無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2021/10/13

週刊東洋経済へ寄稿

週刊東洋経済10月16日号に寄稿した。

20211013_185250

特集は「実家のしまい方」。う~む。なかなか身につまされる特集である。これ、大問題になっていることを感じている人は、日本人の何分の1だろうか、と考えてしまう。親の家や土地の問題から始まり、自分の亡くなり方にまで考えてしまう。残された遺産をどうするか、どうされるかを考えねばならない時代だ。最近、週刊誌、この手の特集増えているし。

人口減時代、もはや財産は相続するもんじゃないのかもしれない。

さて、私がこんな記事を書いたのか、と言えば、ちと違う。書いたのは……山林購入!

20211013_184545

思えば昨年は、この手の記事が大ヒットして、私もいろいろ書きまくってテレビやラジオにまで引っ張り出されたのだが、1年後になって蘇るとは(笑)。まあ、山林の相続もあるし、それを売る・買う問題も起こるだろう。

私としては、売る側、つまり持て余す山林を持つ人向きの記事(いかに山林を都会人に売るか)を書きたかったのだが、編集部としては読者層はやはり都会の購入側だから、というので視点としてはそちらになった。ちなみに右下の焚火をする写真は、私の山だ(^^;)。

でも、webではなく、紙の週刊誌に記事を書くのは、なんだか楽しい。東洋経済オンラインなどには私も記事を書いたことがあるんだが、週刊誌の方がなんとなく愛着湧くなあ。でも紙は、発売日を過ぎると買えなくなる。週刊誌は1週間だけ。もう数日過ぎてしまった。

興味のある方は早めに書店へ。「実家のしまい方」には山林も含まれると思うよ。

2021/10/10

オンライントークショーを聞きながら

 「たたら製鉄 再興と挑戦」いうオンライントークショーにお誘いがあり、参加することにした。

これは東京で開かれている『現代に蘇る刀剣。玉鋼包丁』展を記念して開催したもので、これは島根県雲南市で「たたら製鉄」を田部家が再興され、その玉鋼による日本刀や包丁が作られたもの。

私自身は、とくに刀剣に興味があるわけでみないが、田部家に興味があったのだ。なにしろ最盛期で2万5000ヘクタールの山林地主であり(現在は4000ヘクタールぐらいらしい)、日本の製鉄の7割がたを占めていた(江戸時代だよ)世界である。明治期にたたら製鉄は終了したのだが、残された山の林業も今は振るわず、さてどうする?という中でたたら製鉄の再興だったのだ。

ちょうど、出版物の初校と再校の間だし……と思っていたら、なんと再校ゲラが届いた。

そこでオンラインでたたら再興の話を見聞きしながら、再校ゲラに目を通すという……最高のシチュエーション?となったのであった。ちゃんちゃん。

20211009_151006 20211009_161040

 

 

2021/10/09

頑迷な「林業の常識」と新しい施業法

フォレストジャーナルwebに「病害虫対策や経営的リスクの分散、SDGs貢献も!? 世界で進む新たな森林施業法とは」を書きました。
と言っても、全然新しくなく、本ブログでは繰り返し紹介・論じてきたこと。

ようするに、現在の林業施業法の否定だ。今やってる一斉伐採-一斉造林は時代遅れの「法正林」理論ではないか。世界の潮流は変わっているのに。

それなのに、日本の林業関係者は、頑迷というか後生大事に、この“原則”を守るのが大切だと思っている。一斉に同じ樹種の苗を植えて、伐期を決めて、(間伐も交えるものの)最後は全部伐るのが林業の王道だ、と思い込んでいる。だから多少とも皆伐批判が(マスコミなどで)されると、それこそ一斉に批判する。なんでも一斉にするのが好きなんだなあ(笑)。

お山の大将で、自分の知る林業、自分のやってる施業が世界でもっとも正しいと思い込んでいるのかもしれない。いや、単に新しいことに取り組むのが怖いだけなのかもしれない。択伐だ、混交林だ、と言われても技術が確立していないし……と。そう言うのを、井の中の蛙、臆病風に吹かれる……というのかな。

しかし、世界中の知見は進んでいる。こんな論文があった。

Silvicultural prescriptions for mixed-species forest stands. A European review and perspective

英語読むの辛いので、機械翻訳した(笑)。すると、

混合種の林分のための造林処方。ヨーロッパのレビューと展望

単一種の林分については、これまでに開発された対策や方法と比較して、混合種の林分に対する造林処方は初期段階にあります。しかし、それらは、現在世界中の多くの国で推進されている混合種スタンドのよく考えられた確立、設計、および管理に不可欠です。ここでは、最新技術を確認し、実験のステアリング、スタンドモデリング、および造林用の混合種スタンドの造林処方をさらに開発します。

……この翻訳では、余計わからんようになった(泣)。誰か、訳してくれ。

ま、ヨーロッパの混交林施業に関する論文である。ただ混交林における間伐の方法論などを図解しながら説明しているようだ。

もちろん完全な施業法なんてまだ確立されていないし、ヨーロッパと日本は違う。でも、こんな図もある。十分参考にならないか。

Photo_20211009204201

なんだか、よく似た図を見たことがあるなあ、と考えたら、『吉野林業全書』だった。明治時代の吉野林業は、スギとヒノキを混交させて植え、間伐の仕方などを説明している。また先輩が新人に教えるのに、碁盤を使って、白と黒の石でどゃに何を植えて、間伐はこの順序でやる……と教えたと聞く。

Photo_20211009205301

ともあれ、混交林は日本にもあったのだ。いや、粗放林業による混交化も含めれば、日本の戦前の林業は多くが針広混交林だったのでないか。決してヨーロッパの新しい林業施業法ではない。硬い頭をほぐして、広く世界を眺めて、真面目に日本の林業、いや自分の山の将来を考えてほしい。このことは、フォレストジャーナルweb版の次号(13日公開予定)にも記している。

 

 

2021/10/07

Y!ニュース「首里城のためならカシの大木の伐採OK?…」書いた裏の感情

Yahoo!ニュースに「首里城のためならカシの大木の伐採OK? いや反対?」を書きました。

お読みになればわかるが、石垣島のオキナワウラジロガシの伐採問題、その反対運動の背後には琉球王国の八重山諸島征服がある。つまり石垣島も琉球支配に苦しんだ地だったのだ。それなのに、征服した王朝の城を復元再建のために、自分たちが大切にしてきた木が伐られるというから、心のざわめきが強まるのだ。

さて、この構図、もう少し身近にないかと考えたのだが……。

思いついたのは、生駒~奈良の歴史話。

西から来襲した強大な征服軍。よ大阪湾から上陸した軍勢は、奈良盆地に入ろうと生駒山を駆け登る……それに対して迎え撃ったのは、生駒の豪族・登美彦。見事、侵略軍を返り討ちにし、軍の副官を倒したのだが……侵略軍は撤退して海沿いに南下する。各地でも地元の軍勢に追われて、とうとう熊野から川を遡るルートを取った。

十津川から北山側を遡行し、山を越えて吉野に入ると、なかには彼らにすり寄る地方豪族もいて、とうとう奈良盆地の国中を蹂躙する。最後に残った生駒勢も、登美彦の国に潜入していた侵略軍の手先に暗殺されてしまったことで征服されてしまう……。

かくして侵略軍は大和征服を宣言し、将軍は自ら王位につく。それが神武天皇である。

そう、奈良は西の夷に征服されて現在の大和王権が誕生したのだ。それなのに、奈良の人々は天皇をいただいて喜ぶのはなんなん?

神武天皇の顕彰碑を建てて喜んでいるんじゃねえよ( ̄∇ ̄;) 。という気分なのであった。

1_20211007165201

話が脱線したが、石垣島が沖縄本島に向ける目は、私が天皇家に向ける視線と同じかなあ、と思った次第(笑)。。。。。え?違う?

 

2021/10/04

「昔話法廷」で知る異論の力

私が好きなNHK番組に「昔話法廷」がある。以前はEテレでイレギュラーな放映だったのだが、今晩は総合テレビで。だから急いで告知。

日本やヨーロッパの昔話を法廷という裁きの場に上げることで、別の視点からの世界を浮かび上がらせるドラマである。と言ってもたいてい15分の短編であるが。
そこでは有名な昔話の裏に隠された仰天の真実が暴かれる。

たとえば「浦島太郎」は、乙姫を妊娠させて逃げていた? 「赤ずきん」は、オオカミにおばあさんを売り渡していた? 「白雪姫」は義理の王妃を罪に陥れるための陰謀を企んでいた? 

そこで何が真実か、何が罪か、を考えさせるという番組で、判決は示されない。視聴者にゆだねられている。

これまで昔話と言えば勧善懲悪的なストーリーが目立ったが、そこに異論をつきつけ、どっちが正しいのか。どっちの意見もくみ取ったらどうなるか、を改めて考えさせるものだ。ネットでも見られるので是非。

 

そして今夜、なんと最高傑作「桃太郎」が総合テレビ(午後11時半より)で拡大版33分が再放送。脚本もすごいが演じる俳優もすごい。脚本は森下佳子、検察官に天海祐希、弁護人に佐藤浩市、桃太郎に仲野太賀。演技力にも魅了されたが、話はどんでん返しが続き、何かまったく別の真実が示され、何が、誰が悪いのかわからなくなる。また重要な視点としてSNSまで登場する。

Photo_20211004111901

私は3月の放送で見て、度肝を抜かれ衝撃を受けたよ。

事件は一方的に見ても真実はわからない、とよく言われる。とくに報道される刑事事件はそうだ。しかし、もっと日常的、あるいは科学的と思われている世の中の常識にも通じる。私はとくに森林、林業、そして地球環境問題で強く感じる。

森林がいかに環境に関わっているか。それ自体は否定しないまでも、もしかしたらトンデモな勘違いをしていませんか?と問いたい。みんなが信じていることは、実はバイアスだらけだ。それも信じたいことだけを信じ、都合の悪いことは意識から外し、これまで信じてきたことを否定されるのがイヤだから新事実に目をつぶり、必死で否定する……その繰り返しではないか。

では、私が提示する「森林の本当の姿」が正しいかと言えば、そう思う人は田中淳夫バイアスにかかっているのである(笑)。

ようは自分で考えなくてはならない。それも幅広く異論・異説を含めて咀嚼し、自分の思い込みを取っ払うことだ。他人の意見にただ乗りするな、と言いたい。乗りたかったら、十分に咀嚼して味わってからだ。自分の意見を信じるな、とも言えるだろうか。

その材料にならないか、という思いで、現在出版を準備中。この「昔話法廷」に着想を得て執筆した、わけではない(^o^)。

タイトルは「虚構の森」。森が地球環境に大切、なんて誰が言った? SDGsの罠に気をつけろ!

 

2021/09/29

Y!ニュース「木材利用促進が林業を狂わす?」を書いた裏事情

Yahoo!ニュースに「木材利用促進が林業を狂わす?木あまり時代を直視しろ」を執筆しました。

もともとは、現在は「木あまり時代」なのだよ、ということを書くつもりだったのだが……みんな森林は減っていると思っているけど、実は増えているし、木材生産量も世界的に増えすぎてだぶついているのだよ、だから木材価格も下がるのだよ、と書こうと思っていた。つまり世界的な傾向を記すつもりだったのだ。

そこに10月は「木材利用促進月間」だと法律できめたことに気づく。

ちょっとブッツンしてしまって(笑)、おいおい林野庁、こんな月間だ記念日つくって楽しいのかよ、という思いが強まってしまった。

木材利用促進が、実は木材の無駄遣い促進、木材の価値下落を引き起こしていることをちっとは認識してほしい。結局、目的と手段の取り違えを進めてしまい、何のために木材を使おうと言いたいのかわからなくなっている。

林業振興?森林の健康?地球環境?それとも自分の出世?

あ、それと今月もかろうじて(Yahoo!ニュースに)2本の記事を書けたな、という密かな思い(^^;)。

 

2021/09/22

Y!ニュース「割り箸こそSDGsなアイテム。…」を書いた裏事情

Yahoo!ニュースに「割り箸こそSDGsなアイテム。今こそ復権を」を執筆しました。

9月は全然Yahoo!ニュースの記事を書いていなくて、ヤバいな、これまで最低月2本は書いてきたのに……と少々焦り気味の下旬。別にノルマではない(自分で課したノルマか)何かと忙しかったのですよ、と言い訳しても休業宣言してもいいんだが、とりあえず1本だけでもと、ネタとしては以前から温めてきた割り箸について。ブログでは、すでに幾度も「コロナ禍にこそ割り箸を」とか「ストローを紙にするなら割り箸を」と書いてきたのだから。

ただ驚いたのは、文中にも触れた通り、現在の割り箸需要量の統計が消えたこと。

以前は政府の貿易統計とか業界団体の統計など、いくつかあった(それぞれ数字が違っていた)のに、今はみんな消えてしまっている。白書にも割り箸に関する言及はない。みんな興味を失ったか、そもそも産業として終わったと決めつけたか。

それでも見当としては、ざっと170億膳ぐらい。ただし昨年はコロナ禍で激減しているはずなので、150億~160億膳ぐらいになっているのではないかと推定している。国産割り箸も、以前は5億膳ぐらいは作っていたはずだが、今は半減しているんじゃないかな。

記事には触れなかったが、もう国産割り箸は量で勝負する時期は過ぎて、利益率で勝負すべきだと思う。具体的には高級割り箸の需要開拓を進めた方がよいだろう。とくに家庭用割り箸としてもっと宣伝できないか。我が家では、ずっと吉野杉箸の天削を使っているが、もう快適すぎて塗り箸にもどれない。漆塗料でつるつるの塗り箸よりずっと使いやすい。
大袋100膳入りで550円(税込み)。だとすると、1膳5円前後。年間一人50膳使っても250円なんだから、贅沢というほどのものではない。塗り箸の中には1膳数万円するものもあるし、安物でも1000円くらいはする。(百均のものは塗り箸と言ってもプラ箸か竹箸だろう。)つまり割り箸なら2年間分だ。

ほかにも新たな需要はあるはず。いっそアウトドア用とかバーベキュー用の割り箸なんてのを作り、最後はキャンプファイヤーで燃やしましょう、いやウッドプランクとして新たな調理器材として使いましょう……なんて提案はどうか。

販売量は少なくても利益率が高ければ、商品として成り立つはず。

……とまあ、いろいろ夢見るんだけどね。『割り箸はもったいない?』の続編も書こう、と言い出したのに、どうなるかなあ。

 

2021/09/19

100de名著「群集心理」から学ぶ拙著

今月のEテレ「100分de名著」は、ル・ボンの『群集心理』を取り上げている。

本書はフランス革命とその後の混乱期の洞察から書かれた心理学者の本だが、ネットやSNSが作り出す新しい《群集》の時代に実にマッチしている。とくに第2回の、この言葉が刺さった。

Dsc00321 Photo_20210919215401

これまで群集が真実を渇望したことはなかった。群集は自分らの気に食わぬ明白な事実の前では、身をかわして、むしろ誤謬でも魅力があるならば、それを神のように崇めようとする。”

これは、単に群集だけでなく、さまざまな立場の人にも置き換えられる。私なんかは、群集を「読者」「視聴者」「聴衆」、さらには「有権者」に置き換えてもいいと感じた。自らが気に食わぬことを書く・話す者は距離を置かれ(あるいは攻撃対象とし)、間違っていても魅力的なスローガンなり見映えを見せてくれる者になびくのだ。

そしてこの「群集」「読者」「視聴者」「聴衆」「有権者」……を従えようとするには、物事を単純化し、見映えよく感情的なイメージを演出するべし。個別の事実をコツコツ積み重ねたり、思考の過程を示したりするより、結論だけを突きつける。ワンフレーズで断言する。(中身と関係なく)かっこよく堂々と話す。イメージ優先の論法を振り回すとよい。

今始まっている自民党総裁選も、その後の衆議院選挙も、この論法が駆使されるだろう。ならば私も、それをやってみようか、という誘惑( ̄∇ ̄;) 。事実を積み重ねた上で結論を導く帰納法より、先に仮定の結論を出す演繹法。(その後の証明はなおざりでもかまわない。)

もっとも、私もへそ曲がりでねえ。

このブログにしても、普段はいかに冒頭を読みやすくするかに腐心しているのだが、3連休の中日なら誰も読まない(笑)と思って、あえて難しいことを書いてやろうとする。

そして来月発行予定の拙著も、あえて耳障りのよい常識を否定し、読者を揺さぶってみようと試みる。読者は途中で居心地が悪くなるだろうね(笑)。

タイトルが決まった。「虚構の森」だ。英語だと「イマジナリー・フォレスト」かな。“群集”のイメージの中の森をぶっ壊せ!(ワンフレーズ)

2021/09/18

不眠症に初校ゲラ

突然、不眠症になることがある。眠いときに頑張って起き続けて、さあ、もう用事は済んだから寝ようと思ったら、なぜかまったく眠れない。身体は疲れて眠りを欲しているのに、眠れないのだ。昨夜が、そういう夜だった。

おかげで明け方まで意識があって、うとうとしただけで通常の時間に目が覚めてしまった。1日中眠くて、身体が動かない。

今は風呂上がりで少し目が覚めたが、今晩こそ安眠したい。

そこに届いたのが、次回出版予定の本の初校ゲラ。

20210918_202506

これを見て、また眠くなった( ̄∇ ̄;) 。

2021/09/15

ワクチンの副作用

実は昨日、新型コロナワクチンの2回目を接種した。

なんでも2回目はきついそうである。みんな、熱が出たとか、腕が上がらないとか、身体がだるくて動かないとか、ほとんど寝ついてしまうという副作用の逸話を聞かせてくれる。いや聞きたくないのだけど。

まあ、その時はその時、疑似コロナ患者の気分を味わうか……と鷹揚に構えていたのだが。

なんと朝から熱は36・4分。上がった!いつもより高いよ!

それに朝から眠くて眠くてたまらん。あくびばかり出る。春眠ならぬ秋眠暁を覚えず……これぞ、副作用か!

接種した方の腕が上がらない……こともないな。あれ?

で、でも仕事したくないし。猛烈に拒否反応。仕事イヤだ仕事イヤだ仕事イヤだ。コロナだもん。ワクチン打った後は安静に、安静に。

ワクチン接種の帰りに久しぶりに大型書店に寄ったらアホみたいに本を買ってしまったから、読まないといけないし。

実は一昨日から急に仕事が来て、急ぎで取りかからないといけないのだが、コロナだもん。すっぽかせ。
そこに発注忘れていました、締め切り明日なんです……という編集者(♀)の悲鳴が届いたので、心配いらないよと優しく受けて、それを一晩でこなす私。仕事はえり好みする(^o^)。でも、もう力尽きた。これから寝込むよ。

こんなブログ書いているヒマはないのだ。身体だるいし。眠いし。腕は痛?そう、痛いはずだし。

ちなみに今夜の「クローズアップ現代+」では林業を取り上げるそうだが、宮崎県の盗伐も取り上げるはず。でも、予告を見ると、あんまり期待できないなあ。やっぱり「ハコヅメ」の方を見ようv(^0^)。

 

より以前の記事一覧

October 2021
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と筆者の関連リンク先