無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2022/09/30

新聞に「山崩れと林業政策の関係」

朝日新聞に「てんでんこ」という災害関係の連載が長く続いているが、今週は「山が崩れる」シリーズ。

この記事の出色なのは、はっきり林業との関係、それも林政問題に触れた点だ。

これまで単発で、「山の人工林が皆伐されたから山が崩れたのでは」といった記事はあったが、その背景に林野庁の「林業の成長産業化政策」や「木材自給率50%をめざす」「平均林齢の若返り=皆伐再造林」といった政策があることを記した新聞ではなかったように思う。
記事の内容を個別に見れば、多少不満もあるにはあるが、とにかく書いてくれた\(^O^)/。

Img001_20220930161801

一応、ネット先のリンクを張っておくが、有料記事なんだよな。。。「てんでんこ」

なお皆伐してもすぐ崩れるのではなく、根株が腐る10年~20年後が危険と指摘する。(私が学んだところによると5年から崩れだす、というものだったが、地質や地形などケースバイケースだろう。)
つまり皆伐が全国に拡大し始めて約10年が経つ今、もっとも危険な時期を迎えたことになる。今後、皆伐地、とくに作業道が縦横無尽に入った山は相当危険だろう。ちなみに記事には「崩れにくい工法を学び、実践している。しっかり排水措置も取ったが、想定を上回る大雨が降ったのが一番の原因」と皆伐した業者の弁解を載せている。こんな言葉信じられんよ。どんな工法なんだ、皆伐しても崩れない工法って。だいたい結果責任だよ。崩れたら責任とるべきだ。

なお、私がさらに許せんのは、こうして山が崩れた後の復旧工事は公共事業として税金で行われること。施業者にも負担させるべきだろう。そうしたら怖くて皆伐なんかできなくなるから。

私がチマチマと雑誌やネットに書くよりは、影響力があることを期待する。

 

2022/09/29

『虚構の森』3刷とKindle化

ようやく表示されるようになった。

何がって、Amazonにおける『虚構の森』のKindle。出るぞ出るぞと言われつつ、出る出る詐欺だった (゚o゚;) 。

Photo_20220929111801

なんと、Kindleの方が安い。個人的には複雑な気分だけど(^^;)、まあ、お求めやすくなりました。

面白いのは、紙本の方は「環境問題」に分類されているのだけど、電子本は「ノンフィクション」分類であること。私的には、科学分類などもいいと思っているのだけど、結構アバウトに決めているらしい。そういや『絶望の林業』は、林業ではなくノンフィクションのカテゴリーだった。

加えて、紙本は、3刷されました。1年弱で3刷というのは、なかなか好成績。意外と売れるんだなあヾ(- -;)とか思ってしまった。

しかし、驚くのはネットなどに出る感想というか書評などの内容が、おい、本のどこを読んだんだ!と言いたくなるほど雑なものがあること。いやあ、その雑な読み方を正して「もっと考えようよ」と呼びかけるつもりの本なのだが、その前段階で読解力不足の人が多数。

そもそも、ここに書いている学説を丸ごと信じたり、逆に否定しようと必死になること自体が趣旨に反する。(もちろん、しっかり意図を捉えた評もあるし、それを踏まえての批判なら歓迎する。)

やっぱり大学の授業で使ってほしいな(笑)。

 

追記・Kindleの価格決定権は、Amazonにある。版元にも著者にもない。またAmazon以外のネット書店にもなく、紙の本とおなじ価格。
Amazon、やばいよ。優越的地位を独占している。

2022/09/26

日経に『フィンランド 虚像の森』書評

日経新聞9月24日に『フィンランド 虚像の森』の書評が掲載された。

Photo_20220926002601

有り難い。私の本じゃないけど(笑)。

フィンランド 虚像の森 アンッシ・ヨキランタほか著   自然との共生の難しさ 
「森と湖の国」とされる北欧フィンランドは、日本と同じような広さに約550万人が暮らす。国土に占める森林の割合は約3分の2で日本とほぼ同じだが、林業が盛んで自然共生の模範とされることもある。ところが現地の若手ジャーナリストや作家らによると、伐採された自然林はうまく再生されず、生態系は崩れ、景観は破壊されているという。日本とも共通する悩みが山積みなのだ。
森林が深く傷ついたのは、第2次世界大戦で旧ソ連に攻め込まれた「冬戦争」による。巨額の賠償金を負って、大規模伐採である「皆伐」と一斉造林が進められた。ヨーロッパトウヒやシラカバの林は、高く売れるヨーロッパアカマツに置き換えられた。
湿地帯に排水路を設けて土地改良を試み、植林したことで数字上の森林面積は増えた。ところが良質の材木はなかなか育たず、苗木を食べるヘラジカは繁殖しすぎ、湿地の生物は絶滅の危機にさらされた。本書に収められた多くの幻想的な写真もその実情を伝える。
それでもフィンランドは林業がひとつの基幹産業として成立し、観光とも結びつき、良材のみ伐採して森は維持する「恒続林」の取り組みも導入されてきた。山間部に森林が多く事情の異なる日本にも示唆を与える。(新泉社・3520円)

内容的には、アカマツが高く売れるからかどうかは定かではないし、皆伐や恒続林の定義もちょっと違うのだが、気にしないでおこう。そんなの業界内だけの興味だ。読者にはあまり関係ない(笑)。本の主題は別のところにある。日本林業にも触れている点がいいね。

今後も、書評はいくつか載る予定。

2022/09/24

「アバター」の森の世界のモデル

映画「アバター」を見た。今、テレビCMもじゃんじゃん流れているが、12月公開の「アバター2」の宣伝でもあるのだろう。リマスター3D版である。

私は2009年公開時の「アバター」は見ているし(本ブログにも記した)、その後のテレビ放映でも見たと思うのだが、今回見ようと思ったのは、やはり当時の美しい森や植物、動物の映像の記憶があって、それをもう一度、じっくり見たいと思ったから。もうストーリーはわかっているし、選んだのが吹き替え版なので字幕に目を奪われずにじっくり映像だけに集中できる。そして3D(見たのは4DXで振動があるだけでなく座席がボコボコ動いたりするし、アチコチから水滴や風が吹きつける)で、その世界観を感じてみたかったのである。

Photo_20220924205801

結果は、まさしく惑星パンドラの森を体感できた。やっぱり3Dだわ。そして、登場する奇妙奇天烈な植物や虫、動物も可能なかぎり観察できた。もちろん架空の世界と生き物で、人間が想像でつくったものである。どのように造形しているか考えてしまう。

実は、奇妙な植物のように見えて、同じようなものが地球上にあることに気付く。だいたいモデルがあるのだ。それらをデフォルメしたり、いくつか合体させたりとして作り上げたのだろう。

そしてモデルとしているのは、多くは動物である。無脊椎動物の刺胞動物門や環形動物門、あるいは珊瑚虫などが頭に浮かぶが、名前まではわからない。素人が見たら植物ぽく思えるが、それをそのまま植物に仕立てたか。一方で(哺乳)動物類はそのまま地球の動物をそのまま変形させたみたいで、ちょっと想像力が足りないぞ(笑)。

なお設定は、パンドラの樹木は根でみんなつながり情報交換しておりシナプスみたいに全生物がつながっている……なのだが、これ、最近は地球でも、植物は交信していると言われて始めている。なかなか含蓄がある。かくしてガッツリ映像美を楽しんだのであった。

……まあ、戦闘シーンも4DXだから迫力あったけど、ま、どーもいい。むしろ飛行シーンが気持ちよかったかなあ。

 

2022/09/14

プレジデントオンラインと『虚構の森』3刷

雑誌「president」のネット版「プレジデントオンライン」に『虚構の森』の記事が連載されることになった。

第1回目は、「115年前から32ヘクタールも拡大」温暖化で沈むはずのツバル諸島の面積が増えているという不都合な事実

本日アップされました。

Photo_20220914160101

20220914_163603元記事はこっち。

記事そのものは、『虚構の森』の記事を編集部が再編集したもので、私は関わっていない。もちろん内容は変わらないが。

3回連載なので、1、2日おきにアップされるはずだ。さて、どの記事を選ぶかな……。意外や、森はあまり登場しないよう(笑)。
逆に言えば、編集部が一般受けしやすいと思われるテーマを選んだら、そこに森はあまり登場しないということなのよ。それが世間の動向であり、私は、こうした機会を通して、一般人の興味の幅を伺っているのである( ̄^ ̄)。

そもそも『虚構の森』は必ずしも森林問題の本ではないよね。思考実験の事例集のようなもの。ただ、とりあげた事例に環境問題、森林問題が多いというわけだ。

ところで、この連載に合わせたかどうかはともかく、『虚構の森』3刷決定しました! パチパチパチ

さらに電子化も行われます!(一足先に『絶望の林業』もKindle化しました。)

どうだ、著者だけでなく編集者も「この本は売れないだろうな……」と内心?思っていたのにヾ(- -;)、だらだら、いや、ゆっくり売れているではないか。

 

追記・残り2本も紹介しておく。

中国の経済成長が日本人の喘息を悪化させている…年間500万トンの黄砂を生む「砂漠化」の根本原因
実は発ガン性が続々と否定されている…「農薬は危険」と思い込む人が知らない農薬の最新事実

2022/09/07

『森林列島再生論』で知る林業のダメさ加減

日経BP社より出た『森林列島再生論』読了。各所でよく広告を見かけるので、版元も力を入れているのかな、と思う(^o^)。

51xty

まず目次を示そう。

グラビアとはじめに
森林列島を巡る旅を始めるにあたって
第1章 森林列島再生論序説
第2章 森林と建築をつなぐ
第3章 木材と建築生産、情報システムをつなぐ
第4章 森林と金融をつなぐ
第5章 森林とエネルギーをつなぐ
第6章 森林とサプライチェーンをつなぐ
第7章 森林列島を巡る旅を終えて
おわりに

Amazonにも、かなり詳しい内容が記されているので、参考にするとよい。

その上で記すのだが、タイトルに「再生論」とあるように、日本の林業を立て直すにはどうすべきか、ということが論じられている。だが、まず読むべきはその前の現状の日本林業の分析である。そのダメさの理由がよく描かれていて面白い(^^;)。

とくに建築の分野からの指摘は、耳の痛い人も多いのではないか。たとえば無策の象徴として取り上げるのが、梁や桁といった横架材のほとんどが輸入材に取られている点。主に強度の問題ではあるが、それはもっとも高く売れる商品を国産材は逃していることを意味する。国産材が担っているのは、そのほかの安い部材にすぎない。そして仕口だけのプレカットは、歩留りを落として木材全体の価値を下げてしまう。さらに大工に頼った施工図の限界……。

金融の説明は白眉。前半の森林経営における経理・金融に関しては林業関係者なら絶対に知っておくべきだろうが、一般人はスルーしてもよいかと思う。しかし後半のキャッシュフロー予測による「売り手市場への転換」は外せない。現在の買い手市場こそが、日本林業の問題点であることを浮かび上がらせる。そして要は情報であることに行き着くのである。苦境と言いつつ、素材生産や運送、製材、プレカットは赤字ではないのに、林業(森林と山主)だけにしわ寄せがあり赤字をかぶるのはなぜか。結局は情報の差なのだ。
金融力で森林の未来をデザインできるか、という項目は、改めて金融の視点の重要性を感じさせる。

さて、それらを踏まえての「再生論」は、著者の手がける「大型パネル」という建築構法の転換に行き着く。その点は、私もすでにYahoo!ニュースに記しているから、そちらをどうぞ。

建築のコンビニおにぎり?大型パネルが林業を振興する理由

国産材の有利さは「場所メリット」だ、という指摘は、まさにその通り。それしかない、と言い換えてもよい。国内で利用する場合、国産材は距離の強みがあり、それは時間の強みでもある。消費者の要望にスピーディーに対応できることこそが、国産材がメリットだ。そして場所メリットを活かすには、建築情報と森林資源情報を連結させる必要があるとわかるだろう。

本書では、3本の矢を示している。

3本の矢を放てば、森林が数百兆円の国富となる
① デジタル技術による国産材サプライチェーン1000カ所構築
② 木材を廃棄せず、木質バイオマス燃料に安定供給
③ 丸太や製材ではなく、サッシ、断熱材を組み込んだ木造建築部品として輸出

再生に必須なのは、やはり情報であり、サプライチェーンマネジメントの構築なのである。バラバラの動きは、全体の利益を削ることにほかならないのに、なかなか連係しないというかお互いを疑心暗鬼に見ている林業現場にある。

この点については、私は20年も前から様々なチャレンジがあって、ことごとく失敗してきているのを見てきている。そして絶望している。だが著者らは「大型パネル」でなし遂げようとしているのだ。少なくても建築側は協力的になってきているようだ。林業側は? そこで指摘するのが、国産材業界の閉鎖性。それを用語の特殊性で部外者を拒否しているとするのは、なかなかの見立てである。私は「業界脳」と一括しているが。

私としては、本当に機能するかどうか、もう少し推移を見守りたい。

Img001_20220907110001

ただし木質バイオマスエネルギーに関して、私はまったく期待していない。いや、無駄と思っている。その理由を書き出すときりがないのだが、実は答は本書にある。木質バイオマス燃料を安定供給するために必要な条件として上げられているものが、ことごとく非現実的だからだ。全木集材のために架線集材をしようとしたら100ヘクタール単位の伐採地が必要になるだろう。乾燥のために半割して桟積みしようとするとどれほどの労働強化か。さらにチッピングのためのエネルギー損失。何より価格が引き合わない。FITによる電力価格吊り上げも眉唾なのだ。20年後にはバイオマス発電所はコスト割れとなるから廃墟になるか、税金投入するかのどちらかである。そのどちらもがクズだ。
ものになるのは、せいぜい小規模な熱利用と自家発電ぐらいだろう。

林業の再生を考える場合、何よりの課題は人材だろう。実は機械などのハードやシステムなどのソフトを替えるのは難しくないし、すでに進んでいる面もある。が、それを運用する人間の問題が大きくかぶさってきている。新しい試みへの抵抗勢力や、とにかく補助金しか興味のない発想。それを日本の現場が克服できるかどうか。私の言葉で言えば、「業界脳」を払拭できるかどうかにかかっている。

 

2022/09/05

産経にフィンランド本の書評

産経新聞に、『フィンランド 虚像の森』の書評が載りました。

発行後、1カ月経たずに載せてくれるのは有り難い。実は産経の路線に本書は合っているのでは、と思っていたのだ。

まず、森と湖の国フィンランド。衰退著しい日本の林業関係者から理想化されることも多い森林大国だが、その資源管理の実態は持続可能なものとはいえず、森の荒廃も進んでいた。

とあるように、日本が理想とするモデルを否定するのが好き。そして、転機は第二次大戦後、ソ連が要求する膨大な賠償金の原資として行われた大量伐採だった。

これは冬戦争のことであるが、こちらに触れてくれるのも、想像していた(^o^)。好きそうだもの。私が解説で冬戦争に少し詳しく触れたのも、ウクライナ戦争が始まった今、冬戦争は日本人の琴線に触れるのではと思ったからだ。

1_20220905202401

ちょっと書評に補足してフィンランドを巡る戦争について説明しておこう。第2次世界大戦初期に、ソ連はフィンランドに攻め込んだ。だが5日で落ちると言われた首都ヘルシンキ攻略は失敗し、国境線沿いでフィンランド軍の頑強な抵抗を受ける。これが冬戦争だ。
フィンランドは4カ月間の厳冬期を戦い抜き
戦略的には優位に経っていたが、孤立無援の中で武器も尽き、講和に持ち込む。そして領土の1割割譲と莫大な賠償金を支払うはめになった。

ところが、そのときドイツがソ連に攻め込んだ。そこでフィンランドはドイツと結んで再びソ連軍と戦い始める。これを継続戦争と呼ぶ。一時は割譲した領土以上に進軍し、レニングラードに迫る勢いとなった。ここに「大フィンランド構想」も登場するのだが、やがてドイツ軍は敗退し始める。これはヤバい、とフィンランドはさっさとソ連と講和する。またしても領土と賠償金を支払う条件で。

だが、ヒトラーは激怒し、今度はドイツ軍が進駐していたフィンランド国内で破壊工作を展開、ドイツ-フィンランドの戦いとなってしまった。これがラップランド戦争である。

まさに3つの戦争を戦い抜いたが、ヒトラーの自殺によってドイツが降伏した際、フィンランドは連合国に敵対した敗戦国認定を受けてしまった。つまり日本と同じ立場なのだ。戦闘からの引き際はよかったのだが、外交的には失敗だったのだろう。

かくして敗戦国フィンランドは、焦土から復興するために、林業を活用するのである。それが今に続く大規模な皆伐-一斉造林型の施業法を根付かせてしまった。戦争の影響は長く続くのだ。

Laskealaluule_2

膨大な丸太が伐り出されて工場に運び込まれる。

さてウクライナは孤立無援ではない。しかし引き際とともに戦後処理には細心の注意を払ってほしい。

 

 

 

2022/08/30

『獣害列島』は予言の書!

明日発売予定の週刊現代の記事に、私のコメントが載るはずである。電話取材を受けたから。

テーマは、某タレントの不倫疑惑について……ではなく、東京のアニマルハウスについて。

何これ?私もとなったのだが、東京都世田谷区の高級住宅街に通称アニマルハウスと呼ばれている空き家があるそうだ。それも10軒ぐらいまとまって。そこにさまざまな野生動物が住み着いているというのである。タヌキ、ハクビシン、アライグマ……。それに関しての取材というかコメントを求められた。

これは気になりますねえ。そのアニマルハウスを訪ねてみたくなった。30分以上話したのかと思うが、使われるのは1、2行だろう。どんな記事になるのかは、お楽しみに。

ただ大都会に野生動物が出没することに関しては、私も言いたいことがある。その点を『獣害列島』で取り上げているからだ。(反対か、『獣害列島』を読んでコメントを求めてきたのだ。)

『獣害列島』では、奥山から里山へ、村から町へ、町から地方都市部へと野生動物が進出している現状を指摘して、「近く大都会でも野生動物が頻繁に出没するようになるだろう」と予測というか予言をした。

その点は講演でもしゃべっているのだが、残念ながら反応はイマイチ。(都会の住民は)みんなピンと来ていないみたいである。動物が増えて、獣害が発生していることは知っていても、それは田舎の範疇、せいぜい地方の中小都市にとどまっており、東京のような大都会にはさすがに出てこないだろう、わずかに見かけたらニュースになるぐらいで、非日常的なことと思いがちだ。

しかし、出没するのではなく、都会に住み着いている、つまりねぐらを得て、餌を調達して、繁殖までするケースが増えているのだ。私は近い将来と書いたが、どうやら早くも現実になっているようだ。

ちなみに本日の朝日新聞「私の視点」に、動物に「法人格」 命ある「権利の主体」に という記事がある。記事後半は有料だが、これは単に愛護する、保護するだけでなく、動物の権利として扱う必要があり、欧米では法人格を与える動きのあることを記している。日本の法律は、動物は法的には「物」扱いだが、人物とか企業、NPOなどの「法人」と同じような人格を与える権利の主体とする発想だ。

動物に法人格を与えることは、不用意に殺されたり虐待されたりしない権利、としている。またペットに財産を継承させたり、死傷した場合の高額慰謝料も可能になるかもしれない。

実は、この点を『獣害列島』では取り上げたのだよ。ノンヒューマン・パーソンズとして。人間ではないけど人間と同じ格を与える動きが世界的にある。その点を、私はYahoo!ニュースでも「ノンヒューマン・パーソンズ~動物に“人格”が認められる時代がやってきた」を書いている。

この時も世間の反応はイマイチだったのだが(^^;)、徐々に広がりつつあるようだ。先んじるものは、注目を集めないのよ。だが、これも予言だね。『獣害列島』は予言の書だったのだよ( ̄^ ̄)。エヘン

ちなみに10月には、岡山の高校に、動物の話をしにいくことになった。獣害激化、アニマルウェルフェア、そしてノンヒューマン・パーソンズ……。ここに奈良のシカの話を加えたら完璧だね(^_-)-☆。

1_20220830171901

 

2022/08/25

蛇抜けの本場、皆伐中止に

木曽の「妻籠を愛する会」から会報が届いた。以前、私が訪れて「蛇抜け」の取材をしたところである。目を通して近況欄の一つの項目に目がとまった。

私は、2021年1月のYahoo!ニュースで

「蛇抜け」の本場で進む国有林の伐採計画。土石流の歴史に学べ

という記事を書いている。非常に土石流(蛇抜け)の多いオダル山の分収育林(緑のオーナー制度)の林地が、皆伐されようとしているという記事である。それに関するアンサーが記されていたのだ。

今年6月22日に、木曽森林管理署南木曽支所から報告があり、緑のオーナーと契約の変更が行われて、皆伐せずに育林を続けることになったというのである。事実上、皆伐の撤回だろう。あの山は、どう見ても皆伐するべきではなく、択伐・間伐で少しずつ本数を減らして大木を育てるのがよい。山は崩れにくくなるし、景観も守れる。

1_20220825174001

背後の山が、分収育林地

2_20220825174001

土壌は薄く、地下は真砂土が続く。火山岩が風化して、もっとも崩れやすい土質だ。

この決定までには、おそらく裏では多くの人が動いて汗をかいたのだろうな、と想像する。林野庁も英断した、のかさせられたのかわからない(^^;)が、ともかく一安心である。もちろん、木を伐らなくても降雨量が膨れ上がれば崩壊する可能性は強まるのだが……。

 

2022/08/22

『フィンランド虚像の森』発売前ランキングが!

フィンランド 虚像の森』がいよいよ発売。明日……と思っていたら明後日だった件。

1_20220822170101

いや、まあ、それはいいと思うんだ。うん。実際に書店に納入するのは、場所によっては(都内とか)今日ぐらいから行われており、明日店頭に並べるところもあるんじゃないか。また明後日に並べるのが間に合わない書店だってある。うん。みんな、忘れてくれ。

が、本日時点ではまだ発売していないことは事実だ。

そこでAmazonを見てみる。

22822

もうランキングしていた(^o^)。エコロジー部門で4位。

このエコロジー部門?というのがよくわからんが、発売前からランキング入りしているのは幸先よい。先行予約がそこそこ伸びているからではないか。ちなみに1位は、『暮らしの図鑑 エコな毎日』というハウツウ本。2位は『SDGsの不都合な真実』、3位は『DRAWDOWNドローダウン― 地球温暖化を逆転させる100の方法』。

ここで面白いのは、本日(22日)午前10時に見たときは13位だったのだ。ところが午後5時に見たら4位になっていたこと。急伸だ。

Photo_20220822170201

なお拙著『絶望の林業』はノンフィクション部門だったし、『虚構の森』は環境問題部門だった。この分け方、なんだかなあ。エコロジーと環境問題はどう線引きしているんだ。分類によって順位は大きく変わるはず。『フィンランド 虚像の森』も、本国ではノンフィクションとして出版されている。

ともあれ明日だ。

 

より以前の記事一覧

October 2022
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と筆者の関連リンク先