無料ブログはココログ

本の紹介

林業・林産業

2018/06/17

大阪・材木浜から見た木材輸送システム

ちょっと大阪歴史博物館に行ってきた。

 
ここで開かれている特別展を見るためだ。ま、その前にちと歴博には腹立たしいことがあったのだが、それは置いておく。
 
その展示を見る前に発見したのが、江戸時代の大阪の町の図。江戸時代の「天下の台所」だった時代の大阪である。
 
7
 
水の都と言われた通り、大阪には縦横無尽に水路が通っていて、各所が産業の中心となっていたのだが、その中に材木浜という場所があった。ここに木材が集まってきていたのだ。
 
8  
 
アップしてみた。関西、土佐、日向から木材が集まってきたらしい。関西はともかく、四国や九州からも木材を輸送するとは、結構な輸送力と流通システムが整備されていたことにちょっと驚く。
そんな筏の図が描かれていた。大阪にとって、木材の商いというのは意外と大きなビジネスであったらしい。紀伊国屋文左衛門も、ミカンだけでなく江戸の火事に合わせて木材運んで大儲けしたわけだが、大阪経由の木材もあったに違いない。
 
 
これまで四国や九州から燃料としての薪の類を運んでいたことは記録を読んでいたのだが、丸太も運んでいたのだろうか。船に格納していたのか、筏を引っ張っていたのか。江戸時代の輸送力をなめてはいけないな。
 
ちなみに明治に発行された「吉野林業全書」にも、大阪の木材商いについて描かれている。
 
2
 
肝心なところは、江戸時代とあまり変わらない。明治でも木材輸送は筏だったのか。木材の搬出と輸送という点からすれば、江戸時代から昭和の前半まで、そんなに大きな変化はなかったのかもしれない。
大きな林業輸送イノベーションは、戦後のトラック輸送が始まってからだろうか。この視点から林業史を組み立てたら、別の姿が浮かぶかもしれない。
 
 
 

2018/06/10

奈良の森の未来を考えるお勉強

ちょっとお勉強をしようと思ってある本を探した。

 
それがない。古い本だが、Amazonで検索すると、1冊2万円だと出るし……。「日本の古本屋さん」も、同程度。なんで、こんなに高いのだ。奈良の図書館にもなかった。国会図書館関西館にデータはあるだろうが、多分フィルムだろうし貸し出しは不可である。
 
結果的に、大阪の図書館で発見。借り出すことに成功。生駒は周辺に大きな図書館が多くて助かる。
 
その本とは……。
 
Photo メーラーの「恒続林思想」。
 
 
この本の何がすごいって、後書きを村尾行一先生が書いていること(笑)。ここには「どうも私の深層心理をメーラーの思想は形成していたらしい」と記されている。
 
ちなみに非常に読みやすい。訳もよいが、メーラーはこんなに優しく語っていたんだ、と言う点に感心した。まあ、大雑把な「恒続林思想」は他の本でどを読んで知っているのだが、本家の本にも目を通しておこうかな、ということである。
 
おりしもザーリッシュの『森林美学』の完訳本が出版されたばかりだ。(戦前に新島善直・村山醸造の『森林美学』が出版されているが、これは日本流の森林美学であって、ザーリッシュの訳本ではない。)
 
メーラーは、「恒続林施業のみが、森林美学の提出する要求を果たすことができる」と記したように、両者は大きく関連する。
 
Photo_2  
 
こっちは分厚いし文章は硬いし、値段も高いから読む勇気が湧かない(^o^)。また、原理主義的にザーリッシュの森林美学やメーラーの恒続林を信奉する気もない。
むしろ考えたいのは日本的な恒続林であり、さらに言えば近畿・奈良における恒続林とは何か……なのだが、それを考えるためにも本家・恒続林のお勉強をしておこうかと思った次第である。
 
 
ちょうど今年の森林・林業白書を読んでいると、こんな囲み記事があった。
 
Photo_3
 
奈良県の取り組むスイス林業との連携が記事になっている。そういや、林野庁のメンバーがこの取材にきた際、私も横にいたんだったな、と今頃思い出した。
 
ここではサラリと流しているが、スイスに範をとるということは、奈良県は恒続林をつくろうとしていることになるんだよ。。。
 
だからお勉強が必要なのだ。
 

2018/06/05

奈良林業の新聞記事3本

九州から「日経新聞に奈良の林業が取り上げられているよ」という情報が。

有り難いなあ。こうした情報提供が私を支えている。
 
1864
 
結構、デカい記事だ。九州の国産材輸出にも触れられているが、全体に奈良県の木材ブランド化を大きく扱う。
 
探してみると、ちゃんとあった。
 
 
詳しくはこちらを読んでほしいが、これは登録しないと全文を読めない。私的には、後半に注目してほしい。
 
■森守る「フォレスター構想」
 紀伊半島の森林資源を守り生かそうと、「フォレスター」を導入する構想が進む。主導する奈良県によるとフォレスターとは(1)林業の生産(2)防災(3)自然保護の観点に立った生物多様性の(4)観光などレクリエーション――を一元的に管理する専門職。モデルのスイスでは医師同様に社会的地位が高く、子供の憧れの職業でもあるという。
 スイスでは過去の災害や病害を教訓に、単一樹種ではなく様々な木が混在する森林で自然な成長に見あった量を伐採し、利活用する考え方に転換した。県は同国の関係機関と人材交流を開始。2019年度を目標に「森林環境管理条例(仮称)」を策定し、将来は人材育成機関「フォレスト・アカデミー(同)」の設立も思い描く。
 奈良、和歌山、三重の3県知事が年1回集まる「紀伊半島知事会議」で17年、フォレスター制度の検討に共同で取り組むことで合意した。
 構想の一つのきっかけが、11年に3県で88人の死者・行方不明者が出た紀伊半島豪雨だ。奈良県内では約1800カ所で土砂崩壊が起きた。間伐などの手入れがされていない「施業放置林」の増加も一因とみられる。荒れた山林は、豪雨などで表土が流れやすくなるとみられる。
 
 
実は、朝日新聞にも取り上げられている。6月1日の記事だが、これは奈良県版かな?
 
 
こちらも全文を読むためには登録が必要だが、こちらは写真でも字が大きいのでそのまま読めるだろう。
 
 1861
 
どちらも同じところを取材しているから、これは県がしかけた団体取材かな?
 
朝日の記事は、インドネシアの政府関係者が来訪して川上村を視察した点に焦点を合わせてインドネシアに吉野材を輸出する可能性を紹介している(つまりストレートニュース)が、日経は追加取材もしたのか現在の林業事情や奈良県の新たな取り組みにも眼を向けている。
 
 
ほかに毎日新聞には、インドネシア科学院長官 知事を表敬訪問 原木や製品市場を視察 (奈良版)のように短報もあった。
 
取材者が何を取り上げようかと考えたか感性がわかるね(^o^)。

2018/05/31

目黒不動尊の木の上に

東京で訪れた林試の森の隣に「目黒不動尊」(瀧泉寺)がある。

川上村の龍泉寺を思い出す(^o^)。なにかつながっているような……。
 
もしかして、この寺に土倉庄三郎も眠っているのかも、と思って訪れたが、本堂などを参拝したところでこんな光景を見た。
 
16
 
実は、目黒不動尊には青木昆陽も祀られている。江戸時代に甘薯、つまりサツマイモの栽培を広めた功績だ。飢饉に役立ったのである。
だから目黒不動尊境内でもサツマイモ栽培をしているのだが、その畑の横の木で何をしているのか。。。。?
 
そう、樹上伐採(特殊伐採)、つまりアーボリカルチャーであった。枝が伸びすぎて畑が暗くなるからだろう。
 
19
 
こんな風に登っている人の姿。
 
東京にも特殊伐採の仕事は広がっているのだろう。いや、むしろ都市部で需要は増えているはず。もしかして、手がける業者は林業関係者かも。
これからは都市林業が広がることを確信したのであった。
 
記憶にある人、いませんか~(笑)。
 
 

2018/05/18

緑マントの内側から

大分の森シリーズ。

 
後藤國利さんにまず案内されたのが、「緑マントのペテン師」の森。そのマントの中に入ってみた。
 
3
 
見事に梢の部分にしか枝葉は付いていない。緑マントの中は裸であった(笑)。
 
しかし、このように見上げると、小さな樹冠がびっしりと空を覆い、光を逃さず吸収しようとしていることがわかる。スギからすると、無駄なく光を得ているわけだが、その下に光があまり入ってこないから、林床はスカスカというわけだ。
 
ただ、私は思うのだが、すべての放置林がこのようになっているわけではない。放置した結果、自然と針広混交林になっているケースも目につく。
そうした森林では、放置した方がむしろ生態系は豊かになっているのではないか、と思うときもある。スギ一斉林でなくなり、雑木が入れば昆虫や鳥獣も増える。
 
その差はどこで生まれるのか。
 
たとえば疎植(ヘクタール1500本以下?)だと、間に広葉樹が入ってくるのかもしれない。あるいは若年時代に幾度か間伐を行い、その後放置した場合も、そこそこ林内に光が入って針広混交林化しやすいのかもしれない。
 
ほかにもいろいろ条件はあるだろうが、それを見極められたら、放置林対策も意外と簡単になりそうな気がするのだが。
 

2018/05/14

飫肥杉の本場は大分にあり?

飫肥杉と聞けば、宮崎県南部の飫肥地方を中心に造林されたスギ。

現・日南市に行けば、まさに一面の杉山が広がっている。当然、飫肥杉の本場も宮崎だと思うだろう。
 
2 日南の山
 
オビスギそのものは品種名であるが、疎植して早く太く育てて、造船用木材(弁甲材)としての需要があった。だから50年で直径30センチは優に超す。
木目は粗いのに、樹脂が多くて水が浸透しにくいのだそうだ。それに浮力がある。弾力も強くて割れにくい……などの理由から、木造船の材料として欠かせなかった。
 
しかし、戦後は木造船が激減して需要はガタヘリになった。
そこで建築材として使われるようになる。太くなくてもいい。というか太すぎると製材機を通しにくい。そして昨今の皆伐ブーム。
 
というわけで、今では飫肥杉としての太い材は、宮崎にはほぼ残っていないのだという。
 
 
むしろ戦前に植えたまま放置して大木になった飫肥杉が残っているのは大分県にあった。
 
5
 
ここは80年生のオビスギ林が残っている一角。
もっとも太いのを見つけて目通り直径を図ってみると、90センチを越えた。
 
7
 
いいねえ。大木。
ここだけの話(^^;)、吉野で樹齢100年200年の吉野杉を見ても、実はそんなに太くない。200年ものでこれぐらいかあ……と思ってしまう。それだけ年輪が詰まっている証拠なのだが、太い木を見たければ、九州の方がよいかもしれない(笑)。

2018/05/13

造林地のチャノキから考える山村経済

今年の「八十八夜」は、5月2日だったそうである。

 
あれに見えるは茶摘みじゃないか~♪ と歌われるように、八十八夜は新茶の摘み取りシーズン。母の日のカーネーションの後塵を期したが、ちょっとお茶の話を。
 
 
先に紹介した作業道の悲劇 。この現場から少し離れるが、林床でチャノキを見かけた。
実際に若葉を摘んで揉んで齧ってみたが、茶葉で間違いないだろう。スギ林の下でチャノキが育っていたのである。いまなら一番茶が摘めるかもしれない(^o^)。
 
 
実は、造林地の伐採跡地からチャノキが芽生えることは珍しくない。上を覆っていた木々がなくなり光が差し込むと萌芽するようだ。今回は、作業道沿いであることや、樹冠が未発達の木々が多くて林床に光が入ったからかもしれない。
 
そこで気がついてほしいのだが、チャノキは日本に自生していないはずなのだ。中国原産で、おそらく奈良時代に日本に持ち込まれたはず。実際に、原生的な山奥にはチャノキが生えていた報告例はないそうだ。
 
ただ焼畑農耕とは密接な関係があるらしく。、各地の焼畑を行っていたところには分布している。おそらく大昔に植えたチャノキが野生化したのだろう。
これをヤマチャと呼び、たまにヤマチャから茶を生産しているところがある。
 
九州も、宮崎北部が焼畑で有名であるように、焼畑とともにチャノキも分布したらしい。順序としては、まず食用となる雑穀類が植えられ、次に野菜など、そして茶栽培が行われたとされている。茶は自家用というよりは商品作物だった。
だが、その後より商品となる木材生産が始まり、山の焼畑地も造林に行われていく。その過程で茶畑は姿を消した……とされる。
 
2
 
だが、チャノキはしぶとい。造林地の林床で、ひそかに生き長らえて、木が伐られて明るくなったら芽吹くのだ。
 
つまり、作業道が入れられて崩れた大分の山も、かつては商品作物として茶栽培が行われていたのではないか。。。と想像する。
 
そのように考えると、ほかに育てるものがない山の斜面を利用したのが林業という見方は一面的で、より自給用食糧生産から、より高価な商品作物として茶から林木へと転換した土地という進化形と考えてはどうだろう。
 
木材は自給用としてはたいした量は必要なく、商品として高く売れるから生産するものなのだ。山村社会は、商品経済の発達した地域である……と言える。
 
 
と、まあ、造林地のチャノキから、ここまで連想してみるのはいかが。
茶摘みもしてみたいなあ。。。

2018/05/11

作業道の悲劇

大分行で見た現場シリーズ(になるかどうか……。)

 
 
17_2   17_8
 
昨年7月の台風で崩れた作業道。見るも無残だが、法面は、やっぱり高さ2メートルを超す。道の入れ方に問題があったことは間違いない。
 
ただし、その上に広がるスギ林を見ていただきたい。枝葉のついた樹冠部は梢近くの3~4メートルぐらいしかない。下の枝はみんな落ちていた。これはスギの密植効果だ。上手く利用すれば自然と無節になるのだが……。
 
山主は、密植して目細の木目にして質のよい柱材生産を狙ったようだが、肝心の柱材がうれなくなり放置した模様。そのため密植のままになり、林齢は50年近いと思われるが太さは20センチなさそう。(九州では、かなり細い方) 
 
そして樹根も発達しなかったため、台風でバタバタ倒れたらしい。
 
 
17_5
 
 
だが、カワイソウな面もあるという。なぜなら、この崩壊を招いた作業道、自分の森のために開削したのではないからだ。
 
実は、この山林の奥にある山を主伐(皆伐)することになり、請け負った業者が道を入れさせてくれと言ってきたそうだ。それを了解したところ、こんな道をつけられたわけ。
 
樹根の張らない山づくりをした責任もあるが、同時にこんな道を入れられた被害者でもある。
この道が崩れて、置くの主伐は完了したのかどうかはわからない。
 
4  写真は同じ地区に広がる皆伐地ですが、イメージです。
 
 
おそらく森林経営管理法案が通って実施されたら、日本中でこんなことが起きるんだろうなあ。主伐が促進され、はげ山が増える。そして、そのためにいい加減な作業道を入れられる。
たとえ伐る山までの土地所有者が不同意でも、「勧告」とやらで無理やり道を入れられ……そしてはげ山も道も崩れる。
 

2018/05/06

キャッチーな後藤語録

本日、大分から帰った。

 
もう、お気づきの人もいると思うが、大分を訪問したのは臼杵市の後藤國利氏にお会いするため。そして後藤氏の所有する山林(後藤山林)を見せてもらうとともに、多くの林業家と囲む会を開いていただき、大いに歓談した。
 
そこで見聞きしたこと、出会った人々、私が感じたことはおいおい紹介するとして、今回のもっとも印象に残った点に触れたい。
 
その前に、簡単に後藤氏を紹介すると、元大分県会議員であり、前臼杵市の市長である。所有と委託などを合わせると、約300ヘクタール弱の森林を管理しているそうだが、そこで進めているのは恒続林づくりである。わかりやすく言えば、針広混交林。
 
『現代林業』誌などで相談コーナーなどを担当していたこともあり、林業界では有名人だが、私が最初にお会いしたのは3、4年前の宮崎県で開かれたシンポジウムだった。
 
そこで後藤氏の語った内容で私が強烈なインパクトを残した言葉が、
 
スギ・ヒノキ林は緑マントのペテン師 である。
 
1
 
林縁部は枝葉が伸びて緑色だが、その中は暗くて下層植生もなくなった状態。緑の山と思わせて、沙漠のような不健康な森を指す。
 
緑マントのペテン師。これは見事な表現だなあ。。。と思っていた。
 
今回は、また名言を発した。
 
戦後、「はげ山に木を植えよう」と国上げて造林(針葉樹人工林づくり)に励んで約60年。ようやくはげ山に木々が茂り緑になった。植えられなかったところにも雑木林が成立し、最近は照葉樹林(スダジイなど)が大きく林冠に枝葉を伸ばし、潜在植生にもどりつつある。
 
いわば、傷口にかさぶたが張った状態。もう少しで全快する……。
 
だが、林野庁は、そんな山の木を全部伐ってはげ山にもどして、地肌に切り傷を入れて、またスギを植えよう、という方針である。
それは、強引にかさぶたを剥がし、再び血を流す所業である。
 
 
いかがだろうか。林野庁の政策はかさぶたを剥がすこと。
 
私は、林野庁のことを「カイバツくん」と呼ぶことにしているが、その政策は「かさぶた剥がし」。
 
これ、いいなあ。使わせていただこう。皆さん、流行らせましょう(笑)。
 
 
もう一つ。後藤山林にあった看板もお気に入り。
 
172
 
杉の50代は青春真っ盛り
 
これだ! そうだ、スギだけでなく、私も青春真っ盛りだ!!
 
いや、その、スギの伐期が50年というのはおかしいという意味なんだが……私も青春だ!
 
後藤氏の言語感覚はスゴイ。キャッチーな言葉を発することで人々の心に焼き付けるのだ。ちなみに御歳78歳というが、やっぱり縄文杉ぐらいは生きないといけないねえ。

2018/04/15

ブラック林業はお好き?

先日、生駒を訪ねてきた林業人。話していてふと出た言葉が、「ここ何ヶ月か休んでいない」だった。そんなブラック職場だったのか!

 
とはいえ一応勤め人で、会社としては土日など休みはあるよう。ところが、その週末に個人的な林業の仕事を入れてしまうらしい。それも、ときに東北やら広島やらと遠方に泊まり掛けで行く。そして月曜日からまたルーティーンな林業……。
 
今回の生駒に来るのが、その貴重な休暇を潰していたのであった。いや、これこそ休暇であるはず……。
しかし、生駒で私と話すことと言えば、これまた林業なのであった。私が別の話題に話を振っても、いつしか元の林業にもどる。延々林業のこと考えて、話して、身体を動かしていることになる。これ、身体によくないんじゃない?やはり働き方改革が必要なんじゃないの? 
 
もっとも堪えている様子がない。疲れがたまって鬱になるとか、体調に異変をきたすとかないのか。どうやら頭の中が林業漬けらしい(笑)。
 
もっとも、他人のことは言えない。私も、完全オフの日はほとんどない。土日も、たいてい午前中はなにかしら原稿書いているし、休んでいない。もっとも平日に遊んでいることも多いから、単に仕事と休暇の境目がつかないだけかもしれん。
 
 
なぜ休みなしの環境でも平気なのか。その一つに雇われ仕事とはいえ、自分で全部仕切っているからではないか。忙しいように見えても自分で仕事の中身は取捨選択している。イヤな仕事は遠ざけてやりたいものから手がけるとか、同じ仕事でもやり方は自分で決める。
この主体性が、過労を防ぐのではないか。
 
たまに仕事が多岐にわたって忙しくなると、秘書がいて仕切ってくれたら……と思うのだが、実は全部自分で仕切るから楽な面もある。他人にやることを決められたら隷属的意識で仕事をしてしまいがちで、これがストレスになる。自分でやっていたら、テキトーに力を抜いて脱線できる。自己責任で仕事放棄もできる(笑)。
 
いわゆる「仕事を趣味にする」状況に近くなるわけだ。
 
残念ながら、現在の請負林業は、個別の作業を発注・受注して、言われた通りに作業することを求められる。とくに補助金絡みになると作業内容に工夫を加える余地が少ない。それが林業をブラックにする。
 
 
だが、自由に動けるのなら休みなしで働く林業人もいるのだから(笑)、10年、20年契約で山仕事を自由にやってよいように任せたらブラックなほど自分でよく働くのではないか。
そもそも自然相手の林業って、常に現場で考える仕事のはずだから。
 
逆に先の読めない長期管理を嫌がる業者、仕事内容を自分で考えるのが苦手な作業員は、多分本当の林業が好きでないのだろう。
 
これを林業人の色分けに使えるかもね。 
 
……とまあ、そんなことを考えたものの、あんまり林業に入れ込むのもどうかと疑う。人間、もっと興味の幅を広く持たないと、結果的に自由に動けないのではないだろうか。
件の林業人と仮に一緒に住んだら四六時中林業のことばかり話されて鬱陶しく感じるだろうなあ、と私は思うのであった(笑)。
 

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎