無料ブログはココログ

本の紹介

森林学・モノローグ

2017/11/16

宮沢賢治と「絶望の日本林業」

NHKBSプレミアムの『英雄たちの選択』で、宮沢賢治を取り上げていた。童話作家の部分よりも農学校の教師時代を中心として描いている。

 
英雄たちの選択「本当の幸いを探して 教師・宮沢賢治 希望の教室」
 
東京に出て大正自由主義の空気を胸いっぱいに吸い込んで故郷に帰った賢治は、そこで疲弊しきった岩手の農村に向き合う。貧困と旧態依然とした社会への絶望に包まれた農民たちを前に、いかに希望を伝えようとしたのか……。
 
この番組を見ながら思い出した。そうだ、私は大学生の時、東北に旅立ち、宮沢賢治の足跡を追ったことがあったのだ。読んだいくつかの童話と、なぜか暗唱できた「雨ニモマケズ」の詩だけを頼りに一人旅をしていた。
なぜ宮沢賢治にはまったのか、わからない。当時、私の宮沢賢治をこれっぽっちも理解していなかった。それなのに引きつける魅力。今だって、宮沢賢治の思想は10分の1、いや100分の1も理解していないだろうけど。
 
 
 
このところ、また取材を受けることが増えた。先日も東京から新聞記者が訪れて、現在の林業と林業政策について教えてくれ、と言われた。
私はトツトツと、各分野を紹介した。林業現場。木材流通。材価の変動。木材輸出、CLT、バイオマス発電。補助金制度。林野庁の新年度施策……とくに一部を強調したり誇大化したわけではない。ようは、このブログや著作に書いててきたことを繰り返したのである。
 
記者は,絶句した。「そんな産業があるのか……」。
 
記者は、これまで農業や水産業界は取材していて、それなりに補助金漬けや無茶苦茶な施策を見てきたそうだ。とくにクロマグロやサンマ資源を枯渇させているのは日本の漁業なのに、原因にほおかむりして収奪を続けている現場に憤慨したという。
 
が、それでも林業よりはマシだろう。。。。と。
 
 
絶望の日本林業という言葉が浮かんだ。
 
ここに希望を持ち込むことはできるのだろうか。補助金のバラマキのような刹那的な希望(気泡?)ではなく。
その前に必要なのは、当事者が現状の行き着く先がどんな世界か気付くべきかもしれないけど。
 
 
林業にとっての“本当の幸い”を探すべきではないだろうか。

2017/11/15

森の暮らしが幸福?

こんな記事があった。
 
人間は森の近くで暮らしたほうが、幸福な時間が過ごせる。都市部で生活するにしても、出来るだけ自然の森に近い場所を選んだほうが、ストレスの少ない生活を送れるという研究リポートが科学誌「ネイチャー」が運営するサイト「Scientific Reports」に掲載された。
 
発表したのは、ドイツのマックス・プランク研究所。住環境が人間に与える影響を調したものらしい。
比べたのは、都市部の人工的なグリーンエリア、自然の森のそば、荒れ地に住む人々だそうだ。周囲の環境が人間の情動をつかさどる扁桃体にどんな影響を与えるか調べた。その結果、森の近くに住む人々の扁桃体は健康的で、ストレスや不安、鬱状態をうまくコントロール出来ることが分かったという。
 
 
なんか、素晴らしい研究結果が出たように感じるが……なんか怪しい(~_~;)。
 
森林地帯と言っても、地域によって全然条件が違うだろう。面白いのは、グリーンエリアのそばに住む人々と、荒れ地に住む人の間に大きな違いが見られなかった、と付け足されていることだ。だったら、森で暮らすだけでなく、荒れ地でもよいわけだ。(この荒れ地の定義もわからんが。)
むしろ都会の刺激が扁桃体に悪影響なのであって、森や荒野は刺激が少ないから、と結論付けてもよいような気がする。
 
 
たとえば森林療法&森林セラピーでも、同じようなことが言われているのだが(森を歩くとストレス解消されて健康になる……うんぬん)、実は原理はわかっていない。単に肉体の反応を数値化しただけに思える。それでも、実際に森を歩けば心地よいことは経験則としてあるのだが、今回の研究は、そこまでも達していないような。。。
 
これを「ネイチャー」の運営するサイトがねえ。。。
 
 
この手の研究は、かなり恣意的に行われているのではないか、と感じる。自然、とくに森林を持ち上げるのはよいのだけど、中身が伴わないと。それとも、記事になっているところが抜き書きで、もっと完璧な裏付けのある研究なのか? 
 
 
ドイツにも自然礼賛、自然は全部正しく素晴らしい、という思想があるのか。まあ、ドイツが産んだロマン主義こそが、そういう思想だけど。

2017/11/14

明治神宮御苑の切株

明治神宮で見てきた、もう一つのもの。

 
正確には、明治神宮御苑である。より正確には、御苑の北門から入ってすぐのところである。
 
2
 
切株。これは、コナラかな? ナラ枯れでも発病したのだろうか。
 
これだけだと、何が珍しいと思うかもしれない。(原則、人の手を入れないことを謳っている明治神宮の森だが、ある程度の伐採は繰り返している。御苑はさらに人の手で景観を管理している。)
 
が、この切株の断面をよく見ていただきたい。
 
3
 
年輪そのものは、非常に読みづらいが……1878年の西南戦争を芯(発芽年?)として、1920年の明治神宮創建とか、昭和元年とか西暦2000年とか……。
 
よく数えた(笑)。
 
担当者の遊び心を感じる。願わくば、もう少し項目を増やしてほしい(^^;)\(-_-メ;)。
 
 
せっかくだから、パワースポット・清正井にも。
 
5
 
相変わらず満員。列を作って井戸を見る。水に触れるなとか、なかなかウルサイ。全然癒されん。ブームになる前は、一人静かに眺められたのに。

2017/11/11

木工芸記録職人

本日訪ねたのは、東京・表参道のアートスペース・リビーナというところで開かれたJAM展「木」。簡単に言えばテーマを決めたグループ展で、今回は「木」にかかわることであった。

 
実は、ここの出展者の一人・中川未子さんと知り合い。彼女は、工芸や祭など民俗学的な世界をイラストに移して記録に残す仕事をしている。
写真では、むしろわかりにくくなる部分をイラストで表現し、また説明していく手法。だから、実際に現場に通って取材して、それを描くのだから、なかなか大変な仕事だ。
 
今回は、そうした作品の中でも木工芸に関するものを選んで展示していた。
 
Dsc_0731 作品と著者近影(^o^)。
 
Dsc_0732
 
テーマには、樽丸とか桶職人、割り箸、経木、挽物……と林業に関わるものも多い。
 
私も幾度か組んで仕事をさせてもらった。
 
上記の写真では、どんな作品かわかりにくいと思うので、勝手に私の手元から紹介してしまう。(~_~;)ゴメン
 
Img001
 
これは、木馬引きのもの。道具というより、引き方の記録を行っていることが重要。
 
もっとも、扱うのは林業や木工ばかりではなく、養蚕、漆芸、祭の屋台……と幅広い。だから私は、こうした「木に関係した作品展」といった切り口よりは、「中川未子の世界」展を開いて、作品集を出版したら……と勧めているのだが。私のブックプランナー(?_?)として超高感度アンテナがムクムクと動くのだよ\(^o^)/。

2017/10/28

日本のトロル

ノルウェーに行って気になっていたことがあった。

 
ノルウェー各地でトロルを見かけたのだ。
街角にも、おみやげ屋にもある。
 
2 オスロ空港
 
これ、北欧の妖精の一つらしい。トロル、トロール、トロルド、トゥロール……微妙に違うものの、姿形ははっきり描かれていなくて、巨人だったり小人だったりするらしい。男、女、子供、老人、ときにヴァイキング姿、サッカー姿、サーファー姿、スキーヤー姿などもあるとか。
ある種、変身できる森の妖精・妖怪と見立てたらよいのかもしれない。また人に害悪を与える場合もあれば、助ける場合もある。だから、こんな標識もある。
 
Photo トロル注意!
 
ハリーポッターやムーミンにも登場しているというのだが、よく知らない。
 
 
ただ意外な形で、日本にも広がっていることをご存じだろうか。
こんな姿で(~_~;)。
 
Photo_2
 
となりのトトロ」のトトロとは、登場人物のメイが森で出会った不思議な生き物?の名前だ。
ただし、名をつけたのはメイ。絵本で見たトロルと重ねて「トロルでしょ」と言おうとするのだが、そこでなまって(うろ覚えだった?)「トトロでしょ!」と言ったことからトトロと名付けられるのだ。
この命名は、なんでも宮崎駿の知人の娘が、トロルのことをトトロと発音したことを覚えていて採用したのだ、とどこかの記事で読んだ記憶がある。
 
 
いずれにしても、日本では「トトロ」という妖精?妖怪?はすっかり根付いているが、原型はトロルにあるのだよ……ということを今頃言いたくなったのである(笑)。

2017/10/25

もさもさ(^o^)

某神社の本殿前の木。

 
4
 
なんか、笑う。おそらく大きくなりすぎ枝葉が広がったので幹の途中で伐採したのだろう。根元から伐らなかったのは、ある意味、木を残したかったのかもしれないが、結果的に木は枯れなかったのだからよかった(^o^)。
 
が、切り口からモサモサと萌芽が出たのだね。まさか、こんな形状を狙ったわけではないだろうが、なんとも珍妙な本殿前の造形となってしまった。
 
これ、実は本殿前の両脇に2本あるのですよ。どちらも、モサモサ(笑)。
 
 
全然関係ないが、先日の小浜で寄った若狭彦神社には、巨木の杉2本が参道にあって、これを鳥居と見立てていた。
 
7
 
別に上でつながっているわけではない。参道脇に木を植えるのは、鳥居の起源と関係あるのだろうか。

2017/10/24

キノコの見方

某大学のキャンパス内で、キノコ群を発見。

 
1  
 
造成終わったばかりで、バーク(樹皮)をマルチング用に敷きつめた場所だったが、そのバークに菌糸が付着していたのかな?
 
キノコの名前はわからない。が、こーゆーキノコを見つけると、上から目線より、
 
5
 
コビトの気持ちになって見ると、結構楽しい世界が広がっている。

2017/10/21

街の人工森

このところ大阪と京都の街中で「森」を見てきた。

ちょっと特徴的。
 
016  012
 
こちらは大阪・なんばパークス。下から上から。
 
緑化業界?ではわりと有名だと思うが、大阪ミナミの大阪球場跡地に立てられた地上10階建ての複合商業ビル。シネコンからレストラン街まであるビルの屋上が、3階以上の屋上には段々畑か棚田のように緑化されて森をつくってある。設計者はアメリカ人。
 
オープンが2003年だから、14年経つわけだ。
 
私は、オープン当初に訪れているが、さすがにその際は屋上庭園と言っても、植えられたばかりの草木はまばらで貧弱だった。
 
それが今では……。
 
011  010
 
太いサクラが育っている。20年経たずして、直径30センチ級になるのだ。これを育てるには土も深くないといけないだろう。ハロウィンのカボチャがあるのはご愛嬌だが。
 
人工的な自然ではあるが、近くに住んでいたら毎日散歩してもいいな、と思わせる。
 
009
 
木のステップは一部腐朽していた。これは、どの頻度で交換するのだろうか。
 
 
一方、京都駅前の地下街には、臨時の北山台杉の庭が。
 
006    008
 
某有名なプラントハンター? 造園家の作である。
 
こちらは期間限定なんだろう。このまま育つと困るだろう。触るのも中を歩くのも禁止。
なんのため? 外国人観光客にアピールして、台杉仕立ての庭木の注文が入ることを狙っているんだろうか?
 

2017/10/14

ノルウェーの紅葉

ようやく朝晩の気温が下がってきた。先週、日本に帰って来た際は、汗だくになるほど暑かったのだが……。

 
ノルウェーでは、紅葉が見られるかと期待していたのだが、どうやら少し遅かったようだ。落ち葉になっていたからだ。もっとも緑のまま残る木々も多かった。
 
しかし、一部で美しい紅葉が見られた。それは、ツタだ。
 
2_2
 
見事なグラディーションになっているツタ。
 
6
 
燃え上がる城……じゃなくて、教会。という感じ。
 
4
 
こちらはくっきり緑と赤に分かれるツタ。種類が違うのだろうか?
 
 
7
 
落ち葉は、黄葉だったけど。
 
日本の紅葉は、これからである。
 

2017/10/10

ノルウェーの奈良トロンハイム

今回の旅は、ひたすら忙しく観光的なことは何もしていない。
 
その中で少しだけ目にした観光名所を紹介しよう。
 

それは中南部の古都トロンハイムを訪ねたときのもの。 

ここは人口16万人くらいの街だが、初めてノルウェーを統一したハーラル一世王の都だ。時代は、西暦9世紀後半だから、日本の平安時代だが、私は日本を統一したのだから奈良を想像したね(^o^)。 
 
そして曾孫の聖オラヴ・トリグヴァソン一世王がニーダロスの街(トロンハイム)を建設したと伝えられる。
街の中心の広場には彼の銅像が高く建っている。
 
6
 
ま、聖武天皇みたいな人(^o^)。ノルウェー(というよりヴァイキング)のキリスト教化を進めた王である。奈良を仏都にした点でも似ている。
 
最大の見物は、ニーダロス大聖堂。これ、すべて石造りなのだ。
 
 
1  拡大すると、3
 
いわば奈良の東大寺みたいなもの\(^o^)/。
 
この大聖堂建設は1070年に始まり、200年以上かけて完成させた。しかし、1327年の大火、さらに1531年、1708年、さらに1719年に火事にあっている。  
再建が始まったのは1869年。150年ちかくかけて完成したのは2001年だというから、わりと新しいことになる。
東大寺大仏殿も3回焼けているが、現在のものでは300年経っているから、少し違う。
 
 
これまで木造ばかりに眼を向けてきたが、歴史をたどると石造建築なのだから皮肉と言えば皮肉。奈良が木造建築ばかりなのとはちと違う。
 
Photo
 
もちろん伝統的な木造の教会もあったけれど。

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎