無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2022/05/13

河川敷の木は伐るべき?

このところ、河川敷木の処理についての記事が目に止まった。

北海道で「木材バンク」ができた、とあるので、てっきり古材のことかと思えば、河川管理で発生した伐採木を公開する「木材バンク」だった。主体は、北海道と北海道開発局の管轄河川で伐採した樹木で、この木を希望する事業者や住民らに提供するのだそう。北海道開発局のHPで公開し、集積場所や伐採予定時期、集積量などを一覧確認できる。そこに応募するのだ。

木材バンクのURL

これを『ゼロカーボン北海道』につなげるのだと。なかなか大げさである(^^;)。ただ主な事業者というのは、バイオマス発電業者らしい。まあ、山の木をバイオマス燃料用に伐採するのに比べて、ずっと健全である。

富山県でも、富山河川国道事務所が河川敷などで伐採した樹木の無償提供を始めたとの告知。こちらは、直に市民が取りにいってよいらしい。
主に常願寺川沿いで伐採したヤナギやニセアカシアなどおよそ1500本を伐採して提供したという。道事務所では、河川の管理に支障が出る樹木を伐採していて、処分費用の削減と資源の有効活用を目的という。

市民は、それを自分の車に積んで持ち帰る。チェンソーで丸太を薪用に短く切ることもする。用途は燃料や園芸などだが、販売目的での引き取りは禁止というが、区別はつくまい。ちなみに軽トラック1台分の薪を購入すると4万円から5万円するというから、それを無償で手に入れられるわけだ。薪の価格は馬鹿にならないことを改めて感じる。

 

それはともかく、河川敷の木というのは河畔林ということになるのだろう。河川敷に木が生えていたら、増水時に氾濫の元というのはわかる。しかし、近年は河畔林の保護とか復元がよく謳われているのに、それと伐採の線引きはどのように取っているのか。そもそも市街地地域を流れる河川の場合は、河川敷こそが「緑のベルト」「緑の回廊」として強調されている。実際、植物だけでなく昆虫や鳥獣類など動物にとっても貴重な住処なのだが。

2_20220513205501

こんな河畔林も伐ってしまうのだろうか。むしろ気候変動対策も引っかけるのなら、植林面積も増やさないといけないが、河川周辺の土地利用は意外と盲点かもしれない。これまでひたすら排除されてきたから。今後は検討の余地ありではないかな。

2022/05/09

癒着させて大木に

癒着というと、腐敗、汚職の臭いがする。が、こんな癒着ならいいのでは。

1_20220509203501

これは、奈良県内の某城跡で発見したと、送っていただいた写真。見事に丸を造っている。OKマークみたいだ。

タナカ山林で、ちょうどタケノコ狩り(竹林退治)の途中に発見したのがこちら。

20220507-140424

ちょっと接触しているだけかと思ったが、よくよく見るとくっついていた。複雑に絡んでいる。

どちらも根元は同じ木から生えているので、遺伝子も同じ。動物なら自分の身体の一部を移植しても免疫の拒否反応などが起きないというが、植物にも同じことは言えるのだろうか。仮に違う木でも樹種が同じなら癒着しやすいのは、「接ぎ木」で穂木と台木をくっつける技法があることからもわかる。子どもの頃、別の樹種で無理やり接ぎ木したことがあったが、やはりしばらくすると剥げてしまった思い出がある。

いっそ、スギやヒノキも苗の段階で密着させて植えて癒着させたら、早く大木にならないだろうか。日本になじみのない早生樹なんて無理に植えずに、癒着させて20年ぐらいで直径30センチくらいに育てば、木材として使える。癒着の仕方次第で四角形に近い幹になるかも。芯は二つあるだろうが、製材では問題にならないのでは? それに板にして集成材にするとか、木肌を見せない用途もある。

誰か実験していないだろうか……と思って検索したが、見つからなかった。

7_20220509204901

これは奈良県宇陀市にある八つ房杉。神武天皇が植えたという伝説があり、8本の幹を持つヤマタノオロチのようなスギだが、実はたくさんの苗を固めて植えて癒着したものとされる。根っこはくっついているのだが、幹はばらけてしまったのが残念。

 

2022/05/07

谷山浩子コンサートと「フィンランド」

東京で訪れていたのは、深川不動尊や神保町の書店や土倉取材やメトロポリタン美術展だけではない。実は、谷山浩子デビュー50周年記念のコンサートに行っていた。よくチケット手に入ったなあ。

Photo_20220507215501

なんとオールリクエストというトンデモ企画で、その場でリクエストを受け付けて(半券の抽選)、歌うという。しかもソロではなく今回は4人(シンセ、ベース、バイオリン、ドラムなど打楽器系)の演奏もついている。全3000曲といわれる曲の楽譜が全部あるわけでなく、また知っているのは谷山一人の曲もある。それをその場でキーや曲調を伝え、多少練習したりアカペラもあったりしつつ、演奏・歌唱という離れ業。それがスゴイ。最初は多少の戸惑いがあるように見えても、そこで新曲をつくってしまったかのごとく引き込んでいく。ある種のジャズセッションのようでもあり、演奏家のプロの実力を見せつけられたかのように圧倒される。こんなこと、できるんだ……。そして、この場でしか演奏されることのない曲なのである。

 

さて、そのリクエストの中にはなかったのだが、ほぼ同時発売のベストアルバム「ネコとコバン」の中に「フィンランド」という曲がある。

20220507-210443

珍しく谷山の作詞作曲ではなく、「空飛ぶモンティパイソン」の歌の訳詩なのだが、今フィンランドにハマっている私にはいたく響く(笑)。

初めて聞いたときは「ヘンな曲」と思ってしまった(今もそうかも)だが、妙に癖になる。イギリス人にとってのフィンランドのイメージなのかなあ、偏見に満ちてない?と思ってしまった。「いつかはいきたい憧れの国」であるのだけど、「どこかにある国」。「海外旅行の行き先として忘れられてる」とか。ちなみに「山はそびえたち」とあるけど、多分、そんなに高い山はないと思う……。

今の日本ならフィンランドと聞いて連想するのは、サンタクロースにムーミン、そしてサウナ発祥の地でしょう。そしてウクライナ戦争からかつてのソ連フィンランド戦争(冬戦争)を連想したり、急遽NATOに加盟すると言い出した問題で注目を集めている。私も今は、伝説の狙撃手シモ・ヘイヘの伝記を読んでいるが、マイナーであるのは事実だ。

しかし林業関係者の間では、わりとフィンランドは人気なのではないかと思う。日本と面積が近くて、森林率も7割前後と似ている。それなのに林業は国の基幹産業で、木材生産は日本の2倍以上あって、木材製品輸出で大いに外貨を稼ぐ。そして森林蓄積を増やしている……なんだか「林業を成長産業に」と叫んでいる日本からすると、理想の国、理想の林業を展開しているように思えないか。実際、研究者もよく訪れているし、フィンランドの大学にある森林科学系の学部学科に留学している日本の林学徒は多い。

さて、どんな国なのかなあ。私も憧れてしまったよ。いつか行きたい国に仲間入りだ。

2022/05/06

メトロポリタン美術展にて

東京で訪れていたのは、深川不動尊や書店巡りや土倉取材だけではない。

実は、国立新美術館のメトロポリタン美術展に行っていた。

1_20220506115401

アメリカの美術館所蔵品だが、ヨーロッパのルネサンス期から絶対王政、そして革命後の印象派まで、日本初上陸の逸品がずらりと並ぶ。いやあ、目の保養でした。今回の展示作品はこちら

その中でどさが一番気に入ったのだろうと自問したところ、思い出したのは、マリー・ドニーズ・ヴィレールのこの作品。

5_20220506115501

この作品の作者は、長く別人と間違われていたという逸話はさておき、これ、友人の美術学生を描いたらしい。がその学生も絵筆を持って何かを描いている。目は、今風に言えばカメラ目線。つまり作者のヴィレールを描いていることになる。もっとも、鑑賞している自分と視線が合うということは、私が描かれている気分になる……という仕掛け。

4_20220506115401

モネの「睡蓮」もあった。が、なんだか輪郭も色使いもヘン。その説明を読むと、なんと白内障を患っていたときに描いた睡蓮だという。数ある睡蓮の作品のなかでも特異な存在であった。

ほかに占いをしてやると言いつつ財布をすり取る「女占い師」の姑息な表情とか、誰が誰を狩っているのか、人も狩る獣人も狩る獣も狩るという誰もが狩猟に夢中な「狩りの場面」などもよろしい(^_^) 。

というわけで、なんだかんだと忙しいのであった。

2022/05/04

『林業遺産』にダークな遺産を

東京の三省堂書店で見かけた本。

61qytjynvsl

その名も『林業遺産』(東京大学出版会)。

思わず手にとって、「資料用に購入しようかなあ」と思って価格を見ると、6930円。すぐ書棚に戻しました(笑)。

というわけで購入しても、読んでもいないのだが、一応目次を紹介しておく。

【主要目次】

序章 林業遺産とは何か(柴崎茂光)

第I部 林業遺産の概要
1章 林業遺産の分類と価値(平野悠一郎)
2章 林業史からみた林業遺産(脇野 博)
3章 林業遺産の分布状況(柴崎茂光・深町加津枝・奥山洋一郎・八巻一成・奥 敬一)
4章 林業遺産における森林博物館の意義(奥山洋一郎)

第II部 林業遺産の保全と活用
5章 北海道の林業遺産の特長と活用(八巻一成)
6章 屋久島の林業遺産と文化・歴史的価値の変遷(柴崎茂光)
7章 森林鉄道の現況と保存の諸形態(武田 泉)
8章 森林鉄道を活用した地域振興(奥山洋一郎)
9章 越前オウレン栽培技術の文化的価値(奥 敬一)
10章 北山林業地域の景観変遷と新たな価値(深町加津枝)
11章 ウルシ生産と漆掻き技術の継承(林 雅秀)
12章 史料遺産「林政文庫」の保全と利用(竹本太郎)

終章 持続的な林業遺産の保全と活用を目指して(柴崎茂光・八巻一成) 

日本森林学会が認定するもので、拙ブログでも折に触れて林業遺産に指定されたものを紹介しているが、すでに45が選ばれているらしい。ただし2020年まで。昨年は、コロナ禍で調査選定できなかったのかな。ただし、候補は応募から選ぶようだから、地元の有志が資料やら何やらを揃えて提出しなければ審査対象にもならないみたい。(詳しくは知らない。)

また、林政資料はあるものの、今もそれを実践している土地がある、あるいは名残が見られる……とは限らない。資料だけで終わったものも遺産になっている。

だから逆に、身近な林業関係の資料を元に応募してみるといいのではないか。地図で見ると、中国や九州はまだ手薄い。切り口変えたら、なんでも貴重に見えるヾ(- -;)。

ただし、どこまで増やすかだよなあ。毎年幾つか認定していたら、遺産とするものが、そんなにたくさんあるのだろうか思ってしまう。

いっそ、失敗して自然破壊をした林業のようなダーク遺産も認定したら斬新かも。ネタはいっぱいある。大規模皆伐地とか。複層林施業地とか。数千万円の補助金で購入して、年間稼働日数4日だけの林業機械とか(^^;)。 

ダークツーリズムと提携して、「人はいかにして自然を破壊せりしや」を学んでもらうと、遺産も大いに役立つのではないかねえ。

ま、そんなことを思いついたのは、高すぎて手の出せない本への恨みか(^_^;)。

 

 

2022/05/01

東京の緑地の散水方法

連休中だから、のんびり東京行脚のこぼれ話を。

神田界隈を歩いていると、小さな神社に出くわした。五十稲荷神社とあるが、小さい……。

1_20220501222901

敷地は5坪ぐらいかな。しかし、わりと由緒あるらしく、御神籤やらご朱印帳やらと盛りだくさん。慶長年間からあったというから、江戸の歴史をなぞるわけだ。かつては足利藩屋敷内にあったらしいが、明治維新とともに周りの屋敷は町家になって、神社が残されたよう。敷地の割には大きなイチョウが育っている。都会の緑地として神社が果たす役割は大きいだろう。
ちなみに安産と五と十のつく、いわゆる「ごとう日」に参る神社とある。訪れたのは30日なので、五・十日であった。

改めて街を歩くと、東京はわりと緑の多い都会に思えてきた。街路樹も多いうえ、大企業の敷地内にも緑地が設えられている。いずれも人工的で、しかも金をかけているなあ、と思わせる緑地である。

4_20220501224101

これはオフィスビルの中層階のオープンエアスペースに設けられた緑地だが、樹木が植えられている。草花の花壇ではなく、樹木を育てて森のようにしているのだから、結構土壌も深いのだろう。みたところ、人工土壌であるが、軽くするためだろうか。
ただ目立つのが黒いホース。これは散水用らしい。最近は噴霧するのではなく、点滴方式なのだ。この方が水を無駄に流さなくてもよいのだろう。水は足りなくてもあふれても困る。点滴散水法は砂漠緑化の技術として生まれたはずだが、今や都会のコンクリートジャングルに応用されているのであった。東京砂漠とはよくいったもんだ(^^;)。

 

2022/04/28

三つ編みの木

若葉の季節だ。こんな季節は、時間がなくても森の中を歩きたくなる。

そこで発見したのが、こんな3本の木。

3_20220427220701 2_20220427220701 1_20220427220701

元は一本だったのが、3つ又に分かれて、それがうねうね絡みながら伸びたらしい。三つ編み状態だ。

たくましく育った?

それともひねくれた

2022/04/24

地球温暖化で森は減るか増えるか

以前、ネイチャーでこんな研究結果を目にした。

ヨーロッパのほとんどの地域で1986~2016年のブナの成長量が1955~1985年より減少しており、最も著しいのが南ヨーロッパで、成長量が20%減少した。
北ヨーロッパの国々(デンマーク、ノルウェー、スウェーデンなど)では、成長量が最大20%増加していた。
南ヨーロッパのブナの成長量が2090年までに最大30%減少し、干ばつが定期的に発生すれば、50%以上減少する可能性がある。
中央ヨーロッパの山岳地帯ではブナの成長量が25%増加するかもしれないが、ヨーロッパ全体では成長量は減少すると予測している。

なるほど、気候変動(地球温暖化)が進めば、必ずしも森林が減るわけではなく、増えるところもあるわけだ。暖かい環境を好む植物がいるのは当たり前。ヨーロッパの場合は、ブナ林が南部は減って北部が増える。その差し引きが問題なのだが……。ここでは、何の木が増えるのか書いていないか。とりあえず自分のところは増えるなら温暖化もいいか、なんて考え出す人も出るかもしれない。

そして、今度は森林総研の研究。

気候変動により森林が拡大する地域、縮小する地域を高解像度で推定
―気候ストレスの影響を地球規模で評価するモデルを開発―

こちらは森林全体の面積推移を予測したものだが、地球全体ではこんな具合。気候の変化で森林分布が拡大・縮小する地域を、約1平方キロメートルの高解像度で推定したものだ。21世紀末における現在(1986~2005年)からの気温上昇が2.6~4.8℃(平均3.7℃)という予測を元に計算している。気温だけでなく、水の分布(降水量など)も変わるだろう。森林火災も多発するかもしれない。
気候条件だけでなく、気候の変化が飢饉などを生み出し、それが戦争を誘発する可能性だってある。戦争になれば森林にも影響がある。さすがにそこまで読んだ予測ではないだろうが。

Photo_20220423122501

ロシア、カナダ、アメリカ(アラスカ)といった北極圏が軒並み森林を増やすという予測結果となった。ロシア、喜ぶのか? 熱帯地域は軒並み減っている。

日本は……わかりづらいが減っているのかな? 森林は今でも多いわけだが、高温に対応できない樹木も出てくる。ただある種が減っても、すぐ割り込んでくるほかの植物もあるはずなので、全体としては減らないか。もっとも増えるにしても、すごい気候災害が伴いそう。

あ、災害で人間社会が影響を受けて、たとえば工業地帯が壊滅するとかすれば、二酸化炭素の排出が減り、気候の変動も自然界とはちがうのようになり、これまた森林にも影響があるはず。海面が上昇して、平野部が沈むことも有り得る。それも二酸化炭素の排出を減らすか増やすか。

予測はわからないことばかり。

2022/04/22

達磨寺の宝はどれだ

野暮用があって、奈良県の王子町を訪れた。そこで寄り道したのが、達磨寺。達磨大師ゆかりの古刹だが、私の目的は境内にある小さな墓である。

20220422_173420

松永弾正久秀の墓だ。戦国時代の梟雄、主君を討ったとか大仏を焼いた大悪人と言われるが、近年評価が上がっている。信長に先んじて新時代を切り開いたとされるんだが、私の母は松永一族の出なので親近感がある。

そこで、ちょいと詣でたのだが、そこで見かけたのがこれ。

20220422_173533

巨大フジである。

フジも林業界では、スギやヒノキに巻き付く嫌われものだが、その花の美しさの方が今や価値がある、かも。これだけデカイ蔓だと、期待してしまう。

次に目に留まったのは、こちら。

20220422_173551

竹だけど、株立ちしている。これは日本の竹にはない特徴だ。熱帯アジア産の竹なのである。伝説では達磨大師がインドから持ち込んだというのだが、達磨大師って日本には来ていないはずなんだか(^_^;)。

誰が持ち込んだのか。外来種という点からも気になる。

さて、この3つの興味あるもののうち、私がもっとも気に入ったのは、どれでしょう。もちろん。。。

 

2022/04/21

切り株の上のロストワールド

ふと見かけた切り株をパチリ。

3_20220421220701

何の木かわからないが、伐られて?その切り口が腐食して、樹皮面と芯だけが残って内部は腐り落ちた……というところだろうか。

ちなみに以前「切り株の上の生態系」シリーズというのをやっていて、切り株の面にいろいろな植物・菌類が生育しているのを撮っていた。切り株は地面より少し高いので、周辺の植生などの生態系とはちょっとだけ隔絶した場所である。そこで偶然のように飛んできた種子やす胞子などが発芽して育ち、そこに昆虫なども集まり、新たな生態系をつくっているのが面白かったのである。

これなど切り面が落ち込んで内部に別世界が広がっているかのよう。

3_20220421220702

思えば、周囲より高く競り上がっていて隔絶されていると言えば、ギアナ高地。そこを舞台にコナン・ドイルが執筆したのが「ロストワールド」である。そして実際には世界各地に地面が陥没して深さが100メートルを越すような穴が開いている世界もある。そこもロストワールドと呼ばれるのだが、恐竜はともかく見慣れぬ生命体の宝庫とされ、動物も植物も珍種・新種が見つかっている。

この切り株も、小さいながら競り上がって、その中で陥没しているのだから、二重のロストワールドだ。ちなみにそうした世界も地球上には見つかっている。たとえば八丈島の八丈富士の噴火口などは、登った山の頂上が噴火口として陥没していて、その中に森林ができている。ほかにもボルネオ島のキナバル山にも、標高4000メートル級の尾根に深い垂直の谷があり、その下には森林がある。

Src_10407625_20220421222301八丈富士の火口

昔、探検に行きたかったんだけどなあ。それでソロモン諸島のシンボ島のパツキオ火山にも火口洞窟があると知って、出かけたのであった。

6_20220421222601

これ、なんとか火口を下りて底から上を見上げたところ。直径60メートル、深さは10数メートルぐらいか。今思えば、切り株の穴から見上げると、こんな景色なのかしらん(笑)。この底より、さらに洞窟をもぐって火口深く侵入したのであった。そこで見つけたのは……!!

一説によると、体長数メートルの馬の顔をした巨大コウモリであった!!(「伝説になった日本人」より)

当時は夢があったよなあ。悲惨だけど、楽しかったなあ。ミクロであっても、隔絶しているところには別世界が広がるのである。

より以前の記事一覧

May 2022
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と筆者の関連リンク先