無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2020/03/21

巨木アートの美術館へ

軒並み、美術館が閉館している中で、新たな美術館がオープンした。さっそく行こうと思うが、問題は場所だ。一応奈良市内なのだが、中心部から車で走ること訳30分。それも山道だ。うねうね曲がる山道を走りつつ峠を越えて、なんだか谷間の隠れ里?(壬申の乱の落人部落とか…)を思わせるような地域に入る。狭山というんだが、歴史は飛鳥時代からあるんだそうで。

ようやくたどり着いたのだが、気合いる。なんと手招きされた。(ちなみに、公共交通を使うかあるいは山越えがいやならJR笠置駅からたどった方がよい。こちらからなら5分くらい。)

着いたよ、ふじい忠一記念館

Dsc04294

ふじい忠一という名は、私も覚えがあった。スギの巨木をぐんにゃり曲げるアート作品で有名だ。奈良県出身だが、全国各地に作品が展示されているし海外でも活躍されたのだという。それが、なぜ落人部落、もとい狭山に記念館を設けることになったかというと、もう年をとり身体も動かなくなったので、手元にある作品をどこかに寄贈したい、と考えていたら、さまざまな縁でつながって狭山にたどりいたのだという。地元もそのために熱心に各地の作品を見て歩き、とうとうNPO法人手力男(たじからお)を立ち上げて、誘致することにした。

そして廃業していた農協の建物を買い取り、米の倉庫を作品ギャラリーにするほか、木工芸家の作品を展示即売するコーナーもつくった。これを地域起こしの拠点にしようという力の入れようだ。

さて、作品を見てみよう。巨木アートが8点並ぶ。ふじい忠一氏の作品が、これほどまとまって見られるところはないのではないか。

Dsc04277 Dsc04280Dsc04273

Dsc04270

なかなかの迫力。運び込むのが大変だったそう。重いし、設置するのも大仕事だ。
どうやってスギの丸太を曲げたのかは秘密だが、ようはワイヤーで引っ張って時間をかけてつくるらしい。加熱圧縮とか、薬品を浸透させるとか、電子レンジでマイクロ波にかけるとか、製材するとか刻んで集成するのではなく、そのまま形を変える。スギ丸太の新たな使い方を示しているかもしれない。

これらの作品をどう評価するかは、人それぞれだろう。素直に造形に見ほれてもいいし、いかに作り上げたのか製作方法を想像するのも楽しい。ただ……せめて背景となる倉庫の壁はもう少しなんとかならなかったのか(^^;)。倉庫そのものではねえ。

なお向かいの事務所の方は、木のおもちゃのショップ「MOKMOC(モクモック)」があり、家具や木工品の展示販売のほか、木の玩具を使う木育拠点にもなっている。モンベルと関係があるらしい。東京おもちゃ美術館がかかわっているらしい。さらに地元の工芸家のほか、なぜかオークヴィレッジの作品も並んでいた。
さらに4月には、ギャラリー「陀敏知(ダビンチ)」もオープン予定。ここで彫刻や陶芸などの各界のアーティストの展示も行っていくそうだ。不思議な人脈である。

私も、入場料代わりに木の玩具を購入。まだ馴れない地元のおばちゃんが対応。「キャッシュレス対応 2%オフ」とあるが、とても無理そう(^^;)なので、現金で払いました。

20200321_191428

美術作品だけで地域づくりは難しいだろうけど、せっかくの寄贈だ。上手く利用してほしい。
丸太を曲げる過程を見学しませんか、2年かかるけど。なんてイベントやって、毎月どんなけ曲がったか見学会&体験会を開けば、10回ぐらい通ってくれる\(^o^)/。丸太芸術の普及センターに仕立てたいなあ。いっそチェンソーアートの拠点なんてのも考えられる。あるいは彫刻や陶芸の場を提供することで移住者を迎えるとか、できることはいろいろある。

 

ちなみに展示してあったふじい忠一氏のインタビュー記事に目を通すと、なんと一時期は生駒山中に住んでアトリエを構えていたらしい。どこだどこだ、意外と我が家の近くではないのか。知っていたら生駒で出会って製作風景を見たかった。

 

 

 

 

2020/03/19

臭いで感じる橿原神宮の鳥居

台湾ショックのさめやらぬ今日、橿原神宮へお参り。コロナウイルス退散祈願をしてきたが、そこで見かけたのが、この鳥居。

Dsc04220

おや、新しくなっている。さっそく顔をつけて臭いを嗅ぐ(^o^)。

うむ。このバタ臭い臭いはなんだ。ヒノキというよりマツ、いやもっと脂っぽい。それも日本にはない臭さ。以前来たときは、ヒノキチオールの香りがした。つまりタイワンヒノキ製だったのだが。

橿原神宮の創建は明治23年創建だが、その時は急ごしらえであり、その後幾度となく拡張されていく。そして紀元2300年を迎える1940年に向けて大きく改築された。その際に使われたのが、タイワンヒノキである。鳥居のほか、本殿など大きな建物の豪壮な柱などは、ほとんどタイワンヒノキで建てられたと言ってもよい。

だが、約80年経った昨年、ついに傷んできた一の鳥居、二の鳥居を新たに立て直したのだそうだ。

使われたのはカナダヒノキ。なるほど、バタ臭いはずだ(笑)。それでも樹齢1000年ものの大木だそうである。ただ、すべてが腐っていたわけではないので、柱の部分を使って横木(島木)に作り直したそうである。だから、島木は色が違う。台湾とカナダの合作であった\(^o^)/。

外国産木材を使ったというのはちと残念である。カナダだから違法伐採木材ではないと思うが……。明治神宮のように吉野杉でつくろうとは思わなかったか。やはりスギには抵抗あるのかもしれない。しかし、臭いではカナダヒノキよりスギの方が芳しいと思うよ。

なお手洗い所や南門、北門、そして本殿など全般はみなタイワンヒノキの建築が残っているようである。こちらを嗅いで、行けなかった台湾に思いを馳せよう……。

 

2020/03/08

チェンソーアートの原点?

昨日とは違う山だが……。

ハイキング道に、こんなものを見つけた。

Dsc04105 Dsc04104 Dsc04102

何やら私設休憩所みたいなものを設けているし、ハイキングで通り掛かる人向きのサービスなんだろう。

そして切株にチェンソーで刻んだようだ。木が細いこともあるが、技術的には稚拙なものの味がある。これもチェンソーアート、その中でも切株に刻むスタンプカービングだろう。

最近のチェンソーアートは進化しすぎて、芸術家の彫刻と変わらないレベルに達した作品も増えている。もはやチェンソーは彫刻刀に代わる道具であって、チェンソーアートはチェンソーで削ったことを主張する作品ではないのだ。何をつくるかが問われる。

もちろん、それはそれで素晴らしいのだが、こんな作品?を見ると、ほっこりする(笑)。自己流で、試行錯誤しながら楽しんだ様子が伝わるから。

2020/02/14

曲がる木製の名刺入れ?

名刺入れを紛失した。どこで落としたのかもわからない。ただ谷山浩子のコンサートに行く途中に、ポケットにあるはずの名刺入れがないことに気づく。中には名刺10枚以上が残っていたはずだし、ICOKAを入れてあったのがイタイ。まあ、もらった名刺は前日に回収していたのが救いか。

とはいえ、明日より東京だ。また多くの名刺交換しそうなのに困る。

そこで古い名刺入れを出す。そのうちの一つが木製名刺入れ。職業柄、木製を使うのは話題的にもよいのだが、近年は使わなくなった。やはり使いにくいのだ。硬いからポケットに入れておくとガサつくし、開くのも少し手間。そして触り心地がよくない。話題性だけで使うのは飽きたので、直し込んでいたのだが、今回は改めて引っ張りだすことにした。ともあれ東京滞在時はこれでしのごう……。

20200214_194523

が、木製名刺に対するちょっとした不満を思い出したところに、こんなサイトを目にした。

“曲がる木”の名刺入れ

木が曲がる? アイリグノス名刺入れというらしい。クラウドファンディングで金を集めたか。

この曲がる木は、”LIGNOFLEX(リグノフレックス)と名付けたらしい。が、サイトのどこを読んでも、なぜ木が曲がるのか書いていない。「名古屋木材が特許を取得した木材圧縮技術によって柔軟性を付加した素材です。」とあるが……。「化学薬品を一切使用せず、水蒸気と熱とプレスの力だけ」ともある。全然説明になっていない。むしろ薬品を使っていないのなら曲がらないだろう、と思ってしまう。以前、木材に糖質を浸透させることで柔かく曲がるようになる発明を目にしているが……。

吉野杉を使っているようだが、イマイチ謎だ。単に圧縮したというより細かな破片にしてから圧縮したのか。価格はそんなに安くないが、まあ買えなくもない値段。考えようかな……と思っていた。

そこに奈良西警察署から電話。「名刺入れが落とし物として届いています」。

わっ。すぐに受取りに行く。とうやら近鉄電車の中に落ちていたのを拾って、駅から警察署に回ってきたらしい。ありがたや。

さて、どうする?どちらを持っていく?

 

2020/02/10

ホームセンターでスギの薪

ホームセンターに行くと何か面白いものはないかと探す趣味を持っているのだが、今回はアウトドアグッズ売り場に。

この季節でも、あるのだね。オフシーズンこそ、グッズを選ぶのかもしれない。

なかにはワンタッチ、数秒で広がるテントなんてのもあって、しかも価格がン千円程度。ちょいと買ってみるかと思わせる。袋から出してポンと広げるだけでテントになる。まあ、本格的な野営には厳しいかもしれないが、休憩時の風よけとか日除け用テントなら十分かもしれない。思わず、現実逃避したい時に使ってみたくなった。

が、今回私が注目したのはこちらだ。

Dsc04087

薪なのだが、これはスギ材である。それも木っ端ではなく製材屑。「アウトドア用薪」と名付けているが、ようは火付きがよい・すぐ燃え尽きることを売り物にしているのか。長くキャンプファイヤーするには向かないが、調理時間だけ燃えたらよい場合にはちょうどよい。それに素人が焚き火するには燃えやすいはず。一方で売る側からすれば、調達に苦労しない。製材所で簡単につくれる。割るのも簡単。
これまでスギ材の薪といえば馬鹿にされがち?だったが、これは価格もそこそこの値段を付けている。通好みのナラ材の薪なんかと価格は変わらない(か少し高いように感じる)。量も少なめ。

なんでも能書きを工夫すれば売れるし、高くできる(^^;)と感じたのであった。

ちなみに上に誰かの足元が写っているかのようだが、これは、こんなディスプレイなのである。ちょっと不気味。

Dsc04089

2020/01/22

狙い目は木製植木鉢!

ショッピングモールを歩くとき、いろいろ店を覗き見するのだが、つい私の目が向くのは木製品。

以前は店舗の内装やショーケースなどだったが、最近は販売している木製品そのものも気になるようになった。

で、今回覗いたのは、グリーンインテリアのお店。観葉植物とか、多肉植物などがオシャレに並んでいたが、その中で興味を引いたのは植木鉢だ。

1_20200122232901  2_202001222329013_20200122232901

こ、これは! イカスじゃないか(古)。小径木丸太をこのように使うか。大木(ヤシの幹ぽい)にこんな彫刻するか。そして凸凹の木をこんな風に磨き上げるか。

自慢じゃないが、私は木工で今後の売れ筋として園芸用品に目をつけていた。ホームセンターなどでも、なんのことはない、ちょっとした庭に設えるカワイイ木の品をよく見かけていたからだ。そして価格も高い。庭園や公園などで植物が主役の舞台には、やはり木製品が似合うのだ。こんなところに金属や合成樹脂では安物っぽくなる。

しかし、ずばり植木鉢というのは穴だった。どうしても植木鉢は陶器をイメージしていた。そこに、こんな具合にデザインされたのを見たら、ほれてしまいそうだ。何を植えるかではなく、この植木鉢に似合う植物を探してしまいそう。。。。値段も、作家の彫刻作品ではないのだから、べらぼうな価格ではない(けど、高い)。技術は、さほど難しくないだろう。

趣味の園芸では、金に糸目をつけない客がいるぞ。

こういうデザイン感覚のある木工家がもっと出てきてほしい。

 

2020/01/06

3×3ラボって?

東京駅からほど近い、大手町の追手門タワー。その1階。こんな一等地の一角に、「3×3Lab Future」なるコーナーがあった。

会員制だが、入って簡単にビジターになれる。

なんか、不思議な空間。何人かが緑の中で会議をしているかと思えば、一人テーブルでPCに向かう姿もあって、さらに講義室もある。キッチン?もある。スタジオにもなるそうだ。

1_20200106213101

シェアオフィス?と思わせるが、そうではないらしい。とにかく全体に木質が目立つ。さらに緑が目立つ。サステナビリティをテーマとして、会社でも自宅でもない、第3の場所「サードプレイス」を演出しているらしい。

6_20200106213101 1_20200106213102

だからカフェかバーになったり、お茶室?もある(^^;)。

まあ、そのところの意図などはリンク先で確かめてもらうとして、一等地の中でも一等地にこんな空間を作るとは贅沢なこと。
実は、ここは三菱地所の持ち物であるから、好きに使えるのだ。

私も、会員になって東京に行ったらここで仕事をする……なんて夢みてしまったが、会費がなあ。。。。

 

5_20200106213101

※講義室の扉は、何種類もの木を張り合わせてあった。樹種を読み取れたら凄い。

 

2019/12/23

上野公園の木製舗装、のその後

今から12年前に、「上野公園の木製舗装」というブログ記事を書いた。

その後の姿を、今回図らずも見てしまった。

1_20191223220301

これが木材のタイルを使った舗装にした説明板。これは前回と変わらない。

3_20191223220301 2_20191223220301

あああ。なんと浮き上がって危険な状態に。単に朽ちていくだけなら、自然循環だと言えるんだけど、これでは歩けないし、つまずく危険もある。そして通行禁止の柵で囲まれた。
どういう状態になったかは確認していないが、木製タイルが水を含んで膨張して浮き上がったのか、タイルの下の土が緩んでしまったのか。

ようするに木製舗装はよろしくないという見本になってしまっている。しかし、これは木製タイルの作り方が悪いのか、施工が悪いのか。ちょっと工夫した施工法を取れば、こんなことにならないと思うが。。。

2019/12/21

新宿御苑の台湾閣

東京では、毎朝早起きして周辺の名所を歩く。

2日目に訪れたのは新宿御苑。なんだか外国人が多いのにびっくりなのだが……外国人はたいてい(中国人も欧米系も)カップルなのに、日本人はオッサンばかりではないか(あ、オレもか)。それも一人でカメラ片手に植物とかミョーなものを撮ってるんだから(あ、オレもか)。

でも、私の目的は別にあった。新宿御苑の中でも日本庭園部分に建つ御涼亭だ。別名・台湾閣。

3_20191221114201

これは昭和天皇のご成婚時に台湾の有志が寄贈した離邸。だから清朝様式を取り入れた建築なんだけど、材料にタイワンスギとタイワンヒノキ(それも紅檜と扁柏の2種類)をふんだんに使っているという。柱はタイワンスギで天井板がタイワンヒノキらしい。ほか、周辺にタイワンスギを植えたというのだけど、気がつかなかったな。。。

4_20191221114201

私、日本に残るタイワン材(とくにタイワンヒノキ)の建築物を見て歩くのが趣味(^o^)。もし、身近にあったら教えてください。ついでにオッサン一人でなく、一緒に見て歩いてもいいよ、という人も募集中。

2019/12/10

針葉樹材を黒檀のように?スイスで発明された木材

ちょっと気になるニュースがある。スイスで木材をプレスして、エボニー(黒檀)の材質に似せる技術が生み出されたというのだ。

スイスインフォスイス生まれの「熱帯」木材が森林破壊を救う

生まれた木材をsonowood(ソノウッド)と呼ぶ。

黒壇は、黒光りして堅いから家具や木彫などに用いられるが、熱帯地域にしか生育せず、しかも過剰伐採・採取が続いたからほとんど絶滅危惧種だ。ワシントン条約で取引規制が行われていて、輸入時には申告が必要だ。

黒檀は、とくに音の伝導に優れており良質なバイオリンの指板に向いているという。そのほかアクセサリーや高級時計にも使われる。だから黒檀に似た材質の木材を人工的につくれるとなれば、飛びつく人々がいるだろう。

さて製造は、スイス連邦工科大学チューリヒ校とSwiss Wood Solutionsが開発した。スイス産のカエデとトウヒ材を圧縮し、エボニーに似た材質を作る方法を開発したというのだ。具体的には、スイス連邦材料試験研究所(EMPA)に設置された巨大なプレス機で、特定の楽器作りに最適になるよう、木材の密度と音の伝わり方を微調整するという。

実際、楽器製作者は黒檀をなかなか手に入れることができず、最高級のバイオリンほかの楽器の材料に困っているのだ。この木材を使って作られた楽器をプロの音楽家が使ったところ、本物を使ったものと同じくらい良いと高い評価を得たらしい。演奏家の感想として「トロピカルウッドの指板よりも音が暖かく、よりオープンです」という言葉が紹介されている。

もっとも、1立方メートル当たりの生産コストは20万フラン(約2200万円)! 輸入木材の10倍。それでも2年先まで予約はいっぱい……。

こんな内容だ。もっと突っ込んで製造法を知りたいところだが、ちゃんと記されていない。わずかに「前処理された木材をプレスにかける」といった言葉が読み取れる。この前処理とは? 

イマイチ、わからん。単にプレスしただけでは、そんな材質の変成を起こせない。圧縮木材は時間とともに元にもどるため、それを抑えようとすると樹脂注入などが必要になる。そこに「添加物を含まない」「プラスチック、樹脂は含まない」などと書かれると、正体不明だ。加熱などもしたのか。いや前処理という言葉があるが、そこで薬品を使っていないのか。

スイス語(ドイツ語)のHPを自動翻訳にかけてみると、こんな言葉が。

熱帯木材の非常に価値のある物理機械的特性を実現する高品質の材料。

ソノウッドはプラスチック複合材ではなく、添加物を含まない本物の100%天然木。

生分解性で、プラスチック、樹脂、人工着色料は一切含まれていません。

そして熱帯木材の代替などは、私が紹介してきたケボニー化木材とよく似た発想である。こちらは針葉樹材を広葉樹材のようにする、というキャッチフレーズで紹介したが、天然性樹脂の注入によって行う(フラン樹脂化)。ではソノウッドはいかなるものか?

もうちょっと科学的な説明が欲しいなあ。

より以前の記事一覧

March 2020
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎