無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2022/10/03

伝統工芸支える?御籠り漆器

我が家の物置やら食器棚の奥やらを掃除していて、次々と見つかる食の什器類。

その多くが漆塗りであった。

20220927_113225

箱がボロボロというか埃まみれで、もう要らないと出したのだが、陶器のほか、やたらトレーが多い。丸盆や長手盆。木ばかりでなく竹工芸品も出てくる。大きな碗は、手捏ね碗とあるが、これでウドンでも捏ねるのだろうか。会津塗りのほか、産地はわからないがケヤキ製の漆器もある。竹製漆器はどこか。

なぜ、こんなにあるのか。ほとんど使った様子がない。そもそも普段使っているお盆、トレーもあって、そちらも木製漆器があるから、一体何枚あるのか。そして、なぜあるのか。

おそらく祝儀などの貰い物だろう。結構な価格をするもので、たいして使うよう用事もないのに、わざわざ購入するわけない。何らかの祝品と返礼などでもらったものの使わず直し込まれていたのだろう。

実は、今どきの漆器などは、多くがそうした贈答品なのではないか。日常品にはなりにくい。お椀だって、普段遣いはプラスチック、あるいはウレタン塗装のものを使う。本物の漆器を日常に使って傷ついたらどうするの! いや腕のある職人の作を気軽に使うのは恐れ多い? 
かといってお客様を迎えたときに物置に走って取り出して、埃を払って提供する……という手間はかけない。そもそも存在を忘れてる。そんな品を「御籠りさん」「御籠り什器」と呼ぼう。

おかげで使われなくても一定の需要となった。それが工芸品の生産の結構なシェアを占めている気がする。

しかし、今やそうした贈答の習慣も薄れつつある。結婚祝いなどでも家電の方が喜ばれるし、カタログでプレゼントすることも増えた。カタログで漆塗りトレーなんて選ぶ人は少ないだろう。

無駄を廃するのは悪いことではないが、伝統工芸が廃れる一因かもしれない。使ってナンボというのが私の気持ちだが、高価ゆえ使わなくなるのだな。もう少しハイカジュアルな分野を切り開けないか。高級感があって心地よいけど、御籠りさせることなく日常に使う、価格も多少は高いが出せる範囲……という工芸レベルを生み出さないと、伝統の技を発揮する場も消えてしまうよ。

 

2022/09/25

古材はクールか?

たまたまつけたテレビがBS1で、COOL JAPAN〜発掘!かっこいいニッポン〜

をやっていた。そしてテーマは「中古〜Second-hand〜」。この番組は、外国人の目から見た「日本のクール」を紹介する番組だが、そこでは日本人は中古品をよく利用すると思われているのか。

ただ画面に映っていたのが古材だった。古い家屋を取り壊した際の太い木材を別の建築、あるいは木工に活かしていることを取り上げている。

それでそのまま見ることに。途中からなんで、あまりはっきり番組の全容はわからないが、NHKのHPで紹介されているのは、こんな感じ。
中古天国ニッポンを外国人たちが深堀り!▽リサイクルショップの品ぞろえと品質に、外国人もびっくり!▽「これが中古品なの!?」数十年前のピアノはピカピカに再生され、海外でも人気。▽100年以上前の古民家の木材は、高価格で取り引きも。モダンな空間にぬくもりを与える古い木材の魅力を探る。▽「こんなものまで中古品として売れるの!?」驚きの中古品市場は、外国人たちにはどう見えるのか?

BS1で9月26日(月)午後5:00再放送予定。録画予約しようかな。

ところで、日本は基本的にそんなに中古品市場が大きいわけではないし、リサイクルが進んでいるわけではない。はっきり言って先進国の間でも落ち目である。むしろ精神文化的にも禊ぎとかいって、新しいものを好む。

Photo_20220925161401 

日本はサーマルリサイクル、つまり熱利用が多くて、ようするに焼却処分をリサイクルと呼んでいる誤魔化しである。それも熱利用というわりには燃やして出る熱のうち何%を利用しているのか怪しい。さらにゴミ焼却場ではほとんど発電していないし、バイオマス発電では全然熱利用はしないとちぐはぐだ。

だが、古材では? 日本の建築廃材はほとんど焼却されている(それも建築リサイクル材と呼ぶが)。しかし、一部の古い家では立派な木を柱や梁にしていることから木材再利用が可能である。その例外を見ると、なかなかクールなのだろう。かなりきめ細やかに古材を仕分けして、その利用法も多岐に渡る。古民家インテリアのようにもなる。

欧米では、あまり古材利用は行われていないのか。古い家屋やアンティーク家具のように古い木材の味を楽しむ文化はあるはずだが、古い建築材を別のものに作り変えるような使い方はしないのかもしれない。(知らんけど。)

以前、古材バンクを取材したことがあるが、あまり有効に機能していなかった。最近は解体も重機で破壊してしまいがちだし、在庫の場所や経費が馬鹿にならないし……。が、クールと見られているのなら、古材の再生ノウハウを広げる可能性はないのか。

4_20220925162801

お寺から出た古材。数百年経っている。

1_20220925162901ホテルの壁面。

1_20220925162902居酒屋の外観。

 Photo_20220925162901デザイナーズ家具。

2022/09/23

「風のロウソク」はFSC印

バッタもんを扱う店があって、そこには中古も含めてなかなか面白い商品が並ぶので、私は時折覗きに行くのだが、今回また素敵なものを発見。

20220923_152806

20220923_152821

わかるだろうか?何やらおしゃれなパッケージだが、ようは角材である。ただ、「wind candle」と書かれてある。直訳すると風のろうそく?
その正体は、写真を見てほしい。下部に穴があって、そこにある導火線に火をつけると、やがて全体が燃える仕掛け。煙突効果で炎が植えに吹き上げるのか。ロケットストーブの原理と似ている。
タンコロ、丸太などでは木ろうそくとか、丸太コンロとか、最近ではスウェーデントーチなんて名で売られていたりもする。私も本ブログで紹介している。

それを、もっと小さく楽しめる形態に改良したものか。導火線の奥には何があるのはわからない。ロウソクのような着火剤が詰められているのではないかと思うが、簡単な加工で、なかなかのアイデア商品だ。着色してカラフルにしてある。

大小あるが、1時間半ほど燃え続けるということで、試したくなった。問題は場所だ。試すのも夜の方がいいのかな。

が、より注目すべきは、この材料。ポップをよく読んでほしい。

20220923_152821_20220923201401

なんとFSC材を使っているのだ。そういや製造国を確認していなかった。よーくラベルを観察すると、「メイド イン EU」とある。ヨーロッパであることは想像していたが、冠詞などからフランスかな。ラテン系の言語ぽい。なお日本語の説明文にもFSCであることを記すとは、なかなか担当者もわかっていらっしゃる。

夏が過ぎて、価格も暴落、いや大幅値引きしている(元の価格、ちょっとぼりすぎ)ところを見ると、またバッタ屋に流れているところを見ると、売れ残りだろうが、そのうち試してみよう。

 

2022/09/03

極彩色の白鳳文化

新薬師寺を訪れた。古寺巡礼……というわけではないが、奈良の名刹をコツコツ回るシリーズ(^o^)。

1_20220903211101

新薬師寺は、かつて南都十大寺の1つに数えられる七堂伽藍が建ち並ぶ大寺院だった。創建したのも聖武天皇の妃光明皇后である。

今は小さな古刹になっているが、それでも国宝ばかり。本堂はもちろん、本尊の薬師如来、十二神将像などだ。世間的には、伐折羅(バサラ)大将が有名だろう。切手の図案にもなった。いかにも白鳳文化の神髄が今も息づいている。こうした世界に触れると、100年も遅れてつくられた新参者の京の寺や仏像が薄っぺらに思えてくるのだが……。

Iimg384x4161659418659agrfje15

その本堂の裏に回って意外なものを発見。

2_20220903211101

なんと、ステンドグラスではないか。えええ。中で国宝の仏像を参拝しているときは気がつかなかったというか、扉を閉めてあったので見えなかったのだ。しかし、国宝の建物に傷に付けてはいないのか。
何でも、本堂を傷つけぬように、扉の枠にはめたのだそうだが……。

いやあ、粋なことをする住職さん(^o^)。

ところで、新薬師寺の研究の過程で、十二神将像にはかつて色が塗られていたことがわかってきている。顔料が表面に残されているのだ。それを復元する研究も行われていて、その結果をビデオで展覧していた。

こんな感じだという。

_li_20220903211601

なるほど。これを白鳳時代には愛でていたのだ。そういや、平城宮の南大門や大極殿も、そもそもは赤いベンガラを塗られた極彩色。復元した建物はその色を使っている。さらに言えば東大寺の大仏も大仏殿も、奈良時代には、極彩色に塗られていた。大仏には髭も描かれていたという。
つまり、昔の人は派手な色が好きだったのだ。何もワビサビだと言ってすすけた風情を楽しんでいたわけではない。

そう考えればステンドグラスもよいかもしれない。木造は自然、なんて思うのは現代人の浅はか、かもよ。天平文化は木肌に顔料を塗りたくって隠したのだ。今で言えば、木材にペンキを塗るようなもの(笑)。それもいいのである。

 

2022/09/02

世界一の木造ビルは日本製

大林組が、オーストラリアで建てるビルが、世界一らしい。

オーストラリアにて木造ハイブリッド構造として世界で最も高い「アトラシアン・セントラル新築工事」を受注

1_20220902203301HPより拝借。

高さ182m、地上39階建てで、ホテルや店舗エリアを含む複合施設で、7階から上階が鉄骨とCLTによる木造ハイブリッド構造。木造というべきかとうかわからないが。無理して、完全木造をめざす必要はないよ。

ん? 7階から上……つまり6階まではフツーなのかな。鉄筋コンクリートか。

また建設中に排出されるCO2を通常の50%以下に抑制することを目標とし、完成後は100%再生可能エネルギーでの稼働させるらしい。なんだか、木造よりも、こちらの方がすごいじゃないか。でも100%再生可能エネルギーって、何を使うんだ? まさか屋上に風車とか。ソーラーパネルを張るだけでは絶対に足りないと思うし、ゴミを燃やして熱供給、さらに下水で発電でもするか? まあ、単純に市場から再生可能エネルギーの電力を購入するだけだろう。

大林組は、なかなか木造や環境問題に熱心だ。「日本初の高層純木造耐火建築物」11階建て(高さ44m)も建てている。また以前は、こんな機関紙も発行している。

『季刊大林』58号は森林特集

私の聞く評判は全然そんなことはないのだが……(^^;)。コレコレ

 

2022/08/13

和牛再生に学ぶ

ちょっと面白い畜産農家の話を読んだ。

熟豊ファーム

何がすごいって、リンク先のHPを読んでいただければよいのだが、ようは和牛の経産牛を扱う点。通常、繁殖に使われた雌牛は、肉としてはテーブルに乗せられるものではないらしく、10頭ぐらい子供を産むと、ほとんど捨て値で取引される。10万円しないそうだ。それを買い取って、一から育て直す。ちなみに和牛の子牛なら1頭70万円はして、出荷まで20カ月は育てる。

すると、そもそもは和牛の血統なので、半年で出荷できる和牛の肉質になるのだという。ほぼ4等級にはなるらしい。最高品質は5等級だからその一歩手前と思えるが、実は5等級は脂まみれで真っ白い肉(^^;)なので、それを好まない人も多い。とくに欧米では赤身肉の美味さを求める面があるので4等級ぐらいがよいらしい。また肉の旨味も増す。経産牛の方に高値をつける国もあるという。

言われてみれば、私も和牛ならモモや肩ロースのような赤身肉の部分の霜降りを好む。いわゆるロースは脂濃くて食えん。

もちろんビジネス的には、いかに経産牛を肉牛として再生するかというノウハウはあるのだが、これを考えて実行した石飛修平さんは、元警察官がというのも面白い。畜産業界の常識に挑んだわけだ。すでに数箇所の牧場で1000頭近くを肥育しているという。そして海外輸出している。日本国内では、経産牛のイメージがいまだに強くて、価格が上がらないので、海外で高くするわけだ。

小売りの世界ではブランド化、ブランディングの必要性をよく言われるが、狙うべきは今のイメージが低くて安い素材を高く加工することだ。木材業界も参考にしてほしいなあ。高級材を一から生産するのではなく、並材、端材、廃材を加工で高くするのだ。

すでに、いくつか紹介している。廃材による家具とか、端材の木工品、スギ材の広葉樹材化、なんてのも取り上げたことがある。黒芯とか表面に傷が入っていても、製材次第で美しい造作材になるケースもあるのだから。

12_20220813173201高原で放牧される黒牛

 

2022/08/11

発掘された扉

生駒市の隣なんだが、山超えたところにある大東市。そこの歴史資料館に行ってきた。

こじんまりしているが、こんな展示が。

1_20220811161001

何かわかるだろうか。木の扉なのである。ちゃんと把手が刻まれている。しかも発掘されたのは井戸跡。どうやら扉としては傷んだのか破棄したものを井戸の壁面(井筒)に使ったらしい。

材質はスギだろう。幅は80センチ級だが、一枚板を削って把手も含めて板にしたものらしい。時代は古墳時代。5~6世紀か。おそらく倉庫などの大きな建物の扉だろう。

井筒だったから腐らずに済んだのかもしれない。こんな遺物は、意外と珍しく日本ではほかにないらしく、当時の建物の建材がわかる唯一の資料だそうである。

2022/08/02

バイオマス発電所の燃料アンケート

国際環境保護団体FoE Japanは、再生可能エネルギーのバイオマス発電事業者に対して、バイオマス燃料の持続可能性に関するアンケートを実施した結果を公表した。

これに目を通すと、なかなか味わい深い(^^;)。

ちょうど「再生可能エネルギー」に関する講演を行ったばかりなので、余計に考えさせられる。実はこの講演主催団体は、気候変動対策に再生可能エネルギーを推進していたのだそうだ。が、このところ、メガソーラーにしろ風力にしろ何かと批判が起きてきたので、改めて見直したいという意向だった。そこに私は、バイオマス発電も加えて話をしたわけである。

さてアンケート結果は、ぜひリンク先に飛んでじっくり読んでいただきたいが、私も詳しくチェックし考察する前に感じた点に触れておく。

まずアンケートを実施したのは、FITの認定を受けた発電出力1万kW以上の主な発電設備(187設備)を有する発電事業者154社(2022年5月19日~6月10日)。そして回答があったのは56社(61設備)。それらの会社が利用しているもしくは利用予定の燃料の内訳は、輸入木質ペレットもしくは木質チップが36社、PKS(パーム椰子殻)が30社、国産木質チップが21社、その他が2社となっいる。

Photo_20220802170901

ここで気をつけたいのは、出力1万kw以上であることだ。気づいた人もいるだろうが、これまで日本各地に「林地残材を使って発電します。だから林業に貢献します」と言って建てられたのは、だいたい5000~6000kw級なのだ。そこが入っていない。

実は、5000kw級以上というのは、林地残材を使うという前提だった。すると、この規模にしないと採算に合わない。これ以上だと燃料の残材を集めるのが難しいとされた。
ところが、現実はこのクラスでも燃料となる木材は6万トン、10万立方メートル以上必要なのだが、なかなか集められない。集めやすい林業地の道沿いは1、2年目で底が尽き、その後はより奥地から集めることになる。それでは採算が悪化する。だから産廃をこっそり混ぜている業者も多数いるようなのだが、開き直って1万トン以上にすると、今度は一般木材を燃料にしても採算が合う。FIT価格は安くなるが、燃料を海外調達する前提となるからだ。つまり、記事にもあるPKSや木質ペレットである。そこに石炭混焼も加えている。それがアンケートの対象なのだ。

さて、この前提の上で出た結果だが……回答率が低い(-_-;)。それにまだ稼働していないところも含むから、現状と言えるのかどうか。(事業者の)希望的予定なのかもしれない。

このあとは、皆さんも分析してみてほしい。私も、じっくり考えてみるよ。

ちなみに、このページから飛んだ別のところにあった言葉。

Photo_20220802171001

面白いねえ。

 

 

2022/08/01

万博の木造建築は世界最大か

2025年大阪・関西万博の運営を担う日本国際博覧会協会は、会場となる人工島「夢洲」に建設する1周約2キロのリング状の大屋根を木造でつくる予想図を発表、世界最大級の木造建築になる予定だとか。屋上からは海を見渡せる予定。この大屋根を「会場のシンボル」と位置付けている。

3_20220801231101

総工費は約350億円。来春から工事が始めるそうだが、出展されるほとんどのパビリオンは、大屋根の内側に配置される。大屋根をデザインは、建築家の藤本壮介氏。一部が水上にせり出し、建築面積約6万平方メートル、高さ12~20メートルとなっている。

よく世界最大の木造建築というと、奈良の東大寺大仏殿が上げられる。あるいは高さだと京都の東本願寺阿弥陀堂とか。しかし、単純に大きさを言えば、海外にもっと大きなものがたくさんある。記憶では、スペイン南部のセビリアに誕生したメトロポールパラソルという複合ショッピングセンターとか、アメリカオレゴン州のティラムーク航空博物館とか。今回の建築物の大きさは、それらとちゃんと比べてほしい。

ところで以前の大坂万博では、大屋根を鉄骨でつくり、それがシンボルの予定だった。ところが、そこに岡本太郎の「太陽の塔」が屋根をぶち抜いて設置したため、もはやシンボルは「太陽の塔」になってしまったが……。実際、万博後に残されたのは、大屋根ではなく塔となっている。

今回は、終了後に解体して移設することも考えて、組木工法で建てるそうだ。世界最大級の木造建築物をどこに移設するのか……。

そもそも肝心の材料の木材はどこから調達するのか。国産で、という声は強いが、果たして調達できるか。太さは集成材だから気にしないとしても、また特需を生み出すのだろうな。本当は、そうした特需を利用して構造改革を勧めればよいのだが、今の老衰している日本に、そんな発想や余裕はあるだろうか。

いっそ、太陽の塔に相当する斬新なモニュメントを提案する人が出てきてほしい。かつての万博は、ある意味エネルギッシュで、型破りな発想も取り入れる余地というか余裕があった。

 

2022/07/06

明治神宮の新鳥居の元の姿

明治神宮南参道の一の鳥居の建て替えが終わったようだ。4日にくぐり初めが行われたとのニュース。

明治神宮の新たな南参道鳥居でくぐり初め 創建以来100年ぶりに国産スギで建て替え

20220705_161603

この建て替えに関しては、これまで幾度も記事にしてきた。今年二月にも工事現場を覗いている。
1920年の創建以来となる建て替えというが、前代を「台湾産のヒノキ製」とある。あれ、そうだっけ。台湾ヒノキ製は二の鳥居ではなかったか……と思うが、確認はまた。「新しい鳥居は、国産のスギ材を使い、高さ11メートル、上部に渡す笠木の長さは15.6メートル。初代のサイズとほぼ同じで、境内にある8基の鳥居のうち2番目に大きい。」とある。
記事にもあるが、スギ製であることが大きなエポック。初めてのことらしい。そしてスギの産地は吉野の川上村。
実は、そのスギを私は30年以上前から見てきている。ほとんど初めて訪れた川上村で巨木の森として目にしたのだ。当時はフィルムカメラで撮影したから、その写真を見つけ出したら面白いのだが。直径1メートル以上の幹に抱きついて撮ったはずだ。
その後も折に触れて訪れていた。村役場からわりと近いし、人が植えた巨木林を紹介するのに便利でもあった。

4_20220706212501

ところが、数年前に訪れてびっくり。

1_20220706212501

このとおり伐られていたのだ。

010_20220706212501

その切り株もすごい。この上に寝転がられるほど。根元をえぐられているのは、彫刻用資材に取られたと聞いたが……。

これを何年も乾燥させて、白太を剥いて赤身だけにしたのが、鳥居に利用されたらしい。今度、東京を訪れたら見学してみますか。初めて「会って」からほとんど40年だよ。。。。

 

より以前の記事一覧

October 2022
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と筆者の関連リンク先