無料ブログはココログ

本の紹介

取材・執筆・講演

2018/06/20

『鹿と日本人』の前書き

気がついたら、もうすぐ刊行の拙著の紹介が、版元のホームページで行われていた。

 
 
Photo
 
田中淳夫[著]
1,800円+税 四六判並製 228頁 2018年6月刊行予定 ISBN978-4-8067-1565-8
神の遣い? 畑や森の迷惑者? 赤信号は止まって待つ?
鹿せんべいをもらうとお辞儀する?
シカは人間の暮らしや信仰にどう関わり、どのような距離感でお互いに暮らしてきたのか。
1000年を超えるヒトとシカの関わりの歴史を紐解き、
神鹿とあがめられた時代から、奈良公園をはじめ全国各地で見られるシカとの共存、
頻発する林業や農業への獣害とその対策、ジビエや漢方薬としての利用など、
野生動物との共生をユニークな視点で解説する。
 
 
6月刊行予定、とあるが、7月になるかもしれない(~_~;)。
 
そして「著者紹介」と「目次」、そして「はじめに」が読めるようになっている。「表示する」をクリックしてくれるとよい。
 
ここでは、まずは目次を見てくれ、そうしたら内容がだいたいわかるから、と説明すべきなのだが……私のオススメは、「はじめに」(^o^)だ。
 
ようするに前書きなのだが、誤解を恐れずに書けば、「はじめに」は、森は怪しいワンダーランド』の続編である! (°o °;)
 
「鹿と日本人」という築地書館的タイトルからは、原始の時代からニホンジカと日本人がいかに関わってきたのかという歴史をがっつり描いた作品のように感じるが……(そうではないと、いうわけでもないが)、もっと私的な自身の経験を交えた野生動物への思い、鹿への思い、さらに奈良の鹿への思いをさらしている。
 
「はじめに」のタイトルは、「オランウータンからナラシカまで」だ。
 
そして「おわりに」は、「人と動物が共生するということ」。こちらにもオランウータンが登場する。(このサイトでは読めないけどね。)
 
まずは、ご笑覧あれ。
 

2018/06/19

Yahoo!ニュース「高値の木を捨てている…」を書いた裏事情

Yahoo!ニュースに「高値の木を捨てている…。日本の林業現場の実情 」を執筆しました。

 
これ、最初に書こうと思ったテーマは「国産材家具の可能性」だった。
実は、家具・インテリア業界紙 でそうした記事を読んだから。
 
そして記事の内容を検討していると、記事の中にパルプ用木材の中に「クロガキ」があったという部分があり、国産広葉樹材をいかに集めるのかが課題とあった。
そういや、数十万円もするクロガキがあっさりチップや薪になっている話を聞くなあ……と思い出し、それから連想ゲームのようになった。
 
日本の林業現場では広葉樹の名前も知らない人が多いし、価値を見極める眼を持つ人も少ない。それって、銘木だけの話ではなく、一般の広葉樹、いやスギやヒノキさえもそうではないの?と思ってこの記事になったというわけだ。
 
企画がどんどんズレていく典型例だ(^o^)。
 
国産家具の話は、また改めて切り口を考えて執筆しよう。ちなみに、この業界紙を提供してくれたOさんに感謝。

2018/06/18

LINEの鹿のスタンプ

今日は朝から地震に振り回された。『半分、青い」が始まる直前にドン! と揺れたかと思うと、テレビは瞬時?に緊急放送に切り替わる。この点、NHKはさすがに早い。

 
私は、前触れ(P波)なしに揺れたので、よほど震源が近いのかと思ったが、たしかに大阪北部と言っても枚方~高槻辺りは生駒と隣接地帯なのである。
 
とはいえ、被害はなし。鍋が落ちたくらいか。それで、すぐ意識から外れていたのだが、娘から電話があって、それで「ああ、世間は大変なのね」と思った次第。でも、ひとしきり娘と会話ができたし、その後宅急便で届いたのは、なんと1日遅れの父の日プレゼントであった。そんで、今度はLINEで交換。
 
 
そのLINEだが、ついスタンプを購入してしまった。(溜めたポイントを使ったのだけど。)
 
Screenshot_20180613232200
 
シカである。シカ三昧。シカしかない。みんな駄洒落オンパレード。
 
なぜ、シカのスタンプにしたのかというと、来月初旬に出版する本が、鹿をテーマにしているから。
 
『鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵』(築地書館)
 
Photo ※表紙カバーのイメージです。
ただのシカではない。テーマの中心は「奈良のシカ」である。世間と違って、奈良市ではシカを保護しているのだ。だが、シカ害も深刻。それに向き合う人々から導き出す獣害対策を描いている。
 
 
そんなわけで、娘に鹿スタンプを連打したら「新しいゲームを買ってもらった子どもみたい」と返事されてしまったよ……。。。

2018/06/13

植村直己記念館

昨日の続きのようだが、実は帯広で植村直己に会ってきた。

 
Photo
 
実は、帯広から帰る飛行機は午後なので午前中だけ時間があった。しかし、その程度の時間では北海道はどこにも見学にいけない。そもそも足がない。タクシーでは高くつくし、レンタカーを借りるほどでもない。歩いて行ける距離で何かないか……。
 
層思って地図と睨めっこすると、なんと徒歩15分程度の緑ヶ丘公園に「植村直己記念館」の文字が。
 
よし、ここだ、と思って足を運ぶ。
 
すると、なんのことはない、おびひろ動物園の中であった。そこで入園料を払って、キリンさんやシマウマさんを見つつ探すと……ありました。
 
2
 
「氷雪の家」と名付けたドーム型の小屋に展示あった。帯広には、郊外に「植村直己帯広野外学校」がつくられていることは知っているが、生前の植村が帯広に北極圏の冒険の道具類を結構寄贈したらしい。また犬も連れてきている。それらを展示しているのだった。
 
1
 
犬の剥製も、かなりボロボロだったが……。
なお、この動物園の隣の美術館で、ちょうどナショナルジオグラフィック写真展が開かれていたので、こちらにも寄る。冒険というか探検というか、ナショジオらしい写真の数々を見ることができた。
 
 
ちなみに植村関係の記念施設は、まず故郷の兵庫県豊岡市に「植村直己冒険館」がある。
 
1_2 入り口。
 
なかなか立派な施設だが、地下にあるのであんまり目立たない(^o^)。なお、この冒険館があるのが、植村直己記念スポーツ公園だ。
 
同じ豊岡市には、直己の兄が実家に開いている記念館もある。
 
そして東京の板橋区には、「植村冒険館」がある。こちらは板橋区が植村直己の遺族から寄贈されたものを元につくったもの。公益財団法人になっている。
 
記念施設だけでも、いくつもあるのであった。
 

2018/06/12

探検史ジャーナリスト~伊能忠敬と松浦武四郎

毎日新聞奈良県版の連載「大和森林物語 」は続いていて、現在は「紀伊半島の探検家群像」を続けている。

 
6月12日に掲載されたのは、松浦武四郎 。これまで野呂介石、植村左平次、森野藤助と続けてきたのだが、無名の人が多い中で武四郎はわりと有名だろう。
 
ネットの記事には写真が掲載できないようなので、一枚だけ。
 
8
 
大台ヶ原にある武四郎の墓(分骨碑)である。
 
私は今でこそ森林ジャーナリストなんて名乗っているが、これは世を忍ぶ仮の姿。本来は「探検ジャーナリスト」である( ̄^ ̄)。
その証拠に、20年以上前からホームページで「知られざる探検家列伝 」を執筆してきた。ま、商業誌からこの手の依頼が来ないから勝手に書いていたのだが、それを今では毎日新聞で行っている気分である\(^o^)/。まあ、一応「森林物語」とタイトルにあるから、森林も絡んでおり、森林ジャーナリストと探検ジャーナリストの合体かもしれない。
私的には、正確には「探検史ジャーナリスト」のつもりだが。現代の探検にあまり眼を向けず、歴史的なものを漁っているからなあ。
 
 
さて、松浦武四郎が生まれたのは1818年。
 
実は、この年に亡くなった人がいる。伊能忠敬だ。
 
伊能 忠敬は、1745年2月11日(延享2年1月11日)に江戸で生まれ、1818年5月17日(文化15年4月13日)に亡くなった。
武四郎が生まれたのは3月12日なので、微妙に重なっている(2ヶ月ほど)。
 
そして気付くだろうか。今年2018年は、忠敬の没年と武四郎の生誕、両方の200年なのだ。ついでに言えば、武四郎は1888年に亡くなったので没130年でもある。
 
 
このことに気付いて喜んでいるのは、極めてマニアックなわずかの人だろうな(笑)。
 
ちなみに、先日訪れた北海道では、いたるところに武四郎と忠敬の名が登場していた。
やっぱり二人とも北海道に縁が深いのだ。(北海道の測量は、間宮林蔵に助けられた面が大きいのだけど。)
 
 
もっと、こちらの分野の執筆を増やしたいね。

2018/06/11

Yahoo!ニュース「雑草が国土を守る?草刈り前に…」書いた結果

Yahoo!ニュースに「雑草が国土を守る?草刈り前に考えること 」を執筆しました。

 
多少、林業から離れたことを書きたいな、季節柄みんなが関わるのは何かな…と思って思いついたのが草刈りでした。
 
「草刈りの愉悦」とか、「草刈りの快感」なんてのをテーマにしようと思ったが、結局は真面目な内容になりました(^o^)。
 
 
しかし、いるんですね。マジに怒る人が。いや、怒るというより絡みたいのかな。
 
立て続けに3本のメールを送ってきた奴がいる。なんか、このメールがイタイのだけど。匿名だから、一つを転載するね。
 
Yahoo!ニュース個人記事を読みました。雑草と草刈りについての記事です。専門家だからと、"日本で唯一"のとか"日本一の"森林ジャーナリストとか名乗っているのはイタイです。記事の文章も、上から目線で偉そうです。草刈りに文句を言う人だって世の中にいるかもしれないのに、決め付けないで欲しいです。文章の最後の方に、"除草剤撒いたろか?"とか書かれていて、コワイです。除草剤何て毒物じゃないんですか?返信は必要無いです。
 
 
異論・反論は受け付けますが、その場合は実名で。真面目な意見なら、私も真摯に対応します。が、これではなあ。
カワイソウだなあ、とも思う。世の中を文句付けるしか生きがいはないのだろうか……。
 
 
ちなみに除草剤は悪という決めつけも怖いというか、馬鹿。
 
私は、農薬や除草剤を全然忌避していない。これまで幾度も記してきたことだ。もちろん家では蚊とり線香も使えば、殺虫剤も撒く。ジェット噴射だ(^o^)。そして風邪を引けば風邪薬、胃が痛くなったら胃薬を飲む。
 
雑草や草刈りにこれほど反響があるのなら、また雑草について書こうかな。結構、書きたいことはあるのだよ。

2018/05/29

Yahoo!ニュース「日本の木材は世界一安い?高い?」を書いた理由

Yahoo!ニュースに「日本の木材は世界一安い?高い? 」を執筆しました。

 
実はネタモトはみんな先日の大分行で仕入れた内容です(^o^)。中国と台湾は別々に。
中国への木材輸出は宮崎が先鞭を付けたことを思うと、やはり九州に情報がある。この点は近畿や関東にいたら感じにくいのかもしれない。
 
 
この件で台湾林業についても少し調べたが、面白いね。いや面白いというより意外すぎる。
森林率は58%と、日本と大きくは変わらない。全土は山がちで森林に覆われているのだ。だが、台湾では木材生産も少ないが加工業も少ない。まったくインフラが整っていない。
むしろレクリエーション林業が盛んなのかもしれない。
 
昨日の龍次郎は、台湾で林業を興した「林業の父」であることを考えると、なんという様変わりか。
 
 
ちなみに省略したが、輸出先としてはベトナムもある。こちらはベトナム国内で需要があるのではなくて、木材加工してまた輸出するのだ。つまり、ここでも原料の安い木材を日本から仕入れて、加工で儲けるという、かつての日本の加工貿易を推進している。
 
日本て、ホント原料供給国、一昔前なら発展途上国扱いした国際的地位なのだ。
 

2018/05/23

WEBRONZA「巨額の債務が隠れている……」書いた裏事情

WEBRONZAに「巨額の債務が隠されている林業界 」を執筆しました。

 
Yahoo!ニュースだけでなく、こちらも裏側シリーズ、やろうかな(^o^)。
 
 
全文は契約しないと読めないが、肝部分は冒頭なのでだいたいわかってもらえるはず。
 
もともと朝日新聞の調査報道で都道府県の林業公社の負債がとんでもないことになっているという記事に刺激を受けて、自治体だけではないでしょ、ということで書いたもの。
やっかいなのは債務額がわからないこと。林業公社もアンケートで回答のあった11県分で額面の4%しか評価されていないことを指摘しているのがせいぜい。
 
私が大胆に予測すると、林業公社は全国で1兆円以上、おそらく1・5兆円くらいはいっていると想像するし、森林開発公団は同額以上だろう。それに国有林野事業がすでに3兆8000億円赤字だ。全部で何兆円かなあ。
 
ちなみに、こうした話は、今夜の東京で行うフェアウッド研究部会の講演でも触れるつもり……だけど、わかんない(~_~;)。
 

2018/05/22

初校で燃え尽きる

明日は東京に行く。が、明日が締め切りの原稿やらゲラ返し、そして講演の準備と何やらが重なってしまった。

 
昨夜から必死に取り組む。昨日、穴もぐりに行くんじゃなかった(泣)。
同じものばかり手がけると、頭が焦げつくので、原稿執筆とゲラ校正を交互に行う。
 
 
なかでも最大のものが、いよいよ出版が近い次回作の初校である。明日が締め切りということは、明日に東京の版元に到着させなければいけないので、本日中に仕上げないといけないわけで……。
絶望的になりながら、明日東京行くんだから、その際に届けたらいいんじゃない? という悪魔の囁き(^^;)。今晩に続いて東京行きの新幹線の中で仕上げて、その足で版へ行き、きびすを返して講演会場か。。。
 
悪くない。悪くないが、、、、やっぱり今日中に仕上げよう。
 
そして。そして。仕上げたのだよ。燃え尽きた。。。
 
001  002  003
 
004 005  
 
006  007
 
次回作の章の扉には、みんなシカのシルエットが入っていた。
 
タイトルは、『鹿と日本人』を予定。
 
 
ほっとして宅急便で送る。間に合った。。。。同じく今日明日締め切りの原稿も書き上げて送る。終わった\(^o^)/。
 
 
夜は風呂入って、テレビドラマ見て♪
 
ぼぉ~としていて気付いた。
もう一本、25日締め切りの原稿があった(°o °;)。。。明日明後日と東京だから書けない。
ということは、今夜中に形を付けておかないと間に合わない。
 
というわけで、頑張ります!!!!

2018/05/21

穴は怪しいワンダーランド

今年もっとも忙しいこの時期に、なぜか京都の山に。

 
そこで行ったのは……穴探し。
 
029
 
こんな穴とか。
 
033 こんな穴、099 こんな穴。
 
急斜面に、探せば多くの穴が見つかる。
 
で、中に侵入を試みるのだが……。
 
051 おっと、トロッコが残っていた。
 
069 坑木が腐っている。。。
 
という大丈夫か? 状態。いつ崩れてもおかしくないという状態なのであった。恐る恐る入っては、水が滴ってきて、キャと逃げもどる(笑)。
 
ホント、やべえよ。。。天然の洞窟より人工の穴の方が怖い。
 
 
 
096
 
なんとか、無事に出ました。
 
 
なぜ、こんな危険を冒して、もっとも忙しい時期の丸1日を潰したのか?
 
それは、本を書くためである。タイトルはもう決まっている。
 
「穴は怪しいワンダーランド」
 
次回作? いや次回は「鹿と日本人」という本と決まっている(6月刊行予定)ので、次々回作となるか。あるいは次々々回作かなあ。もしかして10年後をめざしたライフワークにするか。
 
穴に入って楽しんだり苦しんだり怖かったり……な話ばかりを書きつらねる(笑)。
誰が読むんだ?

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎