無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2020/01/14

イギリスの森の価値指標はシカだった?

今、イギリスの森の歴史の本を読んでいる。

イギリスと言えば、森のイメージはあまりない。私は、若いころにイギリスの森林率が3%だとか知って、なんとまあ少ないことよ、と呆れたことがある。その後、森づくりが進んだが、おそらく今でも10%程度だろう。だから林業なんて発達するわけがない……と思ってしまう。

だが、そうでもないようだ。歴史的には大いに森が意味を持っていた。思えばロビンフッドから始まり、クマのプーさん、ピーターラビット、とイギリスの物語には森がつきものである。それに世界に覇を唱えた大艦隊を作れたのは、豊富なオークの森があったからだ。植林の歴史も意外と古い。1660年ごろから急速に広がったそうだ。日本の吉野の植林が1500年ごろとしているが、実際は1600年に入ってから広まったから、そんなにずれていない。しかも「植林は紳士の義務」とされたという。

私が面白いと感じたのは、「フォレスト」は王侯貴族の鹿狩り用禁猟区のことであったということ。日本的には御料林。シカが減ってくると、キツネ狩りやウサギ狩りに移っていくが、これらの話を抜きにイギリスの森は語れない(らしい。)キツネなどは輸入して放して狩りをしたというのだが、こうした動物が森の価値に結びついていたらしい。

そういえばフランスの森林史を読んだ際に、フランスでは森の価値をそこで採れる蜂蜜と飼えるブタの数で計ったとあった気がする。(いい加減だけど。)ドイツも養蜂官という役職があったと読んだ気がする。(いい加減だけど。)
どこまで正しいのかわからないが、森の価値を木材でなく、シカやキツネやブタやプーさんやミツバチで計るという発想は面白い。ほかにも鳥や採れる毛皮、ドングリ収穫量などもあったらしい。
今の日本には、木材しか森の物差しがないことが、問題なのではないか。木材は樹木そのもので、森林の物理的構成要素そのものだ。収穫したら森がなくなるのである。それよりも蜂蜜の採れる量だったら、もっとミツバチを増やして、花の咲く草木を増やそうという方向に行くではないか。

これは未来の森林評価方法として考えられないだろうか。現代なら何が指標になるか考えてもよい。二酸化炭素吸収量も悪くはないが、いっそ森を訪れる人の数なんてのもアリかもしれない。美しさとか生物多様性を指標化してもよい。

なおイギリスでは、自然景観としての森は「ウッドランド」を使う。ほかにも自然の森としては「シルヴァ」という言葉もあるそうだ。またドイツ語の「フォルスト」は、人工林であり、自然林は「ヴァルト」になる。
日本語でも、もっと森を意味別にいろいろ分けた言葉を考えてもいいじゃないかなあ。

 

 

2020/01/09

ネコロジー序説

たまたま訪れた吉野の世尊寺こと、比曽寺跡。6世紀に建てられたという日本でも最古級のお寺である。かつては行幸も相次ぎ繁栄した大寺だったが、その後没落し、豊臣秀吉には三重塔を奪われたりした。江戸時代に世尊寺と名を変えて存続しているのだが……。

その太子堂の縁側に、猫が……。

5_20200109215901 2_20200109215901

いやいや、騙されてはイカン。この猫はフィギアではないか。しかし、なかなか似合う。お寺に猫は相性がいいのか。ここにこのポーズで置いた住職のセンスはなかなかいいぞ。猫(模型だけど)がいるだけで、一気に寺の雰囲気が変わるではないか。これは、猫の何が人の心に触れるのか。

実は、小松左京の遺作集というか、アンソロジーを読んでいた。

1_20200109220001小松左京の猫理想郷」。

ようは小松左京のエッセイや小説で、猫に関わる作品を集めたものなのだが……これは意外や?名作であった。
多くは飼い猫とのやり取りを描いているのだが(ベジタリアン猫とか、凶暴猫とか、巣作り猫とか……)、単にそれに留まらない考察が深い。深すぎる。今から40年50年も前に書かれたものなのに、現代科学でも考えさせられる切り口なのだ。「味」という点からの進化論。「愛する能力」。人間のファッション好きから昆虫の変態や「変身願望」。猫の巣作りから生物全般の巣作りへと考察した「ホーム・スイート・バイオホーム」。猫の凶暴性からの「個性」の考察。当時の生物学の知識が満載なのだ。これが40年前の知識か?と思わせるほどの博覧強記。昆虫から動物、微生物までの行動学から読み解くのだ。いやホルモン物質の生体反応から素粒子論まで登場する。

そして、これらが全部小松左京の飼い猫の話から始まるという……(^^;)。

とてつもなく刺激を受ける。

そして、今度はテレビ(Eテレ)で「又吉直樹のヘウレーカ!」で「猫とのつきあい方」を取り上げていた。これまた刺激的。又吉は猫が苦手らしいのだが、一方で本人が猫型性格。
そこで説かれるのは、「猫は人が捕らえて仕込んだ家畜ではない」こと。むしろ猫の方から人間社会に寄ってきたらしいのだ(人間の集落には獲物のネズミが多いから)。それゆえ、人とはつかず離れずの関係性を築く。逆に人が猫になついている。

20200109_204030 20200109_205152

ちなみに小松左京は、猫好きではあるが、抱いたりする猫可愛がりはしなかったそうだ。ただ、家に猫がいて、それを眺めているだけで満足していたという指摘が載っていた。なるほど、だから身近な猫も一見突き放した考察ができたのか。猫好きと称する人たちの中には、ほとんど猫に飼われている者も多くて、冷静に猫の存在を考察できない猫依存症バカ(私説)ばかり。世の中には猫(と犬)になると、冷静に動物論を話せない連中が多い。だが、小松左京はその点が違ったのである。

私も、人間と動物の関係には関心を持ち続けている。とくに、なぜ家畜が生まれたのか、家畜化は可能だったのか……に興味がある。またペットの存在は心理学的にはどんな位置づけになるか。今後は森林ジャーナリストは休業して、人と動物ジャーナリストになろうかとも思う( ̄^ ̄)。ちなみに家畜とは、森林にたとえれば人工林のようなものだし、ペットは雑木林か公園緑地か。共通点はあるのだ。

よし、私もネコロジーを打ち立てるか……と思ったが、今日はこの辺で序説にして終わろう。

2020/01/08

平城の世の巨木の森を夢見る

近頃、平城宮跡の国営公園によく行く。

何しろだだっぴろい。130ヘクタールだったっけ。しかも平坦。坂道しかない生駒の街からすると、その平坦さが憎らしいほど(笑)。一周走っても、息が乱れない。しかもススキ原の中を走っていると遺跡が現れたりと、見所も多い。

今回目にしたのは、こんな井戸だった。

2_202001082321013_20200108232601

これは醸造所(造酒司)の井戸なんだそうだ。ここでくみ上げた水で、お酒を作っていたらしい。平城宮跡には、こんな井戸がいくつか発見されている。周りに石を敷きつめてあるが、井戸は直径140センチ級のスギの大木をくり抜いたもの。板を張り合わせたのではなく、くり抜いたという点が凄い。この遺跡はレプリカだろうが、なかなかの大木を使ったことが想像できる。
酒のため? 井戸を掘ることになって、巨木を伐採したのか? 罪深い酒飲み(笑)。

思えば、平城の時代(平成じゃないよ。土が付いている)は、まだ直径1メートル、2メートル級の大木がゴロゴロしていたらしい。多分3メートルの木だってあっただろう。それが森を作っていたのだ。それを各地で伐りだした記録が残る。大仏と大仏殿も、そうした木で作り出したのだろう。

残念ながら、そんな景色を今の日本で見ることは叶わない。よく似たところは、アメリカのセコイアの森か、台湾の阿里山などの巨木林だろう。
そんな森に入ったら、きっと精神を揺さぶられる気がする。現在の日本人が森を見て、まったく違う感覚を覚えてたのではないか。森という言葉は同じでも、存在が違う。たとえて見れば、「もののけ姫」のししがみ様の森と、それが破壊された跡に再生する雑木林の差かもしれない。

……ま、そんな妄想に耽ったのでした(^^;)。

 

2020/01/04

真冬のヒマラヤザクラ

これ、先日の東京駅前で見かけたサクラ。

1_202001042242012_20200104224201

なぜ、こんなところにサクラが植えてあるのだ、しかも咲いているじゃないか! と思って見たら、ヒマラヤザクラだった。

 2_20200104224301

ヒマラヤザクラは、その名のとおり、ヒマラヤ地方(から雲南、タイ北部)に分布するサクラで、開花期は12月~2月だという。まさに真冬に咲くサクラだ。つまり外来種。もっとも花の見た目はあんまり日本のサクラ(ヤマザクラやソメイヨシノ)との差は感じない。花が下向きかな、と思える程度。

これが東京駅前にあるのは、あくまで冬に花を見せようという意図で植えたのだろう。

 

さて、正月は明けた。予想通りというか、今年も娘のアテンドに明け暮れた(^^;)。娘は、例年生駒山の宝山寺でおみくじを引くが、これまた想定通り「凶」。たしか3年連続ではないか。宝山寺とよっぽど相性が悪いのか。もはや慣れっこ。ケロッとしている。娘のメンタルは、真冬のサクラなみに強い(笑)。ちなみに私は「吉」。

今年もゆるゆるとブログを続けようと思う。

2019/12/25

科学博物館の巨木と小人

東京ではミイラ展に行ったことを記したが、この特別展に行くと、もれなく常設展がついてくる(笑)。

もっともミイラ展で歩き回って疲れたから、かなり端折って会場を歩いたのだが、それなりに楽しかった。恐竜の骨格標本にワクドキするのはもちろん、こんな展示もある。

4_20191225211901

ボルネオの熱帯雨林の巨木だ。正確には巨木にイチジク科の蔓性のシメコロシ植物が巻きついて乗っ取っている様子。中の樹木を殺して、外側を覆ってしまうことで高所を独占するのだ。よくぞ再現した……というより、これ本物か。わざわざ現物を持ち込んだのか。

さらに、こんな見本もあった。

8_20191225211901 7_20191225211901

これはスギだろうな。もちろん現物で、幹直径は1メートルを超すよう。若いころに枝打ちしたのか実に素性のよい木に育っている。施業効果を説明するのにもってこい(^^;)。さらに輪切りで幹が少しずつ小さくなって円錐状になっていることも示している。

なかなか林学の教科書になりそうな展示ではないか。


なお個人的に興味津々だったのは、化石人類のコーナーにあったフローレス原人。

Photo_20191225211901

これ、インドネシアのフローレス島で発見された化石なんだが、ジャワ原人より新しい時代の新種原人[ホモ・フローレシエンシス]とされる。何がすごいって、成人の身長が1メートルくらいしかないコビトなのだ。常に大きくなってきた人類が逆行進化した可能性を示しているのだが、謎だらけ。現世人類と生存期間が重なっていた~接触していた可能性だってある。

ボルネオにも尻尾のあるコビト伝説オラン・ペンデクの噂があるし、日本には一寸法師にコロボックル伝説。ヨーロッパにはアリエッティだっているぞ。世界各国に残されるコビト伝説の原点である……なんて想像するとロマンがある\(^o^)/。

2019/12/22

エンドレスジャーニー展と松浦武四郎

東京で顔を出した展覧会は、ミイラ展ともう一つある。

エンドレスジャーニー展だ。ちょうど奈良を出る直前に案内があって、「なんだ、私が東京滞在中に開かれていて、しかも場所は移動の途中」とわかり、寄ってみることにしたのだ。

場所は、千代田区末広町の公園にあるアーツ千代田という施設。到着して驚いた。その公園にあったのは……。

Photo_20191222163501

ここは松浦武四郎の東京の居住地であったのか。私、こう見えても武四郎についてはウルサイ(^o^)。記事も書いているし、大台ヶ原にある墓も訪ねている。蝦夷地の探検家として知られるが、実は全国を歩いていて、まさにエンドレスジャーニーのような人生を送った人。その地で開かれていたのか……。

1_20191222163501

これがエンドレスジャーニー展。主催は「国境なき医師団」。なんともスリリングな旅を紹介してくれる。地中海クルーズ、古代遺跡のある中近東、野生の王国の広がるアフリカ、エキサイティングなラテン世界の中南米。。。。もっともクルーズは定員オーバーの難民船、爆撃もあれば自爆テロもあり、泥水すすって飲まねばならないかもしれないし、町中で銃撃戦も珍しくない治安状況。

3_20191222163501 4_20191222163601

いかがですか? 

プレゼントまでもらってしまったので、私も些少ながら寄付契約してしまったよ。。。松浦武四郎に触れた記念だv(^0^)。

興味のある方は、こちらへ。https://www.msf.or.jp/

20191222_215108

2019/12/19

ミイラのぬいぐるみ

今日のミッションはミイラ展に行くこと…。

ホテルから歩いて行ける距離に国立科学博物館があって、そこでミイラ展をやっているのだ。朝から行くのにちょうどいい。

9時前に科学博物館前に着く。ほとんど一番だ。しかし次々と来訪者が来るが、女性が多い。7割がた女性じゃないか。女はミイラ好きという方程式が頭の中にできる(笑)。

さて内容は……それなりに面白いし私なりに考えることはあるのだが、それはまたの機会に。

もっとも心に留まったのは、ミュージアムショップ。現代のミュージアムショップはぬいぐるみ売り場かというのが私の持論?なのだが、なんとミイラのぬいぐるみが!

結構な値段なのだが、買う人いるのかね……。ま、私の心は少し動いたけど(^o^;)。

20191219_215932

これ、みんなミイラ(のぬいぐるみ)。

2019/11/29

君は「CSF」と「ASF」を知っているか

CSF、あるいはASFとは何かを知っているか。

ほとんど話題になっていないので、ここでちょっと農水省に代わって応援広報。

今、農業畜産分野で、非常に重要な名称として登場したCSFとASFを知っておいた方がよい。ひょっとしてCLTとかFSCより重要かもしれない……。

CSFは、「クラシカル・スワイン・フィーバ ー」、ASFは「アフリカン・スワイン・フィーバー」のこと。と言っても、よけいにわからないわな。それでは「ホッグ・コレラ」は。

そう、豚コレラのことだ。現在、猛威を奮っているブタの病気である。それが野生のイノシシにも蔓延して、大騒動になっている。治療法はないから、感染が見つかったら一定地域の養豚は全部処分してしまわないといけない。またイノシシにいかにワクチンを与えるかという悪戦苦闘もさることながら、獣害駆除やジビエ供給などにも波及しているからだ。

が、より恐ろしいのはASF。こちらはアフリカ豚コレラだ。豚コレラとは別の病気で、アフリカからヨーロッパ、そして中国へと拡散し続けている。しかも、こちらはワクチンも何もない。予防法も治療法もないのだ。これらが広がれば養豚は壊滅してしまう。

ただし、この2つの病気、人間がかかるコレラとは何の関係もない。たまたま1800年代にアメリカで人間のコレラが流行していたときにブタに発生したから名付けられたという。もちろん人間には移らないし、感染した豚肉を食べても人体にも影響がない。

そこで農水省は、「豚コレラ」の呼称を農水省は改名すると言い出したのだ。人間に移るように間違われたら困るから、ということで。すでに国際機関などでは 一般的に使われているという。まあ、狂牛病(牛海綿状脳症)を「BSE」と呼び換えたのと同じ。

まあ、反対するわけでみないが、余計に何の病気かわからなくなりそうだ。アルファベットを使うより新語を作れないのか。コレラ以外の症状をあらわす日本語で。豚ころりとか(^^;)。ころりはコレラの別名かあ。ブタ熱、アフリカブタ熱ではダメだろうか。

とにかく、この病気、人間に直接感染はしなくても重大問題なんだから、覚えておこう。

2019/11/27

「スズメバチサラバ」&『絶望の林業』5刷

ミツバチの次は、スズメバチの話題。

スズメハチを殺さずに短時間おとなしくさせるスプレーが開発されたそうだ。

高知大教授らのベンチャー企業「KINP」(高知県南国市)が開発した忌避剤スプレー「スズメバチサラバ」である。開発したのは、高知大農林海洋科学部の教授であり、この会社の社長を務める金哲史氏。

スズメバチが嫌うクヌギの樹液には「2-フェニルエタノール」という物質が含まれることを発見して、それの類似物の「ベンジルアルコール」をスプレーにしてスズメバチに噴射すると5~20分ほど飛べなくなったという。

スズメバチは農業に害虫を殺すから益虫でもあるのだから、なるべく殺さずに、おとなしくさせられたらその方がよいという発想のようだ。

実によい発想だ。スズメバチだって殺さない方が生態系を乱さないはず……でも、早ければ5分後にまた飛び始めるというのは恐い(^^;)。とりあえず人間の居住地近くに現れたスズメバチはやはり完全に駆除してほしいんじゃないだろうか……と、私は思いました(笑)。完全にいなくなってもらわないと困る。

とはいえ、記事には消防局の救急や学校が購入しているという。でも使い方としては、スズメバチが飛び交っているところから逃げ出す際に利用するべきだろう。となると、林業現場なんかでは重宝するんじゃないか。


さて、突然話題を変えるが、私の手元に届きました。

『絶望の林業』5刷目。そう、とうとう増刷もここまで行きました。

20191127_164813

ホント、久しぶりである。感謝。感謝。ちなみに発行は12月3日とあるが、もう配本されているはず。もし5刷を書店で見かけたら教えてください。

2019/11/23

紅葉とススキ野

Dsc03481

冒頭の写真を見ると、なんか深山の紅葉に包まれる隠れ寺ぽいが、実は私の地元の宝山寺。ほとんど歩いて行けます。ま、車で行ったけど。これは多宝塔だが、ちょうど紅葉の合間から見えるベストアングルを見つけた。

秋の風景といえば紅葉が定番だが、もう一つの見所はススキ野だろう。私は、白い穂が風になびく風景は一見の価値がある。

2_20191123213101 7_20191123213101

奈良にもススキの風景はいくつかあるが、ここは意外と知られていない、しかも交通至便な名所。

5_20191123213101

平城宮跡でした。大極殿や朱雀門の周りはススキ原なのだ。もちろん紅葉している木々もある。平坦でのんびり散策するにはもってこい。多少、工事中のところもあるが。
それにススキの原っぱの中では、ちゃんと発掘もやっているよ。今度は何が出るやら。

3_20191123213101

発掘遺構館もあるし、古代史に触れながらススキや紅葉を目にするのは、なかなか楽しい。しかも人があんまりいないのも嬉しい(^^;)。

より以前の記事一覧

January 2020
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎