無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2021/06/16

気持ちが悪くなる木造建築

「ウッドショックからウッドチェンジへ」

そんなキャッチフレーズがある。森林林業白書の公表や、5年ごとの森林林業基本計画とか、木材利用促進法の改正などなど、林業関係の発表にちなんだ林野庁からコメントに登場するのである。

まあ、キャッチフレーズとしては悪くない。木材価格高騰で騒がれるウッドショックを、木材利用促進にチェンジしたい気持ちもわかる。林業振興、山村再生、それに世の中、これからは「脱炭素」ですから……。

だが、へそ曲がりな気持ちがムクムクと湧いてきた(笑)。木材のどこがそんなにいいんだ、とにかくネコも杓子も木材に変えればいいのかよと、思ってしまう。木材を経済や環境問題の道具として取り上げるが、その前に木材の良さを感じているのか。人間の官能が木にどんな反応をするのか考えたのか。いや、誰でも木材は気持ちいいに決まってる、目にしても触っても、臭いを嗅いでもみんな木の家が好きじゃないか……と自明のようにいうが、それは怪しい。

そして、気持ち悪い木造建築だってあるんじゃないかと考えてみる。木をたっぷりつかっているけど、なんか違和感があるとか、似合わないとか。それがデザイン上のことなのか、使い方を誤っているのか。

そこで自分の経験上、気持ち悪かったのはどこのどんな建物か記憶をたどる。
一つ浮かんだ。あれだよ、あれ。和を究めた……なんて言い方をしていたあの建築は気持ち悪かったぞ。

建築物を名指しするのは申し訳ないが、出さなきゃ伝わらないだろう。

京都迎賓館である。外国人の賓客を迎えるために、京都御所の一角に建てられた、あの建物。気張って日本の木の文化を伝えるんだ、と木造の和風建築なのだが。

私は見学する機会があったのだが、その時に感じたのは、なんか温泉旅館ぽい。和の雰囲気が全然ないというか輪郭がぼやけている。大味で繊細さが感じられない。使われた材料は最高級なんだよ。また随所に職人業は光っている。木組みや加工部分だけでなく、刺繍やら彫り物やら。漆芸もあったかな。しかし、なんか建物としてはしょぼい。安っぽい。

これが日本文化だと言われたら情けなく感じる。(※個人の感想です。)

062

だだっぴろい。天井が高い。床材はWPCなのかテカテカ光っている……。

仕方なかったのかもしれない。外国人向き、それも団体さんのケースが多いだろうから、天井を高くして広間も大きく取って。土足で上がることもあるからプラスチックで固めた床にしたのかも。でも、なあ。

1_20210616165401

この天井張りも、気持ち悪い。長さ10メートル近い吉野杉をつかっているのだから、ものすごく贅沢なんだけと、胸がざわざわする。だらりと無節の木目が伸びているのは、冗長な感じだ。(※個人の感想です。)

033

この表具は職人業だ。3枚の障子の木目が、脇に寄せて合わさったときだけ見える、揃った木目。でも……その外には金属サッシのガラス戸があるんだね……。職人業を全体のデザインで殺しているような。(※個人の感想です。)

実は、この迎賓館は鉄筋コンクリート建てだった。内装だけ木質にしたのである。それも外国人要人を迎える前提で耐震耐火を考えると仕方ないのかもしれない。しかし、素人でも「コンクリート製なんだな」と見破れるというのはいかがなものか。それに気づかぬような工夫はできなかったのだろうか。

外国人には、これぐらいでいいだろ、となめていません?(※個人の感想です。)


実は、この迎賓館を訪ねる少し前、同じ京都の二条城を見学していた。いうまでもなく、御所の近くに徳川幕府の威信をかけて建てた城であり、江戸時代の代表的建築だろう。そして大政奉還の舞台にもなったことで知られる。
入ってすぐに感動した。これが和の建築か。木の文化か。粋を感じたね。古さとかは関係ない。建物から染みだす威厳があった。当時の日本人の身長に合わせているからか、造りは全体に小振りな印象を持ったが、実は壮大な世界観が広がっているように感じて圧倒された。
それと迎賓館を比べるのは……ちょっと失礼か。

001

もちろん京都迎賓館を見て、感動する人もいるんだろうけどね。好き嫌いは個人の感性によるから、いろいろな感想があるだろう。でも私は、げっそりしたよ。底の浅さを肌で感じてしまった。理屈じゃない、五感で感じる違和感。

ウッドチェンジと言ったって、高い材料をツギハギに使えばいいわけじゃない。「こんだけ木材使えば満足かい?」という態度が見えしまったら、台無しになってしまうんだよ。

もちろん、これは個人の感想です(^^;)。

2021/06/11

仏塔の見せかけ手すり

買い物途中に、ふらりと思いついて法起寺を参拝した。法隆寺の近くの小寺だが、由緒正しく万葉の姿を伝えている。聖徳太子の建立と伝えられ、世界遺産の一つだ。いつも横を走って三重の塔を見ているが、中に入ったことがないもので。コロナ禍の今こそ、参拝のチャンスだ!

が、なんと団体さんがいたよ。。。しかもガイドがマイクで解説して、密集している。アカンがな。

私は仕方なく遠巻きに見学していた。十一面観音菩薩像は、スギの一刀彫だそうである。写真撮れたらなあ。

そして、この三重の塔。創建は飛鳥時代だが、幾度か焼けて、現在の塔は江戸時代再建のようである。

9_20210611213401

ふと気づいたのだが、三重の塔の屋根の下には、「手すり」状のものがついてある。あれ、よく考えるとヘンだ。

この手の塔は、見かけこそ五重、三重になっていても、実は中の構造は一階建てのはず。とくに階層はなく、下から上まで吹き抜けているのだ。それなのに、いかにも三階建てに見せかけているのだなあ。改めて確認すると、法隆寺や興福寺の五重塔も、そのほか各地の仏塔にも、全部手すりがついてあった。誰がベランダ?に出るんだ。

Dsc05512

こちらは法隆寺の五重塔のアップ。ちゃんと「手すり」がある。

ところで全国版でどのくらいニュースになっているか知らないが、先月また奈良でえらい遺跡が発掘された。

奈良市の菅原遺跡で円形の建物跡が見つかったのだ。奈良時代では日本にほかに例を見ない円形構造なのだ。円状に並んだ柱穴が15カ所(おそらくもう1ヶ所で16カ所)発見され、柱穴の内側にあった基壇とみられる凝灰岩も円状だった。柱穴が描く円の直径は約15メートルで、円堂や多宝塔といった建物だった可能性があるという。

八角形の建物は、そこそこあるが、完全な円形建造物は、時代が下ってもそういくつもない。日本では珍しいものがあって、南アジアの仏塔ストゥーパではないかという意見も。ストゥーパは卒塔婆である。ここに、三重の塔・五重塔・多宝塔などとは違う円形仏塔があったのかと思うと楽しい。基盤の直径が15メートルだとすると、高さはそれ以上だろうから、そこそこ見応えはあるのではないか。

建物は高僧・行基を弔う施設だった可能性がある。行基は、東大寺を造営した僧として知られるが、そのほかいくつもの事績があって、生駒山のスーパースターなのだ。ちなみにその墓は生駒の竹林寺にあるが、古墳のようだ。

8_20210611215001

遺跡も、我が家からそう遠くない。ただ住宅地のど真ん中で、遺跡も住宅開発の途中で見つかったらしい。だから、今後、破壊される可能性が高い。当然、保存の声は出ているが、周辺は高級住宅地だけに地価も跳ね上がるから、自治体の買取は難しいかなあ。しかし、こんな類例のない遺跡を破壊して、そこに住宅を建てるなんてもったいない。

 

この年になって、古代建築に興味が湧いてきたのであった。

2021/06/03

「バイオマス白書2021」で見えたイヤな未来

森林林業白書に続いて、今度はバイオマス白書。ただし発行元は官庁ではなく、NPO法人バイオマス産業社会ネットワークである。

バイオマス白書2021 サイト版

紙版もあるが、ネットでも読める。毎年読んでいて、いかに日本のバイオマス発電が歪んだ方向に進んでいるか痛感させられているが、今年は、いよいよアメリカに続いて日本もパリ協定に参加して目標を定めたことから、再生可能エネルギーの中でもバイオマスエネルギーに目が向けられることが意識されている。2050年に二酸化炭素排出ゼロの目標には、カーボンニュートラルが売り物のバイオマスエネルギーが欠かせない。しかもいろいろあるバイオマスの中でも、バイオマス発電色を濃くなってきた。

全般の状況やFIT価格の問題などは、ぜひ内容を読んでいただければと思う。

私が、コラムのいくつかのテーマの中で目に止まったのは、広葉樹利用だ。

今、国も自治体も、急に広葉樹林業、広葉樹利用を声高に唱えだした。私は、この動きよりはるかに前から広葉樹材に注目せよ、と言ってきたと自負しているのだが、現在の動きに関しては喜ぶどころか危惧している。

私の推している広葉樹利用とは、あくまで用材であり、広葉樹材は針葉樹材より硬くて人気があり高く売れるからなのだが、今の政府の主張はそうではない。(はっきり打ち出してはいないが)あきらかに広葉樹材のバイオマス利用を指向している。
そう、バイオマス発電所はたくさんつくったものの燃料不足、つまり燃やす木材が足りないのだ。そこで人工林の針葉樹材ではなく、里山林や天然林を伐って燃料にすればいいんだ、日本の森林の6割は広葉樹林なんだ、人工林の針葉樹材にこだわることはないんだ、伐っても萌芽更新してくれるから再造林の心配もいらない、広葉樹を全部チップにして燃やそう……!(と叫んでいる某者の姿が私の脳裏に浮かんだ。)

おぞましい発想である。そもそも天然林と二次林の区別もせずに、施業方法だってほぼ皆伐方式だろう。

6_20210604110101  2_20210603164101
某地の広葉樹チップ工場

「広葉樹林のまちづくり」というきれいな言葉に騙されるな。今でも使い道のほとんどは、製紙チップ(ならまだましだが)か、燃料チップだ。もし本気で広葉樹材の利用を考えるのなら、専門の伐採技術を確立させ、木工産業と組み合わせなくては成り立たない。そこまで考えて「広葉樹利用」を言わないと、バイオマス業界に飲み込まれるよ。

 

2021/05/26

フィンランドの木質繊維材料

時折フィンランドより、プレスリリースが届くのだが……今回は木質繊維を開発しましたよ~というご案内。

「フィンランドの持続可能なスマートテキスタイル、 森林から循環型ソリューションへ」
今後、木造建築や、 製品、 容器に使われるプラスチックの代替となる木質材料、木質繊維材料などが注目されると予測されます

とあって、フィンランドのメッツァグループと伊藤忠商事が共同開発したのが、新しいセルロース系繊維「Kuura」だそうだ。森林から既製品を作り出し、廃棄まで製品のライフサイクル全体を研究しているそうである。
まず繊維産業は、毎年、世界で約9200万トンの繊維廃棄物を発生させていると環境へのマイナス面を訴えている。その上で木質繊維には、それを打ち破るソリューションとなるという。

肝心の繊維の製造法などは示されていないのだが……昔懐かし?レーヨンとか、日本で開発された紙にしてから紡ぐ手法の「木糸」繊維があるが、それとは違うようだ。

1_20210526163701 3_20210526163701 2_20210526163701

まあ、写真からは木繊維を綿のように紡ぐらしいことはわかる。
ただ最後の写真、アチラでも杼(ひ。織機の道具)をつかうのだな、という別の関心が。日本に一人しか職人はいないのだが。

リリースでは、
フィンランドは、 木質製品を使った低炭素ソリューションや気候変動対策で世界をリードしています。 原材料を十分に確保することができます。 フィンランドの森林は責任を持って管理されており、木材を伐採する際には自然環境を尊重するよう求められています。
フィンランドでは、 森林の大部分は個人所有されており、森林の所有権は家族の財産の重要な一部であると考えられています。

と、いかに環境に優しく持続的に生産している繊維かと強調している。本当にそうか、フィンランドを視察させてくれ~と、前も叫んだような気がしますが(^o^)。
そして木質系繊維は林業にとって重要な新しいビジネスチャンスを生み出す可能性があるとする。たしかに、木材を木材のまま活かす需要は世界的に頭打ちだろうし、すでにだぶついて価格下落傾向にある。かといって燃料のような安価な使い道も願い下げだ。繊維というのは一つの道かもしれない。テキスタイルは商品によっては高値をつけられる。消費量も莫大だ。ただ、原料としての木材は高く買い取られるのかどうか、ちょっと疑問だが。

また繊維産業と生産ラインを変えるには、 国籍を超えたグローバルな協力が必要、と訴えているのは日本と協力しようという意図だろうか。

そのほか、フィンランドが世界初の「循環型経済への国家ロードマップ」(2016-2025)」を作成したことも記す。ほかにもLVL建材による建築なども紹介しているが、そこではこんなものも紹介しているよ、とのことである。

バイオベースで堆肥化可能なSulapac社のカトラリー
スタイリッシュなNiimaar社のリサイクルステーション
 PureWaste社の産業廃棄物やペットボトルをリサイクルして作られたパビリオンスタッフの服
 Dolea社の持続可能なストロー、
Cireco社のストーンレメント石製品
 Siparila社の木製インテリアパネル
 Nikari社、 Made By Choice社、Woodnotes社、 Lundia社、 Iittala社など、フィンランドのトップデザインブランドが提供する持続可能な形で製造された多くの家具や製品

熱心だなあ。日本の林業・木材産業界も、これぐらいのリリースをしないとダメだなあ。いや、リリースする内容を持っていないか。

 

2021/04/27

「分けたら資源」だけど、分けたら資源が消える?

津山に行ったのは、コロナ禍ご時世に遠路出かけて飲んで歩き、お城見学するため、だけじゃない。

ちょっと寄ったところがあるのだが、そこで見かけたのが、こんな製材品。

Dsc06132

これ、間柱として購入したものなのだそうだが、無節、せいぜい上小節までの逸品に見える。56枚あるそうだ。

でも、これは最初からそうした商品として購入したのではなく、全体は180枚の間柱だった。

I671nfpihsxdyhn1619508731_1619509048

こちらが、そう。よく見ると死に節もあって、2等品扱いか。集成材のラミナぽくもある。ただ、その中から無節、上小節を抜き出したら56枚あったというのだ。ほぼ3分の1。無節の間柱だったら見る目が変わる。もともと間柱は、荷重を支えることもなく、壁を支える下地だから、少々の節があってもかまわない……はず。でも、やはり無節・上小節を好む施主もいるだろう。

仕分けたら、無節の板として価格を上げることもできるだろうに……と思ってしまったが、おそらく仕分ける手間が無駄なんだろうね。全部まとめて幾ら!と売った方が楽だし、そもそも用途的にはあまり人の目に触れないし。結局は仕分けコストを掛けない分、利益も多いことになるのか。

なんとも、日本の林業の現状を象徴しているように感じた。「混ぜるとゴミ、分けたら資源」という標語があるが、いや分別する手間をかけたら「資源」の価値が消えるのよ。A材でもバイオマス燃料にした方が利益は手取り増えるのよ……。

一見、もっともな発想だ。それが木材の価値全体を下げてしまうのだろうけど。

2021/04/16

世界最古の木造建築……えっ?

奈良の佐保路にあるのは、古墳と自衛隊基地だけでなく古寺も多いのだが、海龍王寺はご存じだろうか。奈良時代以前からあると言われるのだが、光明皇后(聖武天皇の妻)の居住した寺だ。

わりと小振りなのだが、国宝がある。

4_20210416230001

五重小塔。西金堂内に安置されている塔で、どちらも天平時代の建築様式と技術がわかるという。奈良時代に作られて唯一残されている塔だから、木造建築に興味ある人には結構価値ある。2mぐらいまで近づけて肉眼で見られるし。西金堂なんぞは、触れるよ(^^;)。

しかし、五重塔でもっとも古いのは法隆寺では? と思って調べてみると、法隆寺は火事で焼けた(670年頃)あとに再建されたから、おそらく600年代の最後に建てられたはず。これは平城宮ができる直前だ。こちらは飛鳥時代の建立とするべきか。小塔はその少し後の天平時代ということになる。

Dsc05521法隆寺

が、その年代を確認していたら、とんでもないことがわかった。

世界最古の木造建築は、法隆寺ではなかったのだ!

なんと、それより1300年以上古い木造建築が発見されていた…… (゚o゚;) 。

それはトルコで発見された、ミダス王の墓だという。墓は地中にあったのだが、その中に木製の墓室が埋められていたのだ。埋葬品から、紀元前 8世紀の王族の墓であることが確認されている。墓室とはいえ、地中に埋もれていたとはいえ、木材を積み上げてつくった部屋であり、建築物扱いになる。玄室の中にあるのだから、棺桶みたいなもの? それって、建築物扱い? しかし、それを言えば海龍王寺の五重小塔も堂内にあるわけで、いきなりブーメランのように建築物の定義が襲いかかってくる。
発掘されたのは1957年とか。写真を見ると、丸太を横に積み上げた構造で、いわばログハウス。今から2700年以上前にログハウスがあったのか。ちなみに材質は、マツとビャクシンだったそう。

ミダス王は、ギリシャ神話にも登場する、触るものをなんでも黄金に変えた王。ほかにも「王様の耳はロバの耳」の逸話もある。それは伝説にしても、墓はその時代の王族のものなのだろう。

法隆寺、負けました……。軽々しく、「世界最古」なんて使わない方がよいですね。

ちなみに平城宮跡は、今も発掘調査が続けられております。そのうち、大発見! が起きますように。

6_20210416232101

2021/04/01

透明な木材?

妙な記事を見つけた。「ガラスの代わりになる。米国で研究が進む「透明な木材」とは」である。

翻訳記事のようで、イマイチわかりにくいのだが、ようするに木材を透明にする技術ということらしい。なんだかガラスをつくるには莫大なエネルギーが必要で、気候変動に影響を与えるから、ガラスの代わりに木材を透明に……といった展開なのだが、いよいよわからん(^^;)。

ともかく木材を透明にする技術があるというなら面白い。しかし、その方法が要領を得なくて謎。

「過酸化水素を塗り、UVライトを当てるという今回の新たな生産方法」といった言葉も出てくるが、なぜそれで透明になるのか。あげくに人工培養木材の話も出てきて????状態。

参照サイトも渡り歩いて、ようやく「化学物質を使用してリグニンを選択的に除去」という説明に行き当たる。リグニンを除けば、多少は光を通すかもしれない。しかしセルロース・ヘミセルロースだけにしたとしても、それでは紙と変わらんので、透明とは言い難いだろう。どうもセルロースの配列を変えて光を透過しやすくするみたいだが……。

隔靴掻痒の説明だ。

誰か、わかる人いますか? 本当に木材が透明になったとしてもガラスのように完全に向こう側が見えるのかすりガラス程度なのか。強度はどうなるのか、わからんことだらけ。

 

そんなときに、「福島の鉄道林間伐材から生まれた「バイオプラスチック」のタンブラー」という記事を発見。ここの写真で、透明なタンブラーが載せてある。これはたしかに透明だ。こちらは木材のプラスチック化だから原理は違うがわかりやすい。土に還るプラスチックという点でもいい。

さて、透明な木材は、本当に実用化するのかなあ。

 

 

2021/03/31

住宅寿命が伸びれば木材需要は……?

日本の住宅の寿命は、約30年。とはよく言われたものだ。ところが、日経ビジネスオンラインに『「日本人は新築好き」は幻想にすぎない』という記事が出た。

詳しくは本文を読んでいた炊きたいが、そのリードには
日本人は欧米人とは違い、新築住宅が大好きだとよく言われる。「古い建物を大事にせず、スクラップ&ビルドを繰り返している、もうそんなことはそろそろやめてはどうか」という意見はよく聞かれる。また、「日本の住宅寿命は30年程度で諸外国よりも著しく短い」という指摘もある。しかし、データからは、そのような“新築信仰”は近年、薄れてきたことが読み取れる。なぜ新築信仰が薄れてきたのか、そもそも新築信仰とは何だったのかを考えてみたい。
とある。

記事では、さまざまな統計手法によって年代別計算の住宅寿命(サイクル年数)を示しているが、それこそ26年から72年まで幅が広い。
たしかに、私も住宅寿命を29年だとかいう統計を見て、それを引用した記事を書いた記憶がある。あまりにも短すぎる。住宅寿命は木造住宅が主だから、林業にも大きく影響を与えているからだ。住宅寿命が短いほど、木材需要が増える。かつて木材需要を支えているのは、住宅だったのである。今は、どんどんシェアが縮んでいるが、それでもA材の売り先は建築材だから、影響力は小さくないはずだ。

私が子どもの頃に住んでいた家は、私が生まれた年に建てられたと聞いた。その後、親が売却して生駒に移り住んだのは私が20歳前後だったと思う。それから何年後だったか、30代半ばに昔の家の近くまで行く機会があったので、「あの家はどうなっているだろうな」と懐かしんで訪れたら、まったく違う家が建っていた。建て直されたのだ。それは、最初の家が30年そこそこで建て直し、つまり壊したということだから、たしかに日本の住宅寿命30年説は当たっていたことになるだろう。それだけ安普請だったということか。

しかし言葉を変えれば、この安普請の寿命の短い木造住宅が、戦後日本の木材需要を支えていて、林業界にも恩恵を与えていたのかもしれない。

最近の家は長持ちするようになってきた。30年が50年、60年、いや国は200年住宅なんて言っているが、これは木材需要をへらすことに貢献するかもしれない。ただ使われている木材は、国産材とは限らない。柱などは外材の集成材が増えているだろう。昔とは逆に合板が国産材かもしれない。ただし人口が減少しているのだから、住宅着工件数も減っていくだろう。

そこに記事が指摘しているように、中古物件の流通が増えているとなると、日本の木材需要はいよいよ縮む。
相変わらず国は、公共建築物を木造化して木材需要を増やそうと意気込んでいるが、それも
バイオマス発電の燃料で統計上の木材需要を膨らますのと同じだ。これまでの木材需要そのものが、無駄な消費に支えられていたと考えれば、需要が縮むのは正常にもどる過程かもしれない。

本当に木材を使いたい利用の需要量を見極めないと、木材でなくてもよい木材需要ばかりを喚起する政策ばかりになる。

2021/03/11

水に浸かった洋館

田畑の広がる田舎の風景の中に、洋館。

Dsc07299

ここは三重県の伊賀地方某所だが、まるですり鉢状になった地形の中に、ポツンと洋館の一軒家が建っていた。聞くところによると戦前の建築らしいのだが、木造の今見てもなかなかオシャレな造りである。

だが、この洋館が、一度水に浸かったと聞くと、見る目が変わってくる。

それは昭和28年、1953年9月25日。台風13号が紀伊半島東方を進み、志摩半島に上陸して本州中部を横断していった。この際、近畿各地に1時間100ミリ以上の雨が数時間続き、各地に大災害をもたらした。主な被害は、死者・行方不明者478人、全壊家屋8604棟、床上浸水家屋14万4300棟、流失家屋2615戸と記録されている。

この洋館のある地域では、川の流下口に流木が詰まって水位が上昇、洋館の1階部分が完全に水没するほど水がたまって湖のようになったという。洋館の住民は2階に避難していたが、家具や冷蔵庫など全部流されたそうだ。当時中学生だった現住人は、なんだか楽しそうに当時の様子を話す。ただ驚いたのは、水が引いた後、この洋館はびくともしていなかったということ。

だから、そのまま住み続けたのだそうだ。それから70年近く経っているのだが、古びてても特に住むのに困ることはないようだ。

近くで見ると、壁もみんな木材。基礎はしっかりしているが、とくに太い材を使っている様子もなく、よくぞ持ち堪えたと感嘆する。腐りも入っていない。今なら水没した家屋のほとんどは壁が落ちたり、構造材が緩んだり、建材が汚水を吸い込んだりして使い物にならないことが多いだろうに。

意外や洋館は強かった。大工の腕がよかったのか。木材は実は水に強いのか。そんなことを考えながら見学した3月11日であった。

 

2021/03/08

妻籠宿の欄間

信州・妻籠の宿に行ってきた。

Dsc07046

そう、こんな古い宿場町。島崎藤村の『夜明け前』で描かれた世界。

そこでやっていた雛祭り展。

Dsc07009

なかなか壮観だろう。何百体あるのやら。ほとんどは寄付だそうだが、もう受け付けられないほど集まったそうだ。やっぱり女官や女児が多いのかなあ。いっそ、昨今の風潮を取り入れて、男女比を1:1にしたら面白いと思うが。五人囃子に女官を、三人官女には男官を。
まぁ、そうした戯れ言はおいといて、この中には昨年今年ゆえの扮装をした雛人形がいるそうだ。それを探せという。「ウォーリーを探せ」じゃないだから……。

 

Dsc07011

やっぱり、これじゃろうねえ。。。。まあ、この目立つ緑の格子模様ですぐにわかったが。ほかにもバーベキューしていたりテレビゲームに興じる子どもたちもいるのだが……。

これだけじゃ寂しいという、本ブログのクラスター向けには、宿(松代屋)の欄間を紹介しておこう。

20210306_180515

わかるかな。丸太の筏流しシーンが描かれているのだった。

 

より以前の記事一覧

July 2021
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

森と筆者の関連リンク先