無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2024/04/16

森を金に換える「生物多様性クレジット」

放置林が増えている理由は、1にも2にも森から利益を得られないからだろう。だから所有者は、森を管理する意欲を失う。

ここで利益を得るというのは、日本ではほとんど「木材生産」しか頭にない。木材価格が下がり、需要も落ちているし、木材として使うには数十年も育てなくてはならない。だから、期待できないのは仕方ないだろう。

そこで新たな森の活用法を見つけなくてはならないのだが……一部にキャンプ場などもあるが、最近注目されているのが、Jクレジット(カーボンクレジット)。つまり二酸化炭素の排出権取引であり、森が吸収する二酸化炭素を商品とする考え方。日本では低調だが、上手くすれば金になる。考え方としては、かなり広まった。

私は、もう一つの考え方として、生物多様性を金に換えるシステムが広まらないかと思っている。

その一つが、環境省が売り出し中の「自然共生サイト」。30by30、つまり陸海の30%を2030年までに保全するという国際公約を達成するために、生物が多様な民間の土地を認定する政策だ。

基本的に一斉林で行う林業地には関係ないように思えるが、そうでもない。ある程度大きな面積の森林所有者の場合、すべてをスギやヒノキの人工林に変えているわけではなく、一部、たとえば1~2割は天然林であることが多い。河畔や尾根筋などに広葉樹を残した森がある。そこを自然共生サイトに指定してもらえないだろうか。

今のところは、指定されてもイメージ向上にしかならないが、近く環境省は税制を変えて固定資産税や相続税などで優遇措置を設ける予定だ。そうなると、面積によってはそこそこの金が浮く。

Photo_20240416151701環境省サイトより

あるいは林業を続ける気持ちのない山主が、そのまま放置するのではなく、その山で自然再生活動をすると、その活動を認定する制度がつくられた。これは2025年度から施行されるが、そうすると認定証を発行されて、企業などから寄付を受けられる。再生が上手くいって、生物多様性をキープできるようになれば、それを自然共生サイトに認定される可能性が高まる。

こうした自然を守る活動と、その結果生まれた自然豊かな土地をクレジットにして、どこかの開発計画(自然破壊行為)と相殺する。その代わり開発計画者は、自然保全者に金を払う。これがクレジットだ。

これが「生物多様性クレジット」である。

Photo_20240416151702福島県サイトより

国は3月末に「ネイチャーポジティブ経済移行戦略」を発表した。生物多様性を増やす(ネイチャーポジティブ)ことを経済活動につなげる戦略だ。企業や金融機関、消費者の行動を変えて自然を保全する経済に移行するビジョンと道筋を示した。環境省の言葉によると「自然への対応が、企業の株価向上や株価純資産倍率(PBR)改善につながる」。

すでに世界的には「自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)」の枠組みがある。ようするに自然への対応を情報開示し、ESG投資を呼び込む発想だ。これで株価向上も狙うのだ。

木材生産だけではなく、二酸化炭素吸収と生物多様性創生の2本柱で森から金を稼げたら、これも新たな林業、環境林業にならないかね。

 

 

2024/04/07

G空間情報のオープンデータ化!

あまり目立たないが、今年度より森林情報のオープンデータ化が全国規模で始まる。

Photo_20240406121801

林野庁は2024年度から、都道府県が持つ森林資源や地形情報のオープンデータ化を支援事業を始める。民間企業が技術開発や森林投資に前向きになることを狙っているようだ。情報提供のプラットフォームの整備も検討しているとか。

具体的には、自治体などが行う航空レーザー計測による森林情報(森林の標高や傾斜、樹種など)を国や自治体、企業などが所有する地理空間情報を提供している「G空間情報センター」に掲載する。こういう組織があったのだね。Gとあると、ついゴキブリ?いやゴジラだ!と反応してしまうのは、頭がおじさん化しているのだろう。。。。

実は,昨年10月から森林データが比較的整備されている栃木、兵庫、高知の情報をモデル的にG空間情報センターに公開していたそうだ。すると企業や個人が閲覧している傾向が強く、地域別では東京都や大阪府からのアクセスが多かったという。つまり利用したい人・機関はわりといるのだ。

Photo_20240406122601

イメージ的には、こんなことができるようになる。森林情報だけでなく、さまざまなデータも組み込みそうだから、面白そうだ。まあ、私が何か使えるかと言われれば困るのたが。

 

2024/03/13

木質ペレット製造は、合法なのか

昨年の木材輸入統計を見ていた。

昨年は頭打ちだったようだ。品目別輸入量で見ると、前年比で、丸太が81%、製材が68%、合板が72%、集成材が63%。ただし木質ペレットが132%と急伸している。

Photo_20240313144701

Photo_20240313143901

ペレットを輸出しているのは、ベトナムとカナダ、アメリカで大半を占める。そこで思うのだが、これらの国の木質ペレット生産は、本当に合法なのか。

一応、カナダもアメリカも残材や端材、枯れ木を使って製造すると言っているが、その膨大な生産量をそれで賄えるわけはない。実際、現地からは森の木を全部伐採して、それをペレット工場に運搬しているそうである。これでも、合法になるというのは、どんな法律なのか。(ベトナムも同様だろう。情報は持っていないが)

 

おそらく、全森林の成長量に比して、伐採量は小さいから森林破壊ではない、合法だというのだろうけど、そこにも異議がある。

森林成長量の計算方法が相当いい加減だというのだ。また保護区の定義もあやふやにしていると。これで成長量より伐採量が少ないと言えるのは「神がかり的林業」をやっているからだと揶揄されている有様だ。

 

2022_20240313145401

これは地球・人間環境フォーラムに提供されたカナダの写真だが、見渡す大地が見事に皆伐されている。これもペレット用の伐採だという。

合法なのか違法なのか。これは当国の法律と突き合わせないと答が出づらいが、少なくても森林破壊をしているのは間違いない。

カナダの木質ペレットは、日本だけでなく、イギリスや韓国にも大量に輸入しているという。つまり怪しい自然破壊木材は、世界中を巡っているのだろう。

これはEUDR(EU森林破壊防止デューデリエンス)に抵触しないのだろうか。イギリスはEU加盟国ではなくなったが、準じているはずなのだが。

『盗伐 林業現場からの警鐘』では、こうした海外の違法伐採、違法木材の動向にも触れている。

2024/03/10

林業界の「遵法精神の欠如」

こんなニュースが流れていた。

住友林業が森林経営計画認定を取り消されたというものだ。

当社の森林経営計画の認定取消しについて

432142458_7580335188677390_1327263220604

正直、あまり意味がわからんのだが、計画の変更手続をしないまま、変更したかのような大臣認定書を(社員自らが)作成したとある。簡単にいってみれば偽造したということか。これは社員個人の犯罪というか資質の問題かと思えるが、なんとも理解不能。単に手続が面倒だったのかもしれない。ただ罰則的には令和5年の施業は中断とあるが……なんだ、あと20日ほどか。

この事件をどうのというのではないが、私は林業界をかなり遵法精神の欠けた業界だと思っている。その点については、令和6年に入ってすぐに出版される『盗伐 林業現場からの警鐘』にも書いたことだ。

第7章 絶望の盗伐対策
1.遵法精神欠如と事なかれ主義

ここにはいくつも実例を上げたが、それこそヘルメットをかぶらないことから始まり、樹種の偽り、産地の偽装、そして伐採届の偽造まで。そして伐採跡地に再造林すると書類に記しながら、実際に植えたのは3割ちょっとだということも、7割近くが届け出違反行為だろう。

自然界相手では、四角四面にできないよ、臨機応変にしないと現場は回らんのだという言い訳もあるが、やはり「山の中で(町の)法令は適用されないぜ」という発想がどこかに潜んでいるように思う。あるいは「林業界の中に法律を超えたルールがあるんだ」という業界脳の気持ちが隠されているのか。しかし、それがいつか表に吹き出る。その時はオオゴトになると思うよ。

Photo_20240310203401

2024/02/29

遠隔操作の土木作業、林業でも?

先日、朝のワイドショーを見ていると、土木建設の世界で進む自動運転や遠隔操作の現場を紹介していた。

“無人化”ダム工事現場…14台重機が自動運転 

調べてみると、ニュース映像の使い回しぽいが、それはどうでもよい。

後半に注目してほしい。島根県大田市の山﨑組のビル解体現場で無人の重機が動いている。それを遠隔操作しているのは事務所の中。

仕事は解体業だが、事務所内で重機を操作している。

20240227-0829161 20240227-082923

おお、ここまで進んでいたか。これ、実用化したの? それともやらせ? と疑ってしまった。一応、昨年夏から導入したと言っている。

というのも、こうした遠隔操作で重機を動かすのは、林業でも描かれていたから。ただし、実験レベルであったが。ハーベスタを動かして伐採から搬出まで事務所内で行えるという……。

もちろん現場が平坦か斜面か。5Gの電波が届くのか、どこまで細かな操作が求められるか……など条件はいろいろあるだろうが、少なくてもこのニュースでは実用化している。林業でも、遅くない将来に可能になるかもしれない。

ま、現場が反対しなければ、だが。

ちなみに前半に紹介されているゼネコン・鹿島の自動運転。これ、私には既視感がある。それも20年以上前から。

実は1990年代に長崎県島原半島で、当時の建設省がスーパー砂防ダムの建設現場で実験しているのを取材したことがあるから。当時は、事務所も現場のトレーラーの中にあったが、一応、10台以上の重機が無人で動いていた。それが、ようやく実用化したのか。ここでは小田原市から秋田県の現場を動かしていた。

20240227-082623

当時の写真などもどこかにあるはず。探し出してみるかな。フィルムカメラで撮影したのだが……。

 

2024/02/23

低密度植林と花粉量

たまたま見つけた「近畿中国森林管理局の低密度植栽試験」という資料。(リンク先の9ページ以降)

主伐期を迎えて、再造林が課題となっているから、これを機に林相を転換しようという発想のよう。実際に育成複層林を増やして単層林を減らす将来像が示され、そこに再造林の仕方の研究が示されているのだ。

Photo_20240223112701

植栽本数を2000本以下、できたら1500本を検討している。

なるほどね。最初に言っておくと、私は反対ではない。そもそも1ヘクタール3000本植えという戦後の規定がかなり密植だった。吉野林業を真似て高級材生産を意図したように思える。戦前、それも明治ぐらいは1000本植えの地域も少なくなかった。なかには500本のところもあった。それぞれ地域の特性~植生や人口構成、そして木材産業の基盤などを考えて、特色のある林業地がたくさんあったのだ。

ただ、それを全国展開するのはどうか、と思う。それぞれの地域で歴史に学びつつ多様な林業を展開すべきで、その中に低密度植林があるのならよいが。だいたい、疎林のような植え方をしたら、その後どうなるか想定しているのか。

そこで頭の体操をしてみたのである。

本数が少なくなれば、苗間が開く。光も入る。ならば雑草がよく生えるだろう。雑木も生える。少なくても地面が植生に覆われて土壌流出が抑えられ、混交林化も進む?(シカ害による植生破壊は、ここでは省く)

でも、間が開くと、そこに植えたスギが枝を多く伸ばすだろう。エリートツリー苗なんてのも言っているから、成長がよくて枝の成長もよいだろう。たくさん雄花が咲いて、花粉を大量に飛散させるかも。
植える苗は、無花粉・少花粉スギ苗を推奨しているが、間に合うかな。完全無花粉スギの苗は、まだまだ生産量が少ない。一方で少花粉スギ苗を植えても、枝が多くなれば、結局、花粉量は減らない……?

下刈りの省力化も触れているから、草が繁茂して苗が育ちにくくなる可能性もある。結局、花粉をつける前に枯れてしまうかも。これなら花粉は出ない(⌒ー⌒)。
そこで坪刈り、筋刈りにする案も記してあるが、私は効果があるように思えない。すでに坪刈り実験は繰り返し行われてきて、否の結果が出ているからだ。草の生長力なめんなよ。

やっぱり除草剤でしょ! ドローン使って散布すればいい。

草に覆われると苗の生長は悪くなるが、枯れるとは限らない。むしろゆっくり成長して木目の詰まった材になるかも。植えしぱなしにするという手もある。無下刈り、無間伐でも、1000本/haは育つ実験結果も出ている。放置林にはよい木が多く生えているとは誰が言ったかな。

 

……とまあ、延々と頭の体操を続けてみたよ、3連休初日。いやあ、私に連休などなくて、仕事しているんだけどね。

『盗伐』本の再校の始まりである。

20240223_115000

 

2024/01/24

台湾の貯木場写真に思う

友人のカメラマンが、台湾の貯木場の絵葉書を入手したとのこと。

Jpg

浮かんでいる木が、いかにもタイワンヒノキっぽい(笑)。ベニヒノキではないだろうか。いや、どこでわかる、と言われたら困るのだが。台湾でも、乾燥させるために水に漬ける、ということをやっていたのだね

思わず「台湾の貯木場」で検索したら、わりと多くヒットした。どうも戦前の日本の林業施設が観光対象になっているようだ。ちょっと興味ある。台湾で伐採した木材量は、推定されているのだろうか。当時の日本の木材生産量の何割かを占めただろう。まだ明治時代は、国内に十分な森林資源は育っていなかったはず。

近代日本は、台湾の木材で成り立っていた、という仮説を立ててみたい。

台湾は、戦前の日本林業にとって大きな存在だったようである。奈良南高校(旧・吉野高校)の林業博物館にも、多くの台湾の木の標本があったことを思い出す。

1_20240124171301

そう言えば、火災で焼失した沖縄県の首里城再建のため、ベニヒノキ5本を提供するというニュースがあった。タイワンヒノキは輸出禁止、いや天然林は伐採も禁止になっているが、これは人工林で間伐されたものとか。
首里城は、一応日本のヒノキで建てることで進んでいるのだが、少しだけ「外材」が混じっていた(笑)。

 

2024/01/18

木材輸入額1458%増!

林野庁の「モクレポ」1月17日版を見ている。

2023年11月の木材輸入額(丸太)の表を見て、ウッ!とうなった。

木材輸入額が、前年同期比1458%になった国がある\(^o^)/。

それは……パプア・ニューギニア。

2022_20240118120801

ま、ようするに前年は1000立米しか輸入していないのに、23年11月は1万4000立米輸入したということにすぎない。14倍になったわけだ。

単なる数字のお遊びみたいなものなのだが、なぜ私がここに目を止めたのか。

実は、かつてパプア・ニューギニアの木材を伐採して輸入している現場を訪れたことがあったからだ。何週間か滞在してお世話になった。

Photo_20240118121201 5_20240118121201

あの頃は、よいか悪いかは別として、バンバン伐って、バンバン輸出していた。それが、ここまで減っていたのか。私がお世話になったあの会社の支配人は現地人に殺されてしまい、撤退している。撤退に関するトラブルに巻き込まれたとも聞く。

パプア・ニューギニアという国は、なかなえ難しい。民族紛争も絶えない。だから輸入も途絶えたのだろうが、今回はスポット的に輸入したケースがあったのだろう。丸太輸入自体が流行らない時代だが、南洋材華やかなりし時代であった。そういや当時は韓国人が買いに来ていた。買いつけに来ていた張さん、どうしてるかなあ。

ところで、合板用だったラワン材が、最近では銘木扱いされているそうだ。あの木肌を好む人もいるのだろう。ニューギニアの木材はもっと緻密だったと思うから、すごい銘木になっているかもしれない。

そんなことを、1458%という数字から思い出したのであった。

 

 

2024/01/14

再造林「立木市場」の設立実験を始めるとか

昨年8月に本ブログで紹介した、再造林コストを織り込んだ立木市場の開設構想。

再造林コスト上乗せした「立木市場」成立なるか 

この構想の報告書が出て、実験がいよいよ始まるらしい。林業・木材の主要6団体でつくる「国産材を活用し日本の森林を守る運動推進協議会」などが有識者検討会が、先週11日に報告書をまとめた。

再造林コスト含め価格設定 「立木市場」開設へ報告書―業界団体(jiji com)

まだ公開されていないのか、私は内容を知らないのだが、報道によると、伐採前の樹木を対象に、森林所有者が再造林経費と利益分を上乗せした最低価格を設定し、インターネット上で取引するというものらしい。(だから立木市場と呼ぶ。)

岩手県岩泉町、長野県伊那市、宮崎県美郷町などで実証実験を行い、数年以内に全国規模の市場開設を目指す……とか。

当然、現在より高くなるはずだが、それでも買うインセンティブとしては、売買された立木の伐採地の植林状況を買い手が確認できる仕組みを導入する。再造林の状況はドローンで撮影した写真などを付ける。また流通段階で「持続性の担保された国産材マーク(仮称)」を付ける。まあ、森林認証制度のロゴマークみたいなものか。

しかし森林認証制度なら、現地調査を含めて審査をするし、トレーサビリティも確認するが、こちらの計画では写真で見るだけ?そのマークを付けた丸太が本当に持続的な生産をしたのか(つまり再造林したのか)を確認する手段は写真だけなのだろうか。

ちょっと全体像が見えない。どこかに資料置き場があるのなら教えてほしい。もう少しじっくり考えたい。

このところ思うのだが、そもそも伐採届には再造林をすると記されてあるはずなので、しなければ違反行為。摘発もできるはずだ。天然更新だって、ちゃんと確認がいる。となれば、単に伐採届に書いた通りにやれ、さもないと違法伐採だから取引させないぞ、と言えば済むのではないかね……。ごまかす業者が犯罪行為をしているのだよ。

立木市場も、結局は高い木材の値段になって、誰も買わなかったとなれば、オシマイだよ。よほど勲章でも付けて「再造林しました!」と世間が褒めそやさないと動かない気がするな。

あれこれ再造林の手立てを提案しないといけないというのは……なんだかなあ。

6_20240114170201

 
 

2023/12/26

日本の山にユーカリは育つか?

ちょっと不思議な記事を見つけた。神戸新聞なのだが。

Photo_20231226173001

兵庫県佐用町の森林でユーカリの植林が行われた。町有地1000平方メートルに、5月に3種類のユーカリの苗木250本、9月に別の2種73本を植えたという。早生樹で、バイオマス燃料や用材として使えるから、林業振興と放置林の解消が目的とか。

街だけでなく大学や民間企業との共同実験だというから、思いつきではなさそうだが、今更ユーカリ? いろいろな樹種を実験するのはかまわないが……。

かつてユーカリは、熱帯雨林地域で早生樹として持て囃された。一方で植えられると、樹皮からのアレロパシーで鳥も昆虫も棲めない、水を猛烈に吸収して川を涸らす悪魔の木だと騒がれたこともある。(『沈黙の森・ユーカリ』)

51e3brgr1ul
私は、その際に専門家を取材して、悪魔の木とはひどすぎるし、濡れ衣でもあると主張した(『「森を守れ」が森を殺す!』所有)。実際、そんな害毒はなかったのである。虫もよくいたらしい。川も涸れない。周辺に草も生える。
ただし、少なくても日本では外来種であるし、用途も怪しい。また早生樹にはコウヨウザンやセンダンなどいろいろ提案されている中で、ユーカリは外されている。

どうもユーカリをシカは食べないと思ったらしい。たしかに葉には油脂分を含み有毒成分もあるのだが……結果は、パクパクと食べられましたとさ(^_^) 。シカはたくましいのだよ。アセビもシダも食べるのだから、ユーカリぐらい平気だろう。寒さに強い品種もあるが、日本の気候に合うだろうか。

成長が早いというのもどうか。センダンも場所によっては上手く育たない。最初こそ急速に伸びるが、頭打ちになる。コウヨウザンも同じような傾向があって、江戸時代から植えられているのに広まらなかった。

もしかして経験があるのかと思って調べると、兵庫県相生市の小学校にユーカリの大木があったらしい。120年生で幹周りが420センチという大木だ。大正初めに木材商の木材置き場にあったものを、相生小学校の校庭に移植されたのだという。それが10年ほど前に突然倒れてしまったらしいが、少なくても兵庫県で100年以上は育った事例があったのだ。山間と海沿いの違いはあるが。

しかし、記念樹や庭木、コアラの餌供給用に植えるならよいが、日本の山にユーカリの森をつくるのは似合わないと思うよ。それとも、将来は佐用町の山にコアラの野生化計画があったりして。

 

 

より以前の記事一覧

April 2024
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先