無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2020/03/26

奈良護国神社の境内林

奈良護国神社を訪れた。あまり知られていないが、若草山から見渡せる位置にあり、山辺の道の近くだ。その社殿はかなり立派。そして敷地は数ヘクタールと広くはないが、森に覆われている。しかも境内とその周辺には5つもの古墳がある。さらに壊したものが9つもあるというのだから、古墳の上に建てられたと行っても過言ではない。

護国神社というとおり、明治以降の戦争で亡くなった「英霊」を祀るために設けられたものだが、意外と歴史は浅く昭和17年に創建されたらしい。そして奈良歩兵138連隊はインパール作戦の主軸だったらしく、悲惨な状況にあったようである。

さて、なぜ訪れたか。実は英霊とは何の関係もない。関係のあるのは明治神宮の森なのである。明治神宮は、来年100年を迎える。この森が人工的に造成された森であることは知られているが、そのために全国から献木を求め、勤労奉仕で植えられたのである。ところが同じく神社造営のためにつくられた人工の森として、この奈良護国神社の名が上がっていた。それは見ておかねば……と思った次第。

Dsc04351 Dsc04337

訪れてみると、サクラの蕾が膨らんでいた。サクラの名所でもあるらしい。そして……境内の森は、なかなえこんもりと繁っているのだが、やけにツバキが多い。献椿の碑まであったところを見ると、ツバキを多く植林されたらしい。

しかし……何か違和感。この境内林の内部を見てほしい。写真ではあまり伝わらないかもしれないが。。。。

Dsc04339

こんもり繁っているが、自然界ではこんな配置で樹木は生えないだろう、と感じてしまったのだ。ヒノキの脇にツバキがお成し間隔で並んでいたり、大樹とその下の低木のバランスが悪かったり……。

ツバキを献納する人が多かったこともあるのだろうが、やっぱり人為的なものを感じると、森は不自然となる。いっぱい苗木を植えて、その後放置して勝手に育ってくれれば森になるよ、というほど単純なものではない。樹木自体は育っても、森林生態系になりきっていない。地表部に草があまり生えていないのも気になるところ。

そう考えると明治神宮の森は、見事な森林生態系をつくっている。やはり本多清六を始めとする森林の設計者が偉大だったんだな、と思わざるを得ない。

2020/03/22

小松左京『イッヒッヒ作戦』で知った森の奥深さ

新型コロナ肺炎の蔓延で、よく引き合いに出される小説が、小松左京の『復活の日』だろう。新型インフルエンザ(実は細菌兵器だった)のパンデミックで地球が滅んでいく壮大なSFだ。

私も、高校生の時に読んだシーンを覚えている。静かに、深く、インフルエンザが流行し、社会が、国が、世界が滅んでいく描写は鮮烈で、今も脳裏にいくつものエピソードが浮かぶ。映画化されて、後半の南極基地からの復活がクローズアップされた作品になってしまったが、本当は前半の病魔の描写がすごい。

が、実は私が小松作品ですぐに思い出したのは、短編『イッヒッヒ作戦』なのである。こちらは快作、怪作である。早くから気になっていたのだが、ようやく書庫から、この作品を収録している文庫本を見つけ出した。

Photo_20200322232201『最後の隠密』に収録

おそらく1960年代に執筆されたと思われるが、舞台は(おそらく)アフリカの独立間もない小国ボロボル共和国。そこに学術調査の下働きで訪れて居ついてしまった日本人“ジジ”(あだ名)が主人公であるが、このボロボルを併合せんとして隣国アリアリアが大国の支援を受けて侵略しようとしている。しかし人口わずか20万人のボロボルがまともにぶつかって勝ち目はない。国際世論も興味を示さない。

そこでジジは、この国で微生物を研究しているドイツ人のカールと策を練って、生物兵器作戦を展開するのである。

何をしたか。アリアリアの進軍コースにある砂漠とジャングルに、ノミやダニ、ダニ、ブヨ、蚊……などを撒いたのだ。さらに相手の兵舎に忍び込んで、給水タンクにアメーバ赤痢や寄生虫卵を放り込む。戦闘機の操縦席には水虫菌ときた。かくしてボロボル領内に入ってきた時には、アリアリア軍はボロボロ。全身疥癬にまみれ、下痢・嘔吐に悩まされ、すでに戦意ゼロ状態。そこに毛ジラミ爆弾を打ち込む……。

かくして戦わずして勝つ\(^o^)/。しかも、ボロボルのジャングルにはこれらの病気の特効薬があるので、この特許を押さえて、大儲けするのである。おかげでイッヒッヒと笑いが止まらない。

まさに『復活の日』のパロディのような小説だが、結構含蓄がある。何より森林には未知の微生物・病原菌がウジャウジャいること。その治療薬も同じ森林内にあること……そこに国際政治の裏側もひっかけてひねった、短編ながら怪作であった。こちらの作品も、深く私の脳裏に刻まれたのであった。

 

現在、世界中を悩ませている新型コロナウイルスの発生源はどこかわからない。コウモリではないかとかいろいろ言われているが、ようは自然界に昔からいた種が、人間が触れたことで変異を起こしたのか環境に過適応を起こし、爆発的に増加したのだろう。自然界のバランスを崩せば、どこかしらに異常が発生する。この小説では「ボルボロ領ジャングルのたたり」とされているが、コロナウイルスは何を人類に教訓として与えてくれるだろうか。
小松作品は、笑わせながらも「森を舐めるなよ」と教えてくれたと思っている。

 

2020/03/18

オーバーハングのサバイバル植物

ど根性か虐待か、さてさてスキマか戦う植物か。サバイバルする植物シリーズを久しぶりに。

Dsc04166

これ、山の一角にあった崖。花崗岩がどんどん崩れているらしく、深く抉られて洞窟的になっている。つまり壁はオーバーハングしているのだが、そこにも樹木が生えていたよ。

Dsc04165

ちょっと写真ではわかりにくいが、かなりせりだした岸壁に生えている。花崗岩だから、そのスキマに根を下ろしたのだろう。水も染みだしているのだろうか。このまま大きくなったら、岩を割ってしまうかもしれない。そうなると落ちるわな。それとも、さらに奥深く根を伸ばしてしがみつくか。

 

2020/03/17

シイタケ気分

今夜になって飛び込んできたニュース。日本人は台湾への入国が実質的に無理になったらしい。コロナ禍だ。

詳細は省くが、4月に台湾へ行く計画を進めていたのに、ぶっ飛んでしまった。(4月に解除されるわずかな可能性は残されているけど。)

気分は……こんな状態。

20200314_165535_20200317232001

我が家の庭で採れたシイタケ。2枚が重なってこんがらがってるよ。。。。ま、食べたけど。

2020/03/03

「移動学2,0」序説

私は、昔から「移動学」というのを考えていた。これは物の移動がいかなる価値を生み出すか、いかなる影響を与えるか、という観点から世の中を考察しようという発想である。

調べてみると、最初に『「移動学」序説』を書いたのは2008年3月27日に遡る。この頃は、道路の存在とか乗り物の登場とかを考えていたようである。

それから2012年1月5日には『グローバル化と縄文時代の商人』翌6日には『修羅から考える移動経済学』を書いていて、こちらは移動にまつわる経済効果を主に取り上げていたらしい。
貿易のように物を移動することで、価値が跳ね上がることがある。生産地では価値がなかなか認められないものが、移動によって莫大な富をもたらすこともあるのだ。それは目に見える物質だけでなく、「情報」も含まれる。

ふと、このところの新型肺炎騒動を眺めていて、移動制限が急速にかかる中、またもや「移動学」構想を思い出したのである。そもそも新型コロナウイルスは、野生動物から人間に移ったらしいが、それが人によって媒介されて全世界に広がることになった。これも移動を伴う事象なので、移動学の範疇に入れられるのではないか、と思いついたのである。そのあげくは、媒介しないように移動制限を行うというのも、思考実験の材料になる。

そこで「移動学2,0」と名付けてみた。ヴァージョンアップである。次元が変わって、今回は人間社会の経済に閉じ込めずに細菌やウイルスから始まり、多くの動植物の移動まで考えてみるのだ。思えば家畜のほとんどは移入だし、野菜や穀物も外来である。そして病原菌は、人間社会を変える。

よくヨーロッパ人が新大陸を征服した、という言い方をするが、実は大西洋を渡った白人はごくわずかで、彼らが南北アメリカの先住民社会を征服することなんてできなかった。最初のうちこそ、銃やウマのような兵器や乗り物力を発揮したものの、圧倒的な人口差を埋めるほどではない。第一、ウマも銃も、すぐに先住民側も取り入れた。
にもかかわらずアステカ文明やインカ文明、そして北米の、いわゆるインディアンを倒せたのは、実は彼らが持ち込んだ病気による。結核や天然痘などは、免疫のない先住民の大部分を死に至らしめた。唐突な人口減、そして社会崩壊を引き起し、その場に乗じて占領したのである。

そのほか、PM2,5のような微粒子物質とか、海流や偏西風・貿易風によってもたらされた移動物質の影響もあるだろう。

こんな環境問題まで包含できる「移動学2,0」。移動の概念を入れることで、これまで説明の難しかった経済格差から社会変動、そして気候変動まで取り上げられないか……と夢想する。なかには空間移動だけでなく、時間移動もある。歴史をその点から眺め直すと、まったく別の世界が描けないか。

誰か取り組んでくれ(笑)。私の手には余る\(^o^)/。

2020/02/27

神保町の地球温暖化対策

神田神保町を歩いていると見かけた「地球温暖化対策」。

いや、そう書いてあったのだよ。

1_20200226165101

屋台かと思ったら、プランターが置いてあるだけなんだ。ちなみに使われた木材は多摩産なんだそうで。

2020/02/26

コロナウイルスと、旅のお供の本

明日から東京へ。会議出席やらラジオ出演やらがあるからだが……悩みはマスクをするべきか、否か。
世間はマスクをしないで出歩くと糾弾されるらしいじゃないか。乗ってる列車を止められたらどうしよう。会議室に入れてもらえなかったらどうしよう。ラジオで病原菌が広まったらどうしよう。

と言っても、実は答は出ている。なぜなら私はマスクを持っていないから(笑)。今更買いに行ってもないだろうし。

そもそもマスクは効果がないということは、専門家が繰り返し指摘していることである。マスクのスキマはウイルスよりはるかに大きいのだ。病気の人がすれば、少なくても唾を飛ばさないで済むかもしれないが、病原菌はすり抜けて飛び散る。病気じゃない人がマスクしても、すり抜けた病原菌を吸い込む。

そこで改めて考えてみた。なぜ新型コロナ肺炎は怖がられるのか。

まず未知であること。どんな性質か、何が治療に有効かわからない。

たしかに最初は人⇒人感染はないと言っていたのが起こることがわかり、それでも接触感染だけかと思っていたら飛沫感染も、さらにエアロゾル感染もあることになり、いよいよ空気感染も認められたら、手の打ちようがない。そして、どこまで広がるかわからない。
そして有効なワクチンも抗生物質も見つかっていないし、人体も免疫を持っていない。だから恐い。

そこまではわかる。しかし、発病しても80%は軽微で治るらしい。致死率も(今のところ)2%だとかでさほど高くない。
何より治療法がなく、できるのは対症療法だけというのは、実は大半の病気と同じだ。風邪も、インフルエンザも対症療法しかない。ウイルスに効く薬はほとんど開発されていないのだから。結局は体力・免疫力勝負ということになる。

未知の病原菌に対して恐れを抱くのは仕方ないかもしれないが、全員PCR検査しろとマスコミががなるのもどうかと思う。もともとこの検査の感度はよくて70%、悪いと30%という説もあるぐらいだし、さらに陽性だと言われても的中率は低いという。で、本物の陽性でも発病するとは限らない……。一方で陰性と出たのに、発病するケースもある。つまり検査しても全然安心できないわけだ。そんなことに医療の体力使うのはもったいない。

そう考えると、実はできることは限られている。体力を温存して、まさかの感染の際に自身の免疫力に期待するしかないだろう。ちなみに私は、日々森を歩いて免疫力を高めている( ̄^ ̄)。

まあ私は、病原菌のない生駒に住んでいる(^^;)し、日常的に他人と接触するのが極端に少ない。フリーランスの宿命だが、それが今まで感染する可能性を抑えていたことは間違いないだろう。

ただ東京に行ったら、やはり多くの人と接触することになりそうだ。まあ、アルコール消毒はする。体内にもアルコールで消毒?しておく。
それと旅のお供を考えた。行き帰りに読む本だ。仕事の資料を読むのも必要だが……購入しておきながら読んでいない本は山ほどある。そこから適当なのを探した。どれを持参するか。

……ぴったりの本を見つけた。

20200226_161318

随分前にかったのに、積ン読になっていた。この日のために備えていたのだろうv(^0^)。

2020/02/23

水天宮の供え物

今日の風は、なんだか生暖かい寒風だった。一応冷たく寒いと感じるのだが、何か不思議な、肌に温みのある風だ。もう春だと言ってよいのだろうか。関西は青空だ。まだ山に新たな緑は芽吹いていないのだが、そろそろフキノトウが採れないか……と思っている。

東京では、たまたま出会った水天宮にお参りした。地下鉄の駅名にもなっているが、実際の水天宮はコンクリート仕立てで2階にある。

そこで見かけた脇の社。寳生辨財天というそうだが、学業・芸能、財福に御利益があるという。

2_20200223164501

お供え物がアートになっていた。フラワーアレンジメントならぬアグリアレンジメントである。

3_20200223164501

そしてフキノトウが盛られていた。供え物にフキノトウとは。東京ものではないだろう。どこの地方だろうか。西日本なら、すでにフキノトウが膨らんでいてもおかしくない。供え物も、生け花か料理のツマモノのように、季節を彩る。少し早い春の見立てだろうか。
ただパプリカとオクラ、それにナガイモはなんだろ(^^;)。

 

 

2020/02/19

街の緑に土はいらない?

東京ではアチコチ歩き回ったわけだが、そこで、つい目にしてしまう緑がある。

3_20200219165201 2_20200219165201

喫茶店前の緑。2階に届くほどの木が生えている。カポックかな?

路上園芸観察会……とでもしゃれこめばよいのだが、私の場合は別のところに目が向く。すぐ気づくのだが、これは地面から生えているのではない。舗装道路の上だから。当然、プランターか鉢植えだ。

で、下を覗き込むと……いやはや、いずれの植物も小さな鉢であった。写真に写っているものとほぼ同じ。ここから伸びて、これほど枝葉を広げ、2階まで梢を伸ばしているのだ。これは……植物虐待というより、むしろど根性ダイコンなみに評価すべきではないか。いや地面のひび割れから生えているのなら、まだ舗装の下の奥に根を伸ばせる可能性があるが、鉢植えならば完全に限界がある。ほとんど根を伸ばす余地はないだろう。いや、根がいっぱいに伸びたら土さえなくなる。

それでも、これほど育つのだね。植物にとって、土は必ずしもいらないんじゃないのか。ふと、そう思った。

もちろん水耕栽培やロックウールなどのような土を使わない栽培法はたくさんあるのだが、それは土に変わる培地があって、当然栄養も水も(人為的に)与えるというのが前提だ。ここにあるのは……水やりはそれなりにしているのかもしれないが、栄養分の供給はどうしているか。地上部を支える物理的な支柱としての根の役割も怪しい。重心はどこにある。よく倒れないかと心配になる。

 

ついでに、こんな街路樹も。

Photo_20200219170101

街路樹を植える植樹枡はかなり狭い。見た目も幅がないが、多分深さもないのだろう。そこでも樹木(桜)はこんなに太く育っている。根はほとんど地面に盛り上がっている。

大地に根を下ろす……なんて言葉は使えなくなる。植物の生き方を改めて見直したくなった。

 

2020/02/16

本屋のトークショー、その前に。

本日は東京「平井の本棚」というところでトークショーの予定である。だが、それまで時間がある。そこで娘を呼び出してデート。

なぜかTENQミュージアムというところで宇宙体験することになる。娘は火星に行った(@_@)。

20200216_224328

空気は薄いが、しっかりマスクでインフルエンザもコロナ肺炎もカバーしていたから大丈夫だろう……。

より以前の記事一覧

March 2020
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎