無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

2020/07/12

フィトンチッドが地球温暖化を抑制する?

今日は、梅雨の中休み。そこで、二上山に登ってきた。二つの峯を持つ火山なのだが、古くから歴史の舞台となってきた(まあ、奈良県内はどこもそうなんだけど)山で、何かと伝説がある。雄岳の頂上には大津の皇子の墓所まであった。

そして頂上付近から見える景色はこんな風。

Dsc05324 Dsc05342

大阪側は、大阪湾の奥に明石橋まで見えた。奈良盆地も見渡せる位置だ。一応晴れているのだが、ぼんやり霞のかかった感じ。なんとなく、青いモヤのように見えるのだが……。

ところで植物の出す揮発性化合物のことをフィトンチッドと呼ぶが、科学的にはBVOC(Biogenic Volatile Organic Compounds)と言うらしい。森林浴のネタに使われるが、BVOCの主な成分はテルペン類だとされている。近年の研究で紫外線などとの化学的な反応により、エアロゾルやオゾンなどが生成することがわかってきた。

そして「ブルーヘイズ」を発生させるそうだ。夏の暑い日に青いモヤがかかったようにみえる現象のことだ。大気中に微粒子がたくさん漂うことで青い雲を生乱すのだ。そして夏の日差しを遮り日除け効果が生まれる。そのおかげで森林内の温度が上がりすぎないようにしているのではないか…というのだ。しかもBVOCの効果は、地球環境全体にも影響を与えている可能性がある!らしい。

う~ん、フィトンチッド恐るべし。単に香りを漂わせて虫を寄せつけなかったり人の気分をよくするだけではなかったか。さらにいくつかのBVOCに関する論文に目を通すと、BVOCの総産出量は、炭素換算で年間で数億トンになるという試算が………。

言い換えると大気中に炭素を貯蔵することになるではないか。しかも日差しを遮蔽するなら、気温上昇を弱める効果もあるだろう。逆に森林面積が減少すれば、温室効果ガス(CO2)の濃度は上昇する一方で,温暖化を抑制する物質(BVOC)の濃度は減少することになる。

なんか、森林のすごい役割が隠されているのかもしれない。知らんけど。。。

2020/07/08

驚異の数字が並ぶ宮脇方式の植樹

ヨーロッパで「宮脇方式」の植樹法が急速に拡大……という記事が流れてきた。

またも宮脇昭氏か。しかし、何が起こっているのか。そこで冒頭だけ引用すると……

世界的に森林が減少する現状にゲームチェンジャーとして注目を集めているのが、日本の植物学者である宮脇昭氏の研究に基づいた「ミニ森林」だ。宮脇昭氏はその土地本来の樹木に、さまざまな種類の植物を混ぜて植樹を行い、森をつくる「混植・密植型植樹」を提唱。これまでアジア各地に1700以上の森を作ってきた人物だ。

学校の校庭や道路沿いに設置されることが多い「宮脇方式」の森は、従来の方法で植林を行った場合に比べ、10倍の速さで成長、30倍の密度と100倍の生物多様性を持つという。また、昨年発表された研究によれば、自然林は単一種の植物で構成された植林地に比べると、40倍の二酸化炭素を吸収できると推定されている。

なんだ、この怪しげな記事は(笑)。

ただ注目したのは、ここで取り上げているのはお得意の「潜在自然植生」の森ではなく、「混植・密植型植樹」である点。

ここで少し触れておくと、私が最初に宮脇氏に興味を持ったのは、新聞記事だったかなんだかで「植樹は、同じ樹種ばかりを苗にして植えるのではなく、森林土壌をばらまくだけでよい」という主張だったと思う。ようするに森林土壌に残る埋没種子がそれで発芽して森になるという主張で、すでに各地で実験して成功した、というものだった。もう30年近く前ではないか。当時、新聞記事を切り取った記憶があるので、探せばどこからか出てくるかもしれない。

ともあれ、私はわりと好感を持った。同一樹種ばかり植える植林に疑問を持っていたからだし、土壌を撒くだけなら簡単で済む。ただ、草ばかり映えるんじゃないかとか、埋没種子がどれだけ含まれるかは場所によるだろうなあ、という感想はあった。

しかしその植樹法と、この記事にある「混植・密植型植樹」が同じかどうかわからないし、混植そのものは彼の専売特許ではなく、いろいろな研究者から提唱されている。珍しくないだろう。宮脇方式というほどのことか。

ちなみに私の手元にある「宮脇本」によると、いきなり照葉樹を植えるのではなく、先に陽樹を植えると書いてある。あれ、今とやっていることが違うね。

それにしても、この数字には怪しげな臭いがプンプンする。アジア各地に1700? 10倍の速度で成長、30倍の密度、100倍の生物多様性……どこからこんな数字が出てくるのか。10倍の速度で育つ森なんてあったら、早生樹植林を目論んでいる林野庁が涙を流して喜ぶだろう。30倍の密度かあったらブッシュじゃないの? 100倍の生物多様性って……1種類だけの植林と比べたら100種類の樹種が生えてきたというのだろうか。それとも、この森に外から昆虫などが集まってくるのか? 日本なら多数の草木、昆虫がいるが、極端に生物種数が少ないヨーロッパで可能か(樹木をすべて集めても100種ないと思うよ)。そして40倍の二酸化炭素吸収と来たら、もはやデタラメを通り越して詐欺的言説だろう。
何と何を比べたのか知らないが、こんな数字が出てくる根拠を知りたい。思いつきとか、キリがいい数字を並べただけか。数字を大切に扱わない人物は学者に向いていない。

そもそも、この記事の筆者は何を元ネタにしているのか。誰かを取材したのか、ヨーロッパの現場を取材したのか、それを記した現地記事があるのか。ぜひ示してほしいものだ。とくにヨーロッパで、この方式が広がっているというのだから、具体的なことを知りたい。

※追記。どうも宮脇関連組織のHPの記事を丸写ししたようである。

2020/07/07

七夕の夜に……空から見える森のサイン

今日は7月7日、カルピスの日でありそうめんの日であり、銀河(天の川)を見るべき夜なのに、日本列島全域が雨。それも豪雨だ。災害頻発の悲しい日になってしまった。とくに九州が酷いが、九州は皆伐地がどうなってしまったか、そのうちキッチリ検証しなくてはならんだろう。

そのためには空を見上げるのではなく、空から森を見てみたい。衛星写真でも、航空写真でも、ドローン映像でも。

そこで思い出した、こんな記事。

宇宙からも見える、木で作られたソ連のサイン

ようは、森の伐採あるいは植栽の際に、文字配列をしたというのだ。ソ連時代は、流行ったらしい。文字は「レーニン生誕100年」とかが多いしらいが、1970年代だったら航空写真でも見るのは難しかったのではないか。今なら木はよく成長して、ドローンを使えばすぐに見られるが。

そういや日本にも数年前に話題になったのが、宮崎のミステリーサークル。

 

私もブログで紹介したが、スギの植林の際の密度管理の実験で、木の感覚を変えて同心円上に植えたものが、大きく育って目立ちだしたのだ。

Photo_20200707204401

これ、グーグルマップで探し出したもの。結構、大変だった。

Photo_20200707204501

これは、ドローンで撮られたもの。急にテレビなどで大きく取り上げられたが、もっと前から知られていたんだけど、ドローンの登場で誰もが注目しだしたようだ。

そこで思いついた。森に記録を残しませんかか、というビジネスはいかがだろう。木を伐って自分の好きな文字や絵柄を描いてあげる、というものだ。一文字で10万円ぐらいで。自分の名前を入れるとか、何か宣伝文句とか、あるいはロゴマーク。それを描いてからドローンで写真を撮る。あるいは衛星からも見えるようにして、「宇宙からも見えるサイン」を未来に残しましょう、と売り込む。

なんか、新興成り金が喜びそうな気がするけどな(笑)。1点で50万、100万円ぐらいなら、たいして負担にならないで頼む人がいるような気がする。一方で山主からすると、0・5ヘクタールくらいの森が100万円になるなら、美味しい。まあ、ずっと伐採できないけど。それは契約で50年とか100年と決めておけばよい。それによって価格も変える。

空から見える看板、という森の需要ないかな。

2020/06/24

除草剤を巡るアレコレ

私は、農薬や除草剤を嫌う人は、喫煙はもちろん胃薬も風邪薬も頭痛薬も飲むな、と言っているんだが、こんなニュースが飛び込んできた。

カリフォルニア州サンフランシスコの裁判所は、独バイエルなど3社が発売したジカンバを使った除草剤について、登録を無効とする決定を下した。多くの農家は、この除草剤の散布を前提に、ジカンバに耐性を持つ遺伝子組み換え作物の作付けを進めてきただけに、突然の決定に大混乱に陥っている。

こうした記事が世界中に配信されると、おそらく除草剤や遺伝子組み換え作物の反対派は「見ろ! アメリカも除草剤禁止に舵を切ったぞ」と狂喜乱舞するんだろう。ちゃんとニュースを読まずに……。ちなみにバイエル社は、モンサント社を吸収合併しているのだが、今はもう存在しないモンサントの名を連呼するのも反対派の特徴(笑)。

もともと、この除草剤は、スーパー雑草対策として開発された。アメリカでは、農家がグリホサート系の除草剤(だいたい「ラウンドアップ」ですな)を使ってきたことで、2000年代に入るとグリホサートに耐性を持つスーパー雑草が次々と出現していたのだ。
そこで「スーパー雑草」に対抗する「スーパー除草剤」としてジカンバ系の除草剤が登場したわけだが、この薬剤、周囲に飛散しやすい。そのため散布した周辺の農地で作物がどんどん枯らしてしまうという事件が多発したわけである。この被害に対する裁判となり、登録抹消、つまり新たに売買できないようにしたわけ。この除草剤が人体に危険なのかどうかは別問題で、私にもわからない。

ちなみに、ほかにもスーパー除草剤はいくつかあるので、そちらはどうなるかよくわからん。すでにほかの除草剤をつくっている会社の株価が高騰しているという情報もある。
むしろ問題は、アメリカ産農産物の収穫量に対する影響だろう。大豆や綿花のジカンバ耐性品種のシェアは約6割に達するそうで、その畑の雑草対策が上手くいかないと収穫量が目減りする恐れがある。今度は穀物メジャーの株価が変動するだろう。

付け加えておくと、私は除草剤を無害だ、危険性まったくなし、というつもりはない。ただ人体に対する影響や残留性の問題は、ほぼクリアされている。地下水にも浸透しないし、多くの種類は数週間で分解して効力がなくなる。
ただ憂慮すべきは、生態系への影響だろう。この点は、私も相当ていねいに対応すべきと思っている。今のところ目に見える被害は出ていないが、将来的に新しい危険性が出現する可能性がゼロとも言えない。だから慎重に使うのに越したことはない。風邪薬だって飲み間違えたら体調を悪化させるだろう。

以前、超微量の化学物質が、動植物にホルモン剤と同じように働くという「環境ホルモン」公害が一世風靡したことがあった。しかし、結果として事例のほとんどが否定された。今や死語になっているが、また同じことが指摘されるかもしれない。

林業地の造林後の下刈りでも、除草剤を使うことへの反対が強いが、日本以外の国では普通に使っている。それを嫌がるのはかまわないが、代わりに人力に頼り、過酷な労働を低賃金でさせることを前提に考えるのがよいことなんだろうか。人手が足りないから、外国人労働者を入れるという動きもイヤらしい。

ようは雑草の対策法の一つとして除草剤は、使う量や散布の仕方、時期……などを見極めるべきなのだ。アメリカのように飛行機やドローンで散布するのは、やっぱり気色悪いね。周囲に飛散するから必要量をはるかに越える量を撒くし、隣の作物を枯らすこともあるだろう。

さて、アメリカ産大豆や綿花の価格が、来年以降、高騰するかもしれない。文句言わないように。

2020/06/22

「ご神木」の伐採は是か非か

八王子市の神社が、境内からはみ出て通行を邪魔するケヤキなどの木を伐らないで困っている、という話題をワイドショーでやっていた。

とうとう八王子市と国土交通省の関東地方整備局が、行政代執行を行ったそうだ。はみ出した木の枝の伐採と撤去したのである。最長9メートルもはみ出ていたらしい。信号は見えないわ、道を越えて向かいの児童館の敷地まで伸びていた……とか。

代執行でご神木伐採

問題は、神社側が22回にもおよぶ市などの撤去を求める指導に応じなかった点。「この木は、ご神木だ」という主張をしていたらしい。本当にご神木だったのか怪しくて、私もテレビで見たかぎりでは、なんか宮司が依怙地なだけのように思えたのだが……そもそも神木とは何か、神木は伐ってはいけないのか、ということが気にかかる。

そもそも私は、神社の「鎮守の森」が禁足地で、太古の自然が残っている、潜在自然植生だ……という言説を信じていない。

1_20200622164501

これ、某神社のご神木である。スギの大木だ。ただ、私が総代に話を聞いたところ、境内はヒノキ林で、その中には大木も多いものの、もっとも太かったのがこのスギだったから「神木」に選んだという。選んだ……総代が直接経験しているらしい。わりと新しいのである。

ついでに言えば、奈良県の大神神社。神社の中の神社というほど古く、三輪山を御神体にしていることで知られている。1_20200622164502 三輪山

11_20200622225901大神神社のご神木?

三輪山は、登ることはできるが、写真禁止などいろいろ厳しい。ただ、山が禁足になったのはどうやら江戸時代らしい。古代には、木を伐っていたから林業発症の地ではないか、と私は思っているのだが、その後もマツタケの名所だった(^o^)。みんなマツタケを採りに入っていたのである。また古い絵図にもマツが描かれているが、マツが生えているのだから土壌は貧弱なのだろう。木や草を採りすぎて荒れていたに違いない。

ほかの有名な神社でも、木材を得るため鎮守の森に植林していた記録がある。本殿など神社のお堂建て直しのための木材なのか、あるいは売って金に変えたのか。そしてマツタケだけでなく、落葉や下草も肥料として周辺の農民に販売していたらしい。それを止めたのは、一部は明治、多くは戦後のようだ。「潜在植生」というのも、戦後手を入れなくなって成立した鎮守の森なんだろう。

だからなあ、ご神木というのは、もっとも太くて高く売れる木だという意味だと思うよ(^_^) 。

2020/06/16

新生活?新緑浴? という新言葉

今日は、群馬の高崎市に日帰りで行ってきた。

仕事ではない。葬儀への参列である。大学の後輩が闘病の末亡くなった。59歳、早すぎる死だった。

ここで彼のことには触れないが、群馬の葬式で知った新しい言葉を紹介する。

「新生活」。知っている人は知っている(主にグンマー人)、知らない人は知らない、予想もつかない言葉。

受付で香典を出そうとすると、親族・友人、会社関係などとは別に新生活という範疇があったのである。へ? 何? 県外人には想像もつかない。故人が「新生活なんちゃら運動」なんてのに参画していて、そこからの列席者がいるとか? コロナ禍後の「新しい生活様式」と関係あるのか? しかも、その場で受付は香典の中身を確かめる。ヒヤッとするではないか。県外人の間でざわざわする……。

まあ、詳しいことは「新生活 群馬」とでも検索していただきたい。秘密のケンミンショー的な謎の風習なのであった。極めて端折っていうと、香典返しはいらない人の区分け……のよう。それが新生活かあ~。新しい生活ならぬ言葉を作っている。

そして告別式が終わると、引換券とともに香典返しが渡されるのだが、そこになんとサージカルマスクがついてきた。さらに終了後、同窓生と食事に行ったのだが、そこでもマスクが。マスクが増殖する。日々マスクの在庫が増えそうだ。そういや彼の死亡の知らせが入った日に、アベノマスクも届いた。遅すぎる到着だった。

新しい言葉と言えば、京都に着いて目に入ったのが、以下のポスター。

20200616_192722

奈良観光のポスターであり、わりと私のお気に入り。京都より奈良だよなあ。奈良はシカだよなあ。が、そこで気づいた。上にある文字は、よく見れば森林浴ではなく「新緑浴」となっているではないか。
なるほど、写真に映っているようにシカのいるのは森林というより草原の新緑の上なのである。しかし、「新緑浴」とはこれまでにない言葉。コピーライターが作ったのだろう。だが森より広く、でも萌え出る植物に浴する気分が伝わる。

20200616_192727

ともあれ、朝5時に家を出て、往復10時間をかけた旅だけに疲れた。明日晴れたら、新緑に浴そう。

2020/06/15

グリーンリカバリー~日本の気候危機宣言とEU生物多様性戦略

ほとんどベタ記事で、世間的にも注目されていないが、環境省が「気候危機宣言」を出したことを知っているだろうか。
地球温暖化が進み、より激甚な豪雨災害が頻発すると予想したのだ。環境各所にも「気候危機」という言葉が使われている。

で、どうするの? という具体策が見えてこないのが残念だが……。締めくくりは、排出される二酸化炭素の6割は生活用品の生産だから「生活の低炭素化」を図りましょう、ということらしい。

しかし、地球温暖化対策は焦眉の急だ。グレタさんが注目を浴びてさほど年月は経っていないのに、世間の目はコロナウイルスに向かってしまった。しかし、コロナ後の「新しい生活様式」にも二酸化炭素排出削減を加えるべきだろう。
すでに世界ではグリーンリカバリーという言葉が使われており、この危機から環境に配慮した経済回復をめざす動きが目立ち始めた。「コロナ後の経済復活策に気候変動対策を据えて、経済のパラダイムを変えよう」というのだ。

そんなときに目についたのが、欧州委員会(EC)の発表した「2030年に向けたEU生物多様性戦略」。
私は概要を読んだだけだが、なかなかすごい目標が並んでいる。

ヨーロッパの土地の30%、海の30%を保護区にして、棄損している生態系を回復させる。
自然に流れる河川の少なくとも2万5000kmを回復させる(自然護岸にするということか?)
30億本の植林をするというのもある。これは、どれだけの面積になるか。ヘクタール3000本植えだったら、100万ヘクタールの森林化ということになる。ヘクタールあたり1000本の植林ならば300万ヘクタール。

農業面でも、さまざまな目標が並ぶ。たとえば有機農業や生物多様性の豊かな景観を増やす。
授粉媒介者(昆虫)の減少を食い止め増加に転じさせる。
殺虫剤の使用やそのリスクを半減させる……。
こうした政策によって、最大50万人分の新しい雇用、グリーンジョブを生み出す。

これも「グリーンリカバリー戦略」の一環だろう。転んでもタダで起きないというか、ヨーロッパは、コロナ禍の痛手を経済戦略の転換にも利用しようとしているようだ。すでに脱炭素化を目標に掲げて、石炭発電などに金融やビジネス面から締めつけを強めている。

日本も宣言だけでなく、壮大な目標を掲げてほしい。かろうじて小泉環境省は、地球温暖化防止の情報をオンラインで世界中で共有しようという提案をしているが、具体的に動き出しているのだろうか。

 

 

2020/06/14

東北の土産と、土産話

東北旅行の落ち穂拾い的、お土産の数々。

まず訪れた「磐城高箸」でいただいたのが、これ。

20200606_230714

木のストラップであるが、このように書かれると……。ちと持ち歩けない(^^;)。レーザー印刷したものだ。

一方で、昨日の「山猫」を開発している和同産業で、こんなものも見かけた。

7_20200614221701

草原のルンバ♫ じゃない、草刈り機。まったく自動で草地を走り回って刈り取っていく。周りは微弱電流を流す電線で囲ってあり、そこから出ることはない。そのうえ何かに衝突したら、しっかりバックして向きを変える。電池が切れてきたら、ちゃんとソーパーパネルのところへもどって自分で充電。

そして、やっぱり温泉。掛け流しであった。

1_20200614222601

ともあれ、楽しかった東北旅行。もしかしたら、今夏また行けるかもしれない。とはいえコロナ禍が収まっていたら、であるが。

 

2020/06/09

巨木が枯れると何が起こるか

ナショナルジオグラフィック誌に「世界で巨木が死んでいる、115年間で原生林の3分の1超が消失」という記事が出ていた。元ネタは、5月29日付けの科学誌「サイエンス」に発表された論文とのこと。

これによると、現在は、世界中の森で木々が枯死するペースは年々速くなっており、特に大きい木、古い木ほどその傾向が著しいというのだ。

まず伐採ではなく、枯死であることに留意。直接的にはキクイムシなどの虫害や病害らしいが、樹木が枯死する間接的原因に、気温の上昇と化石燃料による二酸化炭素濃度の増加を挙げている。また森林開発によって起こる干ばつや、壊滅的な森林火災の発生も挙げている。

巨木とは、ようするに老木であり高齢樹だから、枯れるのは仕方ない。むしろ「老害」をなくすためにもある程度は枯れてなくなる方が若木が増えるし、森の生態系にダイナミズムを取り戻せるのではないか……と思っていたのだが、どうもそれほど前向きには考えられないらしい。

たとえば森林火災には、森林の更新を進め次世代の木々の芽生えを誘発する役割が知られている。また環境を変えることで生物多様性を増したりもする。しかし、最近の森林火災は規模が大きくて次世代になるべき種子まで焼いてしまい、更新できない可能性があるらしい。森林火災が、森の成長を阻害するようになってしまった。
仮に森林が若返りできても、生物多様性が損なわれ、重要な植物や動物の生息地が失われてしまうという。

さらに炭素を貯蔵する能力も低下してしまう。林野庁は森林の伐採(開発)を進める理由として「森林の若返り」をよく上げる。だが、この記事によると、若返りさせれば、炭素の固定に重大な影響を与えるようだ。なぜなら、地上の炭素の多くは古い巨木が蓄えているからである。たとえば熱帯雨林の樹木の質量の大部分は、大きさの上位1%の巨木によるものだそうだ。「1本の巨木が枯れると、多くの小さな木が生えますが、こうした木が蓄える炭素量の合計は、はるかに少なくなってしまうのです」という言葉もある。

言われてみれば、そのとおりだ。若い木が再び巨木に育つまでは数百年かかる、それも長期間生きて大きくなるのは何百本に1本だけ……のだから、どう見ても炭素の貯蔵量は減る。カーボンオフセットの怪しさを説明するのにこの視点は使えるかも。

では、なぜ枯死が増えているのか。それは地球温暖化などの気象変動で、樹木の抵抗力が落ちているためと考えられる。あまりに急速度の変化で、今の森には適応できなくなりつつあるというのだ。とくに大木は老木だから (゚o゚;) 。

さらにさらに、一般には二酸化炭素の濃度が高くなると樹木はよく成長すると考えている。しかし地球が温暖化すると、大気は植物や動物から水分を吸い上げようとし、対して樹木は葉を落としたり気孔を閉じたりして水分を取られまいとする。結果的にどちらも二酸化炭素の吸収を抑えてしまうのだそう。

知らなかった。地球温暖化の見方にもいろいろある。

森林には、人が読み切れない複雑な要素の相互作用があり、そのうちの一つの要素が変わると、全体が連鎖的に変化する可能性がある。そして生き物間のバランスが崩れたら、大量絶滅も有り得る。

それもいつしか落ち着いてバランスを取り直すのだろうが、それまで何百年何千年かかることやら。それを人間は、じっと見守ることができるだろうか。

 

2020/06/08

旅のテーマは「再生」!

この3日間、福島~岩手と駆け足で回る旅行は、終了した。イチオウシゴトですよ。でも、コロナ禍の閉じ籠もりから脱して、日常生活の再生と起動に役立つ旅だった。

まず、初日は福島県いわき市。そこで訪れたのは、旧・いわき市立田人第二小学校南大平分校。ここを改造して何に生まれ変わったかは、そのうち改めて紹介したい。

Dsc04922

花巻では、かの有名な?マルカンビル大食堂の十段重ねソフトクリームを食べる。このソフトクリームとマルカン百貨店再生の物語に興味のある人は一度調べてみるといいよ。エリア・リノベーションの好事例だから。

Dsc05027

帰りは恐怖の新幹線8時間帰宅コースを逃れて空路を取ることができた。ただし、花巻-大阪便はまだ回復していないので仙台空港から飛ぶ。こちらも減便されていて、しかも空港も店の多くが閉まっている。かなり質素な空旅になってしまったが、おかげで6時間帰宅コースであった。

そして空からは夕日の猪苗代湖が見えた。

Dsc05034

そして、乗ったのはJALなのだが、途中で配られたのは、CA手づくりのこんなルートマップ。

Img001_20200608231301

今どこを飛んでいて、窓の外に何が見えるか教えてくれる。こーゆーサービスは、LCCによくある、金をかけずに行う乗客の関心に寄り添う方法なのだが、JALもナショナルフラッグの地位から倒産して転げ落ちて変わろうとしている事例だろうか。これも会社リノベーションの事例かもしれない。

ともあれ、コロナ禍の中、エチケットマスクをつけて行動するのは疲れた……。腰が痛いし、体力もたない……私の身体も再生しなければ。

より以前の記事一覧

July 2020
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎