無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2022/01/07

糞虫館で考える生態系

奈良の「ならまち糞虫館」に行ってきた。糞虫ばかりを集めた展示館だ。

以前から行きたかったのだが、個人の営業であり、開館日は毎週土日の13時~18時 だけということで、なかなか足を運べなかった。場所もならまちの中でも、もっとも奥まった一角で、しかも路地奥というエキサイティング(笑)な立地なのである。

館そのものは小さいのだが、なんともマニアックな世界である。ただ展示には見やすくインスタ映えしそうな工夫がされている。

2_20220107162301 7_20220107162301 12_20220107162401

なかなか楽しい。ただマニアックな昆虫オタクの世界かと思いきや、世界的に糞虫は人気なんだそうである。見た目も地味だし、砂粒なのみ小さなものも多いのに、昆虫界のスターなのであった。ファーブルも、スカラベ(エジプト王家の紋章にもなったタマオシコガネ)を愛していたしね。

ちなみに奈良は、日本の中で糞虫の王国(^o^)。なぜなら奈良のシカの糞という糞虫の餌が山ほどあるから。神鹿の糞に群がるのだ。ルリセンチコガネ(オオカセンチコガネの一種で、奈良のものは瑠璃色している)は、奈良にしかいない。ちなみに日本に見約160種いて、そのうち60が奈良で確認されている。

奈良のシカの糞は、1日に1トン出るというが、これを片づけてくれる掃除屋である。ただ冬は糞虫も動きが鈍るから無理なのでは、と思っていたが、展示によると冬も活動して糞を片づけてくれる種もいるようだ。
近年は、ヤマトエンマコガネなど姿を消す種もあるそうで、その理由は謎のまま。これも地球環境問題と繋がっているのかもしれない。

奈良観光でナラシカに親しんだら、糞虫にも注目してもいいかも。

2021/12/07

シカにもうつるコロナウイルス

アメリカのCNNによると、アメリカに生息するオジロジカなどの野生生物が、新型コロナウイルスに感染していたらしい。

シカなどの野生動物にコロナ蔓延 新たなパンデミックの可能性、専門家が危惧

ペンシルベニア州立大学の研究チームの発表によると、アイオワ州で2020年9月~21年1月にかけて実施した検査で、シカの3分の1に新型コロナウイルス感染の痕跡があったというのだ。
先に農務省は、7月に4つの州で検査を実施したところ、シカの40%で新型コロナウイルスに対する抗体が確認されたと発表していた。またユタ州のミンク農場で集団感染が起きていたので周辺の動物を検査したら、スカンクやネズミなどの動物が、複数の種類のコロナウイルスを保持していると判明。この場合は新型コロナウイルスではなかったが、コロナウイルスの種類や数は非常に多いと報告している。

つまり、野生動物にコロナウイルスがうつるのは、そんなに珍しくないわけだ。

人が捨てた食べ物や人が吐いたつば、鼻をかんだティッシュなどから野生生物にウイルスが感染する可能性もあるらしい。下水からウイルスは見つかっているのだから流水にも入り込み、シカなど野生動物に広がってもおかしくないだろう。野生生物に新型コロナウイルスが感染したら、動物の間でウイルスが循環し続け、再び人にうつる……ことだってあるかもしれない。その間にウイルスが変異して、より感染力や毒性が高まることだって……。

これも新たな獣害かもしれない。

何やら不穏な話。それにしてもシカが新型コロナウイルスに感染するなら、山に入っている人も心配しなくてはならん。とくに有害駆除や狩猟でシカやイノシシに触る人は要注意かも。『獣害列島』は深く進行している。

もしかして一番怖いのは奈良かも。街の中にシカがいるのだから人間との接触がもっとも多い。奈良のシカがコロナ禍に襲われたら人にもうつるよ(> <;)。鹿せんべいを通して。鹿と日本人は古くからのつきあいだから。そもそも人から奈良のシカにうつした可能性の方が高いかもしれない。
このところ奈良は感染者ゼロを続けているが、シカが発病したら、やはり隔離するのか? 無理だねえ。。。

3_20211207164801

行き倒れている奈良のシカ……ではなく、おそらく食い過ぎじゃないか、鹿せんべいの。

2021/11/18

『獣害列島』は異論か?

このところ、また急に拙著『獣害列島』に関する反響がいくつかあった。

一つは、某進学塾の問題集に『獣害列島』の一文が引用されたこと。問題そのものを紹介したら面白いと思ったのだが、ちょっとまずいか。でも、使われた部分を少しだけ。

1_20211118221701

Img003_20211118220601  Img002-2  

テーマは、野生動物と人間の共生である。奈良の鹿と青森県下北半島のサルの話。後者の下北のサルの話は理想論みたいだが、私は奈良公園のシカに関しては、わりと実現しているのではないかと思う。

そして、今度は某新聞社が正月版に「(仮)野生の逆襲」という特集記事を考えていて、それに関する取材をリモートで受けた。

こちらの仮説は、「人間は自然を壊して暮らす場所を広げ、経済成長を遂げてきたが、「自然の領域」に踏み込み過ぎるとしっぺ返しを食らう」というもので、コロナ禍も含めようとしている。ここで「人間が自然を壊したから」という点に関しては、私は否定する。人間の自然破壊を否定するのではなく、現在の獣害は、人間が自然界から撤退する過程で自然の回復が進み、それが獣害として発露しているというのが持論だ。決して間違っているとは思わないが、世間的には異論扱いだろう。

問題集を読んだ小学生がどう反応するか、そして某新聞ではどんな記事になるのか、楽しみだねえ。

 

2021/11/16

里山の(獣の)幸

生駒にも、まだまだ農村風景が残っているのだが、そんなところを散歩すると、「里山の秋の幸」が目に入る。

とは言っても、人が収穫して食べる気配はなく、獣に有り難い餌となるのだろう。

1_20211116165201 2_20211116165301 3_20211116165301

カキにクリに柑橘類。なかなか豪勢だ。

幸い生駒にはクマとシカはいない(と思う)から、多くはイノシシとタヌキとアライグマとイタチと……結構いるなあ(´Д`)。
ほかに鳥類が狙うに違いない。

4_20211116165301

稲も、すでにヒコバエが育っているが……それをこの形に刈り残すのは何の意味がある?

20211109_132840

これは、ちょっと里山じゃなくて、道路の中央分離帯。これは……トベラだと思うが、結構実が実っている。これも餌になるだろう。主に鳥だろうか。里山に出没した野生動物は、より都心へと足を進め、中央分離帯にも餌があることに気づくだろう。かくして都会にもどんどん野生動物が姿を見せるに違いない。公園や街路樹、そして個人宅の庭にも進出する。
やがて通いではなくなる。餌を探して都会に出るのではなく、都会に住み着き、アーバン・ワイルドライフを送るだろう。

さあ、どうする?

 

2021/10/01

都市樹木地図と動物侵入経路

グーグルが、AIによる都市の樹木密度を分析した地図づくりを、2022年には東京や横浜を含む世界の100以上の都市に拡大すると発表した。

グーグルのAI緑化地図、世界100都市以上に

AIで木を1本1本まで正確に把握し、都市のなかで樹木の密度が低い部分を示せるのだという。それで植樹が必要な場所を効果的に割り出せるとか。ロサンゼルス市などでは、昨年から樹木マップを提供しており、植樹計画に役立てている。

これも気候変動対策の一つという位置づけだ。都市のヒートアイランド現象が広がっていることから、自治体に樹木マップを無償提供して、植樹を進めてもらおうという提案だそうだ。気候変動とヒートアイランド現象は微妙に違う気がするのだが、それは置いておこう。

おそらく公園などの緑地と街路樹を想定しているのだろう。日本の場合は、神社なども緑地に入るかもしれない。奈良市の樹木地図をつくったら、ただでさえ都心部に世界遺産の森があるのに、神社の鎮守の森もあって緑地の方が多いかも……。木を一本ずつ判別できるのなら、シカも写ってAIがシカ!と割り出してくれると楽しいのだが(^^;)。昼間の街に何頭シカが歩いているのか知りたい。

ただし、都会だからといって今以上に緑を増やすことがよいのかどうかは慎重に考える必要があると思う。たとえば街路樹は、すでに日本には675万本の街路樹があるが、維持経費が馬鹿にならないから困っている。公園もそうだ。だんだん荒れている都市公園、児童遊園が増えているように感じている。

それに今の日本は、こうした緑地や街路樹が、野生動物を都心に引き込む役割をしている。ちょうど先日の「クローズアップ現代+」で、「史上最多ヒグマ被害“都市出没”の謎を追う」という番組をしていた。札幌都心部にヒグマが浸入する問題なのだが、結局、浸入路は河川や街路樹などの緑地だった。安易に都会に樹木を植えたら痛い目に合うかもしれない。こうした問題は、アメリカにはないのだろうか。

ちなみに、これって、私が今年1月に書いたネタなんだよね。

大都会に出没する野生動物の侵入ルートと隠れ家はどこだ

Dsc08826 Dsc08828 Dsc08837

『獣害列島』でも取り上げたのだけど、もう少し野生動物の動向に気をつかうべきだろう。でも都市樹木マップを使えば、動物が入らない街づくりに使えるかもしれない……。

 

2021/09/10

ナラシカの草の食い方

久しぶりに奈良公園を歩いた。

そこで見たシカの姿。

2_20210910212701
おいおい、寝そべりながら草を食うなよ。行儀悪い。

2_20210910213601

そうそう、仲良く仲良く。同じ芝を……奪い合いかい。

1_20210910213701  1_20210910212801

そして、もっともショックな状態。なんと芝生に緑の網がかけられている。あまりにシカが芝草を食べすぎて裸地化が進んでいるからか。しかし、この方法で芝は保護されているのか。なんか網まで破っている。

ともあれ、シカの食欲は奈良公園でさえ?いや奈良公園ゆえか、植生破壊を起こしているのかもしれない。

2021/08/23

シカは増え続ける!

森林総合研究所の研究成果選集を見ていたら、こんな項目があった。

ニホンジカは2050年までにその勢力を全国に拡大すると予測されます

わーい、シカは増え続けるぞ\(^o^)/。。。

シカの分布を中長期的、広域的に予測しました。
その結果、生息分布確率50%以上の地域は2025年に国土の約7割、2050年には約9割を超え、新規植林地における苗木被害、成長した林分における剥皮被害が懸念される地域も拡大することがわかりました。

Photo_20210823201701

シカの研究を見ていると、シカが減る要因が見つからないとある。どんな条件でも増え続けるのだ。餌が減っても、個体が小さくなるなり、これまで食べなかった植物を餌にするなりして、生き延びる。狩猟圧が高まっても、その繁殖力で乗り越える。人間様以外で、もっとも繁殖力が高いのではないか。
シカし、シカだって生態系の一員なのだから、野放図に増え続けることができるとは考えにくい。何か個体数を調整するファクターがあると思えるのだが……。 分布域が広まっても、生息数が横ばいになる可能性だってある。

やっぱり、人間様が森林環境を破壊しまくることかもしれないなあ。

Photo_20210823202401 Photo_20210823202501

この2冊をよろしく(^o^)。

2021/08/21

シカとカモシカ……の糞

実は、昨日コロナ・ワクチンの第1回目を打った。

地元生駒市では全然予約が取れないので、とうとう大阪の自衛隊大規模接種センターにトライする。こちらはすぐに予約が取れた。

とはいえ、結構並ぶ。時間で区切っているとはいえ、おそらく一時期に数百人が集まる。それをさばく人々が見事。会場への運行バス乗り場から始まり、降りたらすぐに案内係がいて、各コーナーに誘導されて移動する。待機場所も準備してあるし、呼び出しも確実。問診から接種までサラサラと流れるように進めた。自衛隊員だけでなく、膨大な係員もいる。彼らはなんだろう、公務員ばかりではなくアルバイトなのか……。もう設置して数か月経つから、システマチックにマニュアル化されたのだろう。日本て国は、トップはオロオロ思いつきで動くが、現場の人の対応力はすごいと改めて思った。

で、私の場合は何の痛みも異常もなく、終わってから肩こりをほぐすためマッサージに行くぐらい余裕なのだが(ちゃんと医者に確認したよ)、やっぱり当面はおとなしくしておこう。ちょうど仕事も途切れた……はずが(泣)。

今日身体がだるいのは、ワクチンのせいではなく、マッサージで強く揉まれたためだろうか。

で、こんなものを紹介する。先日の大台ヶ原で見たものだ。

1_20210821164001 2_20210821164001

どちらにも糞が写っているのが見えるだろうか。これは何の糞か。

私は、上をカモシカ、下をシカと見た。

なぜかって? わかるんだよ(笑)。ようするに勘だ。どちらもよく似た形だけど、微妙に違う。カモシカはウシ科、シカはシカ科と全然違う動物なのだが、糞や足跡、食痕は似ているから、なかなか区別が難しい。皆さんも確認してください。

 

2021/07/10

森林ジャーナリストwithout林業

今朝、ラジオ出演をした。CBCラジオの「北野誠のズバリサタデー」で、聴取エリアは、愛知・岐阜・三重県と、静岡、長野、滋賀の一部とのこと。テーマは「奈良の鹿~ナラシカ」。つまり『鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵』がネタである。
実は2回目。前回はウッドショックだったかな。そこで評判がよかったのか、二度目のお声掛かりでしたv(^0^)。今回の方が、気軽に話せるので楽かな(^o^)。ナラシカの魅力と、野生動物との共生に関してワヤワヤと話した。あ、もちろん電話出演である。名古屋のラジオ局だが、北野誠は関西人なので奈良の鹿については馴染んでいる。
 
『鹿と日本人』についても紹介してくれたので、ぜひ興味の湧いた方は手にとってほしい。この本、実はナラシカの本なのですよ。そして、『獣害列島』の先駆版というか、発展形が『獣害列島』。

さて、ここで記そうと思ったのは、ナラシカのことではない( ̄∇ ̄;) 。

一応出演前に、自分の書いた『鹿と日本人』をパラパラと目を通したのだが、前書きで自分の動物遍歴を語っている。そこで、これまで使った肩書を、「秘境ライター」「アウトドアライター」「ネイチャーライター」などと触れていた。私自身は単なるライターで通していたが、「森林ジャーナリスト」に落ち着いたのだ。
ただ、肩書はほかにもいっぱいあった。自分でつけたというよりは、勝手に付けられた。自分ではトラベルライター、関西アナリスト、田舎暮らし専門家なんてのもあったし、ノンフィクション作家とつけられたこともある。あと、割り箸評論家とか、土壌ジャーナリストとか、女子大生評論家、などと思いつきで増やしてきたのは知っている人もいるだろう。

そこで、また肩書を変えられないか、新たな肩書はないか、と思い出したわけである。

森林ジャーナリストと名乗り始めてン十年。最初は拒否っていたんだが。森林以外のことが書けないじゃないか、って。
かといって、林業ライター、林業ジャーナリストと呼ばれるのはイヤ。林業は森林の一分野で、森林そのものに大きく影響を与える産業だから「林業のことも書くライター」だと自負しているからだ。しかし最近は林業という括りの執筆が増えてきた。つまらん。これでは、いよいよ仕事の分野が減る(-_-;)。

そこで「森林ジャーナリストwithout林業」ではいかがか。森林の中でも林業以外の分野のジャーナリスト。

でも林業のことを書くときは、「森林ジャーナリストwithin林業」か? 林業のことだけを書く業界ライターでなく、森林に影響を与える一分野の林業のことを書く。それともinculouding林業かな。英語は、知らんけど。

いっそ、森林ジャーナリスト+と、森林ジャーナリスト- としてしまうか?(マイナスはイメージよくない……。。)

 

 

2021/06/24

ジビエにブロックチェーンが使われていた

先に「木材流通にブロックチェーン」という提案をしたが、ほかの業界でブロックチェーンを利用しているところは何があるだろうか、と探りを入れてみた。

すると意外なものがヒットした……ジビエである。

日本ジビエ振興協会が、2017年から実証試験を行い稼働させた「ジビエ個体管理システム」に、ブロックチェーンを使っているという。

具体的には、獣種や捕獲地、加工者、加工日、内容量、保存方法などをWebベースに入力する。登録を完了させると、個体番号とQRコードが発行され、商品ラベルなどに印字する……という仕組みらしい。すると卸売業者や消費者が流通過程を確認できるのだ。実用化したのは2カ所の施設らしい。ブロックチェーンでは、改竄できないことに加えて、個別のテーマごとに別々にデータを管理できるから……という。あくまで、ジビエのサプライチェーン全体を管理するシステムの第一歩という位置づけだ。

たしかにジビエは、いま一つ信用ならない(衛生面や加工面)。処理の仕方で味が大きく変わるだけに、流通に乗せてビジネス化するには、トレーサビリティを管理することも大切だろう。まあ、本当に守られるのか、どれだけ猟師が参画するかはこれからだろうが。ICTを持ち出すと、いきなり逃げ出す人が多いのは、林業界とよく似ている(笑)。

私自身は、ジビエという野生肉を食卓に乗せるのは結構なことだと思っている。そのためにトレーサビリティを確立することもね。

ただ日本ジビエ振興協会が「ジビエを振興したら有害駆除も増える」「害獣を資源に変える」と言っていることに対してはありえねえ、と思うから、イマイチ諸手を上げて応援する気にならないのだよ。そんな夢物語言っているから普及しない。獣害を減らすためには、駆除数が重要だが、食肉を意識すると、数を稼げない。
普及に欠かせないのは、安定供給と流通ルートだ。ところが野生動物にそれを求めるのは極めて厳しい。

そのうちジビエを普及させるために、牧場つくって飼育するようになるんじゃないか。シカもイノシシも牧場で増やして定期的に食肉加工すれば、安全安心安定供給できるから。

120 シカ肉熟成の図。

 

より以前の記事一覧

January 2022
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と筆者の関連リンク先