無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2020/03/23

オーストラリア 巨岩のロストワールド…「聖地」がある意義

NHKプレミアムの『ワイルドライフ』で「オーストラリア巨石のロストワールド 未知の生命を発見せよ!」を見た。

いやあ、驚いたわ。こんな世界があるなんて。

オーストラリアのヨーク半島に、不思議な巨石の山がある。サバンナの林に囲まれて、巨石が積み上がっているのだ。登るのは不可能。一枚岩ならともかく、一つが10メートルを越す岩がゴロゴロ、スキマだらけなのだ。ところが、その山の台地状の山頂(直径3キロほど)の窪みには、熱帯雨林が広がっている。そこにヘリコプターで調査隊が着陸して、未知の動物を探す……という話。

20200323_205414 周辺の岩

20200323_205457 台地上の森林

なんとも不思議な世界。周りは乾燥しているうえに岩だらけでスキマの底はどこにあるかわからない(試みに潜った日本人は、30メートル下っても底に着かなかったそう)というのに、湿潤酷暑のジャングルがあり泉までわいて池があるのだ。誕生して2億8000万年、周りから孤絶して少なくても数千万年だという。

なんかコナン・ドイルの「ロストワールド」と設定が似ている。

たった3日間の調査で、トカゲ、ヘビ、ヤモリ、カエルなどの爬虫類、両生類、それにクモや昆虫の新種がわんさか見つかるのだ。哺乳類はネズミ類が見つかった。世界最大級の巨大クモ、オタマジャクシにならないカエル……奇妙奇天烈である。植物も調べたら新種だらけだろうな。

なぜ、こんな地形地質になったのか、気候が湿潤なのか……などは番組に任せるとして、ここが人の手が入らず守られたのは、もちろん周辺数十キロが車もなかなか入れられない場所で、山にも登れないという物理的な地形が大きいのだが、重要なのはアボリジニーの聖地であること。昔から近づいてはイケナイ場所だったのだ。今回もアボリジニーの許可をもらって72時間だけの滞在だった。

聖地という概念がなぜ生まれたか、その効用は何か……と思わず考えてしまう。聖地には人為を精神的に拒否する力がある。

今の日本では、聖地をパワースポットとか言い換えて人々が殺到するのだけど、もっとタブーとしての聖地は必要ではないか。さしづめ天皇陵などはそれに近いだろうが、もともと人工物だからな……。しかし人工林の中の巨木は、もともと育てて伐るために植えたはずなのに聖的な価値を持って伐りにくくなってしまう。

この「聖地」の概念を突き詰めたら、新しい土地の概念が生み出せそうと思うのだが……。

日本にも、あるかもしれないよ。聖地・ロストワールドが。

※3月30日、再放送予定。

2020/02/24

『破滅の王』細菌兵器R2v

上田早夕里著『破滅の王』読了。ようやくだ。小説の紹介文は以下の通り。

1943年、魔都・上海。ひとりの科学者の絶望が産みだした治療法皆無の細菌兵器。
その論文は分割され、英・仏・独・米・日の大使館に届けられた。
手を取り合わなければ、人類に待っているのは、破滅。
世界大戦のさなかに突きつけられた究極の選択に、答えはでるのか <第159回直木賞候補作>

一九四三年、上海。「魔都」と呼ばれるほど繁栄を誇ったこの地も日本軍に占領され、かつての輝きを失っていた。上海自然科学研究所で細菌学科の研究員として働く宮本は、日本総領事館からある重要機密文書の精査を依頼される。驚くべきことにその内容は、「キング」と暗号名で呼ばれる治療法皆無の細菌兵器の論文であり、しかも前後が失われた不完全なものだった。宮本は、陸軍武官補佐官の灰塚少佐の下で治療薬の製造を任されるものの、即ちそれは、自らの手で究極の細菌兵器を完成させるということを意味していた―。

Photo_20200224170501

これは、科学者のドラマだ。科学者は研究だけすればよいのか。結果に何の責任もないのか。そして研究を通して持つ使命とは何か……。

通称731部隊と呼ばれる石井四郎陸軍軍医中将の率いる関東軍防疫給水部本部の下部組織で見つけられた謎の細菌。それは細菌を食う細菌として、当時はまだ未発見のものだった。そこから生み出された強い毒性を持つ暗号名<キング>と名付けられた病原菌R2vは、コレラに似た症状をもたらすが、治療法はまだ見つかっていない。
しかし細菌兵器は、治療法がなければ使えない。敵だけでなく味方も殺すからだ。一方で、研究室の中で生まれた細菌がいくら強力でも、自然界に出すと意外や生存できないこともある。さらに変異を繰り返し人の免疫機能の網をすり抜けると、味方のための治療法も消える。

それを開発した科学者は、世界の状況に絶望し、あえてばらまく選択をする。それで人類が滅ぶもよし、全世界が手を結んで治療法を開発するもよし。しかし、果たして戦争相手と手を結んで治療法を開発できるのか。敵は日本軍、ドイツ軍の中にも、味方は中国、英米仏の中にもいる……。罹患した病人のいる地域を爆撃で焼き払ったかと思えば、菌株を奪い合い殺し合う。個人は国や軍の意志を超えて、何ができるか……研究者、医師としての良心と陰謀。すでに撒かれた病原菌にどう対抗するか。。。という話です。

描かれる戦前の上海は、ノンフィクションのようにリアルだ。さらに満州。そして陥落直前のベルリン。まるで戦中秘史的なノンフィクションかとさえ感じさせる緻密な世界が構築されている。ここに描かれた恐怖を読むと、新型コロナ肺炎なんぞ、かわいいものと思わせる。同時にパンデミックがいかに起こるか疑似体験できるだろう。

未知の細菌がどのように振る舞うのか想像するのは、現実でも難しい。政府の不手際を攻めるのもよいが、常に想定は外れると思ってよいだろう。新型肺炎だって、最初は獣⇒人だけと思われたのが、人⇒人感染が明らかになり、それも接触感染だけかと思われていたのが飛沫感染もするとわかり、今は空気感染さえ疑われている。そのたびに対策は変えざるを得ない。そして後手に回る。思えば人は、長い歴史を通して常に病原菌と寄り添って生きてきたのだから、オタオタしても無駄だ。

しかし……最大のショックは、最後の1行だった。未知の病原菌が蔓延する世界は、虚構ではなかったのか。慄然とする。

 

2020/02/09

『絶望の林業』改訂に寄せて

『絶望の林業』版元より、そろそろ次の重版の可能性が出てきたので用意するように、という厳命が下った。

Photo_20200209171401

そんでもって、ボチボチと見直しを行っているのだが、このところ読者からメール等で間違いの指摘が次々と行われている。それがかなり専門的なのである。木材の乾燥における細胞とかセメントの硬化とか、詳しく知らない点で不用意な表現をしていると、「そこ、オカシイ」とツッこまれるのである。

いやあ、こういうのは有り難い。私も詳しくない分野では資料を読んで安易に理解して記すことがあるわけだが、それが正確ではないこともあるだろう。そこを指摘してくださることについては感謝しているのである。ま、そんな細かいこと言わんでもという気持ちがなくはない……いや、感謝しているのである! ありがとう!!!と何度繰り返してもいい。どんどんお願いします(^^;)。 

もっとも、そうした好意的な指摘とは違って、書評とかネット上では、実につまらんツッコミがある。たとえば自身が林業関係の仕事をしている上で、自らが希望を持って取り組む方策とかルーティンな仕事を否定的に記されたからと噛みついてくる輩もいるわけだ。そうした場合は、基本的に無視することにしている。くだらねえから。

ただ難癖付けたくて重箱の隅をつついたり、見当違いの文句も少なくない。ときに「自分は林業に詳しくないので、ここに記されていることが本当かどうかわからないが」みたいな、知らなかったら書くなよ、とコッチが突っ込みたくなるような文言もある。すると「反論の余地を与えない」のがケシカラン的なトンチンカンな言い分まで出てくる。

そして明確な間違いを見つけられなかったからなのか、「情報源がどこか記していない」というアホな指摘も多い。だから本当かどうかわからない、検証できない、と言いたいらしい。

こうした批判的な問題提起をするのに、情報源の秘匿は絶対だ。それとも、どこそこの地域の、役所とか森林組合とか林業事業体のどんな役職に就いている誰それ……とまで記してほしいのかね。そんなことしたら当の本人がいかなる目に合うか想像してほしい。おそらく当事者は「そんなこと言っていない!」と必死に否定するのか関の山だろうが……。
それに30年近くの取材の中で目にしたり聞き止めた発言や事象・事件・事故をここでバクロすることに意味はない。事例は事例であり、そこから導き出される内容に関して論評をすべきだろう。

なんだか、とにかく不愉快だから腐してやろうみたいな反応がわいてくるのは、いわゆる「グレタ症候群」に近いのだろうか。

ちなみによいケースの場合は名前を出すことも考えたが、それはそれで想定外のハレーションを起こす可能性もあるし、よほど公の事実とか近々の取材で記しても大丈夫と思える場合以外は、やはり匿名にしている。

私もそれなりに情報を扱う仕事をしている中で、そうした可能性には慎重に対処している。まあ、そういいつつ炎上覚悟であえて記すこともあるけど(^^;)。それは私が一手に責任を負う覚悟で書いているのである。

わかったかな?

2020/01/27

新しい「絶望の林業」ポップ

今夜は広島。ここで味わった牡蠣とジビエとお好み焼きの話をしたいところだが、その前に!欠かせないのが途中に寄った紀伊国屋書店梅田店だ。

ここには『絶望の林業』が平積みされていたのだ。そして!ポップも新しくなっていた。

20200127_193919

ありがたや、ありがとうございます……あれ?山武杉?千葉の大停電、、、ええと、それは出版後でして、本書には登場しないんですが(^o^;)。

ま、いいかあ~!宣伝になれば何でも(笑)。



2020/01/24

じりじりと(笑)農水省三省堂書店

霞が関の農水省地下にある書店(三省堂)の売上順位が公表されているんだが、11月分が出た。

Img001_20200123165601

おお、『絶望の林業』が2位だ。8月頭に発行して4か月かけてじりじり上がってきた(感涙)。
8月は9位で、9月は6位。10月は3位。この順番なら12月は…… (⌒ー⌒)。。。。

しかし、遅いよ(笑)。世間の売れ行きが落ち着いてきた今頃になって売れているとは。
1位は、元農水事務次官の本だからだろうけど、「誰も農業を知らない」はずっと粘り腰でランクインを続けている。まあ、農水省だけに基本的に農業の本が売れるのであって、林業の本は職員数からして不利だな。

私自身は、この本を出版した後はじりじりと林業界から遠ざかる心づもりだったんだが、今のところ足を突っ込んだままになっている。不思議なもので林業関係の原稿依頼が増えた。もっとも講演依頼は激減?しているから、それはそれでバランスが取れているのかもしれない。

仕事は量ではない、質だ。生産量を増やしても純益が増えなきゃ成長したとは言えないのだ……と、自分が(林業界に向けて)書いたことを自分自身に言い聞かせよう。

 

 

 

2020/01/13

静岡新聞に『絶望の林業』

年を越して一息着いたかな……と思っていた『絶望の林業』。

なんと、発行から5か月以上経って静岡新聞に書評が出た。

20200112_

静岡の友人に送っていただいた。助かるなあ。こういう地方紙の場合、社が送ってくれるか知らせてくれないとわからないからなあ。もしかして、私も版元も知らないまま紹介してくださった新聞や雑誌はあるんじゃないか。
しかも記事は、共同通信の配信とかではなく、書き下ろし? ともあれ有り難い。

実際、昨日はAmazonの順位が急に上がって、一時期はノンフィクション300位台までもどしていた。(また落ちたけど……。)

ちなみにブログのコメント欄に「12日の日本農業新聞の書評欄の右上角」にも紹介されていると知らせてくださった方がいる。北海学園大の濱田武士さんが書いているとか。
こちらは、まだ読めてないのだが、誰か農業新聞取っていないかな。。。版元に届けてくだされたら嬉しいのだが。
 

ともあれ発行後、これほと間を空けて取り上げてくれたことに感謝。そして改めて「世間には、林業に興味を持つ人が結構いるんだな」と再認識している。これって、ものすごく有利なことなんだが……そのことに当事者は気づいていないのではないかな。

ちなみに、読者からもメールが来る。本日来たのは、間違っている部分を指摘してくださっている(^^;)。
ちゃんと確認して、誤りと判断したら、訂正したい。訂正するためには、また版を重ねねばならない。めざせ、6版!

 

2019/12/07

生駒駅前書店の奇跡(笑)

我が家の最寄りの書店と言えば、近鉄生駒駅前の近鉄百貨店内に入っている啓林堂書店(生駒店)。
(※もう一つの駅前書店は撤退した。)

まあ、そんな大きな書店ではないし、理科学系、もしくは産業系書籍は力入れてないし……で、『絶望の林業』は置かれていない。森林や生物系もほとんどなく、歴代の私の本で置いてあるのは『鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵』くらいか。これ、奈良本の分類ね。

だが。しかし。あったのである。『絶望の林業』が。それも2冊も!

Photo_20191207165201

ノンフィクションの棚の下の方に2冊並んでいるではないか!

これって、なかなか凄いことなのだよ。奇跡だよ(笑)。だって、発売直後(8月)はなかったのだから。通常、どんな本でも発売直後は書店に配本される。それを棚に並べるかどうかは各店主の判断だが、その時は置かなかったわけ。が、4か月後の12月に入って2冊も棚に入るとは。(私が確認したのが12月。でも11月下旬にはなかったと記憶。)

見ると4刷でした。ぜひ生駒市民で、林業に興味のある方、絶望に興味のある方は手にとってください。そのままキャッシャーに並んでください。そしてお店は5刷を置いてください。


なお静岡新聞が届いた。これは、記者が天竜林業について取材する中で、森林経営管理法とか森林環境譲与税とかを取り上げて、林業の補助金はどうなってるの?という取材申し込みがあったもの。私は「『絶望の林業』に触れてくれたらしゃべる」という条件で話した(⌒ー⌒)。静岡県民で、林業に興味のある方、絶望に興味のある方は手にとってください。そのままキャッシャーに向かってください。そしてお店は……(以下、同)

19123_20191207170401

なお伐採への補助金は7割というより、植林から伐採までをトータルに見た場合だけどね。(主伐は除くことになってるが、実は出ているところもある。)
ともあれ、業界はもう少し危機意識を持った方が良いよ。譲与税なんかに喜んでいる場合じゃない。

2019/12/02

ジュンク堂奈良店の『絶望の林業』

ちょっと奈良に出かける。用件を済ませると、つい同じビル内にあるジュンク堂書店に寄った。近頃、身辺整理で本を減らそうとしているが、そうするとその分また本を買ってしまいそうで恐ろしい(><;) 自制しなければセミ終活にならない。

とはいえ、入ったらまず「森林」の棚をチェック。やはり『絶望の林業』を置いているか確認してしまう。

Photo_20191202213101

見よ。これまでは上の棚だけだったのだ。1冊背表紙が見えるだけ。……だが、今日は!
なんと下の棚に平積みされているではないか。4冊あった。つまり合わせて5冊。
とうとう奈良の書店で平積みを見つけた(嬉し泣き)。発売後、4か月後ですよ。

ちなみに3刷だった。発行は5刷まで行っているが、3刷も4刷もまだ在庫があるようです(^^;)。

気をよくして、本日は2冊の新刊を購入しましたv(^0^)。

 

2019/11/18

日刊ゲンダイの『絶望の林業』書評

日刊ゲンダイに『絶望の林業』の書評が載ったようだ。(11月16日)

私の手元にはないが、ネットでも公開されたので読むことができた。最後は、このように締めくくられている。

「著者が繰り返し指摘するのは、森林という生態系を経済的効率でコントロールすることは不可能だということだ。もし、希望を託すとすれば、木材、動植物に限らず、水や空気といった森林空間が生み出す全体的な生産物を持続的に維持していくことだという。ここで問われているのは林業を超えて、日本社会が抱える構造的問題である。」

Photo_20191118213801

夏前まで日刊ゲンダイに連載を持っていたうえに、出版時には社長宛に送ったので載らないかなあ、と思っていたのだが、11月になって載るとは(笑)。おそらく立て込んでいたのだろう。

実は、私は過去、日刊ゲンダイの大阪版で書評欄を担当していたことがある。当時はなんとか東京版との違いを出そうとしていた頃で、本の紹介も独自に、それも関西の出版社の本を紹介しようじゃないか! と志高く始めたのである。
なかなか大変だった。そもそも関西の出版社の出版した本がどこにあるのかわからない。取次店にお願いに行ったり、いろいろ工夫してようやく届くようになった。すると、大変。毎週1冊紹介するから月に10冊ぐらい来れば……と思っていたら、時に何十冊となり山積みになる。私一人で読むのも大変。どんどん発行日から掲載日までの月日が広がっていくのである。(もちろん全部紹介するわけではないが、選択と読解に時間がかかる。)

しかし書評用に読んだ本は、今でも内容を覚えているものが多い。当時は記憶力があった……いや、真摯に読んだからだろう(^^;)。

その際に感じたのは、関西の出版社はおとなしいところが多いことだった。大阪的にガツガツ来るか、グイグイ売り込んでくるかと思いきや、みんな引っ込み思案(もちろん京都や神戸の出版社も含めて)。書評に出版社の紹介も少し入れる構成だったが、訪れると小規模というより、なんか斜に構えた感じ。今風に言うとこじれてる(^_^) 。その点では、東京の出版社の方がよほどガツガツ、グイグイ来る。

現在の出版不況を考えると、当時の会社はと生き残っているかなあ、としみじみするのである。

あ、『絶望の林業』の書評からはすっかり離れてしまったね(^_^) 。

ちなみに同日に西日本新聞社の書評欄にも載った。こちらは過日、北海道新聞に掲載された書評と同じである。

1116

 

 

2019/11/17

NHK「木を伐る民」は何本大木を伐ったか?

これ、全国放送かどうか知らないが、今朝のNHK「小さな旅」という番組で「木を伐る民~奈良・吉野」があった。
実は奈良県内では昨夜も放送されたし、また再放送があるらしい。
再放送 毎週月曜 午前11時05分 (一部の地域を除く)
再放送 毎週土曜 午前5時15分

Dsc03492

短い素朴な旅番組だが、いきなり伐採シーンが続く。桶をつくるシーンもあるが、チョー大木の柾目の板ばかり。

Dsc03496 Dsc03498
Dsc03500 Dsc03493

どれもこれも、大物揃い。150年生から200年越えの大木ばかりが登場する。最後は240年生のヒノキだった。直径も1メートル近くのものが多い。

こんなのを見ていると、首里城の再建に使う材は、ここに十分あるんじゃね? と思ってしまった(笑)。

 

 

より以前の記事一覧

March 2020
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎