無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2019/10/16

釜石のスタジアムの木製座席

ラグビー・ワールドカップの釜石会場は、岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアム。ウノスタと呼ぶそうたが、国内で唯一、今回のワールドカップのために新設されたそうだ。

ここで13日に開かれる予定だったカナダ-ナミビア戦は、台風19号接近のため中止になった。その後、カナダ代表が被災地でボランティア活動を、ナミビア代表も宮古市でファン交流会を開いたことで話題になったが、もう一つ別の話題も紹介しておこう。

会場となったウノスタの座席4990席は、木製だったのだ。さらにベンチ108基、トイレ2棟、日よけのためのルーバーも木製。ほかにも使い捨ての木皿などもつくったという。使われたのはやる800本。

しかも、ただの木材ではない。そこで使われた木材は2年前に釜石市内の尾崎半島で起きた400ヘクタールにも及ぶ山火事によって焼けたものだった。ウノスタで使われた木材すべてを被災スギで賄った。
木製の座席は暑い日も温度か上がりにくく座りやすく、見た目も美しい。考えてみれば、火災に遭ったと言っても芯まで燃えた樹木ばかりではない。内部は十分使える木材もある。それを「焼けた杉」と悪いイメージになるのをひっくり返したわけだ。そもそも「焼き杉」は古来からの加工方法。表面を焦がして腐朽しづらくする手法でもあり、木材の質を上げるのだ。

思えば2011年東日本大震災で釜石は、大津波によって甚大な被害を受けた。その中でほとんどの小中学生は助かった「釜石の奇跡」と呼ばれる事象もあったが、スタジアム建設は、ある意味復興のシンボルだったが、ここに釜石の木を使う計画を進めていた。その最中に山火事が起きたのである。だが、山火事による焼けたスギを建設中のスタジアムに活かすことを提案、実行したわけだ。

その立役者は、やはり釜石地方森林組合だろう。震災では事務所も職員多数も失われたが、そこからの復興途上である。そこに起きた山火事だが、それを逆手にとったわけだ。

この森林組合は、震災後林業スクールを開いたほか、バイオマス燃材の利益から基金を立ち上げ、伐採跡地への再造林費用を補助する民間の補助制度もつくっている。そして山火事の後にスタジアムの木製座席を生み出した。危機に陥ったとき人間も組織も真価を発揮するというが、今回の3回目の被災ともいうべき台風の後に何を生み出すか、私は楽しみにしている。

 

2019/09/26

ホームセンターのビーバーの餌

セミリタイヤして、楽しいことをのんびりやる余生を送ると言いながら、相変わらず世間に追われているんだが、そんなときは気分転換にホームセンターに行く。

ホームセンターは、いつも新しい発見がある(^o^)。

今回は“ビーバー”の餌を発見した。

3_20190926212301

こんな板を並べている。端材の投げ売りか……と思いきや、その板の種類は千差万別。

2_20190926212401 1_20190926212401

拡大してもらえば、読めるかな。

写っていないものもあるが、ざっと並べると、柳、タモ、ドロヤナギ、メジロカバ、ケヤキ、谷地ハン、栓、ミズキ、一位、イタヤカエデ、栗……ほかにハンノキもあるが、これは谷地ハンと別だろうか。よく、これだけ集めた。

しかし……こんな樹種の板を並べて、誰が買うんだ? これらの樹種の違いを楽しめる人なんて……どこぞの“ビーバー人間”だろう。。。ああ、わりといるんだな、そんな人が(^^;)。おそらく出荷した製材所も、なんらかのビーバー人間だろうし。ようするに、ここはビーバーの餌場(⌒ー⌒)。こんな木を眺めてニヤニヤする人がいるんだろう。そのうち罠にかかるかも。

ほかにも、いろいろあるよ。

4_20190926213001 3_20190926213001

何に使うのかわからない木っ端の商品が。

2019/09/16

味な小屋

この時期に千葉を訪れたと書きながら、災害とは縁遠い天然ガスや花の名前なんぞと何を記しておるんじゃい、と思われる皆さん。はい。今夜もそうです(^o^)。

私が泊まったのはいすみ市なのだが、田舎を訪れたつもりが、意外なほど垢抜けしていた。アチコチにオシャレなカフェだレストランだ、ペンションだ。結構豪華なホテルもある。

どうやらサーフィンのメッカとしてサーファーが多く訪れる土地だかららしい。いや、訪れるというよりは移り住んだ人が多いのだ。移住者的な文化が漂っている。この日も海には,多くのサーファーが波に乗っていた。
そして田舎道を歩いていると、ふと目に留まるのは、こんな小屋。

Dsc03201

四畳半ぐらいの小屋。一種の別荘だろうか。いや、別荘に付属したビジターハウスかもしれない。

Dsc03203

ここまで行くと、遊びの小屋だろうか。カフェもやっている雰囲気。楽しんでつくっている。
だいたい、こうした小屋は移住者が好きなんだ(笑)。これが田舎の雰囲気を変える可知らになる。

簡単に自作できるキットもあるらしい。一時期、小屋ブームと言われて、小部屋に籠もる人も多かったのだが、私も建てたくなったのであった。自宅の庭に建ててやろうか。。。

 

2019/08/27

インスタとカッティングボード

飛騨で見かけた木工品。

Photo_20190827164001

カッティングボードである。何人もの木工家の作品が並べられている。これこそが、今の売れ筋とか。

近年は高い家具はあんまり売れず小物に人気が移っている。まず器。次にカトラリー(フォークやスプーン、箸など)だった。そして、今の売れ筋はカッティングボードなのだそう。ようは、まな板なのだが……。
どんどん加工度が減っていき、ほとんど「板」やん、と思ってしまった。把手が付いているところに新味があるというか、わずかな腕の見せ所?

だが、ちょっと違った。そもそも使い道も単なる食材を切るまな板ではなくなっているのだ。

そう、この売り場の写真のように、カッティングボードの上に料理を乗せて「見せる」ものになっているのだ。従来の皿やトレイ、あるいはランチョンマットの役割を果たしている。もちろんアウトドアなどで持ち運びのできるまな板としての使い道もあるのだろうが、切った食材ををそのまま並べて食べるわけだ。

これが流行る一因が、インスタグラムらしい。つまり、カッティングボードの上に並べた料理を写真に撮るとインスタ映えするというわけ。実は切るのは別のまな板で、盛りつけだけがカッティングボードになりつつある。

だから木工家も、板に把手を付けるだけでは失格。料理を盛りやすく若干の窪みを持たせるとかの工夫もいるし、何よりデザイン的要素が重要となる。わざと樹皮や節を残したり、木目や色もこだわる。形も四角ではなくナチュラルな曲線にしたり……。センスが問われる。飛騨、高山では木工を学ぶ場が多く、そこから巣立って独立する木工家も多いわけだが、彼らにとって日常的に売れる貴重な商品アイテムになっていた。

まな板でなくカッティングボードと名を変え、役割も変え……もはや商品としても新たな存在になっている。インスタというか、画像で他人に見てもらいたい欲求が新たな商品を生み出すのか。

見習わなくてはならん業界は多いはずだ。

2019/08/20

檜タイルマットの製造地は……

ホームセンターに寄ると、やはり木製品チェック。ホームセンターは消費者に直結しているから、イマドキの木製品動向を知るにはなかなかよろしい。

で、今回見つけたのは、檜タイルマットであった。

20190816_142016

見た通り、ヒノキの板を正方形に張り合わせたものをタイルと呼んでいるようだが、これを並べると簡単にフローリングをヒノキにできます、という商品だ。裏に滑り止めのゴムも張られている。

これを見て、すぐに思い出すのか西粟倉村の「ユカハリ・タイル」だろう。スギのほかヒノキのタイルを売り出してヒット商品になっている。理屈は一緒。寸法などは比べていないが、ほぼ同サイズに見える。

西粟倉製は、パテント押さえていなかったのか。いや、簡単すぎてパテントにならなかったのかもしれないし、別の手法で張り合わせたり滑り止めを付けたら回避できるのかもしれない。

ともあれ、これを作っているのは……。裏のラベルを見る。

20190816_142038

わはは。想定通りだった。ベトナム製。ヒノキは日本から輸出して、加工を向こうでやっているのだろう。

値段も、郵送料なども考えないといけないが、かなり安い。3分の1近く? 出来上がりは……私の目でチェックしたところは、遜色なかった。細かな加工も丁寧にやっている。ベトナムは木工王国だ。ぬかりはないと見た。

こういう事態は十分予想された。というか、私は日本のヒット(木工)商品は、遠からず海外で真似されて逆輸入される時代だと思っていた。もはや日本は、消費国であって、生産国としては落ち目なのだ。

では、これを防ぐ手だては? ないのである。特許を取れるものはよいが、単純な構造・発想の商品では該当しないし、特許を押さえる代金を支払い続けるのが厳しいケースもあるだろう。

いや、一つある。

それは、次々と新製品を出していくこと。常に流行の最先端を押さえ、同時に製造元をブランド化すること。真似する時間を与えない。似非商品が出たころには、次の商品に軸足を移していること。そのうち、次々と人気商品をつくる製造元そのものが価値がつく。それが差別化となる。

それしかないわなあ。製造品質や、価格で張り合っても勝てないよ。でも、肝心のアイデアとデザイン能力を失いつつあるのが日本の現実である。

 

2019/08/18

銘木揃いの住宅のお値段

初対面の人からSNSで誘われて、大和郡山市の建築現場に行く。

ここで使われる木材をコーディネートしたのだというが……。もう、銘木がてんこ盛り。

まず外装側壁。

4_20190818105401 1_20190818105401

これ、スギの赤身?しかも和釘。

2_20190818105801
仏間の框には、黒柿を入れている。

天井には太い曲がり松の梁が入っているし、すごい伝統的和風建築か、と言えばそうでもなく、洋室もある。

3_20190818105401

これはダイニングキッチン。扉やカウンターはアパの大木だ。フローリングはカリン。ほかにも国産材だけでなく外材も含めて銘木がてんこ盛り。トイレにはクス。30種は超えるんじゃないか。わざと和室に外材も使っているし、国産ヒノキも巨大節のあるものを利用していたりする。部屋数も2階を含めて数多い。

なんとも贅沢な家……とても下々の人間には手が出せない豪華な住宅。と思いかけたが、聞いてみると、施主は30代のサラリーマン夫婦だという。普通にローンを組んで建てているのだそうだ。私の想定では4000万円前後か。

銘木を探して取り寄せて使うととてつもなく高くつくが、在庫を上手く使えば十分収まるそうだ。これこそ適正価格。
銘木・役物の名で時価になりがちな日本の不合理な流通価格を見直すことはできるのではないか。

 

2019/07/29

世界一高い木造ビルの建材

ノルウェーの首都オスロの北にある小都市ブルムンダルに世界一高い木造の複合ビル「ミョーストーネット(Mjostarnet)」が建てられたそうである。建物の高さは約85.4メートル、18階建て。2017年3月から工事が始まり、総工費5000万ユーロ(約61億円)をかけて今年3月に完成したそうだ。ちなみに建築中の動画もある。日本をはじめ世界中から数千人もの人々が視察に訪れているとか。

動画に映る景色を見ても、のどかな田園都市ぽいのだが、ここに18階建てビルを建てたのは何だろう。施主のオーナーのArthur Buchardt氏は、地元の素材や地元の生産者、地元の企業を使って、世界一高い木造ビルをつくりたいと願ったというのだが……。
建物に使われた主な木材は、近隣の森から持ち込んでいる。逆に言えば、田舎町にこれだけの資力のある会社が成立している点でも興味深い。ホテルやオフィス開発の不動産会社のようだ。

ただ建材が木材と言っても、約1400立方メートルの構造用集成材にエレベーターや階段のシャフト、バルコニーなどはCLT、床の一部に単板積層材(LVL)を使用した。すぐに想像されるCLT一辺倒のビルではない。

ちなみにこれまでの世界一高い木造建築は、ブリティッシュコロンビア大学の18階建ての学生寮で、高さ53メートル。こちらは木材、鋼鉄、コンクリートの複合建築だし、主に使われたのは超厚物合板「マスティンバー」だそう。意外や世界の木造ビルは、CLTに頼っていないのだ。
  

それよりも、写真を見たところ、外壁はケボニー化木材ではないだろうか。

私が同じノルウェーのトロンハイムで見てきた9階建て木造ビルと酷似している。こちらはCLTの構造材に外壁がケボニー化木材を使ったと聞いている。

2_20190729161401

ちなみに、最近はケボニー化木材と呼んでよいのか若干迷う。ケボニーというのが会社名であって固有名詞になっていないからだ。より普遍的には、フラン樹脂化木材とでも呼ぶべきかもしれない。実際、日本で進むケボニー化木材技術の研究では、ケボニーとは呼ばず「フラン樹脂化」は名付けている。

もしこの加工木材に興味のある方、そして肉眼で見たい方触りたい方。明々後日に長野市で開かれる次世代森林産業展2019へどうぞ。私のセミナー(1日午前10時30分~12時)では、実物を持って行き紹介する。触らせてあげようv(^0^)。

同時に8月5日に発行予定の『絶望の林業』の先行発売も実施。なんと定価2200円プラス税(2376円)のところ、2000円!ポッキリ
破格値であるぞよ。部数に限りがあるのでお早めに。

 

 

 

 

2019/07/16

新建材MPPって何?

日本の林業界では、木材の生産量を上げることを至上課題とする政策が続いているが、実は従来の木材用途はいずれも供給がだぶついている。板も角材も建材としては減少が続くし、コンパネのような合板も頭打ち。そこで新たな木材需要を生み出さねば……と叫ばれ、あげくにバイオマス燃料だ、と燃やしてしまう有り様。だから新たな木材加工品が求められるわけだが……こんな商品はどうだろう?

超厚板合板のMPP(Mass Plywood Panel)マスティンバー。なんだか戦隊ヒーローものの名前みたいだが、アメリカで開発された新たな木質建材だそうだ。

超厚板とは、ざっと3インチというから……簡単な計算では7,6センチを超えるから、8センチほどの厚さのある合板である。通常の合板が、厚くても2,4センチまで。構造用合板は3,5センチが最大のようだ。つまりそれらの2倍以上の厚さだ。ちなみに幅12フィート(約366センチ)、長さ42フィート(1280センチ)に及ぶものが標準サイズとか。これぐらいの厚さがあると耐火性能も高いし、耐力壁にもなるだろう。ビルディングの建築に使える。製造は合板工場か。

 

このように紹介したら思い出す建材がありますね?

そう、CLTだ。MPPは丸太をかつらむきしたベニヤ板を直交させて張り合わせるが、CLTはラミナ(木材をスライスした板)を直交させて張り合わせる。CLTの厚さは最大で9層27センチのものもあるが、3層なら6センチぐらい。分厚いラミナを使っても12センチ。

もちろん両者は木質構造も違うのだから特性も違う。しかし使い方を考えると、重なるところもありそうだ。木造ビルの材料になりそうだ。部分的な壁材や床板なら、CLTだってMPPだってどちらでも間に合いそう。

MPPが日本の建築基準法に適合するのかどうかは知らないが、CLTのライバルになりそうな予感。

次々と新製品が出てきて、右往左往して、需要を食い合うのだろうな。

 

2019/07/06

木材?木材風?

ホームセンターで見かけた薄板(ベニヤ)。

1_20190706213401

こんなエイジング加工したような吸う汚れた板も売り物か……と思いかけるが、

2_20190706213401

なんのことはない、ポリエチレン製のマットであった。しかし、かなり騙されるほどの出来。見た目はすっかり本物ぽい。いや、触感もかなり木肌ぽい。ま、触るとグニョッと曲がるのだが。

このような品が出てくると、木材なんか必要なくなる。木材風で十分ではないか。。。

木材研究が進むにつれて、木材的な見かけだけでなく、触り心地まで似せることができるようになった。

それでも、本物の木材を使ってください、と言うには何が必要だろうか。

 

2019/07/04

タピオカミルクティとストロー

台湾では、タピオカミルクティーを飲んできた。日本で流行っているが、やはり原産地で味わわねば。ただし、私の頼んだのはチーズ味(^^;)。ちょいと変則か。

Dsc02730_20190704160501

タピオカを吸うには、この太いストローが必要だ。ただ、それでも詰まるから勢いよく吸引すると、ポコッとタピオカが口の中に飛び込んで喉に激突して痛かった(-_-;)。やはりタピオカはスプーンですくう方がよいと思う。

と、台湾グルメの感想を書きたいのではない。気になるのはストローだ。

このところ、ストローに対する風当たりが強い。マイクロプラスチック問題が世界的課題として取り上げられたかと思うと、なぜか矛先はストローに向いたのだ。これ、いかにもおかしい。世に出回るプラスチックのうちストローなんて、何千万分の1だろうが。あえて世間の目をそらそうとしたとしか思えない。

それに飛びついたのが、環境ジャーナリストの竹 田有里さんだ。水害被災地を取材して、間伐遅れが危険と聞き、間伐推進のために間伐材を使う商品をと考え、飛びついたのがストロー。木造注文住宅を手掛ける「アキュラホーム」に話を持ちかけ、間伐材を使用した「ウッドストロー」を開発させてしまった。
製法は、スギ材をかんな屑のように0.15ミリまで削り斜めに筒状に巻いたもの。手作業でつくっており、なんと1本50円。

本気か? 誰が使い捨てのストローに50円出すんだ。だが、いたよ。

東京・永田町の「ザ・キャピトルホテル東急」と共同で「ウッドストロープロジェクト」 として事業を立ち上げ、レストランで木のストローの使用を始めたというのだ。しかも木のストローを発表したら中央官庁や有名ホテルなどから問い合わせが殺到したという。世の中、50円のストローを使っても平気な顧客を抱える店がたくさんあったのか。官庁は税金だから痛みはもともと感じないのかもしれないが。

それにしても、一体ストロー何本分で1立米の木になるのか考えたことはあるのか。本気で間伐材の新たな使い道がストローと思っているのか。これで間伐が進むと考えているのか。いや、そもそも間伐材が売れないと誰が言った? いまや引っ張りだこではないか。バイオマス燃料として足りずに困っている。

ようするに、単に流行のストローに乗っかっただけとしか思えない。(その流行も恣意的につくられたものだろうが。)

ストローゴミをなんとかしたいのなら、回収システムを確立する方がよいだろう。多くが店で出すのだから、しっかり回収するだけで、巷に捨てられるストローは激減させられる。あるいはタピオカ、つまりキャッサバ澱粉から、生分解性プラスチックをつくり、それでストローにした方が意味あるんじゃないか。タピオカストローで、タピオカを吸い上げるのは話題にもなるし。

 

ちなみに本気で木材用途を考えるなら、国産材割り箸に力を入れるべきだ。国産材の高級箸でも原価は6円ぐらい。箸袋をオシャレにつけても20円程度だろう。そして機械化もできている。木材消費量も、ストローなどよりよっぽど多い。50円のストローをつくるぐらいなら国産割り箸をもっと増やすことこそ、新たな使い道となるだろう。新しくないのだけど。

マイクロプラスチック問題を真面目に考えるなら、ストローではなく、まともな実効性のあるものから取り組むべきだろう。

20190704_220344_20190704222901

こちらは台北のスーパーで買い物したときに購入したレジ袋。高いのだよ。6元した。20円を超える。今や台湾は全面的にレジ袋有料化を行っている。

より以前の記事一覧

October 2019
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎