次回の私の著作のタイトルは『絶望の奈良県庁』だ!

21_20221217164501

道路から見た建設予定地

 

 

2022/12/16

勝手に道づくり?

最近気になるのは、裏山に勝手に新道が作られていることだ。

もともと生駒山はハイキング道の多い山ではある。いや、正確にはハイキング用ではなく、奈良時代からの古道だったりもするのだが、廃道一歩手前の道も含めて、森の中にうっすら残る未知の痕跡がたくさんある。しかし、最近になって勝手に切り開いて道をつくる輩がいる。

20221216-135143 20221216-135406 20221216-135702 

このとおり、派手な看板を設置して、手製の地図にはいろいろルートをつくって岩などに命名している。そして樹木にもペンキで印をつけて……というか、落書きをするのだ。

繁みを切り開いて道をつくるのも、正確には違法行為だが、私も道なき山を進むのは好きである。ただ、その場合は、いかに痕跡を残さないかと意識している。むしろ、道を作らないように進む。入り口に選ぶのには獣道が多いが、イノシシの歩いた痕を追跡する気分で、誰も来たことのない場所を見たいのだから。

しかし、この手の道は多くの人に通ってください、と案内している気らしい。自分が作った道に多くの人を呼び込みたいようだ。それは、下手すると環境破壊だし、もしその勝手なルートを通って迷ったり、あげくに転落などで怪我したらどうするのか。責任問題も発生しかねない。子どもも入るかもしれない。

そもそも山には、どこにも所有者がいる。その了解抜きで木を伐ったり看板設置は犯罪だ。それとも道を作った山は全部自分の土地なのだろうか。

まあ、こんなことで自己満足している人に言っても通じないだろうなあ。

2022/12/10

シュール?人のいない遊園地

こんなに青空なのに。週末土曜日なのに。しかも暖かめの気温で、まだ年末までには少し余裕がある……そんな日なのに、人気のない遊園地。

20221210_161014 20221210_143142

20221210_143248

遊具は止まっているのだけど、きらきら光っている。整備完了、いつでも動けるよ、というように。なんとなくシュールな景色であった。

これこそ生駒山山上遊園地。営業していないのだ。冬は休園するのである。

このところ生駒山とご無沙汰していた。理由はいろいろあるのだが、まあ、その、トレッキングシューズが壊れたとか、暑い日が続くとか、仕事で忙しいとか、怠け者になったとか……。これではイカンと、まさに久しぶりに生駒山登山を敢行。冬の間に体を鍛えなおそう。

たどりついた山上には、こんなシュールな世界であった。夏には、よく登ってはこの遊園地で氷かアイスを食べてまた下りるのが恒例だったが。今回は、ノンストップで登ってほぼ立ち止まることさえなく下りる。

かつては冬は雪が積もり凍りつく季節だから、アイススケート場がオープンしていたのだが、もはや氷が張ることもないだろう。暖冬が続いたら、冬も営業できるんじゃないか、とか思ってしまう。そうしたら登ってお汁粉食べて帰るパターンになるだろう。

 

久しぶりだから体をならすつもりの手ぶらである。今後は少しずつ重りを背負って登り下りをしよう。

 

2022/10/21

家の前のスギその後

20221021_212106

我が家の家ノ前のスギ。ここまで育った。

どうする?いつ伐る?

とりあえず、伐りたくない。どこまで伸ばすかねえ。

 

2022/09/08

我が山林に支障木伐採

以前より連絡がありつつ、延期が続いていた関西電力の支障木伐採。我が山林にようやく来た。天候やら緊急事態やら何やら延期を繰り返していたのだが、とうとうやってきて、私も立ち会った。

以前より電線に絡んで危険を感じている木がいくつもあったので、一掃を期待していたのだが……。

20220907-133607

写真は、電線の上に大きな枝が伸びている。かなり太くて重そうなので、そのうち台風の風などで折れて電線を直撃するのでは……と心配していたのだが、伐れないのである。伐るには大事すぎて、時間も労力もないとのこと。伐るのは、現に電線に絡んでいる小枝だけ。せめて太い枝先を落として軽くできないのかというが、それも無理。基本、木を伐るのではなく枝払いなのであった。

しかし、もっと心配しているところがある。

20220908-132101

太いコナラが枯れている。そして電線にのしかかろうとしているのだが……伐れないのである。今回の作業区域から10mほど外れているから。
さらに、その奥は、こんな感じ。

20220908-132120

深いジャングルに吸い込まれるように伸びる電線……というわけではないが、枝と枝の間に伸びている状況で、極めて危険。が、こちらも作業区域から外れている。

立ち会ったものの、何の希望も通らないのであった。

ちなみに隣の土地の持ち主は立ち会ったのだが、その横の土地は共有地となり、誰も立ち会わない。そして道沿い以外は伐るな、とのこと。そこも深く樹冠の中を電線が伸びる。

ほかにも条件はいろいろあり、たとえば電線の支線、引き込み線に絡んだ木も手を付けない。将来伸びて厄介になるとわかっていても、伐れるのは現在電線にかかっている枝や蔓だけ、というのだ。これには、法的な権限の点と、労力の点があるそうだ。いくら危なくても、契約した以外は伐れないし、どんどん拡張して仕事を増やすこともできない、というわけだ。……なんか目先の処理だけという点は、林業に似ているのであった。

なかなか望みどおりにはならない。知らんゾ、次の台風で断線しても(-_-;)。

 

2022/08/24

玄関先の風景・スギとシンテッポウユリ

玄関先にスギが芽吹いたことは、たまに紹介しているが、この夏、ひときわ大きくなりだした。

1_20220824212601

冬の間は高さ3センチぐらいで赤茶けて枯れたみたいだったのにね。。。

Photo_20220824212901冬の頃

そのうち階段の段差を越えそうで、怖い。

またシンテッポウユリ(新鉄砲百合)が生えていることは以前も紹介したが、今年はかなり数が増えている。花はいかにもユリっぽくてよいのだが、おそるべき繁殖力を持っている。街路樹にも見かけだしたし、山の中でも生えている。

Photo_20220824213101

これは外来種というより、テッポウユリと台湾のタカサゴユリの雑種で園芸種というべきだが、親の遺伝子より繁殖力を強めた感じ。種子がお得手どんどん飛散するのだ。

環境省の「生態系被害防止外来種リスト」「その他の総合対策外来種」に指定されている。このまま増えるとヤバいな。でも、花はそこそこきれいだし、秋になるとユリネが採れる。自然界だけでなく、街の中でも時間とともに変化するものだ。

自宅の玄関先を観察するだけで、いろいろ自然界の動きがわかる、とはいうものの、なんだかなあ。

 

2022/08/20

実験・素人間伐の末路?

我がタナカ山林は、2014年に一度、半分皆伐している。雑木林の木々を全部伐ってすっきりさせたのだ。

実はそれだけではない。その際に残り半分のうちのさらに半分を間伐した。ただし、太い高い木を残し、下層のブッシュとなっていた灌木だけを伐採したのである。

なぜ、こんなことをしたのか。まあ、単純に比較してみようと思ったのさ(^o^)。

一般に雑木林を放置しておくと、ブッシュになって徐々に多様性が失われていく。見た目も悪い。そこで間伐をしてきれいにしようと考える。しかし林業のような経済林ではないから、あまりプロを雇えない。そこで森林ボランティアなどが活躍する。
そこまではいいのだが……森林ボランティアは、たいてい太い木を残して細い木や草ばかりを伐る。太い木は見映えがよいので残して、その間をすっきりしたら見通しもよくなり景観は改善される……と思うからだ。実際、太い木を伐るのは素人には無理だし。

だが、そうした間伐をすると、その当初は見通しがよくなったと喜ぶが、実は次世代の稚樹を伐ってしまい、高齢樹だけを残すわけで、森の少子高齢化を進めてしまう。しかも林冠は開かれず光が入ってこないから、新たな木々も育ちにくい。もし雑木林を若がらせ、明るい森にしたければ、いったん皆伐をした方がよいとされている。

というわけで、私は実験してみたのだ。半分を皆伐した。それはプロとセミプロにお願いした。たしか本ブログでも成り行きを逐一紹介したはず。そちらの変化も折に触れて紹介したが、実はその際に残りの森にも手を付けたのだ。

つまり、半分の半分をそのまま残して放置し、残りの半分の半分を下層間伐だけをした。こちらは私一人で行う。それでもその時はわりと光が差し込んだ。

22-2

これは2016年撮影。林内から道路方面を映している。2年近く経っているが、下層にはほとんど草木が育っていない。案の定、間伐だけでは光量が足りないのだなあ。

22-3_20220820171401

こちらは2017年。道路から森を撮影。林床には萌芽が伸びているだけで、やはりあまり植生は回復していない。思っていた以上に、育たないものである。

22-1_20220820171301

そこで、これは昨日。2022年だ。おおお、かなり下層に育ちだしたか。もうすぐ中層になるかも。伐採から8年、上記の写真から5年でここまで変わるか。素人の下層間伐だけでも、時間をかければ植生は回復するわけだ。

ところで手を付けなかった部分、つまり半分の半分はどうなっているか。それが意外な状況である。なぜなら台風で、随分多くの木が倒れたからだ。グチャグチャになってしまって、片づけるのも諦めてしまった。だって倒木・かかり木は怖いからね。放置すると、それらの木もそのうち次の大風で揺すられて地面に倒れたり、腐ったりして、徐々に片づきだした。またナラ枯れも進んだ。伐れないと放置した木が枯れて倒れる。そしてわりと明るい森になったのである。

面白い結果である。想像どおりにはならないものだ。皆伐したところは、ササが入ったうえに早生樹が茂り、ボサボサの森になってしまったが、また私が手を入れている。間伐もするし、アジサイやセンダンを植えたりもする。

実験?はまだ続く。今後森はどうなるか観察を続けよう。

 

 

2022/07/23

玄関先のスギその後

これまで何回か紹介した、我が家の玄関先に生えてきたスギ。一時は枯れたかと思わせながら、すくすくと成長しております。

玄関先のスギ

現在は、こんな様子。

20220723_141610

枝か、葉が分岐したのか。幅広くなってきた。背丈も伸びている。もうすぐ階段の1段分を超えてしまう。そうなると足の運びが悪くなるので困る。伐るか?いや……。

ほかの草はさっさと引き抜くか切るか、除草剤で枯らしているのに、これだけ残していたら引き抜きにくくなったよ。

 

 

より以前の記事一覧

January 2023
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と筆者の関連リンク先