無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2023/01/21

『森林に何が起きているのか』を読む

森林に何が起きているのか 気候変動が招く崩壊の連鎖 』(吉川賢著 中公新書)を読む。

森林テーマの新書本は(私も含めて)時折出るのだが、これはタイトルどおり、現時点で何が起きているのかを追及している。サブにあるとおり、気候変動テーマだ。

Img001_20230121175701

内容はワールドワイドで、北米やオーストラリアからシベリアタイガ、砂漠化、熱帯雨林、そして日本の里山……と世界と日本の森林を取り上げている。

目次

序章 多発する森林火災―失われ続ける森林
第1章 シベリアタイガの危機―温暖化の森林への影響
第2章 砂漠化と森林―森林の機能と人々の生活
第3章 脆弱な熱帯林―炭素隔離と森林利用
第4章 変貌する日本の森林―持続的な利用をめざして
第5章 これからの森林管理―林業が拓く森林の可能性

いやあ、全体としては知っているつもりだったのだが、ここで語られる事情は深い。単に火災で燃えて大変、というレベルから進んで、森林生態系は変化への耐性があるが、いったん崩れると元にもどりにくい脆弱さもあると指摘されると、一段と危機感が強まる。さらに呼吸消費に炭素循環と綿密な環境変化と植物の生理がひもとかれる。

たとえば温暖化が進むと、気温が上がれば植物にとっては成長に有利かと思いきや乾燥しやすくなって水分ストレスで枯れるものも現れる、日本のソメイヨシノは、当初は開花時期が早まるのだが、やがて早すぎて休眠打破が遅れて咲かなくなる……とか、予想以上の展開が訪れかねないのである。

そんなわけで感心しながら、さすが世界中で研究してきただけある(著者は岡山大学名誉教授)なあ、と思ってきたのだが。

最終章には引っかかった。林業を気候変動を救う可能性を展開しているのだが、その内容がバイオマス発電だったり、木材による炭素固定だったりすると……なんだ、と力が抜けた。それは林野庁も唱えている原理なのだが、現実の林業現場を見たらとてもその通りに展開しそうにない。いくら増えすぎた森林と雖も、燃料にしたとたんに禿山が広がるだろう。輸入燃料に頼るというのも、その時点で炭素収支は赤字になるし、海外の森林を破壊して日本だけが脱炭素を達成しても意味ない。

もちろん、輸入燃料の問題点や林業現場の非効率、ニーズに合わない商品……などにも触れているが、イマイチ現実と合わない。

バイオマス発電の燃料として使われる木材調達も、その手間とコストは莫大で、そのためのエネルギー消費などを勘定に入れると、もはや経済的に成り立たないうえ炭素収支は赤字だ。そもそも再生可能エネルギーという発想がFITの電力料金の高価格化によって成立した徒花である。FITの切れる20年後には確実に破綻するのだ。
太陽光や風力は、まだ20年過ぎても多少は続けられるが(ただし、設備の更新費用は出ないから、故障した時点でオシマイだろう)、バイオマス発電はランニングコストの7割は燃料費だからFITが終了したとたんに廃業になる。おそらく発電所は捨てられる。

また林業の在り方も、未だに法正林の発想では時代に遅れている。獣害対策にジビエというのも……。

どうも森林科学としての章は私を感心させてくれたのに、林業=経済・社会事情になったとたん絵空事になってしまったのだ。残念である。ちなみに林業の将来像としては、経営統合しつつ長期視点で管理すべきというのは、ソ連のコルホーズみたい、としつつも、なかなか含蓄のあるフレーズ(笑)。

ただし、文句は付けたものの、森林を語る際に気候変動の視点は、現代では欠かせない。その考察の一助になるだろう。

 

 

 

 

 

2022/11/19

複雑な気持ち……

古本屋で見つけた本。

20221026_145533

気になったのは、どの本でしょう。

ま、いいんだけどね……。あ、たくさん売れたから古本屋に流れるものも出てきたと捉えると、歓迎すべきことかもしれん(^^;)。母数が多いから古書として出される確率も上がるのよ。

私も、処分する本は、まずブックオフに持っていくことにしている。古書店なのに古い本は値段がつかないという現実に打ちのめされるのだが、そのまま古紙として出すよりも5円10円ぐらいの値がつくし、たまに100円以上になるものもある。小説は値が安く、硬い論説や科学書の方が高くつく。

果たして『絶望の林業』はどちらに分類されたでしょう……。

 

 

 

2022/11/07

高校生からの質問ラッシュ

このところ、急に高校生と関わることが増えた。

思えば10月初めに、生まれて初めての高校で講演をしたのだが、それを機に、なんだか高校生からの問い合わせが急増している。(来るのは講演をした高校からではなく、全国から。)

Img001_20221107163101高校生の前で講演。

メールで森林のことを教えてください、というものだ。内容は千差万別で、たとえば早生樹植林のこと、森林認証のこと。理想の森林とは、今までで一番関心を持った森林を活用した産業は、ペレットについて……そして「森林を学ぶということはどういうことか」。最後のは難問。皆さんも考えてみたらよい。

メールでぶっきらぼうに質問してくるものあり、学校の教師経由で転送してくるものあり、丁寧に「質問してもよろしいでしょうか」と来るものあり。理由もいろいろあるようだが、どうも学校の総合学習?「探求活動」の時間で、それぞれ生徒がチームを組んだりしつつ、テーマを決めて調べる授業の一環らしい。そこで環境問題もしくは森林事情をテーマに選んだのだろう。また大学の森林科学科を受験したいからというものもあった。受験問題に林業は出ないだろうと思うのだが、どうやら面接やら小論文などで「林業をどのように感じているか」等々、問われた時のための勉強のようである。

これまでも、大学生からは多くあったし、ときに高校生、中学生もあった。しかし、一週間に何人から、それもバラバラ(九州から北海道まで)の地域から来るという経験は初めてだ。

まあ、今やインターネットで検索して、興味の分野について記事を書いた人がいると、メールアドレスを探し出して「質問!」というパターンがわりと多いように思う。

基本、私は全部に対応している。これは義務だと思うからだ。私自身も、高校生ではなかったが、大学時代は探検活動に関して調べては、書籍や雑誌の記事の筆者に手紙を送っていたのである。そしてたいてい返事をいただいた。だから、今度は私の恩返し、とういより恩送り。次の世代へ恩を渡していく義務を感じている。

ただし(ここから強調したい)、私は甘くないよ。あまり不躾な質問、くだらない質問だと、説教する(笑)。また今は安易にZoomで……という申し込みも少なくないが、基本やりません。決められた時間を取られるのは非常に窮屈になるから。どうせ昼間はダメだから夜か週末になるだろうし。

ここで受け付ける際の必要事項を記しておく。まず質問する前に自己紹介はもちろん、なぜ森林などについて調べているのか理由を述べよ。そして私に尋ねてみようと思ったきっかけを指摘せよ。その上で、どうしてそんな質問をするのか、自分はどこまで調べたのか、仮説としても自分はどう思うか、しっかり書いて熱意を示すべきだ。何でもメールで訪ねたらいいや、という.態度は許さん。
文章が稚拙で失礼な表現になっているケースもあるが、それは許そう。しかし、本気で知りたいのか、宿題だからちょちょいとメールで訪ねたことをそのまま写して提出したらいいや、なんて気持ちがかいま見れるメールの場合は、だいたいわかるのだよ。その場合は、罵倒するよ。

逆に、ちゃんと礼を尽くした質問には、気持ちいい。なんとかしてやらねば、という親心?も湧くというものだ。

なんだか毎日返答を書いていると、もはや仕事の記事の文章を超える執筆量だ。質問は一行でも、私の返答は数十行、いやもっと長編になることもある。各返答をまとめたら一冊の本になるかも(笑)。

だから、ここで忠告しておく。質問したければ覚悟を示せ。そうすれば全力で応えよう。手抜きの質問には手抜きの対応で済ませる。あるいは説教する。酷い場合は高校に苦情を入れるぞ。

 

2022/10/27

「興福寺の木材の研究」のレベル

またまた小姑のよう、いじわるじいさんのように論評するが……。

先日の朝日新聞奈良県版に次のような記事が載った。ネットでも読めるから、紙面を丸ごと公開。

Img001_20221027115801

興福寺中金堂 木材から見る 京都大院生の舟橋知生さん

京都大学大学院で興福寺の木造建築物を研究している、とあるから期待して読んだのだよ。私の知らない一面が描かれるのか……と。

が、中金堂を建てるのに、柱36本分のアフリカケヤキを使ったことに対して何の問題意識も感じていないのだ。それどころか「創建当初と同規模の木材」「重厚感のある」「耐久性や風格への配慮と意志」? そして「興福寺中金堂のDNA」だと? そのDNAとは、自寺院のためなら海外の原生林を破壊してもよいという遺伝子か。

必要な木材を供給できなかったことから国内の森林(森林資源の枯渇や保全)の状況がわかるとしながらも、その目はアフリカには向かなかったらしい。主にカメルーンの木材市場で購入したとされるが、おそらく近隣のアフリカ諸国から集まった大木だろう。当時のカメルーンを始めとする国々の政情は不安定で、とても合法とは確認できる状況ではなかったはずだ。それどころか違法伐採の温床だった。現在、アフリカケヤキは輸出禁止になっていることからも読み取れる。デューデリジェンスを行わないグレー木材を、合法だと輸入することへの疑問は持たなかったのか。アフリカの森林資源、原生自然を破壊することへの思いが記事からは読み取れない。

記事の中段には、ネパールの建築の背景にある自然を感じた話を持ち出しながら、アフリカの背景の自然は考えなかったらしい。ついでにいうと、使った木材はカナダのヒノキもある。カナダの森もどうなっているか調べたのだろうか。(昨日のエントリー参考)

森林破壊、とくに違法伐採を止めねばならないことは、すでに国際的合意である。サミットでも度々話し合われた課題なのだ。欧米では、こんな木は絶対に使えない。日本は、真っ当な違法伐採取締法制もなく、逆に世界中から違法木材を集めるほどになっている。そのことを知らなかったというのでは、研究としても記事としても失格。

そもそも日本の文化を引き継ぎたいというのなら、海外の木を使うことへの疑問を持たなかったのか。原木を見たらわかるが、赤茶けた木肌や木の臭いは国産材とはまったく違う。(逆に言えば、日本の文化への意識って、環境への観点がすぽっと抜け落ちているのか。)

これは研究者だけでなく、記者の問題でもある。想像力の欠如だ。それとも研究では触れているが、記事からは省いたのか。それならば、この記事はより失格だ。

もちっと頭を働かせて、木材を巡る世界的な潮流と、日本の建築史まで目配せしろや。

 

2022/10/26

「クローズアップ現代」で取り上げたバイオマス発電

24日のNHK「クローズアップ現代」で取り上げたのは、「そのエコ、本当ですか?」企業に正面から聞いてみると……

ようやく、こうしたテーマも扱うようになったという思いはあるが、ちょっと突っ込みたくなる面もあった。

紹介したのは、エコバックや紙ストロー、椰子の実洗剤などが中心だが、バイオマス発電も取り上げた。

日本のバイオマス発電の燃料は多くが海外から運ばれているとして、その輸送の環境負荷に加えて、カナダの伐採現場も紹介している。天然林を皆伐して木質ペレットを造っているというのだ。すべてペレットにするわけではないだろうと思いつつ凄まじい現場の写真を目にできた……。

20221024-194917 20221024-195010

これは、私からするといまさらなのだが、よくぞ取り上げた、と思っている。ただしカナダだけでなく、むしろシェアトップなのはベトナムの木質ペレットである。そして、FSC認証を取っているのが売り物だったのだが、その内容の虚偽がばれて認証を剥奪されている。今後、日本の購入する発電所側も「森林認証受けてますから」と言い逃れできないはず。

そして、この番組では日本のバイオマス発電所に関しては、国内の間伐材を使っているところもあるとして、こちらはよいと言わんばかりの紹介の仕方をしている。

20221024-194814

だが、国内であっても、相当な距離を運んでおり、しかも山は燃料調達のために皆伐しているところ多数なのだ。本当に端材や林地残材で発電しようと思ったら、日本では2、3か所しか建設できないだろう。さらに輸送距離を50キロ圏内にしようと思ったら、ほぼ無理となる。
だいたい画面に映っている「間伐材」というのもやたら立派。これを燃料にするしかないと思うのも情けない。

これって、番組の最後で指摘する「グリーンウォッシュ」じゃない?

20221024-195924

 

2022/10/22

私も統一協会汚染?

連日、旧統一協会の問題が国会で追及され、マスコミで報道されている。

そこで国会議員の統一協会汚染が取り上げられている。それ自体は、大いにやったれ! と思っているが、とにかく多数の派生団体を抱えているだけに、議員もどの団体が統一協会と関係があるのかわかりにくく、気がついたら……というケースもあるようだ。まったくバックに統一協会を匂わさない名称の団体もあるから厄介だ。調べろ、と言われても、簡単に検索するだけでは、そんなに詳しく内幕を曝露したサイトに行き当たらない。誰か一覧つくって。

先日、たまたま古いメールを探して検索していたら、そのメールの前後に「世界日報」の文字があって、びっくり。おれも汚染されていたか?

読み返すと、世界日報の記者からインタビューの申し込みをされていた。受けたのは、昨年末から今年初旬の辺りのようだ。

内容は、拙著『獣害列島』について。ほとんど記憶にないのだが、電話だったかZoomだったか。

ということは、掲載紙の世界日報も送られているはず。と思って探してみたら、ありました。保存していたのは私のページのみなので、全体の紙面はわからないのだが、記事に思想的な面はなく、獣害問題の深刻さを伝えている。

Img001_20221022103401

当時の私の認識では、世界日報は右翼系の新聞だと思っていたが、統一協会系とはまったく知らなかった。最近の報道で知ったのだ。

私としては『獣害列島』の宣伝になるなら、と受けたのである。

もともと私は、新聞でも雑誌でも媒体の性格はあまり選ばない。その媒体の読者層に何を届けるかを考える。

随分昔だが、「赤旗」に天皇陛下の素晴らしさを訴える記事を書きたい、さらに自民党機関紙で天皇制廃止論をぶち、聖教新聞に「宗教は麻薬だ」……と書けたら面白い。機関紙であってもマスコミの一員なら、多様な意見を届けるぐらいの鷹揚な態度を示すべきだ、と主張していた。できないだろうけど(笑)。

さて、教会員で『獣害列島』買った人いるかなあ。献金ばかりして、余計な本を買う金ないかもね。

 

2022/10/18

琉球新報に『フィンランド 虚像の森』書評

16日の琉球新報の書評欄に、『フィンランド 虚像の森』が取り上げられました。

Photo_20221018172201

これは共同通信の配信のようなので、ほかにも全国の新聞に掲載されている……はず。と信じたい(^^;)。

ありがとうございます。

フィンランドの歩みは「日本が、将来的に必ず踏むであろう轍である」とある。

これって、皮肉かも。フィンランドは林業的には成功した。機械化も、DX林業も現在進行中。だからこそ、陥った罠だと思うのだ。林業が儲かるから、もっともっとと木材生産を増やした。その結果が本書だ。

日本の林業は、成功していない。にもかかわらず、(フィンランドなど先進林業を真似ようとしているためか)同じ轍を踏もうとしているのだ。

形だけの機械化で、形だけの木材の大量生産をめざし、取ってつけたようなICTを導入してスマート林業だと名乗る。儲からないけど。

評にあるように、必要なのは「成功者の失敗から何を学ぶか」なのだ。そして、これは林業だけでなく、すべての産業、社会、政治……なのだ。

わかってる?

2022/10/13

「東大卒女子が林業」の記事バリューは?

こんな記事がYahoo!ニュースに流れ、コメントを求められたので、さらさらと一筆。

29歳で“きこり”になった東大卒女性「運命的な仕事につけた」

元は「CHANTO web」という雑誌?ネット記事のようだが、ようするにこの記事の要点は、「東大卒」「女子」が林業界に入ったよ、というもの。そのまま(笑)。

いまさら言うまでもないと思うが、まだまだ「林業」にも「女子」にもバイアスがかかっているようだ。

ちなみに20年以上前になるかと思うが、和歌山県の龍神村森林組合に女性が入った(たしか東京農大大学院卒)ことがあって、取材に行ったこともあるのだが、彼女は殺到する取材に辟易している様子がありありで、申し訳ないことした(笑)。笑っちゃイカン。

当時は「大卒・大学院卒」で、「女子」で、「地縁のない」ところの森林組合に入った、というのが記事の要点だった。

たしか、その前に静岡県龍山村森林組合に、地縁のない女性が勤めたことがあって、それが、この手の記事の嚆矢だと思う。

もっとも女性自体は戦前から山仕事をしていたわけだし、結局は学歴とか地縁・血縁のない人が山村に移り住んでまで林業やるか? という点にニュースバリューがあったのだろう。それが「緑の雇用」事業などもあって、地縁のなさは珍しくなくなった。女子も、今では全国にいる。林業女子会なる不思議な組織も全国展開。結局、今回は「東大卒」という点がバリューとなる。まあ、東大卒の林野庁職員はいるし、それが辞めて現場に入った(入れたのか、はっきり記憶がない)というケースもあるようだが……。
だいたい本記事の主役の彼女が記事になるのも何度目か。私が目にしただけでも相当な回数になる。かつて私がした「申し訳ないこと」を繰り返している気がする。

というわけで、私のコメントは、そんな世間的なバリューには触れずに林業現場職の現状と雇用の問題点を指摘する、きわめて真正面からおとなしく切り込んで(^^;)書いたのである。なお、この記事の最後に、彼女は結婚して現場から離れたとある。それなら、いよいよバリューは何か?と首をかしげるのだが……。もしかして「運命的な仕事」とは何か、という哲学的記事か?

まあ、記事を書いたライターは、林業界の事情には明るくないということか。

 

 

2022/10/11

エネルギーから農業を見ると「そのとき、日本は何人養える?」

『そのとき、日本は何人養える?』(篠原信著 家の光協会)を読む。

61id1z85s4l

「そのとき」というのは、石油の輸入が止まるとき、と解釈してよいだろうが、基本は現代の農業をエネルギーから見た成り立ちを分析した本である。それは、大きく言えば人類の人口を養っているのは何かを読み解くと言えなくもない。というと、堅苦しいが、極めて平易で読みやすい。

たとえば国内の農産物をカロリーで表すと、年間51兆9000億キロカロリー。そのために使う化石燃料は145兆キロカロリーという計算を出している。完全に赤字である。帯文に「石油が止まると3000万人」(細かな条件、時差や誤差は省く。)とあるが、これはかなり無理した数字(江戸時代なみの耕作と生活レベル)なので、現代の日本人はそんなに生き残れないだろう。

【目次】
はじめに
●第1章 日本は何人養える?
●第2章 飢餓はなぜ起きる?
【コラム】被災地支援はどうあるべきか?
●第3章 大規模農業はすべてを解決するのか?
●第4章 どうして石油が食料生産に関係するのか?
【コラム】運輸エネルギーをまかなえたとして、雇用をどうする?
●第5章 混迷する世界と食料安全保障
おわりに

一部に食糧の根幹である米や小麦といった穀物の価格は安くて、副食といえる野菜の方が高く売れる経済構造とかも触れている。が、重要なのは、現在の農業は機械化された耕作と化学肥料で成り立っていることだろう。それらは石油なしに動かないし製造できない。では有機農業ならよいかというと、実は有機肥料の多くは石油がなければ作れないという現実にぶつかる。また堆肥の元になる糞尿や生ゴミも輸入餌や輸入食品なしには圧倒的に量が足りない。

私も、かつて有機肥料に関して調べたことがあって、その構造には気付いていた。だいたい、有機肥料そのものが輸入品が多いのだ。魚粉とか骨粉、海藻、油粕、そして落ち葉まで輸入している。その物資輸送に石油を使っている事実に目をつぶってはいけない。ついでにいうと、海外から持ち込めば微生物レベルの外来種も入ってくることになる。それが作物の病原菌になることも有り得る。いや、いつか人類にも感染するかもしれない。
その点は拙著『虚構の森』でも、ウルシノキの病気を例に植物のパンデミックを紹介している。

私が注目したのは、再生可能エネルギーのエネルギー密度の問題。太陽光も風力も、極めてエネルギー密度が低く、そこで生み出す電気を貯める蓄電池の性能も、石油に敵わない。単純に比較したら、リチウム電池はガソリンの5・6%だという。

そしてバイオマス発電でも、日本の森の年間成長量1億立方メートルを全部費やすと、化石燃料の6・6日分。全森林を燃料にしても、0・9年分にしかならない。

こうしたエネルギーの視点から林業を見てもよいかもしれない。絶対に赤字だから(笑)。木材使うよりプラスチック使う方が気候変動を防ぐかもよ。

2022/09/30

新聞に「山崩れと林業政策の関係」

朝日新聞に「てんでんこ」という災害関係の連載が長く続いているが、今週は「山が崩れる」シリーズ。

この記事の出色なのは、はっきり林業との関係、それも林政問題に触れた点だ。

これまで単発で、「山の人工林が皆伐されたから山が崩れたのでは」といった記事はあったが、その背景に林野庁の「林業の成長産業化政策」や「木材自給率50%をめざす」「平均林齢の若返り=皆伐再造林」といった政策があることを記した新聞ではなかったように思う。
記事の内容を個別に見れば、多少不満もあるにはあるが、とにかく書いてくれた\(^O^)/。

Img001_20220930161801

一応、ネット先のリンクを張っておくが、有料記事なんだよな。。。「てんでんこ」

なお皆伐してもすぐ崩れるのではなく、根株が腐る10年~20年後が危険と指摘する。(私が学んだところによると5年から崩れだす、というものだったが、地質や地形などケースバイケースだろう。)
つまり皆伐が全国に拡大し始めて約10年が経つ今、もっとも危険な時期を迎えたことになる。今後、皆伐地、とくに作業道が縦横無尽に入った山は相当危険だろう。ちなみに記事には「崩れにくい工法を学び、実践している。しっかり排水措置も取ったが、想定を上回る大雨が降ったのが一番の原因」と皆伐した業者の弁解を載せている。こんな言葉信じられんよ。どんな工法なんだ、皆伐しても崩れない工法って。だいたい結果責任だよ。崩れたら責任とるべきだ。

なお、私がさらに許せんのは、こうして山が崩れた後の復旧工事は公共事業として税金で行われること。施業者にも負担させるべきだろう。そうしたら怖くて皆伐なんかできなくなるから。

私がチマチマと雑誌やネットに書くよりは、影響力があることを期待する。

 

より以前の記事一覧

January 2023
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と筆者の関連リンク先