無料ブログはココログ

本の紹介

森林学・モノローグ

2019/01/17

ヨコジュン死去と改元年の物故者

横田順彌が亡くなったニュースが入ってきた。

 
横田(ヨコジュン)は、SF作家ではあるが、むしろ古典SF研究家、あるいは明治研究家としての方が有名ではないか。あるいは小説家としてはハチャハチャ小説の創始者として知られる。これはユーモアとかお笑いというよりは駄洒落のオンパレードでハチャハチャ……な内容で有名だ。が、同時に明治を舞台とした骨太で痛快な小説やノンフィクションも多い。
 
最近では、NHKの大河ドラマ『韋駄天』の第1回目に「天狗倶楽部」なるものが登場して押川春浪もメンバーにいたところが描かれたが、彼らを発掘し世間に知られるようにしたのもヨコジュンと言ってよいだろう。
私はオリンピックに興味がないのであまり期待せずに漫然とドラマを眺めていたのだが、天狗倶楽部が登場したとたんに見る気になった(笑)。
 
高校生の頃からハチャハチャ小説も愛読していたが、一方で明治の人物研究と古書漁りの方法などで影響を受けた面が強い。
 
私のHPに「知られざる探検家列伝 」というコーナーを設けている(というか、これを書きたくてHPづくりを行った)が、実はヨコジュンの影響が大きいのである。
ヨコジュン著作からの情報もいただいているが、私なりの知られざる人物を発掘したいという思いもあったからだ。
 
中世・近世の日本脱出者から始まり、江戸時代の本草学者、博物学者と追いかけ、幕末・明治初年の海外放浪者、冒険家、探検家……そして、この延長上に土倉庄三郎もいる。明治時代の知られざる巨人として。
 
 
2  1  3
 
実は、この探検家列伝コーナー、しばらく休止していたが、再開したいと思っていた。ちょうど読売KODOMO新聞からも問い合わせがあったばかりだ。アフリカに始めて訪れた日本人は……というテーマで、拙HPを見つけたのだという(笑)。
 
 
……それにしても、今年は平成の最後。年号が変わるわけだが、何かと物故者が目立つ。最近では市原悦子梅原猛と続いたが、思えば昭和が終わるときも時代を印象づける人々の訃報が続いたと記憶する。手塚治虫、松下幸之助、美空ひばり……。もちろん昭和天皇も。
 
そして、本日は1・17。阪神淡路大震災から24年である。多くの人が亡くなったのだ。未来の、知られざる?巨人もいただろうに。

2019/01/11

苔が覆う森の傷口

森にタンコロ(短く刻んだ丸太)が山ほど転がっていたら、あまり美しくない。

 
だが、こんな風景はどうだろう。
 
20181117_095608_2
 
20181117_095618_2
 
20181117_095637
 
苔が覆うと、不思議な空気が漂い出す。森の傷口を覆い隠すように。
人が機械で切り刻んだ丸太が、自然界に溶け込む。そのうちタンコロは腐って自然に還って行くのだろう。
 
苔の力、恐るべし。
 
by 智頭町

2019/01/09

未来の中国は森林大国?

中国の植林事情に関するニュースを読んだ。
 
中国の森林率は、 現在21,5%だそうだ。約40年前は5%前後、1990年で16,4%だったというから、恐るべき伸び率だ。これは計画的な植林事業の結果なのだが、最終的には2050年に中国全土の42,4%となる406万9000平方キロメートルの造林をめざしているという。
 
さすが大陸!と思わせる数字だが、ふと気がついた。
 
戦前日本の森林面積は、約17万平方キロメートルで森林率では約46%だったが、戦後は急速に伸びて現在は約25万平方キロメートル、約67%とされている。森林蓄積(材積)で言えば、4倍から5倍に増えた。
一方で人口は減少期に入って木材消費は伸びなくなった。結果として現在「木余りの時代」を迎えている。だから、もっと木材を使え、(バイオマス発電で)燃やしてしまえ、と叫ばれているわけだ。
 
それと同じことが、遠からず中国でも始まるのではないか?
 
中国が遠からず森林大国、木材大国となるのは間違いない。40年前から広まった植林だということは、そろそろ初期の植林木は使えるようになっているはず。すでに緑化用に植えられた早生樹のアスペン(ポプラ)などは収穫期に入って、集成材やLVL(単板積層板)、合板などに加工されて輸出されている。日本で多く出回る割り箸もアスペンを材料にしているものが多い。
もちろん中国の植林は緑化や防災目的の役割も大きいので、すぐに林業と結びつけられないが、間伐材だけでも莫大な量が出荷されるだろう。
 
森林の面積だけではない。先日、香港の英字紙サウス・チャイナ・モーニングポスト紙が、「中国の人口が減少に転じた」という記事を流した。これは政府の公式発表ではないが、2018年は250万人減だった推測も出ているそうだ。政府系シンクタンク中国社会科学院も、2029年を境に人口は減少に転じると予測している。
木材需要は経済の伸びも関係するものの、人口が減れば自国内の木材消費は徐々に減っていくだろう。もともと中国の建築に木材はあまり使っていなかった。
 
森林は増えて、人口減の進展。日本の後追いだ(笑)。
 
 
日本は、木材輸出を今後の産業と捉えて期待を高めている。 2017年の木材輸出額は前年比37%増の326億円で、主な輸出先はアメリカのほか中国だ。中国へは前年比 61%増の145億円である。今後も、増え続けると予測しているが……中国が再び木材の自給を始めるのはそんなに遠い将来ではないように思える。
 
しかも日本から輸出されているのは、低品質の安い木材が中心。取って代わられる可能性が高い。日本の木材輸出が必ずしも伸び続けるとは思えない。さあ、どうする?
 
木材を輸出することで日本林業は復活する、中国が日本の木材を爆買い……なんて喜んでいる場合じゃない。将来を読んで政策を立ててほしい。
 

2019/01/07

国際年「家族農業の10年」を考える

年末年始のテレビドラマ「下町ロケット」では、無人農業機械をテーマにしていた。
後継者難に苦しむ農家を救うため、無人トラクターや無人コンバインをつくる話なのだが、私が気になったのは、その無人機の価格である。おそらく、結構な値段がするだろう。それを導入できる農家はどれほどの農地を持っているのか。
 
その点には、ほとんど触れられなかったが、台風の直撃を受ける新潟の農家を救うため、無人コンバインが投入されるという局面で、「50町歩」の水田を持つ農家が登場していた。そこに4台5台の無人コンバインが出動して、一晩のうちに稲刈りを済ませるという筋立て。しかし、50町歩……約50ヘクタールの水田を持たないと、あまり役に立たないのかもと思わせる。
 
そもそも50ヘクタールの農地を持つ農家は日本では少ないだろう。しかも、緊急事態でなければ一晩でやる必要性もない。結局、組合か農業法人などで農地を集約化しないと出番がないのではないか。そこでは大規模化が指向されるわけだ。
 
 
そんなことを考えたのは、国連総会で2019年から2028年までの10年間を「家族農業の10年」に選ばれたからである。国連の国際年である。
このブログでも、年初に「国際年」を取り上げることが幾度かあった。
2010年の国際生物多様性年や、11年の国際森林年……15年は国際土壌年だったから、私は土壌ジャーナリスト宣言をしたのだった(^o^)。
ただ18年は何の国際年も決められなかった(謎)ので、忘れていたのだが……今年はちゃんとあった。
 
国際先住民言語年、国際節度年、国際元素周期表年
なんかよくわからない。とくに「節度(Moderation)年」ってなんだ?
 
ともあれ、家族農業が10年間の目標とされたのだ。実は2014年が「国際家族農業年」だったのだが、それを再び10年に延長したことになる。
 
「家族農業」とは、農場の運営の大部分を、1戸の家族で営んでいる農業のこと。大規模・企業的な農業とは一線を画した農業経営形態である。
 
現在、世界の食料生産に関わる農業のうち約8割が家族農業によるとされているが、大規模化の指向が強まって全体的には衰退している。まつさに日本も同じ状況だ。
だが国連が取り組む2030年までの「持続可能な開発目標(SDGs)」には、家族農業という農業形態は持続性があるとして注目されているのだ。また貧困や飢餓の撲滅という目標に家族経営の方が向いていると考えられたらしい。
 
このことは、農業だけでなく林業も水産業も、自然を利用した産業には共通しているのではなかろうか。大規模化し、利益の共同体が経営の主体になると、長期的視点を奪い目先の利益に左右されることが多い。その際に自然を相手にした場合、持続的になりにくいと国連も認めたのだ。
 
林業も、そろそろ大規模化に見切りをつけた方がよい。世界中で行き詰まりを見せているのだから。日本が今頃になって時代後れの大規模林業に参入しようとするなんて、馬鹿げている。家族とか自伐という言葉が合っているのかどうかはともかく、小規模・多様な林業の展開を描くべきではないか。
 
現在では100ヘクタールの山林があっても自立できないと言われるが、せいぜい10ヘクタールぐらいの山林で維持できる経営形態を模索すべきだ。少面積ゆえに丁寧な施業ができて、高く売れる木材商品を生産できるという考え方を研究してほしい。
 
日本家族林業年なんてのを設けないかね?
 
 

2018/12/28

「フォレスターズ・シンドローム」を考える

以前も少し紹介したが、「フォレスターズ・シンドローム」という言葉がある。

 
ここでいうフォレスターとは、森林行政官のことだが、そのシンドローム(症候群)とは「樹木を愛し、人々を嫌う」性向だそうだ。主に熱帯諸国の森林関係の役人に向けた言葉で、批判的な意味合いが強い。
フォレスターは、たいてい森林を専門に学んだエリートで、また法律なども詳しく遵守傾向が強いから、「森を守る」(正確には、守らせる)意識を持つ。そのため科学的知見や技術、制度を地域に導入して、森林を守ろうとする。
 
一方で、そのフォレスターが向かい合う森林地域の住民は、科学知が弱く、目先の利益(というか住民の都合)を優先しようとするから、森林を持続的に利用せずに森林を劣化させてしまう……。
 
だから樹木(森林)を愛しているゆえに、地域住民の存在はその森林管理を制約してしまうやっかいな存在と感じて嫌いなのである。
 
ま、こんな理解でいいかな? 『人と森の環境学』(執筆は井上真氏の担当部分)より。
 
Photo
 
フォレスターは知識を持っているだけでなく、権力も持っているわけで、住民を森林から切り離した方が森林のためになるとする。しかし、実際には住民の方が経験知を持っている場合も多い。それはえてしてフォレスターに対して恨みと不信感を持ってしまうだろう。 しかも経験知は科学知を上回ることもあるわけである。フォレスターのいう通りにしたって上手くいかないと住民は感じるケースもあるだろう。
 
このような点が途上国の森林管理の問題点と指摘されるわけだが……。
 
 
これは日本に当てはまるだろうか? 
 
私は反対のような気がしてならない。日本の森林行政官は、人におもねり、実は森林・樹木の方が嫌いなのかも、と思ってしまう。もっとはっきり言えば、人とは地域住民ではない。おそらく行政組織の同僚や上司、さらに言えば政府の官僚ではないか。
 
当の本人も、どれだけ身近に森を見ているか。机上だけだったら遠くの森が劣化しても痛みを感じないだろう。それより身近な上司の顔の方がよく見える?
さらに言えば行政官だけでなく、民間のフォレスターも、地域の経済、企業の経営優先で動いていないか……。
 
日本のフォレスターを自認している人は、もっと(本来の)フォレスターズ・シンドロームになるべきじゃないかと感じてしまう。少なくても森林を扱うことを自分の仕事として選んだのなら、まずは森を、木を愛することを優先して世界を見る目を持つべきだろう。もちろん住民と対立したり彼らの経験知を軽んじてはいけないが、樹木を愛することが長い目で見て人のためになる。そうした視座を持てないか。
 
そんな気持ちになることが多かった1年であった。
 
 
さて、今年のブログは今日でオシマイにする。
毎日、書きたいことは汲めども尽きないのであるが、年末年始ぐらいは休ませることにしている。さもないと自らブラックな領域に落ち込んでいきそうだから。(……と言いつつ、多分、別のSNSとかHPとか、メールやら原稿やら書き続けるのだろうなあ。。。)
 
※今、昨年末は何を書いたのかと思ってチェックしたが、なんとまあ、今年と似たことを記しているよ。全然進歩していない……。

2018/12/27

「こも巻き」の真実

こも巻き。こも巻きとは、マツなどの幹に「こも」と呼ぶ荒く編んだワラのむしろを巻いているのを見かける。

 
Dsc00511  Dsc00513
 
写真は、岡山県津山市の衆楽園にて。昔の大名庭園だけにマツの大木が多いが、いずれにもこも巻きが施されていた。
 
こも巻きは、害虫対策とされる。冬の間に、害虫の幼虫が温かい藁の中に入って休眠する、それを春になったら剥がして炊きあげることで退治する……というものだ。
 
昔の知恵だなあ、でも、そんなに上手く行くのかなあ、と思っていた。
 
ところが、最近の研究では害虫退治の効果は否定されているそうだ。春になって剥がしたこもを調査したところ、害虫はほとんどいなかったとか。この場合の害虫とは、マツカレハを指すようだ。そして、益虫、つまり害虫を食べてくれるクモやヤニサシガメ(サシガメ科の昆虫)だったとか。それを一網打尽に焼き殺したら、むしろマツカレハの大発生を呼び込みそうである……。マツカレハは、こも(ワラ)自体ではなく、こもに覆われた樹皮の溝に多く入り込んでいたとか。
 
こもに入って越冬した虫が、害虫か益虫か、昔の人はあんまり確認しなかったのだろう。
昔の知恵」というのは、案外いい加減なのである(笑)。
 
伝統とか職人の慣習など昔の人のやってきたことをやたら持ち上げる人がいるが、そんなに信用してはいけない。役に立たないどころかまったく反対の効果であることも少なくない。
 
 
もっとも調査は姫路で行われたらしいので、さらに地域を変えて研究したら別の結果が出るかもしれない。
それに、今やこも巻きは、冬の風物詩、風景として実施する面もある。とくに日本庭園では。そう思って上記の写真を見ると、なんか庭の絵にするために巻いたぽい。本当に害虫のことを意識して巻いたのではないように思えてきた。
 

2018/12/26

イオンの森の3年後

2年半前に、近隣にできたイオンタウンの植林地について記した。

 
当時は植えて1年目
 
全然、お目当ての照葉樹が育っていなかったのだが、そこは今どんな状態か?
 
20181223_154724_2
 
20181223_154818
 
おや、なかなか育っているではないか。その後、しっかり世話をしたのかな。それとも照葉樹の自力か。
もっとも、よく見ると落葉樹も結構育っている。結局、植えた照葉樹と自然に種子が飛んできたらしい落葉樹が混ざって針広混交林になりつつある。
 
3年間でこの背の高さというのも悪くはないだろう。ただボサボサした生え方で、今後種間競争が起きて敗退する樹も出ると想像するけどね。
それはそれで、自然に近い森ぽくなってよいのかもしれない。
 
ただ幅が街路樹並だなあ。光が透けている。もう少し幅があったら林内に別の環境も生まれて森らしくなったのに……と思うのは贅沢か。
 

2018/12/06

ツリータワーin静岡

ツリータワー

 
静岡大学の地域フィールド科学教育研究センター、つまり演習林に来ている。

まずは、研究現場を見て回る。するとツリータワーがアチコチにあった。簡単に鉄パイプを組んだものだが、高さは30メートルあるという。なかには学生が組んだものも。
意外と簡単に建てられるのだなあ。かつて私は、ツリータワーに登ってボルネオまで行ったのに。。。

登りたかったが、安全ベルトがないとダメなのだった。。。

2018/12/04

むかごよ、むかご!

突然、娘からメール(LINE)で「むかごが食べたい!」と言ってきた。

 
な、なんじゃ。
 
我が家では、庭でむかごが採れる。それで時々、採集して食卓に供していたのだが……東京でそれを思い出したのか。しかし、ちょっと季節が外れつつあるぞ。12月に入って、山芋は蔓も枯れて葉を落とした。むかごも落ちる。
 
ちなみにむかごとは、山芋の珠芽である。蔓などに付く栄養繁殖器官。これが地面に落ちると、そこから芽と根が出て増える。イモではなく、また種子でもない。思えば不思議な存在だ。クローンであり、第3の繁殖方法か。
ヤマノイモ類に限らずできるが、一般に知られているのはヤマイモだろう。
 
そこで庭に出で、探してみた。夏に見たときは、ヤマイモの蔓と葉は、たしかにアチコチにあった。その下にイモも育っているだろう。しかし、今や枯れてしまっている。むかごは、風が吹いて蔓が揺れるだけでも落ちる。
 
が、見つけたのである。ちょっと高みに。植木に巻きついて伸びた高いところにむかごが成っているではないか。
 
1  2
 
そこで脚立を持ち出して、登って採る。高さ2~3mまで手を伸ばした。その気で探すと、結構あるものだ。もっとも、採っている最中でも、ボロボロ落ちる。一つを採ろうと触れると、その振動で周囲のむかごが落ちてしまう。地面に落ちたのを探すのはなかなかやっかい。
 
大小、形もいびつなものから真円までさまざまだが、これだけ採れた。もっともおおきなもので長径2センチ、小さなものは5ミリくらいか。 
 
3
 
 
庭でできる採集生活(^o^)。田舎に住まなくてもできる(生駒は田舎じゃない)農のある生活。
娘の思いつきから、結構張り切ってしまったよ。
 
 
考えてみれば、むかご自体は、商品化もされている。一般の八百屋やスーパーでは少ないが、百貨店などには並んでいるね。それもわりとよい値段で。ちゃんと出回る一般野菜化、山菜化はできないか。食べ方は簡単だし、葉っぱものより食べでがあるから、ちゃんと宣伝すればコンスタントに売れると思うな。
 
さて問題は、これをいかに保存するかということだ。だって、娘が帰省するのは年末でしょ。
あと3週間以上あるんだよ。。。その前に食べ尽くしてしまうか(⌒ー⌒)。

2018/11/30

季節外れのトマト

ベランダにトマトが育っている。

 
いや、たしかに春にトマトの苗をプランターに植えたのだが、夏の間いくつか収穫した後、秋口(9月だったか)には茎を切り取って処分した、はずだった。台風で折れたからだったかもしれない。
 
20181127_091349
 
ところが、これもヒコバエだろうか、側枝が伸びて結構葉が繁っている。そのまま放置していると、実がいくつか稔った。
 
20181127_091355_1
 
これが一番大きいか。。。
 
しかし、その後赤く熟す様子が全然ない。このままの状態で、ほとんど1カ月。そろそろ収穫するか?
せっかくだからこの青いトマトも、なんとか料理に使いたいのだが。

より以前の記事一覧

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎