無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2022/09/28

Y!ニュース「ウクライナ戦争で木材増産……」を書いた裏事情

Yahoo!ニュースに「ウクライナ戦争で木材増産。それが世界の森を破壊するを書きました。

テレビで流れるウクライナの戦闘シーンを見ていると、各地で森にも火の手が上がっていることを知ることができる。戦火で火事が勃発するのは自明の理だが、こうして失われる森も戦争被害に入っているだろうか。

今回悩んだのは、ウクライナが保護林を解除して森を伐っているという話から始まったのだが、そこで登場したのがフィンランド。フィンランドの林業会社はぼろ儲けをしているらしい。

この話題を入れるのなら、やはり冬戦争の経験を書かねばならないだろう。それは『フィンランド 虚像の森』を取り上げることである。Yahoo!ニュースの編集部は、執筆者が書いた本を紹介する、つまり宣伝を嫌う。そこで、どのようにしたら触れられるか……と考えた結果、少々脱線しつつも冬戦争のことに触れたのである。実際、フィンランドがソ連と戦った冬戦争は、ロシアのウクライナ侵攻と酷似する。ただウクライナには西側諸国から武器弾薬が届く。簡単に休戦することはないだろう。ミリオタは興味持つんじゃない?

国内のことも触れて、森林認証や違法伐採、盗伐まで広げる予定だったが、結果的には無理だった。

 

2022/09/20

Y!ニュース「次世代森林産業展のベクトル…」を書いた裏事情

Yahoo!ニュースに「次世代森林産業展のベクトルはローテク・ローコストかも」を書きました。

まあ、せっかく東京まで行ったのだから、何かまとめないとね(本目的は娘との旅行だったとしても……)、というわけで、改めて会場で見たものを振り返り、もらった資料を読み、自分が興味を持ったものは何かと考え直し……その結果である。こうした執筆のための振り返りで、改めて全体を総括するのはよろしいですな。自分の勉強にもなる。

もちろん、フィンランドもオーストリアも注目するものはあったし、セミナー内の発言にも面白いものはあった。なかには笑えるものも。たとえば、「デジタル森林浴」。大雑把に言えば、ホール内に森林の映像を全方向に映して、そこで森林浴気分を味わうというもの。たしか20年以上前に、同じような試みを取材したことがあるなあ、という感想を持ったのだが、今回は「疲労回復効果」などを計測している。そして本物の森林環境と同じような効果があった……のだと。そうか、じゃあ、森林なんて要らないね! という結論である(⌒ー⌒)。

20220915_120106

しかし結局、印象深かったのは、DLTと富士岡山運搬機だったわけだ。何もこの二つを宣伝しようという意図はない。念のため。(ただ木場にDLTのショールームがあるとあったので、一度覗いてみたくなった。)

そして、もう一つの大きな収穫は、会場で会った多くの人たちとの会話である。思っていた以上に多くの知り合いがいて、また先方から声をかけていただいた。やっぱりリアルなイベントは、オンラインでは得られないものがある。

それにしても、こんなに多くの人と対面するのは何カ月?何年?ぶりだろう。普段の私は、生駒引きこもりでほとんど他人と直接会わない話さない生活だから。もしかしたら、これでコロナに感染したかも……これが最大の収穫?(> <;))ヤダー

 

2022/09/13

Y!ニュース「大規模な伐採……」記事にコメント

Yahoo!ニュースにこんな記事が掲載されている。

大規模な伐採、豪雨により「土砂崩れが多発」 見直し求められる林業政策 #災害に備える

内容は、各地で大規模な皆伐が行われており、それによる山崩れが多発していることを報告したものだ。

Photo_20220913160201

へえ~、私以外にYahoo!ニュースに林業系の記事を書く人がいたのか……と、そこに感心していたらイカンのだが、コメントを求められたのでつける。いわゆる「オーサーコメント」(Yahoo!ニュース執筆者が専門を活かしてつけるコメント)である。

筆者の西岡千史氏は、「1979年、高知県生まれ。2006年、早稲田大学第二文学部卒。「THE JOURNAL」「週刊朝日」「AERA dot.」編集部記者を経て、現在はフリーランスの記者として活動している。」とあるから、朝日新聞記者からの転進かな。あるいは朝日系の契約記者か。まあ、それはどうでもよいのだが、全国各地を歩いてよく調べている。それもそのはず、これはYahoo!ニュースオリジナル記事のようで、経費も出たのだろう。

ただ、相変わらず「安い輸入材に押され」日本の林業はダメになったとか書くのは、まだ勉強不足(笑)。以下のような文もある。

林業の専門機関によると、2018年に木材生産のために主伐された森林約8万7000ヘクタールのうち、皆伐面積は5万ヘクタール前後だという。皆伐面積は少しずつ拡大する一方、豪雨時には皆伐跡地から土砂崩れが多発している。再造林も主伐面積のうち約3万ヘクタールにとどまっている。

どの専門機関だろうか。主伐と皆伐を分けているのだね。定義上の違いはわかるものの、ほとんど同義だと思うのだが。それに対する林野庁の見解も相変わらず。

さて、私のコメントは400字しかないので、林業による山地崩壊について触れるのは止めて、国の唱える「林業の成長産業化」なるレトリック指摘に絞った。結果、ほとんど林野庁批判に費やしてしまったよ。ご笑覧あれ。

 

2022/08/26

Y!ニュース「スギやヒノキを脱炭素の旗手に!…」を書いた裏側

Yahoo!ニュースに「スギやヒノキを脱炭素の旗手に!独自の技術で生まれ変わらせる」を執筆しました。

実は今週、こっそりと?フランウッドの製造工場を見に行ってきたのだった。まあ、見てきただけで終わらせちゃイカンよな、と記事にしようと悪戦苦闘したのだが、まだフランウッドの生産量はわずかなので、すでに今年中に出来上がるフランウッドの行き先は決まっている。つまり現在は注文できません(^^;)。興味のある方、使ってみたい方は、来年までお待ちください。

さて、それで執筆したものの、最初に仮につけたタイトルが「日本の木材を脱炭素の旗手に……」だった。後で吟味するつもりだったのに、忘れてそのままアップしてしまう。アカン、こんな地味なタイトルでは、と思ったがすでに遅し。あわてて出だしだけを「スギやヒノキを」に変えたのだが、TwitterやFacebookに転送した分では最初のままだ(泣)。

タイトルによってアクセス数はガラリと変わるんだよなあ。痛恨のミス。もっとも、ではどんなタイトルをつけたらよいのか、と言うと迷う。脱炭素なんて言葉では、あまり反応がないのはわかっている。ケボニー化木材の際は「針葉樹材を広葉樹材に~」というのがキャッチーだったみたいだが、同じことはしたくないし。

本当は「スギやヒノキが地球の救世主に!」ぐらいの方がよいのだが、そんな煽り記事にはしたくない(笑)。

さて、どんなタイトルがよかっただろうか。今からでも目を引くフレーズを思いつかないだろうか。次に活かすから。

Photo_20220826162601

フランウッドの在庫。

2022/08/23

「監訳」というお仕事

いよいよ『フィンランド 虚像の森』が刊行された。

9784787722041

言うまでもないが、本書の著者はフィンランド人4人。アンッシ・ヨキランタ、ペッカ・ユンッティ、アンナ・ルオホネン、イェンニ・ライナ で、翻訳は上山美保子さん。私は監訳である。

監訳って? まあ、その、一言でいうとだね。日本語を日本語に訳す仕事(^^;)\(-_-メ;)。 

世界各国の言葉に通じている私だが、フィンランド語だけは堪能ではないので監訳となった(^^;)。ウソ

本当のところ、本書の出版が決まったときに、私に「解説」を書けという依頼があったことで始まった。そこに用語チェックも加わったのだが、下訳段階で目を通すと、とても用語だけを確認すれば済む次元ではないことがわかり、不肖ワタクシが、全面的に内容を見ることになったのである。

なぜなら上山氏はフィンランドに住んだこともあれば仕事でもフィンランドと関わっており、フィンランド語には堪能なのであろうが、いかんせん森林科学や林業関係の事情にまったく触れていない。いきおい直訳になるのだが、それが(林業的に)何を意味するのか探らねばならない。

たとえば、よく出てきたものに「持続的成長管理型森林伐採」なんて言葉がある。これ、何? 森林伐採は林業と訳せばよいのかと思うが、その前の持続的成長とは、管理とは。そもそも、どんな作業をしている状態で、この言葉を使っているのか。結局、前後の文脈を探り、数ページ遡ったり、同じ言葉が出てくる別の部分と突き合わせたりを繰り返す。

そして、どうやらドイツなどの林業を真似ようとする動きだと想像できた。では、近自然林業か。恒続林施業か。今のドイツ林業の事情を捉えるのなら近自然林業でもよいのだが、果たしてそれで日本人に通じるか。なじみのあるのは恒続林の方ではないか。Google検索をしても、近自然より恒続林の方が圧倒的に多い。両者は厳密には違うが重なり合っている部分も多いし、「恒続林」にしよう! ただし、恒続林そのものを知らない人も多いだろうから、それなりに恒続林の説明も挿入する。

悩みに悩んで、こうやって一つのピースを埋めるのである。1ページを読むのに何時間かかるか。

どうしても意味がわからない場合、原文を見てみたが、フィンランド語だからわかるわけない。試みにGoogle翻訳してみるが、余計にわからない。いっそ超訳したくなる。意訳を超えた翻訳である。フィンランド人の言語感覚というか、頭の中の文法を探る面もある。

しかし、翻訳とは大変な作業だな、と思い知る。単に日本語に置き換えるだけではすまない。日本人に通じるような言葉に置き換える、のである。かといって著者の文章は尊重しなければならない。それ、間違っているよ、と私の知識で気がついても、勝手に直してもよいのかどうか。

モグラが植林した苗の根を食い荒らす、とあるが、モグラは動物食であり植物はかじらないはず。そこで問い合わせてもらうと、原文はたしかにモグラになっているようなのだが、根を荒らす正体はヤチネズミであることがわかる。モグラの掘った穴にネズミが入って根をかじるのである。これは日本でも起きることだ。日本の農家にも、「モグラが作物の根をかじる」と発言している人がいるのを私は聞いている。ここまで追求して、ようやくヤチネズミに直せる。

そんな繰り返しだ。こんな分厚い本を、おそらく全文を5~6回読み返しただろう。もう自分で執筆した本より多いヾ(- -;)。

ともあれ勉強になった。次は何語の本を訳そうか。。。オイ

 

2022/08/21

久々にゴルフ本、出版!?

私がゴルフ場ジャーナリストであることを知っている人は少ない。

以前は、複数のゴルフ雑誌に記事を書いていたし、連載も何年か続けた。そして、ちゃんとゴルフ場に関する著作があるのだ。『ゴルフ場は自然がいっぱい』もしくは『ゴルフ場に自然はあるか? つくられた「里山」の真実』である。前者はちくま新書から、後者はそれを大幅に加筆して電子書籍として。ちょっと検索したらAmazonなどに出てくる。

ちなみにゴルフ場ジャーナリストである。ゴルフジャーナリストではない。だいたい私はゴルフをしたこともない。あくまでゴルフ場という環境を論じているのだ。あくまで「ゴルフ場」を論じるジャーナリスト(^o^)。

さて、そんな私が、なんとまたもゴルフ本を。『ゴルフ3分間教養』という。

1_20220821160301

もっとも執筆したのは、250ページほどの本のうち4ページだけであるが。。。

正確に言うと、以前ゴルフ雑誌にエッセイを書いた。そのコーナーが「ゴルフ3分間教養」である。それは毎回筆者の変わる連載記事であったが、それをまとめて本にすることになったのだ。

そこで記事を収録したいという打診があったのだが、その際に全面的に書き直して分量も増やした。つまり書き下ろしというわけだ( ̄^ ̄)。

2_20220821160801

ちなみに書いたのは、養蜂のこと。同姓同名の田中淳夫氏も紹介している。やっぱり養蜂ジャーナリストにもなるか。

これから私以外の人の書いた記事も読んで、ゴルフの勉強をしようかと思う。またゴルフ雑誌から依頼があるかもしれないではないか(⌒ー⌒)。

 

 

2022/08/17

『虚構の森』書評と生駒山講演

え、今頃? といささか驚いたのだが、日本農業新聞に昨年11月に刊行した『虚構の森』の書評が掲載された。

別に紹介を忘れていたわけではない、今年の8月14日付けの紙面だ。

2020814

もちろん有り難い(^^;)。この手の本は、じわじわ売れて浸透することに期待している。実際、少し遅れて反響があるものなのだ。

せっかくだから一緒に告知しておく。今月27日(土)に、奈良県平群町(へぐりちょう)で講演することになった。主催は「平群のメガソーラーを考える会」である。

以前、Yahoo!ニュースにも書いた通り(奈良県が止めたメガソーラー計画の現場から見えてきたもの)、生駒市の南隣の平群町に巨大メガソーラーが計画されて山肌が大きく伐採されたのだが、奈良県がストップをかけた。この騒動、まだ終わっていなくて開発側は裁判に訴えてもソーラーを完成させたい意向のようだが、地元もなんとか押しとどめようと運動を継続中。その一環の勉強会に呼ばれた。

私は、てっきり勉強会みたいなものだから会員20~30人くらいかと気軽に構えていたら、町のくまがしホールを借りて行うという。100人以上が入れるホールである。あまり参加者が少ないとみっともないので(^^;)、もし興味のある方はご来訪ください。一般人歓迎。

ただし、私の話すのは何もメガソーラーの話ではない。それは会員の方が詳しいだろう。私は生駒山の歴史と自然を語る予定である。

具体的には「日本最古の里山・生駒」である。生駒山という土地はもちろん、里山とは何か、どんな仕組みなのか、ということに興味があればおいでください。ただ『虚構の森』に記したような再生可能エネルギーの怪しさにも触れる?かも。

会場は、平群町総合文化センター(近鉄生駒線平群駅前)。申込無用。駐車場あり。午後1時半より。

そして、ここが重要なのだが、会場では『虚構の森』を販売予定。ほかにも生駒山が登場する拙著は何冊か持っていく予定だ。
『森は怪しいワンダーランド』とか『獣害列島』など。なんと!消費税をおまけする予定である。

 

 

2022/08/15

土倉祥子は国民義勇隊の隊長

朝、国民義勇隊が結成された時の資料が見つかった……というニュースが流れていた。1945年6月に本土決戦のために義勇軍を結成させるための法律が制定されたのだが、大政翼賛会・大日本翼賛壮年団・大日本婦人会などを吸収・統合した組織である。
まあ、すでに軍に動員する人材(若い男性)もないので、中高年男性と女性を動員してつくろうとしたものである。そして竹槍訓練をしたそうな……。

それで思い出したのだが、『評伝土倉庄三郎』を執筆した土倉祥子。彼女はこの隊長に任じられていたらしい。なんと東京の女性義勇隊1万1000人を率いることが内定していたとか。。。

20200402155651064621_8934dc05b7eb630b6eb

そのことを土倉祥子に町内会長が伝えてきた。勝手に決められて、あっと言う間に終戦になったらしい。

本人も笑い飛ばしているが、終戦直前にこんなドタバタがあったということか。ちなみに土倉祥子は、奈良県五条市の島本家出身で本名は祥。祥子はペンネームみたいなものだ。本人によると男と区別がつかないから子をつけたとか。
庄三郎の次弟の孫梅造と結婚して土倉家に入ったが、なかなかの女丈夫で知られる。終戦後は戦災孤児の養護施設に食料を提供したり、施設をつくるためアメリカ軍のポータブル兵舎を払い下げ交渉をしている。戦争未亡人のための託児所をマッカーサーに手紙を送って、援助を取り付け184棟建てたりもした。

その後は実業界に入ったかと思うと大和タイムスという新聞の記者というか寄稿者を務めていた。

肩書としては、日本建設株式会社社長、日本木造船舶輸出株式会社社長、SKマリンコーポレーション取締役副社長アジア支配人など歴任。ほかに神戸財団理事とか、奈良社会福祉協議会奈良社会福祉院常務理事、奈良女子大学付属高校同窓会会長なんてのもある。

その交遊関係は、政治家も多いが、右翼もいれば左翼もいる。アメリカ軍政府とも通じていたようだ。タイの王族に船を売った話も出てくる。この人物自体も、相当興味深い。

私は土倉家お付きの伝記作家ではないのだが、次々とおもろい人物が登場するなあ。

 

2022/08/09

Y!ニュース「海を渡るトキは、メスばかり……」を書いた裏事情

Yahoo!ニュースに「海を渡るトキは、メスばかり? 放鳥計画に思う」を執筆しました。

書いてアップしてから気づいたんだが、タイトルは「渡る世間は鬼ばかり」に引っかけているんだね (゚o゚;) 。いや、まったくの偶然ですよ。脳裏でゴロのよい言葉を反芻してつけたタイトルなんだが、その時は気づかなかった。本当だってば。

しかも、文中には、オスは佐渡島に里帰りするかも……と書いてから、あ、里と佐渡がひっかかるやん、ならば……と「ホームシックで里帰りならぬ佐渡帰り」と書き直す。もうオヤジの駄洒落ばかりか! と突っ込みつつ止められん(^^;)。

まあ、お盆も近いので、クソ面倒で鬱陶しい脱炭素だとか林業政策だとかの記事は書きたくなかったわけよ。

当初は、テーマとして「メスばかりが渡りをしている」点を面白がっていた。女子の方が強くて新天地を探して出かけていくなんて、若いオスはだらしがねえぞ。なんだか人間界と似ているではないか……と。

その方が一般にウケてアクセス数も伸びるかもしれないが、ちょっとあざとい。書いているうちに真面目なレポートになったのである。社会・学術的には、遺伝子の変異が少ないこと、鳥インフルエンザの心配の方が重要なのである。

 

 

2022/08/08

ブックデザインの妙味

ブックデザインというより、本の装幀と言いたい。本の活字や写真の並びまで含んで装幀という場合もあるが、やはり最重要なのは本のカバー装幀は大切だ。売上を左右するし、何より印象に残るか残らないかに、本の表紙が与える影響大なのである。

奈良県立図書情報館を訪れた。すると世界のブックデザイン展を行っている。各国で開かれた2020年コンテストの優秀作らしい。

20220728_160208 20220728_160254

なるほど、凝ったデザイン、装幀の本が並ぶ。表紙が立体的になって中が覗けるものがあったり、もう表紙だけで芸術作品ぽさがあったり。逆に地味すぎて、これのどこが?というものもあるが(^^;)、それぞれのお国柄か。

ちなみに私の本のデザインでは、事実上の処女作(実は別の本があるのだが、そちらは置いといて……)は、友人の装幀家に頼んだ。ところが、版元が「4色(つまりカラー)は使えない」というので、悪戦苦闘させられるのだが……かくして『不思議の国のメラネシア』が出来上がった。

P5310009_20220808154301

同じ友人に頼んだのには、『森と近代日本を動かした男・土倉庄三郎の生涯』の複製本『樹喜王 土倉庄三郎』がある。

 

1_20220808154401

中身は私が版権持っているわけだから、同じ内容を自分で出版してもよいが、表紙やタイトルは版元とデザイナーがつくったものなので変えることにした。そして再び友人に頼んだわけである。タイトルは『樹喜王 土倉庄三郎』としたわけだが、帯はつけられないので裏表紙カバーに文字を入れる手を使う。しかしでデザイン的にも『森と近代日本を動かした男』より気に入っている。

ちなみに元の本はこんな感じ。

Sanrino_20220808202001

悪くはない。山林王の雰囲気は出ていると思うのだが、印象に残るかと言えばどうだろうか。

さて、15日後に出版する『フィンランド虚像の森』。この本は私の著作ではなく監訳者扱いのだが、なぜかタイトルやカバーデザインにも口を出している(^^;)。さらに帯文にも……。

91bpccbuqzl

監訳および解説文だけなら、本書の売れ行きの責任はあまり感じないつもりだったのだが、装幀まで口を挟んだとなると……いやあ、気にしないでおこう!

より以前の記事一覧

October 2022
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と筆者の関連リンク先