無料ブログはココログ

本の紹介

ニュース

2018/08/05

「バイオマス白書2018」を読んで

バイオマス白書2018 が発表された。紙版とともにネット版もあるから、誰でも目を通していただきたい。

 
なお白書と言っても官庁が作成するものではなく、NPO法人バイオマス産業社会ネットワークがまとめたもので毎年公表している。
 
昨年は怒涛の勢いでバイオマス発電所の認定と建設が行われ、ちょっとした騒ぎになった。なかでもパームオイルそのものを燃やす発電までが登場して問題となった。これらの点は、私も適時ブログやYahoo!ニュースに書いてきたから、繰り返さない。
 
ただこの白書によると、どうやら「潮目は変わった」らしい。世界的にバイオマスに依存することが無駄、コスト高と認識されてきたからだ。その背景には、太陽光や風力の発電価格が劇的に下がって、いまさらバイオマス発電を行うメリットが見えなくなってきたからだという。
 
それなのに……と思わせたのは、この1年間に建設稼働し始めたバイオマス発電所一覧を見たからだ。
 
最大の発電所は、石巻に誕生した日本製紙の14万9000kw規模であるが、これは石炭混焼。
混ぜる割合は最大30%とのことだから、バイオマス由来は4万4700kw。
バイオマスだけでは、八戸バイオマス発電の1万2400kw。また福岡の大牟田市シグマパワー有明の5万kw(バイオマス稼働は4万6000kw)だろう。石炭火力のリニューアルらしいが20万トンのPKS(ヤシ殻)を燃料にしているらしい。
 
どんどん大型化が進行している。ここでも国際トレンドに逆行している。そのうち、世界中からバイオ燃料が日本に集まる(日本しか稼働しなくなるから)ようになるかも。当然、電気料金として集められた日本の財産が海外に出て行くのである。
 

2018/07/12

「森をつくろう」の「家を建てよう」

送られてきたのは、デカいポスターだった。

 
送り主は、NPO法人森をつくろう 。
ご存じの方はよく知っているだろう。佐賀県の佐藤木材が立ち上げたNPO法人森をつくろう(佐藤和歌子理事長)は、毎年、木造住宅の設計コンペを行っている。
このコンペの対象は学生だが、すごいのは、選ばれた設計図を元に実際の家を建てることだろう。
今年は14回目のコンペ開催だそうだ。舞台は金沢とのこと。二次審査のプレゼンテーションは岡山県の倉敷で行う。全国的になっているなあ。
 
 
Dsc_1168
 
デカすぎて、ポスターを張るところが見つからない。かろうじて扉に張ってみたが……大きな割に字が小さい(~_~;)。読めないよ、老眼には。
 
で、小さなチラシの方を。
 
Img001
 
こっちはシンプル。「木がよろこぶ家」というキャッチだ。でも、本文はやっぱり読めない(~_~;)(~_~;)。
 
で、団体のサイトを覗いてみた。そこに募集要項 がある。
 
ちょっと抜き出してみる。
 
参加登録期間     2018年6月20日(水)~2018年9月25日(火)
作品提出期間     2018年8月1日(水)~2018年9月25日(火)(当日消印有効)
一次審査結果通知   2018年10月上旬予定
二次審査及び表彰   2018年12月1日(土)
 
.設計課題
 家族が憩う場所であるという住宅本来の機能を中心にしつつ、防犯性や耐火性・耐震性等の確保の他、現代のライフスタイルや家族構成の変化にも柔軟に対応することができ、斬新なアイデアを取り入れた木造一戸建ての提案
 
.設計条件
①敷地面積は300㎡以内(集合住宅の場合は500㎡以内)とし、敷地条件、住宅の延べ床面積は適宜想定するものとする
②敷地設定においては下記の点において考慮すること
・今回プレゼンテーションの舞台となる金沢市をはじめ、全国には伝統的な建築物や町並みを保存する取り組みが行われている地域があります。それらの特性を活かし、さらに魅力ある地域づくりに繋がる建物を提案すること
・詳細の設定の必要はないが、施工をしてみたい地域をあらかじめ指定すること
・その地域の伝統的建築技術や素材について、それぞれ情報を収集し、それらを活かした将来に残すことのできる住まいや構法の提案に繋げること
 例えば、生まれ育った地域や思い出のある地域等を設定し、その地域で使用、伝承されてきた技術や素材を活かしながら、それらに独自の斬新なアイデアを盛り込んで作品制作を行うこと等
③1階~2階建て(設定した地域等で、これ以外の提案がある場合は除外しない)
④家族構成は自由
   *但し
       ・設定した家族構成に見合う間取りであること
       ・設定した家族構成および設計した家のコンセプトを設計図に記載すること
⑤伝統構法による木造住宅
⑥戸建住宅や集合住宅の別は問わないこととする。(但し、①、②の条件を満たしていること)
⑦斬新な木構造の提案
    木造の技術は、古く大陸から伝わり、先人の職人が高温多雨である日本の気候風土に適した形にアレンジしてきま した。これから将来に向け、突発的に起こりうる稀な自然災害への備えが求められるでしょう。そこで、先人の築いた技術に、提案者らしいアレンジを加えた「新・木造」の構造提案を行ってください

応募資格は、以下の全てを満たすものとします
①大学または大学院・高等専門学校・専門学校(以下、大学等)で建築を学ぶ学生 但し、応募の時点で30歳以下の学生を対象とする
②国籍は問わない。但し、プレゼンテーションやその際の質疑応答に対応できる程度の日本語力を有すること
③個人またはグループでの応募とし、グループの場合には1グループの人数を最大4人までとする
④グループでの応募は、自らが大学等で専攻する分野を住宅建築の中に反映させたいと考える学生の参加も可。 但し、大学等で建築を学ぶ学生を少なくとも1名含むこと
⑤その他以下の要件を全て満たすこと
・独自のアイデアに基づき自身の力量により資料等を作成するものであること(他の専門機関や団体にコンペの業務を委託しないこと。但し、資料の提出等を依頼することを妨げない)
・応募書類提出後、12月1日(土)に行なわれるプレゼンテーションに確実に参加できること
・施主募集の対象となるコンペであることを理解し、真剣に制作に取り組んだ作品であること
・各応募者とも作成段階で第三者のアドバイスを受けることを妨げない
 
建築系の学生を対象としているのは、将来木造住宅を建てられる建築家を増やすためだという。これもまた、林業と結びついている。
 
顔の見える家づくり運動は沈滞しているが、こちらはコツコツと。
 
 

2018/07/07

デ・ジャヴ~防災と森林

今日は、風邪がだいぶ楽になったのだが、朝から起きてからも居眠りを繰り返しつつ過ごす。

雨は昨日より少し小ぶりかな? そこへ地震速報が飛び込んできたり……(今度は千葉か)。
今も生駒市内に「避難指示」がまだ残っている状態。 
 
デ・ジャヴ、つまり既視感がある。以前もこんな日々があったな。
 
震災とオウムといえば、1995年だろう。
震災と相次ぐ水害は、2011年か。
 
だが、間近なのは、熊本大地震と九州北部大水害。
 
 
ともあれ、大災害時代に生きている気がする。
明治時代も毎年のように洪水が起きていた時期があるが、それに匹敵するのではないだろうか。
 
明治時代の日本人は、森林の役割といえば防災面が大きかったという。実は、そうした発想は世界的にも早くて、1884年のイギリスのエジンバラ万国森林博覧会で展示したところ、日本の林政は学術誌ネイチャーで褒められたそうだ。
さらに1896,7年に治水3法(森林法、砂防法、河川法)ができた。この頃、日本の林政は世界をリードしていたのかもしれない。
 
 
ちなみに、昨年書いた私のこんな記事がリバイバル・ヒットしている。
 
 
 

2018/03/23

ピーバー・シンポジウム

近畿中国森林管理局で「里山広葉樹活用シンポジウム」が開かれたので、顔を出してきた。

 
ようするに、里山の森に増えてきた雑木の広葉樹をもっと使おう、そのためには何が必要で何が問題か……というテーマで、国有林から森林組合、製材所に研究部門(森林総研)まで加えたずいぶん出演者の多いシンポジウムであった。
 
Dsc_0962
 
私は、今更林野庁にスギやヒノキを論じて欲しくもないし、広葉樹資源の問題は今後の大きな課題と睨んでいるから、情報収集のつもりである。
会場は、かなり満員。ちょっと演壇のある前方が空きすぎて後ろがぎっしりという感じである。ざっと見回して、参加者は公務員系や業者系かなあ……と思って席に着いた。
 
そこで語られた内容は改めてするとして、広葉樹材と聞いて食いつく面々がそこここにいるではないか。
 
なんと私の後ろにはビーバー製材所にビーバー高校生(笑)。
 
彼らにしゃべらせた方が面白くなるぞ、と思わせるメンツである。こうした集まりでは、森を、木材をどれほど愛しているかパッションを語る方が面白くなるのだよ。
 
機械的に広葉樹資源がどこにどれほどあって、加工の難しさはどうで、消費者の指向はどうで、その安定供給のためには……というよりも、オレは何十種類の広葉樹材を知っていて、それぞれの特徴も使い道も言えるぞ、あの木でスプーンを削り出してみたいんだ……というビーバー人が強い。いっそビーバー・シンポジウムを開こうよ。
 
Beaver
 
私も、針葉樹材を広葉樹材に変換する方法を論じてみたかった(笑)。
 
 

2018/03/19

ラッシュのスマトラシャンプーバー

突然送られてきた包み。

 
それを開けて見ると……。
 
004
 
熱帯雨林の写真の中に丸い「SOS」。
 
006
 
これ、シャンプーだった。。。
スマトラシャンプーバーという。製造元は、世界的な化粧品メーカーのラッシュ。同時に送られてきたプレスリリースによると。
 
英国を拠点とし、世界49の国と地域でビジネスを展開する化粧品ブランドLUSH(ラッシュ)は、2018年3月16日(金)から4月19日(木)の期間、日本を含む世界8カ国で、インドネシア、スマトラ島の森林と野生生物などの保全を目的にした「#SOSsumatra キャンペーン」を実施し、チャリティ商品「スマトラ シャンプバー」を発売します。
この商品の売上全額を使い、スマトラ島北部のブキットマスでパーム油のプランテーションに使われていた50ヘクタールの土地を購入する予定だという。この場所は、スマトラの象やサイ、トラ、オランウータンが共存できる地球上最後の場所であると言われている地区に隣接している。
 
パーム油生産を目的に伐採された森林を、パーマカルチャーにより農作物を育て、元の
生態系が整う森林に戻しながら、現地に雇用も創出しながら元の生態系に再生し、オランウータンや先住民族の住処を守ることを目的としたプロジェクトなんだそう。
「スマトラ シャンプバー」は、パーム油不使用で、モリンガパウダー(ワサビノキ種子)が頭皮や髪をみずみずしい状態に導きながら清潔に整える固形タイプのシャンプーです。また、ココナツオイル(ヤシ油)は、髪に潤いを与え、柔らかい状態に導くほか、爽やかなオレンジオイルとパチョリの香りが気分をリフレッシュします。
固形なのは、合成保存料を使用することなく保存でき、ゴミとなるパッケージを使用しない販売を可能とし、製造段階で使用する水量の削減にもつながるため。
#SOSsumatraキャンペーン」は、日本の他に韓国、香港、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、フィリピン、シンガポールの合計8カ国で実施され、合計約15,000個のスマトラ シャンプーバーが販売されます。本キャンペーン期間中、各店舗では、チャリティ商品を通じて顧客に対してパーム油産業の問題点や単式農法・単一栽培の問題点について、またパーマカルチャーなどの代替法についての理解を促します。
 
 
こういう試みをやっているのだなあ。私は、せっかくだから乗ってみることにした(^o^)。
 
さっそく風呂で頭を洗ってみる。固形で見るからに洗濯石鹸ぽい外観だが、驚くほど髪になじんで泡が盛大に立ったよ。それに香りが強い。甘い、熱帯の花の香りだ。ちょっと香料の入れすぎじゃないの? と思うほど。これがモリンガパウダーなんだろうか。
 
ちなみにパーム油を使わないとあるが、ココナツオイルは使っているらしい(笑)。パームオイルも訳せばヤシ油だし、ココナツオイルもヤシ油なんだが、ヤシの種類が違う。ココナツは、一般に頭に描くヤシの木の実である。アブラヤシの実とはちと違う。ココナツの実の中のコプラと呼ぶ白い油脂繊維部分から油を獲った物だ。こちらは自然破壊にならないのだろうか。
 
 

2018/03/13

森友・加計問題に林業の影?

森友文書の改竄問題、いよいよ佳境に近づいたかな。発覚後の進展は、だいたい予想していたとおりの展開だ。

 
昨年から続く森友問題と加計問題。正直うんざりというか、ここまで下劣な政治屋事情を見せられると、考えるのもイヤになるのだが。。。。せっかくだから私も便乗(笑)。
 
 
というのは、これらの問題、なぜか背景に林業が登場するなあと思っているから。このことに気付いた人はほかにいるだろうか? (えっ、スクープ?)
 
まず最初に気付いたのは加計問題の方で辞任した前川喜平・前文部科学省次官
彼の祖父喜作氏が産業用冷凍機器で世界的シェアを持つ前川製作所の創業者であることはよく報道されたが、もともとは奈良県御所市の出身だ。喜平氏も生まれは奈良県御所市(当時は秋津村)。
そして、御所市の前川家と言えば林業家である。吉野林業地とは少し違うが、生産されている木材は吉野杉檜と遜色のない質を誇る。前川家は、それなりの大山主だったという。ただ喜作氏は3男だったために山を継がずに会社を起こしたのである。
残念ながら、現在の前川家の林業については何の情報もない。
 
 
次に森友学園で有名になった籠池泰典氏だが、7ヶ月過ぎた今も収監されたままという異常事態。これを国策捜査と言わずしてナンなんだ、と思うが……彼の長男が、この問題を訴え続けている。
とはいえ長男は何をしているのか? 学園は長女が継いだわけだが。
 
実は長男である籠池佳茂氏は、現在林業に就いているのである。
もともと佳茂氏は泰典氏と絶縁状態だったと伝えられているが、今回の事件で復縁というか親子の絆を取り戻し、必死で不当な扱いを訴えているわけだが、こんな状態では仕事もできない。(前職が何かははっきりしない。)そこで縁あって奈良で林業に就いたそうである。
 
たまに彼のツイッターでその仕事現場の写真がアップされているし、地元のニュースでは紹介されているので隠しているわけではない。どこの林業会社が手をさしのべたのかは明かされないが。
彼の家族も大変な状況ではあるだろうが、山の仕事は多少とも気分転換につながるのだろうか。
 
 
そして、最大の渦中の人、安倍昭恵・総理大臣夫人。実は今回の事件以前から別ルートで彼女の裏の評判は聞いていたのだが、ここまで勘違いバカ女とは思わなかった。夫の威光を我が物として振りまいたわけだ。日本のイメルダ夫人か、と言いたくなるが……もっとも森友疑惑が高まっていた昨年の夏、なぜか某林業塾に参加していたことは、知る人ぞ知る。
 
なんで林業塾? まさか今後林業関係の仕事を行うとは思えず、まあカルチャーセンターに通うような感覚か。あるいは山の中に籠もって雲隠れの場所として選んだか。いくら熱心に勉強しても意味がないよなあ。それより表に出て洗いざらい証言すべきであろう。
 
 
 
以、ほかにも国産材関係とか加計につながる某人脈とか小さな点もあるのだが、なぜか今回の大事件には林業の影がつきまとう……という話題でした。
 
ちなみに、なんの必然もなくて偶然だと思うよ(笑)。決して、林業界に巣くう黒幕による陰謀……とか言い出さないように。

2017/07/29

化石燃料車ゼロ時代が迫る

先日、新幹線に乗っていると、電光版ニュースに「英国もガソリン・ディーゼル車販売を禁止」と流れた。

 
おっ、と思った。なぜなら講演で「フランスのマクロン大統領がガソリン・ディーゼル車の販売を禁止すると宣言した」ことを紹介したばかりからだ。どうやら世界は本気で環境問題に向き合いだしたらしい、という意味で。この内容にイギリスが追随したのである。どちらも2040年までに化石燃料で走る車の国内販売を禁止するという。
 
その後、新聞にも掲載されていたが、いかにも扱いが小さい。あんまり本気にしていないのだろうか。まだ20年以上あるから、大統領が変わったら取り消されるよ、とでも?
 
Photo
 
だが、この2カ国が販売禁止を実行したら、ほかの国も追随するところは出るだろう。たとえば中国はEVの普及率が意外なほど高い。その際に自動車業界も大改変を迫られる。化石燃料を使わない車となれば、有力候補はEV(電気自動車)だろう。水素自動車もある。(私自身は、水素エネルギーは自動車より発電所に向いているのではないかと感じているが。)
 
そもそも動力源だけの問題ではなく、EV化することで自動車の性能自体が大きく変化する。そこに魅力が生れたら、世界の需要は一斉にEVに流れるだろう。フィルムカメラがあっという間にデジカメに取って代わったように。
 
しかし、日本人は「電気だってCO2出すし」とか「技術がまだまだ完成していない」「エンジンの音が好きなんだよ」とか言い訳ばかりして後ろ向きだ。しかし、欧米では目標を掲げてそこに達成するために今から何をするかを考えて動き出している。
 
もし欧米が先んじたら、日本車の海外販売量は狭まり、国内でしか売れないガラパゴスになる。いや国内だって、ガソリン車はどんどん売れなくなるだろう。ハイブリッド車も、世界的にはエコカー扱いされなくなる。(結局ガソリンを燃やしているから。)気がつけば、欧米メーカーの下請けに?
 
そんなパラダイムの転換が起きつつあると思わないか?
 
 
鈍い。日本の鈍さは、オリンピックのレガシーを反故にしても気にしなかったり、違法伐採木材を真面目に取り締まらないことと同根ではないか。変わりたくない症候群? 見たくないものは見えないことにする正常化バイアス? だろうか。
 
自動車だけでなくさまざまな分野で同じことが進行中だ。木材の利用方法もガラリと変わるかもしれない。それに対する備えは、20年前からやっておかないと間に合わない。

2017/07/23

九州北部大水害の現地調査報告

7月5~6日に発生した福岡県から大分県にかけての水害は、そろそろ復興の動きを伝えるようになっている。

 
私のところには、「水害と森林」についての執筆依頼が舞い込んでいる。今度はYahoo!ニュースみたいに速報性にこだわって自らの意見だけで書くのはよろしくない。
とはいえ、現地を取材する時間も経費も出ない(-.-)し、まあ、水文学が苦手と自認している私が現地に入っても役立たずだろうな、と思う(~_~;)。
それでもなんとかするべく、苦手な水文学関係の本や論文をひもといたり、水文学の研究者に問い合わせたり……と頑張っているのだよ。。。
 
と、ここで愚痴をこぼす必要はないのだが、現地調査報告が、意外と早く出された。これは有り難い。(調査は、森林総合研究所、林野庁、九州森林管理局、福岡県、大分県によって行われた。)
 
 
 
これはなかなか示唆に富んでいる。林業と関係していそうな部分をいくつか抜き出してみる。
 
 
【山腹崩壊等について】
(4)調査を行った箇所において、山腹崩壊が発生した森林と発生していない森林があったが、間伐等施業実施の有無による崩壊発生の関連は確認できなかった。
(5)崩壊地上部斜面等に根が露出している立木を調査したところ、根系の深さは約1~2m程度であり、地質条件に応じた深さまで成長していた。また、崩壊は表層崩壊が多かった。
(6)調査を行った崩壊箇所では、作業道や土場等は確認できず、作業道等が原因となり崩壊が発生したものは確認できなかった。
 
【流木について】
(1)山腹崩壊地直下の渓流に残存している流木は根付きであったことから、流木は、立木が崩壊土砂とともに流下したものと認められる。
(2)渓流内に堆積している流木は根付きの状態のものがほとんどであり、幹は折損しているものも多数あった。なお、林内で伐採されたと考えられる樹木も存在していたが、ごく一部であった。
 
幸いにも、私がYahoo!ニュースに記した内容とさほど大きく食い違っていないようなのでホッとする。
 
一方で俄か勉強と取材のおかげで新しい知見も得たのだが、それは依頼原稿に執筆しよう。

2017/07/16

九州北部水害地の生の声

昨日は名古屋に行っていたのだが、そこでなんと、福岡県朝倉市から来ていた人に会った。製材業を営んでいる方である。

 
そこで実地の話を聞けたので、ここに少しご報告。
 
まず、本人の自宅や工場は被害を免れた。ただ、山はズタズタである。山の多くは林齢40~50年生のスギ林。
 
報道では表層崩壊がほとんどという意見も出ているが、かなり深いところから崩れているところ、岩盤剥き出しになっているところもあるので、深層崩壊もあっただろう。
 
山は、林道・作業道が流されただけでなく、現場近くに置いていた重機類も消えてしまった。そのため災害復旧の見通しが出ても、すぐには動けない状況。
 
今後、木材生産量はかなた落ちるだろう。(3分の1くらいに?)
 
朝倉の木は、ほとんど大分県日田に出荷されている。だから日田の市場に出る木材量が減るのは間違いない。日田の工場はほとんと被害がないので、製材はやりたいはず。そのため原木の取り合いになり、価格は上昇するのではないか。
在庫は、数ヶ月分しかないので秋以降が逼迫すると思われる。
 
 
ただ、こうした林業・木材産業の予想とは別にむしろ気がかりなのは、この災害によって森林所有者の経営意識が減退することだそうだ。
生活、そして山の道・機械も含めて復旧しても、山主は、再び林業を続ける気になるか。災害後、山を放棄する例が過去にもあった。
 
 
……とのことであった。さて、今後の見通しをそう読んで、果たしてみんなどのように動くか。
 

2017/06/08

2016年度の「林業遺産」決定

また日本森林学会認定の林業遺産が発表された。

2013年度から始まったのだが、初年度の10を抜きにすると、毎年2つ~4つしか選ばれないのに、今回は8つもある。

(No.13)吉野林業(追加選定)
(No.23)足尾における治山事業による緑の復元
(No.22)木曽式伐木運材図会
(No.21)初代保護林 白髪山天然ヒノキ林木遺伝資源保存林
(No.20)蒸気機関車「雨宮21号」と武利意・上丸瀬布森林鉄道遺構群
(No.19)屋久島の林業集落跡及び森林軌道跡
(No.18)小石原の行者杉
(No.17)伊豆半島の森林史に関する資料

 
吉野の貯木場や建物が追加選定されたほか、 文献や森林鉄道が目立つね。林業というより緑化の治山事業である足尾銅山も、目が引く。これは前回までも含めてだが、意外と林業そのものが少ないように感じるが……。
 
 
さて、床としは何が大盤振る舞いさせたのだろう?
 
一応復習しておくと、「林業遺産」とは、林業発展の歴史を示す景観、施設、跡地等、土地に結びついたものを中心に、体系的な技術、特徴的な道具類、古文書等の資料群……が対象だそう。
 
鍵は、応募の仕方にあるんじゃないか、と思う。まず学会員からの応募推薦に限る。所有者・管理者より同意を得ていること、さらに公的機関や学協会による文化財などの指定を受けていないことを原則とする……などなどの推薦の条件があるのだ。
となると、意外と面倒くさい。いくら「誰が見ても価値があるだろ!」と言えるような林業関連の事物でも、それを申請する人がいないと認定されない。申請も、結構手間がかかるので、日常業務とは別に時間を裂いても認定をめざすぞ、という奇特な人がいないとできない。
 
そんな中で今年は応募が多かったのかもしれない。
ま、そう考えると、まだまだ応募したら認定される確率は高いよ。今のうち、応募してしまおう。さもないと、何年か後には忘れられてしまう可能性がある(笑)。

より以前の記事一覧

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎