無料ブログはココログ

本の紹介

林業・林産業

2019/02/09

吉野は桐の産地だった

奈良県御所市には、水平社博物館がある。

 
水平社は、部落解放運動の拠点組織である。その「全国水平社創立宣言」は日本で初めて出された人権宣言であり、世界で初めての被差別者が発信した人権宣言とされている。
つまり奈良県は、「日本の人権のふるさと」なのだ。 
 
それはともかく、私はこの博物館近くをよく車で走りながら入館したことがなかったので、先日寄ってみることにした。
 
水平社博物館は想像以上に立派だったが、そこでは水平社設立に立ち上がった御所市柏原の被差別部落について紹介されていた。
 
その展示の中で、柏原が意外や経済的には豊かであったことが示されていた。言い換えると豊かだから運動を起こせたのかもしれない。
 
問題は、その豊かさの源泉。それは屍牛馬からつくる膠産業があったことが大きいのだか、もう一つ注目すべきは、桐材の加工をしていたということだ。 
桐から下駄などを作っていたらしい。その展示もあった。
 
5
 
桐は成長が早いことと、軽い材質が好まれた。桐材の使い道としては桐ダンスなどが有名だが、その産地というのは限られている。
 
ここで使われた桐材は、吉野から出されていたという。つまり吉野は桐の産地だったらしいのだ。これはちょっと驚きだ。それは植林したのだろうか。 
 
ただ、少し心当たりがあるとしたら、土倉庄三郎について調べていたときのことである。土倉家の祖先に当たる人に土倉平兵衛という人物がいた。1600年代の人だが、彼は桐が好きでよく植えたので、法名は「桐安休葉信士」となったそうである。そして、桐を植えたところは「土倉の桐畑」と呼ばれたと記録に残っていたのだ。つまり、川上村大滝に桐の林があったことになる。 
 
もしかしたら、かつて吉野各地に桐が植えられていたのかもしれない。
 
4
 
これは展示物の写真。戦前に吉野郡下市から出された桐の丸太らしいが、こんな大木があったのか。
吉野では、和紙の製造や漆芸があったことが知られており、コウゾやミツマタの栽培と、ウルシノキから樹液を取り漆芸も行われていたと知られるが、もう一つ桐にも注目すべきかもしれない。スギやヒノキばかりではないぞ。
 

2019/02/07

磨丸太用の「だるま絞り」

先日、静岡の林業家を視察させていただいたのだが、その際にいくつか面白いものを見せていただいた。

その一つとして、こんなスギはどうだろう。 
 
1
 
わかるかな。細いが、表面が凸凹しているだろう。実際に近くで見ると、モコモコとダルマ落とし用に積んだ積木みたいに幹が波うっている。
 
これって、フツーなら傷物扱い? 奇形扱い?で切り捨て間伐したくなる(笑)。
 
だが、これは磨き丸太用の品種なんだそう。天然絞の一種で、皮を剥いて磨けばモコモコが魅力になる……らしい。最近は磨き丸太そのものが売れなくなったから生産も減少しているのに、あえて磨き丸太の中の珍しい品種を植えるとは。
 
とにかく様々な品種を植えているという山主は、意欲的にバラエティのある森づくりをしていた。単に多様な樹種を植えるだけでなく、品種でもばらつかせているわけだ。
 
多様性のある森はリスクヘッジになる。
持ち山は全部で60ヘクタールとか。これは、昨今の林業経営としては狭すぎるだろう。いまどき100ヘクタールでも足りない、数百ヘクタールないと林業経営は成り立たない、とよく言われる。そして大規模化、集約化を求めてくるわけだが、果たしてそうか。 
 
むしろ狭さを活かして、多様な森づくりを試みるという発想があってもよいのではないか。
 
もしかしたら“失われたような品種”をここで温存しておくことで、将来何かをもたらすかもしれない。

2019/01/28

保持林業の実践地!

昨日は、「保持林業」という本を紹介した。(サイドバーに掲載)

 
簡単にもう一度紹介すると、保持林業とは、皆伐する際に広葉樹など一部の樹木を残し、森林生態系を回復しやすくする手法だ。海外では広がっているという。日本でも北海道などで実験的に行われているというが……。
 
なんと、私は先日実践している林家とその森を訪ねたのである。まずは写真を見てほしい。
 
1
 
2
 
林家の希望により、名前はもちろん場所も明かさない。(北海道ではない。)
 
ちなみに、この林家は、「保持林業」のことを知って実践したわけではない。自ら考えるところがあって広葉樹を残したのだという。また太い針葉樹もいくらか残している。かといって、種子散布を期待するような保残木施業でもないようだ。 
よく見ると、残された樹木はサクラやコナラ、カシ類が多いか。一部では、残すだけでなく広葉樹の苗を植えている。クスやケヤキなどがあった。
 
「広葉樹が好きだから」と理由を語ったが、完全に皆伐するのは忍びない気持ちがあったのだろう。経験則でも、少し樹木を残した方が、その後の植生の回復が早いこと。そして日陰ができて、作業が楽であることを考えたのだそうだ。
また、父の代から樹種も多く植えてきた。なかにはテーダマツなんてのもある。一方で流行りのコンテナ苗も試している。研究熱心なのである。
 
話を聞いても、全国の著名な林家や林学研究者のところを訪ねたり招いて話を聞いていた。実に熱心な篤林家であった。 
 
「保持林業」を読み終えたばかりで、その実践地を目にすることができるなんて、ついている。
 
ただ、せっかく残したカシの大木がナラ枯れで枯れてしまうなど、思い通りに行かない面もあるようだ。それも森林ゆえであろう。想定通り行かないからこそ、多様な試みをするというのが、リスク管理である。
 
そういや、私もタナカ山林の皆伐時にシンボルツリー的に大木を数本残した。もしかして、これも保持林業? 私も知らぬうちにやっていた!!よし、我がタナカ山林も保持林業実践地として公開しよう( ̄∇ ̄) 。  
……もっとも、残したコナラやアベマキの半分は、その後ナラ枯れで枯れてしまったのだが。
 
 

2018/12/14

静大の広葉樹林化研究

静大演習林の研究第2弾。

 
スギやヒノキの人工林を広葉樹林化、あるいは混交林化実験もやっていた。
 
まずどんなギャップを作れば広葉樹が入ってくるか。一辺5メートル、10メートル、20メートル、30メートルの4種類のギャップをつくって実験している。
 
その条件はいろいろあるのだが、一足飛びに結果を言えば30メードルがもっとも広葉樹が繁ったようだ。
 
Dsc00317
 
やっぱり広い方が光がよく林床に入るから……とそんなに単純化してはいけないのだが、現実的にも、これぐらい広い方がいいな、という印象である。ただ広葉樹の種子は、鳥が運んでいるらしい。そこでは外来種のソウシチョウが大活躍したという。
 
 
ちなみに演習林に隣接して、管理を任されている森に、「江戸時代のスギ造林不成績地」というのがあった。約150年前にスギを造林されたのは間違いないのだが、土質が向いていずにあまり成長がよくないため、広葉樹が入ってきた……というもの。
 
2
 
つまり混交林化したわけだ。混交林づくりとしては成功?
なかには150年生のスギが混じっている。人為的に何かしたのではなく、混交林化するのも見本になるのではないか。
 
4 
 
森林の生態については、決めつけご用心。長大な時間とともに自然も結果をとりもどし、いまこの時代で行われている事件を笑ってスルーしそうだ。

2018/12/12

小規模林家の施業術研究

静大は、100年檜にペンキを塗るバカだけではないことを記そう。

 
 
静大の阿多古演習林で行っている実験。
 
それは小規模林家向きのSSSモデル林(小規模Small scale持続型 Sustainable群状択伐 patch Selection) モデル林だ。
 
おバカな国は大規模林業ばかりを指向して研究するのも機械化だとかスマート林業だとか耳障りのよい?(ホントにいいのか)言葉ばかりを振り回しているが、日本の林家の大半が20ヘクタール以下で、とくに1ヘクタール2ヘクタールといった小規模山林の所有者が多いはず。
 
そこで小規模でも成り立つ林業の実験として、1,6ヘクタールを単位に考えてみたものだ。
まず森林を10年分に分け(つまり10等分)して、毎年その真ん中のほぼ40メートル×40メートルの部分を間伐し、その一部を群状択伐=皆伐する。そこには植栽を施す……という実験だ。それで伐採した木は搬出して販売する。この林地は約70年生のヒノキである。
これでコストと利益はどうなるか……。
 
開始して4年目というが、実質2回施業したという。
 
Dsc00324
 
皆伐(と言っても10メートル四方ぐらいだが)したところにはシカ除けのネットをはったり、ツリーシェルターを試している。
 
今のところ、利益が20数万円出て、コストは10数万円だから、ざっと10万円の利益というところか。赤字でないのなら優秀かもしれない。
 
これを自伐方式で外注しないのなら、何日かかるのかにもよるが、もう少し手元に残るかもしれない。あるいは毎年10万円程度のお小遣いが入る感覚でもいいのではないか。
 
1,6ヘクタールはさすがに狭すぎるというのなら、3倍の5ヘクタールぐらいで考えてもよいだろう。そうすると現実味が出てくるか。実際にいる副業自伐林家の姿が見えてくる。
 
演習林は最初から70年生まで成林していたこともあるし、どこまで一般に敷衍できるのかわからない。が、林家をないがしろにした素材生産業者の大規模機械化林業を研究するよりよほどマシと思わないか?
 

2018/12/08

奈良、最強!フォレスター・ギャザリング

本日、奈良でフォレスター・ギャザリングが開かれた。

 
会場は、橿原市今井町の今井まちなみ交流ンター「華甍」。知る人ゾ知る、戦国~江戸の環濠都市の街並みを残す今井町のシンボル的木造建築だ。おかげで、外を大型車が走ると、ビリビリと窓ガラスが揺れるのだが……。
 
フォレスター・ギャザリングとは、森林総合監理士を含めた、自称フォレスターの集まり。今年で4回目になるが、私も過去何回か参加&取材に訪れている。その際は、このブログにもアップしているはずだ。
 
 
今回は地元奈良で開かれるので、静岡帰りでちと忙しい中、駆けつけた。懇親会は抜き。
 
20181208_125917  
 
以前は、参加したフォレスターがお互い語り合うのを目的としていた。ところが今回は,ちょっと趣向を凝らしたのか、シンポジウム形式。5人の話題提供的発表とパネルディスカッション。そしてライトニング・トークという一人5分以内の短い意見発表が11人。そのほか、森林管理局や奈良県庁からも出席していた。
 
私としては、森林監理業務に就いている人が語り合いの中で出る愚痴を聞くのが目的(^o^)というか、林業現場で起きていることに対する本音を探るつもりだった。それをネタに記事を書こう……。だが、今回は各地で行われている新しい試みというか、挑戦事例の披露の意味合いが強くなったようだ。 
 
 
そこで感じたのが、奈良の林業、最強じゃん! ということ(笑)。
 
そもそも5人の発表のうち3人が吉野の山守や山主だった。いずれも11代目です、うちは14代目、うちはまだ7代目で……なんて言葉が出るのだ。そこで生まれた500年の育成林業の伝統が育んだ技術と管理システム、そして商品開発や社会との関わり。その一方で、現在の苦境の中で行われている新たな挑戦事例。山守制度こそ、元祖フォレスターであると示す。
また今回の主催者でもある、奈良県森林総合監理士会は、日本で初のフォレスター組織化だった。進取の気性を示しているとも言えよう。
 
ほかの地方の発表と比べても、いかに奈良、とくに吉野が有利な立場にあるかと感じさせられた。いくら林業が不振と言っても、培った技術集団・山守はまだ健在だし、大山主の存在が山守を支えている。所有権などの集約化もすでにできているうえ、長期的な視野と体力を残す。何よりずば抜けた優良資源を抱えているのだ。
 
加えて発表者が、みんな漫談風で笑いを取りたがるのは、関西圏の宿命か。(笑いといえば大阪と思われがちだが、関西圏でその影響が強いのは意外と奈良なのである。) これもコミュニケーション能力の高さを示している! と言えなくもない。。。
 
実際、参加者も奈良林業人の取り組みには、結構関心を強めていた印象がある。奈良に続け、となるかどうか。 
 
Dsc00384
 
 
さて、その後の懇親会で参加者がどのような交流をしたのかわからないが、私としては愚痴を聞き出してネタを得るという目的は外してしまったような気がする。
ともあれ、私も次の挑戦を考えている。来年に出版する本の執筆だ。早く進めなくてはならない、という意を強くした。
 
もうタイトルは決めている。「絶望の林業」である。
 

2018/12/02

全銘展の栃

昨日の続き。意外な出品に目を奪われた。

 
栃だ。栃の大木が多数出展されていたのである。 
 
奈良の、吉野の木材市で栃の材がこんなに並ぶのは珍しいのではないか。
なかでも、びっくりしたのは、これ。
 
Dsc00251
 
これ、300万円だって。。。
 
太さは見ての通りだけど、長さは2メートルほどかな。
なんで、この値段? と聞くと、今、栃がブームなんだそうだ。かなり引っ張りだとのこと。しかも、栃の材は、辺材というか、回りの白い部分に価値があるそうだ。芯部の赤い部分が混じると値が落ちるとか。
 
写真を見ればわかるが、この材は異常に芯部が小さい。それだけ側が大きく、何枚も採れるわけだ。
 
「それに、これ杢があるんだよねえ」とは、近くにいた人の話。
 
え、どこ? と聞いて指さされても私にはわからない。でも樹皮を見たらわかるという。ううう。
 
「これがわからんか」と言われたが、素直に「わかりません。素人です。教えてください」とお願いする。樹皮の文様がどうのと……。ま、その場で教わってもとてもわからんのだが(´Д`)。
 
こうした栃は、だいたいテーブルの天板になるらしい。何枚採れるか……から考えると、一脚の価格が恐ろしいものになることが想像できる。それでも買う人は確実にいるらしい。
 
 
ちなみに、こんな出展もあった。
 
Dsc00254  Dsc00243
 
ここまで傷んでいても? ウロが空いていても?(確認したが、深さは1メートル弱くらいか)
 
小物には使えるのだろう。栃がそんなに人気なのか。この栃は川上村産。
 
「川上からスギやヒノキじゃなくて、栃が出されるとはねえ」という周りの声(^o^)。価格も、スギより高いし。
 
ちなみにケヤキの大木の出展もあったが、意外なほど安かった。かつて広葉樹材の王様だったのに。逆に栃は、栃の実を取るのが目的で、材として出すことはあまりなかったはず。また杢の中にカネクイと呼ばれる硬いところがあって嫌われるとも聞いた。それが大逆転。ずいぶん変わったものだ。
 

2018/12/01

全銘展に行ってきた

朝から電話があった。長野の林業家からだった。
 
「これから桜井に行くところなんよ」
「はあ。桜井というと……」
「銘木市やってるでしょ。奈良の銘協で全国の。それ見に行こうと思って」
 
それは奇特な。別に買いつけでもなければ出展でもなく、見学に行くのだという。
 
「頑張って見てきてくださいね」
私はすげなく返事する。私は、パソコンを立ち上げて週明け締め切りの原稿を書き始めたばかりなのだ。それに、近年の銘協の市は寂しくなった、と言われている。あまりよい木が出なくなったとの評判。それほど見どころがあるように思えなかったのだ。 
 
サクサクと原稿を書いて終盤に近づいたころ。昼前にまた電話があった。
 
「桜井に着いたよ。銘協に着いたところ。すごいよ。いっぱい並んでいるよ」
「それはよかったですね。全国からだから、少しはよい木が出ているかな」
「12メートル、13メートルのヒノキも出ているよ。量も多い。来ない?」
 
やっぱり誘いがきた。いやあ、原稿書いているし。風邪気味だし。そもそも生駒から桜井って近くないのだよ。車で、週末だから1時間半はかかる。
 
「立米178万円だって。材積が5,7あるから……1本で1000万円超すよ!」
「え……1000万円? ど、どこの」
「えっと、東京青海産だって」
「奈良じゃなくて東京の木?」
「福井もあるよ。こちらも長い。立米80万円付いているよ」
「……行きます」
 
というわけで、昼飯食わずに家を飛び出した。見事に釣られたのであった。
 
週末は混んでいる。渋滞しつつ桜井方面に車を転がす。会場は満員だった。こんなに人がいる木材市はあんまり知らない。
先に紹介しておくと、11月30日~12月1日で全国銘木展示大会が開かれているのだ。昨日が原木市で、今日は製材品市。
 
2
 
たしかに出荷量が近年なく多い。何より大木が多い。直径60センチ以上が当たり前で、1メートルを超すものも少なくない。よくぞ集めた。広葉樹が多いのも特徴か。栃の大木がずらずらと並ぶ。その価格たるや……。
 
とりあえず、1本1000万円の木はこれ。
 
1  近畿中国森林管理局賞を取っていた。
 
昨日にセリが行われ、落札したものには価格が記されている。
 
3
 
青のチョークが書かれたのが価格。178万円だって。長さは13メートル、材積5,749。たしかに1022万円になるわあ。。。
 
今日は、これぐらいで。

2018/11/23

SGECの貯木場 in 智頭

智頭町で初めて見たもの。

 
2
 
これは石谷木材市場なのだが、ここに並べられている椪積みは、SGEC材なのだそうだ。 
SGECは日本の森林認証制度(近年は、国際的なPEFC認証に参加したから、そう呼んだ方がよいかもしれない)だが、FSCなどほかの認証制度と同じく、そこから産出した木材は流通も管理される。いわゆるCoC認証だ。認証を取っていない木材と区別して流通させねばならない。さもないと非認証材と混ざって、トレーサビリティがなくなり認証材と確認できなくなるからだ。
 
聞けば、智頭町では石谷家の山林のほか、町有林や森林組合などの森林もSGEC認証を取っているそうだ。
そこで市場にも、認証材を取り扱う貯木場が設けられているのである。
 
実は、SGEC認証の貯木場は、初めて見た。この日は、なかなかの量が並んでいる。ただし、「SGEC材として求められたことは一度もない」そうである。価格も変わらない。。。
と、ちょっと悲しい現実であった。
 
 
6  
 
SGEC材だが、心材と辺材の間に白い環ができているのに気づいた。なんか不思議な文様。
聞くと、伐採後にしばらく置いておくとできるのだそうだ。乾燥が関係しているのか。私は、これまでこのような原木をあまり目にしていないのだけど……気がついていないだけかもしれないが。智頭材だけの特徴とも言えまい。この現象について詳しい人はいるだろうか。 
 
 
80_2
 
この日の市場には、巨木が結構な量並んでいた。たまたまらしいが、鳥取中部から出荷されたらしい。で、年輪を数えてみると……77本まで確認。つまり約80年生? 意外や若いのであった(笑)。

2018/11/21

林業学校バブル、新局面

すでに2年以上前から、次々に林業スクールが設立されていることに触れてきた。
 
 
 
その勢いは今だ止まることなく、まだまだ続いている。
来春には、三重県に「みえ森林・林業アカデミー」のほか、熊本県に「くまもと林業大学校」が開校するらしい。
 
さらに、栃木県矢板市に「フォレストビジネスカレッジ」が開校(開講?)するという。こちらは製材会社大手トーセングループが設立するもので、民間主導。入学すると、トーセンの契約社員となって勤務しながら1年間研修を受けるシステム。給料も出る(月給15万円)。
すでに5年以上林業現場で働いている者を対象にして、素材生産から製材までを学ぶという。なんだか、こちらは従業員不足対策か?と思わせなくもないが、ようは森づくりではなく伐採技術者が足りないのだろう。
 
北海道立林業大学校を2020年の開校めざして動いているし、富山県では一般社団法人モリビオ森の暮らし研究所などが中心となって、南砺市利賀村に2020年に「TOGA森の大学校」(仮称)を開校するそうだ。
 
今度は必ずしも自治体主導でなく、企業まで乗り出してきたことが特徴かもしれないが、そのうち外国人向けの林業スクールをオープンさせて、どんどん現場に送り込んでくるんじゃないかという気がしないでもない。そんなに林業人材が足りないかね? 
 
これは、林業学校バブルだよ。しかし、養成するのは伐採人員ばかり。長期間森づくりできる人材じゃない。
 
 
私は今の木材生産こそ、一種のバブルだと思っている。そもそも日本にそんなに木材需要がないから、無理して木を伐りだす必要性はない。ただ政策的に木材生産の拡大を煽っているだけだろう。だから木材が市場にだぶついて材価を下げている。それなのに、釣られて学校までつくってしまったら、もはや後戻りはできなくなる。
 
そのうち木材の供給過剰が行き着くところまで行き、また森林資源も底をついて、木材生産バブルが弾ける時が来る。その際に林業学校バブルも弾けて、促成された現場の林業ワーカーがあぶれる時代が来るだろう。そして……彼らは失業するんだろうなあ。
 
そのとき森はどうなっているだろう。
 
 

より以前の記事一覧

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

森と林業と田舎