無料ブログはココログ

本の紹介

森林学・モノローグ

2018/06/22

マスオさんクラブ?

まったくドーデモよいことを書く。内容を深く考えないように。

 
 
ゴールデンウィークで訪れた大分の森。そこで森の中の懇親会を開いたのだが、参加人数は20人くらいか。
 
2
 
面白かったのは、このなかにマスオさんが少なくても3人いたことだ。
 
マスオさんとは、「サザエさん」のキャラクターで、サザエさんと結婚して磯野家と同居している人物の名前。苗字はフグ田だから、婿養子ではないが、磯野家に入っているわけだ。
つまり婿が、妻の家に婿養子か否かはともかく、同居している状態を指す。
 
この時のメンバーにも、妻側の家業(林業)を婿が継ぐ形が何人もいたのだ。
 
婿としては、それなりの葛藤はあるらしい(^o^)のだが、自分が選んだ道だろう。まあ、妻側からすると、息子が家業を継いでくれなかったからか、後継者がいない、もしくは娘が継がなくてはならないところを婿が継いでくれたら大歓迎というわけだ。残念ながら娘では継ぎづらい家業もあるからね。
 
夜は酒も入って「マスオさんクラブ」をつくろうぜ、なんて声も上がった\(^o^)/。
 
こういう家業の後継は、日本的なのだろうか。家業は株式会社化しているわけでなかったら、後継者は家族から出すのが一般的だ。とはいえ職業選択の自由もあれば、相性・能力の問題もあるから、必ずしも息子娘が継げるわけではない。
 
そこで日本的社会では、婿取りという方法がわりとある。江戸時代から続く事業の場合、優秀な人物を娘と結びつけて継続させることは、商家にも多かった。たとえば優れた番頭とか、同業他家の次男以下を家主の娘と添わせて事業を継がせるわけだ。
むしろ武士社会では否応なく息子に継がそうとして失敗するケースが多い。その点、息子がいても娘に優秀な婿を迎えた一家の方がよい後継者を得ることができた。
 
血脈よりも人物本意。この方式で、何百年、なかには1000年を超えて継続する企業が存在するのだ。これが日本の会社の特徴でもある。
 
西欧の近代合理主義からすると、法人化することで(株式)所有と経営の分離を計るように発展したのだろうけど、仕事の中にはサラリーマン社長では上手くいかない業種もある。
林業も家業の典型だろう。何十年、ときに100年先を見越して経営を考えないといけない。
なかなか法人にはしづらいし、何年かごとに社長が変える会社で林業を維持するのは難しい局面もある。
 
とはいえ、娘だって今どき家業のために意に染まぬ相手と結婚するのは現実的ではないだろうからなあ。好ましい相手に、家業を継いでもいいよ、と言わせて結婚するのが理想的(^o^)。その際に妻側の籍に入るかどうかはケースバイケースだろう。婿側の家族にとっては、それが許せん、という気持ちにもなるだろうし。
 
ま、家業の継続を生まれながらに科せられている子どもたちも大変だろうねえ。。。 

2018/06/07

新千歳空港の周辺にて

北海道の旅で気になったこと。

まずスタートは、新千歳空港へ飛ぶことだったわけだが……。

 
で、着陸寸前にこんな光景が目に入った。
 
2 もちろん、ピーチ(^o^)。
 
滑走路直前。ん?
 
拡大してみる。
 
2_2
 
ソーラーパネルでした。。。。
 
広がっています。北海道の大地にも。まあ、ここは森を切り開いたというより、農地だったか原野だったか、あまり使い道はない場所を有効利用したように見えたが。
 
 

2018/06/02

ホッケと言えば……

北海道から帰りました。

 
連日歩き回って、心地よい疲れがあります。が、帰ると緊急の仕事が溜まっていてぞっとしています。。。今晩から手をつけねばならんなあ。
 
今回も、そこそこ面白かったのだけど、イマイチ残念だったのは、あんまり美味い北海道の幸を食べられなかった。とくに帰りの空港で食べたラーメンの不味かったこと。。。
 
だいたい講演会の後の懇親会は、多くの人と話すから食べられないのですよ。夜中に腹が減ったりして。。。
 
その中であえて引っかかったのは、講演会前夜に食べたこれ。
 
Dsc_1124
 
なんと、ホッケの刺身。
 
ホッケって、一夜干しの焼いたのは絶品だと思うが、たまたまメニューに「ホッケの刺身」とあって珍しいなあ、と思って頼んでみた。700円もする。
 
……珍味かも? でも、ホッケはやはり刺身向きの魚ではなかった(~_~;)。
 
 
ああ、食べ物に未練の残る北海道であった。

2018/05/30

マダニ顛末記

東京では講演して目黒界隈を歩いただけではない。そして新幹線の事故に巻き込まれて朝帰りになっただけではない。もっと別の、大きな事件があった。。。。

 
実は、東京に泊まる晩、ふと気付くと下腹部が腫れている。なんだかカサブタのようなものが付いている……とよく見るとダニであった!
 
おそらくマダニ。マダニは、恐怖の病気を持っている。ライム病重症熱性血小板減少症候群なんて恐ろしげな種類もある。実際、亡くなる人もいるのだ。
 
やられた。一体、いつ付いたのか。東京ではないだろう。振り返ると、その週のはじめに京都の山に入ったのだった。そして穴もぐりをしていた。その際に地面に腹這いになったから、あの時に身体に付いた可能性が高い。
 
しかし、それから2日後に気付くとは。
 
ただ、たいして血も吸われていない。どうするか。明日は1日東京なので病院に行けない。明後日までダニが食いついたままにしておくのは気持ち悪いし、その間に毒液を流し込まれて悪化しても困る。
 
そこで自分で取り除くことにした。もちろん、頭や口吻を体内に残すと危険なので、注意深く傷口を観察してダニを引っ張ることなく口吻を外させるダニは同定のために保存
 
よし。ころりと落ちた。我ながら上手くやった。腫れているということは、すでに毒液が入っているのだろうが、痛くもないし熱も持たない。翌日も大丈夫だろう。
と判断して、2万歩歩いて酒も飲んで(~_~;)、あとは帰ったら消毒しておこうと思った。もちろん念のため病院にも行くつもりだが。
 
そこで新幹線事故に巻き込まれたわけだが。。。
 
翌朝帰り着くと、打ち合わせがあるので仮眠をとって出かける。結局、皮膚科の医院に出かけたのは午後になった。一応検査を受けるためと、腫れを引かせる薬がほしいから。
もちろん、保存しておいたダニの死骸も持参した。
 
1
 
ところが、説明するなり、その女医は「すぐに病院行って、切除手術を受けて!」と言い出す。
私のダニの採り方は信用ならんという。目に見えない口器(口の器官全体)の一部が体内に残っていたらどうするの? なお、この医院では切除手術はできないという。
 
そこで皮膚科のある病院に連絡してくれるが、その日は診療が終わり、翌日は土曜日でどこもやっていないのよ。良く月曜日まで待たねばならない。とりあえず血液検査を受けた。
もし、熱が出たり体調が悪くなったら救急車を呼んで!
ここまで言われたら怖くなる。
 
幸い、翌朝に出た結果は血小板の減少もなく、問題なかった。ただ腫れは引いていない。。。
 
で、土曜日は重要な会議があり、終了後に酒を飲んで(^o^)、夜遅く帰ったのであった。
 
そして日曜日を過ごす。幸い、まったく体調に変化なく傷口も痛まない。腫れも引いてきた。
とはいえ、月曜日に大学付属の大病院へ紹介状を持って朝から行く。
かなり待たされたが、診察を受けたところ(また女医だった)、すぐ手術!
 
と言っても、局部麻酔でパイプのような器具を使って行った切除は1分とかからなかったけどね。ダニの食いついた跡の5ミリ塊の肉片を切り取られたよ(泣)。口吻が残っているか検査するそうだ。ちなみにダニの死骸もホルマリン漬けするという。もしかして研究材料にされるかもなあ。
そして2針縫われた。執刀は若い男性医師だったが、若い研修?女医がじっと見学しているという環境。。。なんか女医づいている。
 
 
そして本日に至る。まったく痛みはない。腫れも引いてきた。ただ赤くなっている。
 
来週に抜糸が必要だが、それまでに悪化しないことを願う。
 
ちなみに明日から週末は北海道である。以前、十勝の山林を視察した際に、ダニの除去専用ピンセットをいただいたのを思い出した。これを持ち歩こうか。
 
Dsc_1118
 
 
やっぱりマダニは恐ろしい。診断・検査・手術と、出費は、ざっと1万5000円くらい。まだ抜糸費用もかかる。(懐が)痛いよお、恐ろしいよお(;´д`)。

2018/05/27

都立林試の森公園にて思う

東京の講演終了後、私は目黒駅前のホテルに泊まった。

そして翌朝は目黒駅周辺を歩くとともに、都立林試の森公園に向かった。
 
目黒界隈は、意外とアップダウンのある地形である。駅からわりと下って徒歩20分くらいだろうか。目黒不動尊(瀧泉寺)の隣にある。
 
なぜ目黒駅なのか、なぜ林試の森なのか、という理由はちゃんとあるのだが、それは改めて紹介するとして、実は林試の森を訪れるのは初めてではない。20代の頃に一度訪れている。
 
それは……デートであった(^o^)。
 
東京にいる彼女(と言ってもつきあっていたわけではなく、昔からの知り合いで、久しぶりの邂逅であった)と待ち合わせたのが目黒駅前で、それから目黒寄生虫館を訪れ、そこから足を伸ばして林試の森を訪れたのだった。
 
ちなみに、このコースを選んだのは彼女。某研究所勤務の彼女はなかなかマニアックなのであった。そういや彼女は、当時鳥類の寄生虫を研究テーマにしていたんじゃなかったっけ。
 
とはいえ、その時と今回はずいぶん様子が違う。当時はもっとだだっ広かった気がするのだが、今回はわりとこんもり、巨木の立ち並ぶ公園になっているので驚いた。
 
なお、「林試の森」という名だが、説明の必要はないかもしれないが、かつて林野庁の林業試験場(現在の森林総合研究所、いや国立研究開発法人森林研究・整備機構)がここにあった名残だ。それが筑波に移転した跡地を都が公園にしたものである。
 
だから、こんな碑がある。
 
031  032
 
林業研究発祥の地、である。そういや、本多清六などが学んだ東京山林学校も、最初はここにあったのではなかったかな。
 
 
今回訪れてちょっと驚いたのは、この森には想像以上に多くの外来樹種が植えられていたこと。相当珍しい木もあるが、植物園とは違って木材生産に役立つかどうかという視点で選ばれたのだろう。
明治時代に植えたものは、現在かなりの大木になっている。
 
040
 
昭和初期の試験場内。
 
広くて比較的平坦だから、ジョギングをしている人や、幼児の遊び場としても重宝されているよう。こんな公園の近くに住んでいたら借景になるうえに日々歩けるから羨ましい。
 
 
彼女、今はどうしているだろうな。。。と、しんみり懐かしい。

2018/05/26

もう一人の森林ジャーナリスト

話題沸騰?している日大アメフト部の危険タックル事件。

先日の新幹線遅延に巻き込まれた私は、時間潰しにスマホでこの事件の関連記事を読んでいたのだが、関係者の対応のお粗末さが、どんどん混迷を深めている(~_~;)。なかでも日大側の記者会見で司会を務め、記者に喧嘩を売って名を挙げた?下げた?のが米倉久邦氏

 
驚いたのは、彼の肩書は日大広報担当だけでなく、元共同通信記者(論説委員)である上に、なんと森林ジャーナリストとなっていた。
 
 
ショック(°o °;)。。。
 
 
私以外に、この肩書を使う者がいたとは。。。
私の定番の自己紹介は、「日本唯一の森林ジャーナリストにして、日本一の森林ジャーナリストです」というのがあるが、これでは使えないではないか!
 
商標登録しておくべきだったか? オイオイ
 
 
ちなみに私の本棚にも、彼の本が1冊あったが、そこにはフリージャーナリストとか森林インストラクターとあって、森林ジャーナリストとは使っていないようだ。
 
ちなみに「日本の森列伝」は、内容は日本各地の森の紀行でありルポである。あんまりちゃんと読んでいないヾ(- -;)のだが、奈良の春日山原始林と、大台ヶ原が取り上げられていて、土倉庄三郎の磨崖碑にも触れている(ので、購入した)。
ま、私とスタンスが違うが、こうした本を書いたことから森林ジャーナリストの肩書使いだしたのかなあ。。
 
 
困った。今後は「日本唯一の森林ジャーナリスト」を自己紹介から外そうか。。
でも、「日本一の森林ジャーナリスト」は残そうかな。。。
 

2018/05/15

ツリーシェルターの中

大分の後藤山林シリーズ(^o^)。

 
ツリーシェルターを知っているだろうか。
 
苗木を植樹した際に、獣害対策などですっぽり苗を覆う筒のことだ。商品名としてはヘキサチューブなどが有名。
 
それが後藤山林でも使われていた。
 
5
 
ただし、ここで植林したのはコブシ。数も20本程度。
 
なぜコブシを植えたかと言えば、「花が咲いたらキレイだろう」から(^o^)。
林業的な意味はありません、とのこと。
もともと針広混交林をめざして誘導伐(スギを伐って林床に光を入れ、広葉樹が生えてくるのを待つための間伐)も実施しているのだが、どうせなら花咲く木も増えてほしい。そこでコブシを植えたのだそうだ。
 
ただし、シカも出るし、育ちやすいようにツリーシェルターを試したという。
 
私も、これまで幾度もツリーシェルターは見学しているが、今回は中を覗き込んでみた。
 
6
 
なかなか可愛い(^o^)。
こんなカブリモノがあったら生長を阻害しそうなイメージがあるが、実は反対で、生長はよくなる。通常よりずっと早く高く伸びるのだ。太くなるのを後回しにして伸長生長を優先しているのかもしれない。
 
その理由ははっきりわからない。上から光が入るからとか、保温効果があって生長が高まるとか、筒内の二酸化炭素濃度が上がる……なんて推定も出ているが、どれも裏がとれていない。
 
獣害対策には決め手になる。梢が筒の高さ以上に伸びて飛び出しても、シカの首は届かない……はずだ。
 
いろいろ試してみることが肝心。試行錯誤を繰り返して改良していくことでしか進歩はないだろう。

2018/05/10

日田きこりめしの箸袋

先に臼杵の後藤山林で、「日田きこりめし弁当」を食べたことを紹介した。ノコギリつきで、ゴボウの丸太を切る趣向。

 
2  (ノコギリ抜き)
 
日田杉の経木でつくられた弁当箱だ。 
 
実は、それだけではない。この弁当には、こんな箸が付いてくる。
 
1
 
この中に、利久の割り箸(飛騨産)とノコギリ(日田杉産)が入っているのだが、それを包んでいる箸袋に注目。
 
「いま、森を見よ」とあるが、その周りにも文字があるだろう。これを広げると……。
 
2_2
 
こんな新聞になっている(^o^)。ヤブクグリ新聞。やぶくぐりとは、九州で多く植えられているスギの品種だ。もっともこれが、根曲がりを起こすので問題なのたが……。ただし、ここでいう「ヤブククリ」とは、日田の地域起こし集団名。
この「日田きこりめし弁当」は、広告デザイン界の最高峰・ADC賞を受賞したそうだ。
 
字は小さいが読んでもらいたい。
 
林業に新規参入した人物を紹介している。なかなか本格的な新聞記事なのだ。
 
それもそのはず、この新聞を発行している川崎弘さんは、元西日本新聞の記者。つまり本物の新聞記者だったのだから、こうした記事を書くのはお手の物なわけだ。
その彼が、後藤山林の森づくり懇談会にも参加していた。
 
 
もっとも、彼は現在日田の醤油屋の跡取り。なぜ、こんな華麗な転進(?)をしたのかは、個人情報なので省略する(^o^)。
 
実は、私が初めて出会ったのは、6年前に熊本県八代で、私が講演で訪れた際に取材に来ていたのだった。それが今回、こんなところで再会するとは思わなかった。
 
ただ新聞記者から醤油屋……考えてみれば、どことも林業との接点はない。なぜ後藤山林の懇談会に参加したのだろうか。「ヤブクグリ」が林業振興を唱えていることもあるが……。
 
 
よくよく考えてみるとありましたね。
 
彼の従姉妹が林業やっております。兵庫県で。林業界の有名人です(⌒ー⌒)。この弁当のこと、知っていたかな?
 
 

2018/05/05

キコリ弁当

キコリ弁当
今日も山の中。

で、最大のイベントは、お昼のキコリ弁当(^-^)v。

経木の弁当箱にノコギリ付き。ゴボウの丸太を切って食べるのよ。
本当は箸袋もすごいのだけど、それはまた。

これは、「日田きこりめし」という日田で作っている特製弁当だ。山の関係者以外は食べられない・・・?(笑)。
実は隠れた名産である。

2018/05/04

迷子in臼杵

迷子in臼杵
今晩は臼杵泊まり。
丸1日、大分各地の森などを周り、最悪の森から最上の森まで見る。
そして会食を終えて、ホテルに戻る前に、コンビニでジュース等を購入したのだが……。

臼杵は小さいながらも城下町。風情ある建物が並ぶではないか。これは歩かねばなりません。

というわけで、夜の街をふらつく。
古い家。土塀。スナックのネオン。ネパール料理店。スペインパブ。ショットバー。神社。巨大寺院。
ああ、路地があると入りたくなるよ。入ると怪しげな店があるよ。

ふと気づくと、帰るホテルはどこ?
方向はどっちだ?

夜の暗い寺院は怖いよお(;_;)。神社はもっと怖いぞ(泣)。その怖い暗がりにさらに進みたくなる(笑)。

ハッと我にかえって、これ以上路地の奥に進むと危険を感じる。寺ばかり並んでいる一角だ。魔界に迷い込みそう(笑)。

マジに帰る方向を考え、ようやくホテルにたどり着いた。

ああ、面白かった(^-^)。

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎