無料ブログはココログ

本の紹介

ナラシカ・動物・獣害

2018/10/11

ナラシカ急増の謎

先日、奈良のシカの角きり行事を観覧してきた。

行われたのは奈良の鹿愛護会の鹿苑という角きりのためのような場所なのだが……思った以上に勇壮で、観客向けにブラッシュアップされていて面白かった。

江戸時代などは、こうした施設ではなく、街角でやっていたという。お金持ちは、自分の家の前でやってもらうためにお金をばらまいたとかいうが(そして桟敷席を設けて、縁者と見学して楽しんだ)、気持ちがわかるような気がした。 現代でも町中でもやってほしい(^o^)。
 
Dscn6436  
 
オスジカを3頭離して、走らせてから角に縄をかけて押さえ込むのである。 
 
Dscn6451
 
ちゃんとシカを寝かせる場所には、ゴザを敷いて、枕まで用意している。そしてノコギリで切るわけだが……。
 
実は、気になったことがある。この角きり行事ではない。解説の中で、今年のナラシカ頭数調査では、奈良公園のシカは総数1360頭だったというのだ。メスが767頭、オスが355頭。性別不明の子シカは、238頭。(今年7月16日現在)
 
これは公園内だけで、山の中、原始林の中、あるいは調査中は繁華街に出歩いていたシカはカウントされていないわけだが、例年と比べるとかなり多い。
 
Photo
 
昨年が1226頭なのだから100頭以上も増えたことになる。とくにオスが増えている。
 
問題は、この理由だ。単に昨年は森に隠れていたシカが公園に出てきてカウントされた、というのならよいが、ちょっと怪しい。かといって自然増もおかしい。
 
となると、外部から入ってきた可能性があるのだ。オスジカならテリトリーを離れて放浪するからあり得る。
 
奈良公園に行ったら、銃に撃たれないよ、鹿せんべいをもらえるよ、という甘言に引っかかったシカがいるのかどうか。
おそらく、周辺地域の山でもシカが増えすぎて、密度を増したから押し出されるように奈良公園に入ってきたのではないか。いわば都会に出てきた田舎シカ。最初こそおどおどしていたが、先輩たちを見習って、お辞儀したり愛想を振る舞うと鹿せんべいもらえることを知って居ついたのかもしれない。人を恐れなくてよいことも学習したのかも。
 
だが、甘い。奈良公園はそんなにシカの天国ではないのだ。何よりも食料不足。これまでも限界だったのに、100頭も増えたら飢餓が起きる可能性だってある。交通事故も多発するかもしれない。
 
若草山のススキがほとんどなくなった件も含めて、異常事態になっている可能性を想定すべきだろう。
 
 

2018/10/07

若草山のススキ危機

若草山に登ってきた。若草山はこの季節、ススキに覆われるはずなのに、すっかり減ってしまったと聞いたから(ツイッター情報)からである。

 
ま、ちょうど「鹿の角きり」もやっているので、こちらも見ようかと(^_^) 。
実は、角きりをちゃんと見学したことがない。観光イベントぽくて、あまり興味を感じなかったからだ。ただ昨年は「ナラシカ本」(『鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵』)を執筆しようと思っていたので、これは見ておかねば、と思っていたのだが、この時期にノルウェーに行くことになって無理となった。遅ればせながら、今年は見ておこうかと。 
 
いや、なかなかよかったよ。まず儀式があって、その後は実況解説付き(^_^) 。迫力もある。
 
とまあ、角きりの話はまたの機会にして、今はススキなのである。 
 
 
若草山にお金を払って登るのも何十年ぶりか。子供の頃以降はしていない気がする。
それでも登りましたよ。
 
若草山を簡単に説明すると、春日山原始林の隣にあって山焼きをするので樹木はなく芝生に覆われている。標高342メートル。一番下が芝生状態(と言っても急斜面)で、ここが観光客がもっとも多いところ。その上にフェンスに囲まれた一角があって、その上が2段目。さらに谷などもあって、山頂部分が3段目となる。3つの尾根があるので三笠山というのが正式名称だ。
 
38   
 
1段目の芝生からフェンス方向。
 
さて、芝生とともにススキが全山を覆っていて、山焼きの後はそれが生長してシカの餌にもなる……はずなのだが、ないのである。
 
10
 
これは2段目から山頂方向を見たところ。ほとんどススキは目につかない。もっとも足元にはわずかに生えている。ただ……
 
13
 
やはりシカに食われたようだ。
 
29
 
こちらは1段目のフェンスの中。かろうじてススキが繁っている。これでも、以前より減ったということだが。実はナンキンハゼも想像以上に繁茂していた。ススキに置き換わったみたい。ナンキンハゼは、今のところ背の低いブッシュ程度だが、実体は高樹だから、これが生長しだしたらヤバいね。山焼きにも負けないようだし。
 
33
 
このフェンスも隙間から侵入されるみたいで、幾重にも補強されている。1頭でも中に入ると、かなりの面積を食い荒らしてしまうだろう。 
 
正確な原因はわからないが、やはりススキが減ったのはシカの食害ではなかろうか。そういや森の中で落ち葉を食っているナラシカも見かけた。飢えているのか。
 
2段目もフェンスを設置してススキの回復を図らねばならないかもしれないが、そうするとシカの餌場が失われる。ならば1段目フェンスを開放して年ごとに切り換えて行くか。
ナンキンハゼ対策も必要だろうし、なかなか難問である。
 
世界遺産の一部(バッファーゾーン)でもあるので、よりやっかいだ。 

2018/10/03

豚コレラでイノシシにもパンデミック?

岐阜県で見つかった野生イノシシから豚コレラの菌が次々と確認された。
 
遺伝子検査の結果、いずれも豚コレラに感染していたと発表した。どうやら10キロ圏内の養豚場で発生した豚コレラに感染したらしい。感染を確認したイノシシは、2日に見つかったもので計11頭になっている。
日本で豚コレラが発生するのは26年ぶりだという。 
 
豚コレラに感染したブタやイノシシは、数日で死ぬ。人間に感染して発病することはないが、感染力は非常に強く、人間が感染した豚肉を食った場合、その排泄物を食ったブタが感染するほどだという。口蹄疫と並ぶ畜産の敵だろう。
 
なお、日本の豚コレラとは菌の違うアフリカ豚コレラも広がっている。1921年にケニヤで発見され、アフリカ以南で流行を繰り返す、いわば風土病だった。
 
そんな豚コレラが、今年になって世界中で大流行している。とうとうアフリカを出て、ヨーロッパ、そして中国で拡大しているという。……中国ではすでに8万頭のブタを処分した。と、これは畜産業界の大問題なのだが。
 
豚コレラは、一般にブタの病気と思われているが、野生のイノシシにも移るわけだ。となると、野生動物にどんなインパクトを与えるだろうか。
国際獣疫事務局に報告された豚や野生のイノシシの感染は世界で36万1000頭を超え、2018年だけで11万9000頭が死んだという。
 
 
おそらく人間が運んだのだろう。ブタ界にパンデミック(疫病の爆発的流行)が起こらなければよいが。これまで病原菌がいなかった世界に出たとなると、いわば外来種のように広がる可能性がある。
日本で発生したのはアフリカ豚コレラと違うとはいうものの、養豚業界にとって極めて深刻な状況だ。
 
……ここで不遜なことを考えないだろうか。ブタだけでなく野生イノシシにも広がると、イノシシが激減するかもしれない。獣害対策的には僥倖になるかもしれない、と。
 
もちろん、養豚には厳しくなるだろう。一切、外部と接触させない方式にしなければならなくなる。コストが増し、廃業する人も出るだろうし、豚肉が高額になるかもしれない。食えなくなる可能性だってなくはない。
そして、猪肉はもっと食えなくなるかもしれない。養豚のように隔離できず、どこまで感染するやら。
 
一方でイノシシが減少すれば、田畑などの被害が減るかもしれない。シカ害はまだ残るが。こんなことを想像するのは、やはり危険思想だろうか。
 
これが、自然界でまま起きる普通の豚コレラの流行に終わるのか、人為がもたらした豚猪界のパンデミックになるのか。野生のイノシシは密集していないから感染が一気に広がる心配は薄いと思うが、菌が山野に残れば、どうなることやら。
 

2018/10/01

「狩猟のいろは」で「浅き夢で酔えず」

先週末、奈良で「狩猟のいろは」というイベントが奈良女子大学で開かれた。

 
奈良県の主催だが、奈良女で開かれたことからもわかるとおり、学生も含めた狩猟への勧誘なのである。狩猟免許取得相談会も開かれる。実際、徳島大学や三重大学の学生サークルらも参加している。奈良女子大にもハンティングサークルがあるそうだ。
 
そこに私も少しだけ顔を出してきた。残念ながら時間の関係で最後まではいられなかったのだが……。
会場ではハンターの講演や罠、銃の展示、そしてジビエ試食もできるようになっている。私は、ここで昼食を済ませようという魂胆もあった(^_^) 。
 
 
7  2
 
関心を示す女性も来訪していた。ジビエ料理は猪肉と鹿肉の両方。
 
3   5
 
くくり罠の展示。左が「非法定猟具」であり、本来使うのは右の方。
 
どこが違うか。ようは締めつけるワイヤーにストッパーがあるかないか、なのだ。なければ罠に足をはさまれた獲物は大暴れして、逆にワイヤーがより締めつけることになり、足を引きちぎることにもなりかねない。獲物が足を引きちぎって逃げ出せば手負いにする問題もあるが、何よりアニマルウェルフェア(動物福祉)の思想からのようだ。たとえ最終的に殺すにしろ、残酷にしないためである。 
 
なおハンターの講演では、ハンターへの参入を促すはずが、甘くないことを示す面もあった。何のために狩猟をするのか。この動機をしっかり自覚しないと厳しいだろうな、と思わせる。
 
県が催したのは、おそらく獣害対策の一環なのだろう。奈良県では、農務と林務の対策担当が寄って「鳥獣対策係」を作っている。だから展示している罠や銃も、森林整備課のラベルが張っていた。
 
ただ、ハンターを増やしたら有害駆除が進むというほど簡単でもない。ジビエを普及させたら駆除がやりやすくなるわけでもない。
「奈良のシカ」のお膝元であるだけに、理論武装をしっかりしておかないと、迷いが生じるんじゃないか。
 
狩猟の「いろは」を伝えるイベントのはずだったが、私は「あさきゆめみし ゑひもせすん」(浅き夢見じ 酔ひもせず)まで考えてしまったのであった。。。

2018/09/14

奈良公園の糞対策

奈良公園に行った。正確には、別件で奈良に行った後に、少し奈良公園を歩いた、というべきだろうか。

 
残念ながら、雨がポツポツと落ちてくるので長居はしなかったのだが、相変わらず外国人が多い。もっとも、これでも関空の水没事故で減ったようなのだが……。
 
外国人・日本人を問わず観光客ぽいのは、奈良公園周辺の裏路地にもいっぱいいた。驚くのは、そんな路地にもお店がいろいろとできていることだ。カフェやグッズの店。意外な高級料理店。なかには和服レンタルの店まで……。いずれも、俄か仕立てのわりにはオシャレ。和の素地に洋風も取り入れて、ステキに見える。私もカメラを手におのぼりさん的観光客ぽく振る舞ってしまった。なんか、奈良も国際観光都市になったじゃないか、と思わせる。いままではお店どころか人影も少なかったのに。
 
それはともかく、奈良公園で探したのは、まずナラシカなのだが、もう一つは台風の被害跡である。台風21号は風害を各地に広げたが、奈良公園でも相当な倒木を出しているはず。それを確認してみたかったのだが……さすが国際観光都市! ほとんど片づけられたようだ。 
 
Dscn6202_2  倒れたのは、どうやらヒマラヤスギのよう。
 
ようやく見つけたv(^0^)って、喜んではイカンが。これは東大寺の「鉄道殉職者供養塔」の横。鉄オタではないが、こんな供養塔が、東大寺の敷地内にあることにも驚いたが。
 
Dscn6200_2  立派な供養塔。
 
 
ところで、奈良公園といえば、ナラシカだが、その糞は1日で何トンにもなるという。それをいかに片づけているか、というのはわりと話題になるのだが、公式の答えは、フンコロガシ(甲虫)が食べてくれる、である。
 
だが、それはちょっと嘘っぽい。全部それで片づけられるわけないのだ。冬は虫も出てこないし。
結局、芝生では人が掃いて清めたりもするのだが、最近は観光客から「臭い」という苦情も来るそうだ。シカの糞が臭いなんて、どんな鼻をしているのか、と思うのだが、その対策もせざるを得なくなったらしい。国際観光都市だから。 
 
で、こんなものが設置されていた。 
 
Dscn6207_2
 
この看板のそばでは、人工香料の噴霧が行われている。……これで臭いが抑えられるとは思えないのだが。。。
 
ま、私は、むしろこの木の看板に興味を持ったのだけどね。図案が凝っている。板をレーザーで削り加工したもののよう。しかし、こんなことで凝らなくても。。。

2018/07/23

学術会議と第二種特定鳥獣管理計画

日本学術会議が、「人口縮小社会における野生鳥獣管理のあり方の検討に関する審議について」(依頼) という文書を出している。山際会長からの依頼だが、いわば学術会議をげて研究せよ、という方針決定だろうか。

 
ようするに、増えすぎた野生鳥獣(とくにシカとイノシシを挙げている)の対策を各学界で考えてくれというわけだろう。
 
その背景には、「生物多様性国家戦略2012~2020」に示された「第2の危機」(自然に対する働きかけの縮小による危機)がある。
 
 
増えすぎた野生鳥獣のことを環境省的には「第二種特定鳥獣」という。第1種特定鳥獣が、生息数が著しく減少して生息域も縮小している、いわゆる絶滅危惧種を指すのだが、その反対に増えすぎて人間社会に悪影響を及ぼしたり生態系をゆがめる存在としての「第二種」がある。
 
実は、奈良のシカは、この第二種に当たるのだよ……。
 
 
この手の施策は、環境省と農水省が立てているが、そのバックボーンとなる研究が十分に行われているかどうかは怪しい。それぞれ研究機関を抱えているのだが……。学術会議はその後押しをしようというのだろうか。
ちなみに日本学術会議とは、総理大臣の所轄なのだが、政府から独立して職務を行う特別の機関、と位置づけられている科学者の代表団体だ。
 
 
しかし政府の目標は、5年後にイノシシとシカの生息数を半減させることだと。本気か。雄大な目標だ(笑)。ちなみにシカの生息数は、現在300万頭を優に超えている。
 
林野庁は、2025年までに木材自給率を50%にするという目標を掲げている。なんだか似ている(笑)。
 
どちらも科学的・社会学的な検討が欠かせないし、専門人材の育成が重要だろう。かたや鳥獣生態の専門家(捕獲の専門家、ではない)。かたや森林経営の専門家(伐採の専門家、ではない)。
どちらも各分野の学界の研究の後押しが欠かせないはずだ。果たして政府に聞く耳を持っているかどうか知らないが。
 
006
 
今年、奈良公園で生まれた?“第二種特定鳥獣”もたくさんいる。

2018/06/23

シカの首に鈴(GPS)

『鹿と日本人 野生との共生共生1000年の知恵』 の見本ができた。発行予定日より2週間前という、ちょっと早いスタート。

 
改めて紹介というか公表したいのだが、とりあえずほっ。
 
Photo
 
そんなところに「シカの首に鈴、ならぬGPSを自動装着する」計画があるそうだ。静岡県である。
 
2_3
 
獣害、シカ害が叫ばれているが、肝心のシカの生態を知らないと駆除も防御もできないよ、というしごく真っ当な声どおり行動を調査する必要があるのだが、そのために首にGPSを付けようというのだが、実は付けるのは大変。
一度生け捕りしなければならないからだ。そして暴れないよう麻酔をして、眠らせてから装着しなければならない。死なせたら、意味がない。
 
7
 
ちなみに写真は、GPSを装着した奈良の.シカ。奈良のシカだったら装着は比較的簡単。麻酔をかける必要もないだろう。近づいて頭をなでることもできる。鹿せんべいでも喰わせつつ手早く、装着するのは可能だ。(写真のGPSは少し大きすぎるが。)
だが、野山のシカなら近づくことも触らせることも無理である。そこで自動装着……?
 
方法は筒状の給餌器にシカが首を突っ込んだら自動でGPS付き首輪を装着してしまうというもの。
対象は角のないメスやコジカになるが、メスなどは群をつくるから1頭に装着できたら群の行動を把握できるようになる……はず。その情報を一定時間ごとに飛ばして、クラウドにため込むという魂胆である。そうしたらスマホでも位置が見られる。
 
現在のところは首輪に付けるGPSを開発中で、実験は秋からするということだ。
 
 
さて、もくろみ通り行くかな? 首罠というのは、意外と難しい。通称のくくり罠以上に警戒するだろうから、まず給餌になれさせないといけないし、首輪が巻き付けられるところまで首を突っ込んでくれるか? 装着に驚いて暴れて首を締めるかもしれない。
 
それに群行動というのも、奈良のシカを見ているといい加減。結構、離合集散が激しい。
 
とまあ、腐すよりは成功を祈る。
 
2 2_2
 

2018/06/08

シカ避け出入り口2態

北海道行の途中、苫小牧に寄ってきた。

 
まず北海道には前日入りした方が安心だと考えたのだが、札幌で一泊というのは芸がない気がした。帯広まで行ってしまうのもイマイチ。どこか途中で寄るところはないかと考え、小樽も浮かんだが帯広方面とは方向が反対。そこで苫小牧(~_~;)。
 
苫小牧で何を見るの? と考えた結果、北大の研究林に足を伸ばした。
 
苫小牧研究林は、『森はよみがえる~都市林創造の試み』(石城謙吉著・講談社現代新書)を読んでいたので、興味があったのだ。ボロボロ状態の(~_~;)大学演習林を再生した話である。都市林というには、あんまり都市はなかったけど。
 
さて、苫小牧駅前はなんだか寂れていて、研究林への交通機関もないのでタクシーで向かう。
 
ところが、その日は小雨。。。森の入り口に着いたものの、私以外に人影はないわなあ。そして森林記念館、資料館も閉館中。一般公開は月イチらしい。アカンがな。
 
024
 
見たかった観測塔。しかし立入禁止で近寄れませんでした。。。しかも、本当に見たかった樹冠観測用のクレーンやジャングルジムはどこにあるのかわからない。どうも立入禁止地区のよう。
 
よっぽど研究所の事務所に顔を出して声をかけようかと思ったものの、しょぼくれた気分で元気が出なかった。。。だいたい、なんと声をかけたらいいんだ? いきなり押しかけて見学させろ、と? 
 
025
 
結局は、散策で終わってしまった。
 
 
その中で、こんなものを。
 
033
 
花木園にシカが入らないようにした出入り口。なるほど狭くてV字に曲がっているから、シカは身体を触れてしまうので警戒して入らないわけね。まあ、人間にも狭いけど。。。
 
これで思い出したのは、奈良の大台ヶ原の散策道。
 
Photo
 
出入り口部分にこれを設置すると、足が挟まりそうで警戒するみたい。
 
獣害避けの防護柵はいろいろあるが、集落など地域全体を柵で囲むには問題がある。何より人の出入りとの兼ね合いだろう。人間はすぐ扉を閉めるのを忘れるのだ。それに道路や川は完全に封鎖できない。
 
そのための仕掛けはいろいろ考案されているが、完全なものはまだないはずだ。
 
封鎖できない出入り口をいかに防護するか……。獣害対策の肝かもしれない。
 

2018/06/03

鹿溜まりのイチャツキ

久しぶりに見た、奈良公園の鹿溜まり

 
2
 
先日、奈良公園でナラシカが30頭以上、密集している一角があった。
鹿溜まりと呼ばれているが、こうした密集陣形?は夏が多かった。涼しい一角にシカが集まってくるのだ。ときに100頭ぐらい。
 
まだ酷暑までにはならない今の季節に鹿溜まりができるのは珍しく感じるが、その鹿溜まりの周囲を観光客が取り囲むという独特の二重円ができた(笑)。
 
 
1_2
 
その中でも目立つのは、この2頭。イチャツキが目に余る(^o^)。
 
 
北海道から帰って、私を待っていたのは「鹿と日本人」の再校ゲラであった。都合3日間を北海道で過ごしてゲラに目を通す時間が半減してしまった。今、焦って取り組んでいる。そんな時にブログ書くな、と思われるかもしれないが……(~_~;)。
 
ま、鹿溜まりの写真を眺めつつ、シカのゲラに目を通すのも悪くない、(いや悪いか?)と思う。
 
さらに明後日締め切り原稿も1本あった。
 
ああ(泣)。

2018/06/01

帯広はシカの街?

20180601_152640


北海道、帯広に来た。約4年ぶりだろうか。
そして帯広駅前には実物大シカの銅像があるのも以前と一緒。

だが、今回は新たな発見。
街角のベンチに座ったら……。

20180601_152617

なんと、足跡が。

この凝り性はなんなんだ。
もしかして帯広はシカの街?

地元の人に尋ねたが、シカの由来は知らなかった。もしかして地元の某実業家が寄贈したんじゃない?
とのことだった。


奈良から訪れた私としては気になる。奈良は生きたシカがうようよ?いるが、鉄?銅のシカもいいかも。
だって、食害も起こさないし。

もうすぐシカの本を出版するだけに、帯広のシカは無視できない存在なのである。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎